金子信雄まとめ!学歴や経歴は?結婚した嫁や息子なども!

昭和を代表する俳優の1人に数えられる金子信雄さんについて見ていきましょう。この記事では、金子信雄さんの学歴や経歴を中心にご紹介します。金子信雄さんが結婚した嫁の経歴や出会いの馴れ初めや息子など、私生活に関係する情報も併せてご覧下さい。

金子信雄まとめ!学歴や経歴は?結婚した嫁や息子なども!のイメージ

目次

  1. 1金子信雄のプロフィール
  2. 2金子信雄の学歴や活動経歴は?
  3. 3金子信雄が結婚した嫁や息子なども調査
  4. 4番外編:金子信雄と同年代の俳優の代表作品
  5. 5金子信雄は京華学園出身で嫁は女優の丹阿弥谷津子

金子信雄のプロフィール

・愛称:ネコさん
・本名:金子信雄
・生年月日:1923年3月27日
・年齢:享年71歳(1995年1月20日逝去)
・出身地:東京都台東区
・血液型:B型
・身長:162cm
・体重:非公表
・活動内容:俳優、料理研究家、司会者、タレント
・所属グループ:なし
・事務所:不明
・家族構成:後述します

金子信雄の経歴

金子信雄さんは1923年3月27日に東京都台東区(当時の東京市下谷区)で生まれました。小学1年生の頃から20歳までは結核で闘病生活を送り、回復後に芸能生活を開始しています。

金子信雄と菅原文太の関係

金子信雄さんと菅原文太さんの関係が注目されています。共に昭和を駆け抜けた名優として知られる金子信雄さんと菅原文太さんは、1つの作品で結ばれた事で共に話題に上る事が多いのです。

菅原文太とは

菅原文太さんは1933年8月16日に宮城県仙台市で生まれました。当時としては長身の174cmを生かしてモデルとして活動した後に俳優になり、下積みを経た後に映画『仁義なき戦い』で大ブレイクしました。2014年11月28日に転移性肝がんでこの世を去っています。

金子信雄は菅原文太の親分?

金子信雄さんは菅原文太さんの親分でした。それは金子信雄さんと菅原文太さんの代表作である映画での役柄からきたものですが、私生活でも同じような関係を構築していたと言う人もいます。

金子信雄の晩年と死因について

金子信雄さんの晩年と死因を振り返りましょう。晩年の金子信雄さんは俳優と料理研究家としての仕事を抱えていましたが、体調不良で降板し、1995年1月20日に細菌性敗血症で亡くなりました。金子信雄さんの遺志で葬儀と告別式は行なわれていません。

金子信雄の学歴や活動経歴は?

金子信雄さんの学歴や活動経歴を見てみましょう。金子信雄さんの最終学歴や出身校に続いて、俳優・料理研究家の顔を持つ金子信雄さんの活動経歴を、活動分野ごとにご紹介します。

金子信雄の学歴

金子信雄さんの学歴をご紹介します。金子信雄さんの学歴の中で明らかになっているのは出身校が京華学園だという事だけでした。金子信雄さんの学歴を判明した範囲で見ていきましょう。

金子信雄の最終学歴は?

金子信雄さんの最終学歴を見てみましょう。金子信雄さんの最終学歴は京華学園となっているのですが、京華学園が現在の学歴に当てはめた際に大卒なのか高卒なのか中卒なのかが確認できませんでした。

学歴【出身校は京華学園】

金子信雄さんの出身校は京華学園です。1897年に磯江潤さんが設立した学校で、孟子の教えを建学の精神としていました。現在も学校法人として京華中学高等学校などを運営しています。

金子信雄の俳優としての活動経歴

金子信雄さんは1943年に劇団「文学座」に所属して俳優活動を始めました。入団当時は舞台に立つ事が多かったのですが、映画界からのオファーも受けるようになり、1946年に映画デビューしています。

金子信雄と言えば映画『仁義なき戦い』

金子信雄さんと言えば映画『仁義なき戦い』です。1973年に公開された伝説のヤクザ映画でずる賢いヤクザ組長・山守義雄を熱演した金子信雄さんは、観客を熱狂させて人気と知名度が一気に上昇しました。

映画『仁義なき戦い』の山守義雄役エピソード

山守義雄役でブレイク後、金子信雄さんは山守義雄のモデルとなった山村辰雄さんに新幹線で出会いました。その時「上手くなりきって演じてくれた。もう1人の自分がいるように思った」と称賛されたそうです。

仲間と青年俳優クラブ結成も話題に

金子信雄さんが文学座を退団した後に俳優仲間と結成した青年俳優クラブも話題になりました。青年俳優クラブはいくつかの作品を発表し、劇団東俳に改名した後も多くの名のある俳優が所属する劇団として名を馳せています。

金子信雄の料理研究家としての活動経歴

金子信雄さんの料理研究家としての活動経歴をご紹介します。金子信雄さんは料理研究もライフワークに定めていました。晩年の金子信雄さんは料理関連の番組やCMに出演する事が多い状態になっています。

金子信雄の料理の腕前を振り返り

金子信雄さんの料理の腕前を振り返ります。現在も料理上手で知られる芸能人が多いのですが、金子信雄さんはその草分け的存在と言われてきました。金子信雄さんの考案した料理は非常に評判が良かったのです。

料理番組『金子信雄の楽しい夕食』って?

料理番組『金子信雄の楽しい夕食』の概要を解説します。料理の腕前が有名になった金子信雄さんは1987年から『金子信雄の楽しい夕食』のMCになりました。番組は大好評で1995年まで放映されています。

東ちづるとの掛け合いも話題に

初代アシスタントを務めた東ちづるさんとの掛け合いも話題になりました。東ちづるさんを「ちじゅる」と呼んで可愛がる金子信雄さんのセクハラすれすれの言動を東ちづるさんが鮮やかに交わす様子が視聴者に受けていたのです。

料理番組でも山守義雄親分登場?

料理番組でも山守親分が登場した事があります。それは『金子信雄の楽しい夕食』収録初日の事でした。金子信雄さんが突然「俺を気安く使うんじゃねえ」と怒鳴って現場を去ってしまったのです。それが山守親分登場のエピソードとして語り継がれているのでした。

金子信雄が結婚した嫁や息子なども調査

金子信雄さんの私生活に関する情報をお届けします。金子信雄さんが結婚した嫁との出会いの馴れ初めや結婚時期、そして息子の誕生時期や実家の家族構成をご覧下さい。

結婚した嫁は丹阿弥谷津子

結婚した嫁は丹阿弥谷津子さんです。金子信雄さんと丹阿弥谷津子さんは仕事でも私生活でも無二のパートナーで、1966年に共に新演劇人クラブ・マールイを結成しています。

嫁の丹阿弥谷津子とは

嫁の丹阿弥谷津子さんは1924年6月25日に東京都墨田区両国で丹阿弥岩吉さんの娘として生まれ、1942年に文学座の研究生になりました。同年に初舞台を踏んだ丹阿弥谷津子さんはその美貌と演技力を称えられ、大女優としての名声を高め続けています。

嫁(丹阿弥谷津子)との出会いの馴れ初め

丹阿弥谷津子さんとの出会いの馴れ初めを見てみましょう。金子信雄さんと丹阿弥谷津子さんは文学座で出会いました。演者としてお互いを認め合ううちに恋が芽生えて結婚に至ったようです。

嫁(丹阿弥谷津子)との結婚時期や披露宴は?

丹阿弥谷津子さんとの結婚時期や披露宴を見てみましょう。金子信雄さんと丹阿弥谷津子さんは1958年に結婚しました。結婚式や披露宴を開催したのかは公表されていません。

嫁(丹阿弥谷津子)との間に息子が誕生

金子信雄さんと丹阿弥谷津子さんとの間には息子が誕生しました。息子の生まれた時期を金子信雄さんも丹阿弥谷津子さんも明かしませんでした。当時は現在ほど個人情報保護が厳しい時代ではなかったのですが、息子を芸能界に関わらせたくなかったのかも知れません。

金子信雄には息子が2人いる?

金子信雄さんには息子が2人います。前述したように長い間金子信雄さんは丹阿弥谷津子さんとの間に生まれた息子について公表していませんでしたが、近年になって次男の名前と職業が明らかになりました。

息子(次男)は金子こうじろう

金子信雄さんの次男は金子こうじろうさんです。生年月日は公表されていませんが、2020年9月時点で59歳だった事がわかっています。職業は朗読劇の演出家で、これまでに母・丹阿弥谷津子さんの朗読劇などの演出も手掛け、高橋克典さんのブログでも紹介されていました。

息子(長男)の名前や職業は?

金子信雄さんの長男の名前や職業は一切公表されていません。生年月日も非公表でした。完全に芸能界とは関わりのない一般社会で生活しているのではないでしょうか?

金子信雄の実家の家族構成も調査

金子信雄さんの実家の家族構成も調査しましたが、金子信雄さんの実家の家族構成は公表されていないようでした。子供の頃は病身だったため、兄弟姉妹がいても仲良く遊んだ記憶はあまりなかったのかも知れません。

番外編:金子信雄と同年代の俳優の代表作品

この章では、番外編として金子信雄さんと同年代の俳優の代表作品をご紹介します。金子信雄さんと同じ時代を生きた船越英二さん・西村朗さん・小林桂樹さんの代表作品をご覧下さい。

船越英二の代表作品

船越英二さんの代表作品をご紹介します。1947年に俳優活動を始めた船越英二さんの代表作と言われているのは、ドラマでは『時間ですよ』と『熱中時代』、映画では『野火』『黒い十人の女』などです。

西村晃の代表作品

西村晃さんの代表作品をご紹介します。1946年から俳優になった西村朗さんの代表作と言われているのは、ドラマでは『虹を織る』と『水戸黄門』、映画では『ゼロの焦点』と『赤い殺意』などです。

小林桂樹の代表作品

小林桂樹さんの代表作品をご紹介します。1942年に俳優生活を開始した小林桂樹さんの代表作と言われているのは、ドラマでは『牟田刑事官事件ファイル』シリーズと『弁護士・朝日岳之助』シリーズ、映画作品『日本沈没』と『連合艦隊』などです。

金子信雄は京華学園出身で嫁は女優の丹阿弥谷津子

金子信雄さんは京華学園出身で嫁は女優の丹阿弥谷津子さんです。俳優としても料理研究家としても称賛されていた金子信雄さんの名は日本芸能史の伝説となって刻まれ、語り継がれていく事でしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

新着一覧

最近公開されたまとめ