亀田誠治と椎名林檎の仲や関係は?師匠?二人のエピソードなども

東京事変の亀田誠治さんと椎名林檎さんの仲や関係が話題になっているようです。亀田誠治さんが椎名林檎さんの師匠だというのは本当なのでしょうか?また、亀田誠治さんと椎名林檎さんのエピソードについても調査。亀田誠治さんと椎名林檎さんの仲や関係について紹介します。

亀田誠治と椎名林檎の仲や関係は?師匠?二人のエピソードなどものイメージ

目次

  1. 1亀田誠治(東京事変)のプロフィール
  2. 2亀田誠治と椎名林檎の仲や関係は?
  3. 3亀田誠治は椎名林檎の師匠?
  4. 4亀田誠治と椎名林檎のエピソード
  5. 5亀田誠治と椎名林檎以外の音楽名コンビ
  6. 6亀田誠治は椎名林檎にとって師匠的存在の関係

亀田誠治(東京事変)のプロフィール

・愛称:師匠
・本名:亀田誠治(かめだせいじ)
・生年月日:1964年6月3日
・年齢:56歳(2021年3月現在)
・出身地:日本
・血液型:不明
・身長:175cm
・体重:???
・活動内容:音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家、ベーシスト
・所属グループ:東京事変
・事務所:ハーフトーンミュージック
・家族構成:妻(下成佐登子)、息子2人

亀田誠治の東京事変やプロデュース業など活動経歴

亀田誠治さんと椎名林檎さんの関係について紹介する前に、まずは亀田誠治さんのプロデュース業などの活動経歴を見ていきましょう。亀田誠治さんは父親の仕事の都合でアメリカのニューヨークに生まれ、1歳の時に日本に帰国。その後は日本で育っているようです。

亀田誠治さんは幼少期からピアノを習い、音楽に親しんでいたのだとか。他にギターも習っていたことがあるようです。その後、中学生時代にベースを購入したことをきっかけに、将来はプロのミュージシャンになることを決めたとのこと。ただ、亀田誠治さんの父親は、ミュージシャンになることは反対していたそうです。

亀田誠治さんは高校を卒業後、早稲田大学に進学。この早稲田大学時代に、ピアニストやボーカリストとして活動する吉中美樹さんと音楽ユニット「Miki-Pooh」を結成したのだそうです。亀田誠治さんは大学3年生になっても就職活動はせず、デモテープを送ったりバンドの活動に明け暮れていたのだとか。

亀田誠治さんの才能が認められるようになったのは、大学を卒業してからのことでした。大学卒業の後から、亀田誠治さんのデモテープがさまざまなオーディションで賞を取るようになったのだそうです。1989年にはアイドルグループ・CoCoのデビューシングルに亀田誠治さんの曲が採用されます。また、アレンジも担当することになりました。

亀田誠治さんはCoCoのデビューシングルを手がけたことをきっかけに、ハーフトーンミュージックに所属。編曲家として活動するようになります。また、シンガーソングライター・崎谷健次郎さんのサポートミュージシャンとしても活動するようになったのだとか。この頃からスタジオミュージシャンとしても活動するようになりました。

亀田誠治さんの転機となったのが、1998年の椎名林檎さんとの出会いでした。2人の出会いのエピソードなどについては後ほど詳しく紹介します。亀田誠治さんは椎名林檎さんのプロデュースを担当したことをきっかけに、スピッツやスガシカオさんなど、有名アーティストのプロデュースも任されるようになります。

さらに亀田誠治さんの転機となったのが、2004年に椎名林檎さんから「東京事変」のベーシストとして誘われたことでした。亀田誠治さんはそれまで、プロデューサーやサポートベーシストなどとして活動していましたが、40歳にしてバンドのメンバーとしてメジャーデビューすることになったのです。

亀田誠治さんはこれまでに数多くの編曲を手がけ、さらにニュース番組などのテーマ曲も手がけてきました。2020年に公開された映画「糸」では映画音楽を担当。2021年3月には映画「糸」で日本アカデミー賞の優秀音楽賞を初受賞しました。

亀田誠治と椎名林檎の仲や関係は?

亀田誠治さんと椎名林檎さんの仲や関係について見ていきましょう。亀田誠治さんと椎名林檎さんはどのような仲なのでしょうか?また、2人の関係はどのようなものなのでしょう?椎名林檎さんと亀田誠治さんの仲や関係について調べてみました。

椎名林檎とは

まずは椎名林檎さんのプロフィールを紹介しましょう。椎名林檎さんは1978年11月25日生まれで現在の年齢は42歳、埼玉県浦和市の出身です。椎名林檎さんは4歳の時にピアノを習い始め、その後はクラシックバレエも習っていたのだとか。中学生時代にはバンドを結成し、学園祭などに出演していたようです。

高校生時代には軽音楽部に入部し、バンドをいくつも掛け持ちしていたとのこと。この頃には自分で曲を作るようになっていたそうです。高校を中退後に「The 5th MUSIC QUEST JAPAN」に出場し、決勝にはバンドではなくソロの「椎名林檎」として出場。その結果、東芝EMIと契約し、1988年にメジャーデビューしました。

椎名林檎さんがシンガーソングライターとして注目を集めることになったのは、1999年にリリースされたファーストアルバム「無罪モラトリアム」がきっかけでした。このアルバムはミリオンヒットを記録。また、4枚目のシングル「本能」をナース服のコスプレで歌ったことで話題を集め、このシングルもミリオンヒットとなります。

2004年には東京事変としての活動をスタート。椎名林檎さんがソロではなくバンドでの活動を決めたのは、ソロで音楽活動を続けていくモチベーションがなかったからだと言います。東京事変は2012年に一度解散しますが、現在は復活。2020年には紅白歌合戦にも出場しました。

椎名林檎との仲や関係に注目が

亀田誠治さんは椎名林檎さんを中心としたバンド・東京事変のベーシストとしても活動しています。ただ、経歴でも紹介したように2人の仲や関係はこの時から始まったものではなく、椎名林檎さんのデビュー当初からのものです。

亀田誠治さんは東京事変が結成される前は、椎名林檎さんの曲のアレンジに関わると同時に、ライブやレコーディングにサポートベーシストとして参加するなどしていました。東京事変が解散後も、椎名林檎さんのソロ活動をアレンジャーやベーシストとして支えていたそうです。

椎名林檎との関係に対する世間の声

亀田誠治さんと椎名林檎さんの仲や関係に対する世間の声についても見ていきましょう。亀田誠治さんがアレンジャーとして椎名林檎さんの曲に関わったことで、椎名林檎さんはその才能を開花させることができました。こうしたことから、SNSなどでは「椎名林檎は亀田誠治」というようなコメントも見られます。

また、「亀田誠治あっての椎名林檎」というコメントも数多く見られ、椎名林檎さんのファンも亀田誠治さんをリスペクトしている様子がうかがえました。また、2人の関係について、ただ単に仲が良いというだけではなく、「理想の師弟関係」というコメントもあるようです。

Thumb【FNS歌謡祭】椎名林檎出演!衣装やメガネのブランドは?世間の評判なども
「FNS歌謡祭」に出演した椎名林檎の衣装について調査してみました。椎名林檎は「FNS歌謡祭」...

亀田誠治は椎名林檎の師匠?

亀田誠治さんは椎名林檎さんにとって「師匠」だという噂もあるようです。亀田誠治さんは椎名林檎さんの師匠なのでしょうか?亀田誠治さんが椎名林檎さんの師匠だという噂について調べてみました。

椎名林檎にとって亀田誠治は「師匠」

椎名林檎さんは亀田誠治さんのことを「師匠」と呼ぶのだそうです。亀田誠治さんはデビュー後、なかなか思うように売れなかった椎名林檎さんの曲をアレンジし、ミリオンヒットさせることに成功しました。

それまでの椎名林檎さんは、個性的すぎることでレコード会社と衝突することもたびたびあったのだとか。亀田誠治さんは椎名林檎さんの個性をすべて受け入れ、その個性を生かすためのアレンジをしたのだそうです。

レコード会社からはさまざまな意見や注文が出たそうですが、亀田誠治さんはそれをすべて突っぱねたとのこと。亀田誠治さんが盾となったことで、椎名林檎さんの個性は守られました。こうした経緯があり、椎名林檎さんは亀田誠治さんのことを「師匠」と呼ぶようになったのだそうです。

師匠の亀田誠治の凄さをおさらい

亀田誠治さんの凄さを改めておさらいしてみましょう。亀田誠治さんが凄いと言われているのは、どのような理由があるからなのでしょうか?亀田誠治さんのこれまでについて改めて紹介します。

父親を説得しベース人生スタート

亀田誠治さんがベースを始めたのは、経歴でも紹介したように中学生時代のことでした。この時、亀田誠治さんは初めてベースを購入しますが、当初は父親に反対されていたのだとか。20歳の時にはフェンダーの中古のジャズベースに出会いますが、当時の価格で35万円もしたのだそうです。

亀田誠治さんは父親にローンの保証人になって欲しいと頼んだものの、却下されます。しかし、亀田誠治さんは諦めずに説得を続け、24回ローンでフェンダーのベースを購入しました。その後の亀田誠治さんはフェンダーのベースと就寝し、朝と夜に2時間の特訓を続けたのだそうです。

音楽のきっかけは母親

亀田誠治さんが音楽を始めるきっかけとなったのが、音楽好きの母親でした。亀田誠治さんの母親は、幼い頃の息子にいつも子守歌を歌ってくれていたのだそうです。また、亀田誠治さんの母親は、クラシックから流行の曲まで幅広く聴いていたとのこと。その影響を亀田誠治さんも受けており、現在の音楽活動に繋がっているそうです。

サザンオールスターズの楽曲との出会い

亀田誠治さんがプロデューサーを志すきっかけとなったのが、サザンオールスターズの楽曲だったそうです。亀田誠治さんはサザンオールスターズの「真夏の果実」を聴き、この曲が小林武史さんのプロデュースであることを知って衝撃を受けたのだとか。亀田誠治さんは「プロデュースは音楽に魔法をかけることができる」と思ったそうです。

東京事変の活動再開で今後に期待

先ほども少し触れましたが、東京事変は2020年に活動を再開しました。活動再開後の東京事変は新曲「選ばれざる国民」をリリース。ドラマ「私たちはどうかしている」の主題歌「赤の同盟」も担当しました。また、2021年にはアルバムも発売予定となっており、今後の活動にも注目が集まっています。

亀田誠治と椎名林檎のエピソード

亀田誠治さんと椎名林檎さんのエピソードについても見ていきましょう。亀田誠治さんと椎名林檎さんにはどのようなエピソードがあるのでしょうか?亀田誠治さんと椎名林檎さんのエピソードについて調べてみました。

エピソード【出会い】

亀田誠治さんと椎名林檎さんの出会いは、レコード会社の紹介でした。当時の椎名林檎さんはあまりにも個性的ということもあり、誰にも手がつけられないという状態だったのだとか。

亀田誠治さんはさまざまな個性のアーティストをプロデュースしていたということもあり、声がかかったのだそうです。亀田誠治さんと椎名林檎さんは出会った時から意気投合したとのこと。亀田誠治さんがアレンジを担当するようになってから、椎名林檎さんは本領を発揮することができるようになりました。

エピソード【亀田誠治のモヒカン】

亀田誠治さんは椎名林檎さんのサポートベーシストを始めた頃、「モヒカンが似合うんじゃない?」と椎名林檎さんに言われたそうです。そのことをきっかけに、亀田誠治さんはモヒカンにしていた時期があるのだそうです。亀田誠治さん自身も「今までと違う自分になれた気がした」と気に入ったそうで、しばらくモヒカンの時期が続きました。

エピソード【歌姫・椎名林檎の誕生】

先ほどからも紹介しているように、歌姫「椎名林檎」が誕生したのは、亀田誠治さんの存在があってのことでした。レコード会社からは「こうしないと売れない」と注文がついても亀田誠治さんは「新しいものを作るんだから今までの路線ではダメ」と突っぱね、現在の椎名林檎さんのスタイルが完成したそうです。

亀田誠治と椎名林檎以外の音楽名コンビ

亀田誠治さんと椎名林檎さん以外にも音楽名コンビはいるようです。亀田誠治さんと椎名林檎さん以外の音楽名コンビにはどのような人がいるのでしょうか?亀田誠治さんと椎名林檎さん以外の音楽名コンビを調べてみました。

中田ヤスタカときゃりーぱみゅぱみゅの関係

国内の音楽名コンビとしてよく知られているのが、中田ヤスタカさんときゃりーぱみゅぱみゅさんです。2人は偶然にクラブで出会ったことをきっかけにコンビを組むようになりました。中田ヤスタカさんのプロデュースによって、きゃりーぱみゅぱみゅさんは世界的にも注目されるアーティストとなったのです。

J.Y.ParkとNiziUの関係

日本で大ブレイクを果たしたガールズグループ「NiziU」とJ.Y.Parkさんも、音楽名コンビと言えるでしょう。「NiziU」のメンバーを選ぶオーディションで審査員をしていたことがきっかけで、J.Y.Parkさんがプロデュースを担当することに。「NiziU」は第71回NHK紅白歌合戦にも出場して話題となりました。

小室哲哉と華原朋美の関係

小室哲哉さんと華原朋美さんは、プロデューサーとアーティストという関係でありながら恋人同士という関係も話題になりました。現在は破局した2人ですが、小室哲哉さんがプロデュースした華原朋美さんの楽曲は、現在も多くの人に支持されています。

亀田誠治は椎名林檎にとって師匠的存在の関係

亀田誠治さんと椎名林檎さんの仲や関係について紹介してきました。亀田誠治さんは椎名林檎さんの初期から楽曲のアレンジを手がけており、椎名林檎さんの個性を大切に守り育ててきた人物としても知られています。

そのため、椎名林檎さんやファンからは「師匠」と呼ばれているのだとか。現在は「東京事変」のメンバーとしても共に活動する亀田誠治さんと椎名林檎さん。今後の椎名林檎さんと亀田誠治さんの活動にも注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ