神部冬馬まとめ!離婚や結婚・子供は?イルカの息子の経歴!

イルカさんの息子として知られる神部冬馬さんですが、結婚も離婚もしているという噂があります。そんな神部冬馬さんに子供はいるのでしょうか?また、離婚の理由は何だったのでしょう?神部冬馬さんの生い立ちや経歴、さらには学歴についても調査しました。

神部冬馬まとめ!離婚や結婚・子供は?イルカの息子の経歴!のイメージ

目次

  1. 1イルカさんの息子・神部冬馬さんとは
  2. 2神部冬馬さんの離婚や結婚について
  3. 3神部冬馬さんの子供は?
  4. 4神部冬馬さんの経歴
  5. 5神部冬馬さんの生い立ちや学歴
  6. 6神部冬馬さんは幅広い活動するシンガーソングライター

イルカさんの息子・神部冬馬さんとは

生い立ちや学歴も気になる神部冬馬さんですが、どのような人なのでしょうか?神部冬馬さんはこれまでどのような活動をしてきたのでしょう?神部冬馬さんの経歴や生い立ちについて詳しく見ていきましょう。

神部冬馬さんのプロフィール

・愛称:???
・本名:神部冬馬
・生年月日:1978年12月14日
・現在年齢:40歳
・出身地:東京都
・血液型:???
・身長:165cm
・体重:???
・活動内容:シンガーソングライター、ラジオパーソナリティ、タレント
・所属グループ:なし
・事務所:株式会社イルカオフィス
・家族構成:妻、子供、母(イルカ)、父(神部和夫)、祖父(保坂俊雄

神部冬馬さんはイルカさんの息子として知られていますが、「冬馬」という名前の由来は冬に生まれたことに由来しているのだそうです。母のイルカさんの楽曲には、「冬の馬」という曲があり、神部冬馬さんを連想させる曲になっているそうです。

神部冬馬さんは最近では珍しいフォークソングのシンガーソングライターで多数の楽曲も制作していますが、音楽活動のみならず、ラジオパーソナリティやタレントなど、幅広い活動を行っています。

神部冬馬さんはイルカさんの息子で芸能一家

神部冬馬さんの母親はシンガーソングライターのイルカさんであることはよく知られていることですが、実は母だけではなく、他の家族も音楽に関わる仕事をしていたそうです。

神部冬馬さんの他の家族はどのような分野で活躍されているのでしょうか?母のイルカさんの経歴なども交えながら、神部冬馬さんの家族の経歴についても紹介します。

母・イルカさんの経歴

神部冬馬さんの母のイルカさんの経歴ですが、フォークシンガーとしての経歴のほかに、絵本作家としても活動しておられるようです。

フォークシンガーとしてはカバー曲「なごり雪」の大ヒットがあまりにも有名かもしれません。また、CMソングも多数関わっており、住友生命保険の「まあるいいのち」や明治乳業の明治クイーンカップ「月下美人の咲く夜に」などが有名です。

父は音楽プロデューサーの神部和夫さん

神部冬馬さんの父は音楽プロデューサーの神部和夫さんです。神部和夫さんの経歴ですが、もともとはイルカさんとともにシュリークスのメンバーだったそうです。その後、イルカさんの音楽プロデューサー兼マネージャーとして活動しました。

神部和夫さんは1986年にパーキンソン病を患い、長らく療養生活を送っていました。妻のイルカさんが献身的な介護を続けましたが、2007年3月に急性腎不全のために北海道の病院で59歳の生涯を閉じました。

祖父はサックス奏者の保坂俊雄さん

神部冬馬さんの祖父ですが、サックス奏者として知られる保坂俊雄さんです。保坂俊雄さんの経歴ですが、もともとジャズバンド「スターダスターズ」のサックス奏者だったそうです。

保坂俊雄さんは 美空ひばりさんの専属バンド「ひばり&SKY」の指揮を担当していた事も有名です。このことが縁となり、美空ひばりさんの歌詞にイルカさんが曲をつけたシングル「夢ひとり」が発売されることになったそうです。

神部冬馬さんの離婚や結婚について

神部冬馬さんは現在40歳ですが、すでに結婚も離婚も経験しているのだそうです。神部冬馬さんと結婚された女性はどのような人だったのでしょうか?またどのような理由で離婚をしたのでしょうか?神部冬馬さんの結婚と離婚について紹介します。

学生時代にデキ婚するも離婚

神部冬馬さんが最初に結婚したのは、学生時代のことだったそうです。結婚するきっかけとなったのは、交際していた女性が妊娠し、子供を出産したことだったようで、いわゆるデキ婚だったそうです。

この結婚で神部冬馬さんは一児の父親になりますが、結婚生活はそう長くは続きませんでした。結婚から1年ほどで神部冬馬さんは離婚することになります。

離婚理由は嫁の失踪?

神部冬馬さんと嫁の離婚理由ですが、嫁が実家に帰ってしまったことが理由なのだそうです。しかもその時には生まれたばかりの子供を置いて出て行ったそうです。

なぜ嫁が子供を置いて実家に帰ってしまったのかという詳しい理由については判明していません。ただ、学生同士の結婚でお互いにまだ若く、そのうえに慣れない育児という状況に、嫁が耐えきれなくなったという可能性は高そうです。

離婚後に一般女性と2度目の結婚

わずか1年という期間でスピード離婚してしまった神部冬馬さんですが、その後、一般女性と再婚されました。この一般女性に関する情報ですが、年齢や出身地なども含めてほとんど情報がない状態です。

ただ、神部冬馬さんとこの嫁との間には子供は生まれていないようです。現在は前の嫁との間に生まれた子供をともに育てているという状況のようです。

沢田聖子さんとの関係も?

神部冬馬さんの情報を検索すると「沢田聖子」というシンガーソングライターの名前も出てきます。二人の関係について調べてみましたが、実は沢田聖子さんは神部冬馬さんの父に見いだされてデビューしたという経緯があるのだそうです。

そうした理由もあるため、沢田聖子さんのラジオ番組に神部冬馬さんが出演したり、また逆に沢田聖子さんが神部冬馬さんの番組に出演するなどの交流が続いているそうです。

神部冬馬さんの子供は?

神部冬馬さんには子供がいるということですが、子供の性別や年齢などは判明しているのでしょうか?また、離婚された神部冬馬さんですが、親権はどちらが持っているのでしょう?神部冬馬さんの子供についてさらに詳しく調べてみました。

初婚時の元妻との間に子供が1人

神部冬馬さんには最初に結婚した妻との間に子供が一人います。この子供の性別は女の子ということが判明していますが、年齢などの詳細は分かっていません。

ただ、神部冬馬さんが離婚したのが2005年ということですので、娘はその頃に生まれたものと考えられます。おそらく現在の年齢は、14歳前後ではないかと見られています。ですので、娘は現在、中学生である可能性が高いでしょう。

離婚後は神部冬馬さんが親権を獲得

2005年に離婚した神部冬馬さんですが、娘の親権は神部冬馬さんが持っています。これは離婚に際して妻の側に育てられない理由があったか、もしくは裁判所が父親が育てるのが妥当だと判断したと考えられます。

通常は母親に親権が与えられることが多いですが、母親の側に金銭的な面や育児に不安があると判断されるなどの理由で父親が親権を持つこともあります。

母のイルカさんや祖父母と生活し子育て

神部冬馬さんはシングルファーザーとして娘の子育てに励んでおられましたが、同居していた母のイルカさんや祖父母の手助けも随分とあったようです。

現在は再婚した妻とともに娘の子育てに励んでいるものと考えられます。再婚した妻との間に不仲説もないようですので、今後神部冬馬さんに新たな子供が増える可能性もありそうです。

神部冬馬さんの経歴

神部冬馬さんの経歴について、さらに詳しく見ていきましょう。神部冬馬さんは現在、シンガーソングライターなどとして活躍していますが、どのような経緯で音楽を始めたのでしょうか?神部冬馬さんの経歴について紹介します。

アルバム「小さき者」でメジャーデビュー

アルバム「小さき者」でデビューを果たした神部冬馬さんですが、音楽の道に進もうと考えた理由については、「何となく」ということだったそうです。母も祖父も、そして父も音楽をしていたので、自分も食べていけるかなという程度の考えだったのだとか。

やはりそういう甘い考えがあったことが理由なのかは分かりませんが、当初はなかなか売れなかったようです。

父の死をきっかけに本格的音楽活動開始

そんな神部冬馬さんですが、父の死を境に奮起し、アルバム「小さき者」でデビューを果たします。その後は娘を育てなければならないとうこともあったのでしょうが、さまざまな仕事をこなしながら、徐々に知名度をあげていきました。

地元のラジオでパーソナリティをつとめたり、スピリチュアリストの江原啓之さんのラジオ番組「江原啓之の幸せのレッスン」で初めてのレギュラーを獲得するなど、活動の場を広げていきます。

音楽活動前には母・イルカさんの運転手や手伝い

本格的な音楽活動をする前には、母のイルカさんの運転手をつとめたり、公演の手伝いをするなどしており、業界のことは何となく分かっていたようです。

ただ、この頃はさほど苦労をしなくても収入を得ることができたということもあり、音楽への情熱が薄れたり、俳優学校に通っても辞めてしまうなど、ご自身も自覚するほどに自堕落な生活を送っていたそうです。

2015年よりヴァンファーレ後援会会長に就任

神部冬馬さんは居住地は東京なのですが、山梨県を中心に幅広い活動を行っていることでも知られています。神部冬馬さんは2015年には、Jリーグのチームであるヴァンファーレ甲府の後援会長に就任したそうです。

また、ヴァンファーレ甲府の公式ソング「君は青い風/泥だらけの靴」の作詞作曲を担当したり、試合やイベントでもマスコットキャラクターと共にこの公式ソングを演奏したりすることもあるようです。

山梨県から愛され校歌作成も担当

東京出身で居住地も東京なのに、なぜか山梨県から愛される神部冬馬さんですが、2010年には山梨県公認のPR大使であるやまなし大使に任命されたのだとか。

さらには山梨県の学校の校歌を制作したり、山梨放送の情報番組「ててて!TV」にレギュラーに抜擢されるなど、現在は山梨県での活動が非常に多くなっているようです。

舞台やラジオなど幅広く活躍

神部冬馬さんは現在、シンガーソングライターとして楽曲をリリースする傍ら、ラジオパーソナリティや舞台俳優としても活躍されています。

主な仕事の拠点は山梨県のようですが、東京のテレビ番組にも出演されています。テレビ東京の「THEカラオケ★バトル」には幾度か出演していますが、「有名歌手のDNA」と「ドラマ主題歌スペシャル」で優勝された経験もあります。

ダウンタウンDXや有吉反省会などバラエティにも出演

最近では「ダウンタウンDX」や「有吉反省会」などのバラエティ番組にも出演されていますが、親が偉大な歌手という生い立ちをいじられてしまうことも多いようです。

しかし、神部冬馬さん自身はその生い立ちも売りしているようで、母親のイルカさんに関する話題も惜しみなく披露して好感度をアップさせているようです。

神部冬馬さんの生い立ちや学歴

音楽一家に生まれた神部冬馬さんの生い立ちやその学歴についてもう少し詳しく見ていきましょう。神部冬馬さんはどのような生い立ちで育ったのでしょうか?また学歴は判明しているのでしょうか?神部冬馬さんの生い立ちと学歴について紹介します。

幼少期から両親を支え家事手伝い

まずは神部冬馬さんの生い立ちから見ていきましょう。その生い立ちは、父も母も祖父も音楽の仕事をしているという一家に生まれたことから始まります。

ただ、父が若い頃からパーキンソン病を患っていたということもあり、神部冬馬さんは家の家事なども積極的に行っていたそうです。その介護生活は実に20年にも及んだといいますので、家族の苦労も並々ならぬものがあったと考えられます。

子供の頃には子役出演オファーを拒否?

神部冬馬さんは家族が皆芸能人という生い立ちもあり、幼少期にはテレビ局などから子役のオファーなどもあったそうです。

ただ、母親のイルカさんの方針で、子供の時は普通の生活を送って欲しいということもあり、子役のオファーはすべて断っていたそうです。

学歴は大学中退

神部冬馬さんの学歴も見ていきましょう。神部冬馬さんの最終学歴について調べてみたのですが、どうやら大学を中退というのが最終学歴になるようです。

神部冬馬さんは20歳ぐらいの時にシンガーソングライターを目指して作詞作曲を始められたそうなので、そうした心境の変化なども中退の理由にあったのかもしれません。芸能人には学歴は関係ありませんが、最近は高学歴の芸能人も増えているようです。

青山学院大学文学部教育学科を中退

神部冬馬さんの正確な最終学歴ですが、青山学院大学文学部教育学科を中退ということのようです。青山学院といえば、かなりの名門の大学で、芸能人やその子供が多く通う事でも知られています。

青山学院大学出身の芸能人には、椎名桔平さんや加藤シゲアキさん、高橋克典さん、寺島しのぶさん、渡哲也さんや三遊亭円楽さんなどがいます。

青山学院大学は内部進学する人も多いですが、その偏差値についても調べてみました。青山学院大学の偏差値は学部によっても違いますが、55.0~65.0とやや難易度は高めとなっているようです。

出身中学高校は?

神部冬馬さんの出身中学や高校などについても調べてみました。しかし、神部冬馬さんはご自身の出身中学や高校を公表しておられないようです。

東京に生まれ、東京に育ったということですので、都内の学校にい通っていたのは間違いないのでしょう。また、青山学院大学に進学しているということや芸能人の子供であることを考えると、中役や高校も青山学院だった可能性もありそうです。

神部冬馬さんは幅広い活動するシンガーソングライター

フォークソングのシンガーソングライターとして活躍する神部冬馬さんについて紹介してきました。神部冬馬さんの母はイルカさんで、父は音楽プロデューサー、祖父もサックス奏者という音楽一家に育った生い立ちを持っているようです。

神部冬馬さんは現在、山梨県を中心に音楽やラジオなどの分野デ活躍をされています。最近ではバラエティ番組への露出も増えてきているのだとか。神部冬馬さんの今後の活躍にも注目しましょう!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ