唐沢寿明出演ドラマ一覧!出演作の役や演技の評判なども!共演者とのエピソードは?

俳優として様々な作品に出演している唐沢寿明のドラマを一覧形式で紹介します。下積み時代は特撮ヒーローのスーツアクターやスタントマンを演じていた唐沢寿明。そんな彼はトレンディドラマから医療ドラマなど様々な作品に出演しているのでチェックしましょう。

唐沢寿明出演ドラマ一覧!出演作の役や演技の評判なども!共演者とのエピソードは?のイメージ

目次

  1. 1唐沢寿明のプロフィール
  2. 2唐沢寿明出演ドラマ一覧【厳選Part1】
  3. 3唐沢寿明出演ドラマ一覧【厳選Part2】
  4. 4唐沢寿明出演ドラマ一覧【厳選Part3】
  5. 5唐沢寿明出演ドラマ一覧【厳選Part4】
  6. 6唐沢寿明の演技の評判も調査
  7. 7唐沢寿明の共演者とのエピソード
  8. 8唐沢寿明出演ドラマは演技も光る話題作が勢揃い!

唐沢寿明のプロフィール

・愛称:???
・本名:唐澤潔(からさわきよし)
・生年月日:1963年6月3日
・年齢:57歳(2020年10月現在)
・出身地:東京都
・血液型:A型
・身長:175cm
・体重:???
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:研音
・家族構成:妻(山口智子)

唐沢寿明の経歴

唐沢寿明は東京都出身の俳優です。ブルース・リーの大ファンであり、特撮も好きだった唐沢寿明は俳優を目指して高校を中退しています。しかし、そのことが原因で親に勘当されており、その上オーディションも全く受からない日々が続いたことを語っています。

1980年に俳優として活動を開始。当時最年少の16歳で東映アクションクラブ4期生になり、オーディションを受け続けたとのこと。そんなとき、プロデューサーのアドバイスでチノパンとポロシャツという出で立ちに路線変更をし、オーディションに通うようになっています。

なんとその路線変更が成功し、オーディションで1位に。少しずつ仕事も増えて安定するようになったそうです。実はこのアドバイスをした人物というのが、女優の浅野ゆう子。彼女はそのエピソードが恥ずかしいそうであまり名前は出さないように言われていることから、プロデューサーということにしているそうです。

陽気で明るく、おちゃめな性格の唐沢寿明。しかし、その生い立ちは複雑な環境でした。唐沢寿明の父親は非常に横暴な人物で妻とは夫婦喧嘩ばかりしていたのだとか。ある日、唐沢寿明は父親を追い出すことを決意し、モルタルの壁を叩き割って父親を脅したことを明かしています。

父親はその行為に驚いて家を出たものの、なんと唐沢寿明は母親から追い出されてしまったのだとか。夫婦喧嘩は耐えなくとも、2人は子供には分からない絆があったのかもしれません。そういったこともあり高校を中退して、俳優の世界に飛び込んだというエピソードが語られていました。

無名の頃の唐沢寿明は特撮番組の裏方をしていたのです。スタントマンとして主役の代わりに危険なシーンを演じており、「仮面ライダーV3」に登場するライダーマンのスタントを演じていることが語られています。

唐沢寿明はそういった過去を隠すこと無く、アルバイトとしてキャバレーの客引きをやっていたことも明かしていました。苦労の多い下積み時代を経て、1992年に出演した「愛という名のもとに」が大ヒット。爽やかな好青年を演じており、一気に人気若手俳優の仲間入りを果たしました。

Thumb唐沢寿明の身長や体重は?サバ読み疑惑も調査!年齢などプロフィールまとめ
実力派俳優として知られている唐沢寿明さんは、小顔でスタイルが抜群だと評判です。そこで今回は唐...

唐沢寿明出演ドラマ一覧【厳選Part1】

こういった経歴を持つ唐沢寿明ですが、その出演ドラマの中で特に注目の作品を一覧でまとめました。一覧をチェックしながら、改めて唐沢寿明の魅力や演技、共演者などを確認していきましょう。

出演ドラマ一覧:『愛という名のもとに』高月健吾役

唐沢寿明にとってブレイクのきっかけになったのが1992年に放送されたドラマ「愛という名のもとに」です。本作において唐沢寿明は高月健吾役を演じました。

「愛という名のもとには」いわゆる青春群像劇。プロデューサーは「東京ラブストーリー」や「101回目のプロポーズ」の大多亮が務め、脚本は後に「高校教師」や「家なき子」を手掛けた野島伸司でした。

大学のボート部で仲野良かった男女7人が、卒業から3年後に恩師であるボート部監督の葬儀で再会。わずか3年の間にそれぞれの生活や考え方は変化しており、各々のトラブルが露見することになります。

主演は鈴木保奈美となっていますが、唐沢寿明とのW主演とも言える内容。共演者は江口洋介、洞口依子、石橋保、中島宏海、中野英雄です。非常に評判の良い映画であり、荒削りな演技ながらも唐沢寿明の出演ドラマ一覧において重要な作品として度々作品名が挙がっています。

出演ドラマ一覧:『ホームワーク』森田圭介役

先程の「愛という名のもとに」でブレイクした唐沢寿明。そんな唐沢寿明を主人公に4人の男女の恋愛物語を描いたのが、1992年のドラマ「ホームワーク」です。唐沢寿明は本作で森田圭介役を演じました。

本作の共演者は清水美砂、福山雅治、浦江アキコとなっています。唐沢寿明は「愛という名のもとに」と同様に仕事や恋愛に悩む青年を好演。同時に福山雅治が俳優としてブレイクするきっかけとなりました。主題歌の「クリスマスキャロルの頃には」も大ヒットしています。

出演ドラマ一覧:『人間交差点 冬の遊園地』片田役

1994年に放送されたドラマ「人間交差点 冬の遊園地」で唐沢寿明は片田役を演じました。本作は「課長島耕作」などで知られる弘兼憲史作画の漫画が原作です。

原作が1話完結のショートストーリーが基本ということもあり、ドラマは複数制作され、出演者もそれぞれ異なります。唐沢寿明はTBSの「月曜ドラマスペシャル」枠で放送されたものに出演しており、共演者は麻生祐未、内藤剛志、柄本明です。

出演ドラマ一覧:『西遊記』孫悟空役

「西遊記」は1994年に日本テレビで制作されたドラマ。1978年に放送された堺正章と夏目雅子主演の「西遊記」を平成版としてリメイクした作品といえます。そのため一部では「新・西遊記」という表現も見られるのです。

唐沢寿明は孫悟空役で主演。堺正章版とは違って天竺に到着する場面まで描かれたことが評判となりました。また、沙悟浄や猪八戒は普段は人間の姿でピンチになると変身するという形が取られており、特撮の現場で仕事の多かった唐沢寿明らしい作風と言えるでしょう。

本作が評判な理由として唐沢寿明が特撮の現場でスタントマンを演じていたことから、ほとんどのアクションシーンを本人が演じていることです。また、CGも多用されているのも見どころとなっており、撮影は北海道にあった中国風のテーマパーク「天華園」で行われました。

出演ドラマ一覧:『美味しんぼ』シリーズ山岡士郎役

雁屋哲原作・花咲アキラ作画の漫画「美味しんぼ」を読んだことがある人も多いかもしれません。そんな漫画を原作に制作されたのが1994年のドラマ「美味しんぼ」シリーズです。唐沢寿明は主人公の山岡士郎役を演じています。

東西新聞文化部社員である山岡士郎と栗田ゆう子が主人公で、社から「究極のメニュー」作りを任されるストーリーです。食に関する天才的な才能を持つ山岡士郎ですが、実父の海原雄山とは親子の関係を勘当されています。そして海原雄山側は「至高のメニュー」を制作することになったのです。

唐沢寿明は実体験として両親から勘当されている立場。親子のぶつかり合いは、どこか演技を越えた気迫を感じさせて評判となりました。共演者は栗田ゆう子役に石田ゆり子、海原雄山役に原田芳雄となっています。ちなみに、シリーズは全5回で4作目から栗田ゆう子役は富田靖子、2作目から海原雄山役は江守徹です。

出演ドラマ一覧:『輝け隣太郎』萌沢隣太郎役

1995年にTBS系列で放送されたドラマ「輝け隣太郎」で、唐沢寿明は主人公の萌沢隣太郎役を演じました。本作で唐沢寿明は広告代理店の営業マン。プロポーズした相手が事故で亡くなるという出来事を乗り越え、サラリーマンとして悪戦苦闘するホームドラマになっています。

恋人を失った主人公に寄り添う女性には、ドラマ初出演となった江角マキコ。主人公を女手一つで育て上げた母親には樹木希林が抜擢されました。また、ゲスト共演者として当時SMAPだった中居正広が本人役として出演しています。

Thumb唐沢寿明と山口智子の結婚の馴れ初めは?子供や自宅などのエピソードも
仲睦まじい様子が度々話題になっている唐沢寿明さんと山口智子さん。そんな唐沢寿明さんと山口智子...

唐沢寿明出演ドラマ一覧【厳選Part2】

「愛という名のもとに」でブレイクした唐沢寿明は、トレンディドラマやホームドラマなど様々なジャンルの作品に出演しました。演じる役の境遇は辛く苦しいものであっても、唐沢寿明のエネルギッシュで好青年な姿は評判でした。ここからはさらに演技力に磨きのかかった作品をチェックしていきましょう。

出演ドラマ一覧:『イヴ~Santaclaus Dreaming~』小泉三太役

1997年に放送されたドラマ「イヴ~Santaclaus Dreaming~」で唐沢寿明は小泉三太役を演じました。唐沢寿明が演じる小泉三太は型破りな精神科医。ある日、藤原財閥の娘の治療を頼まれることになるのですが、その過程で様々な問題に巻き込まれる、というストーリーです。

共演者は藤原財閥の娘である藤原沙織役に葉月里緒奈。政略結婚のために沙織に近づく勤務医に高橋克典がキャスティングされました。また、三太の行きつけの居酒屋にはPUFFYの大貫亜美と吉村由美、お笑い芸人の山田花子が出演しています。

出演ドラマ一覧:『ラブコンプレックス』竜崎ゴウ役

時代も進み2000年代に。2000年に放送されたドラマ「ラブコンプレックス」で唐沢寿明は主人公の竜崎ゴウ役を演じました。また、W主演という形で反町隆史が共演者となっています。

本作は20世紀最後の「木曜劇場シリーズ」です。ある日、パソコン周辺機器の製造業をする会社で働く2人は本社ビルの最上階に呼び出されます。そこには7人の女性秘書がいて、それぞれが様々な理由で男嫌いだったのです。

そんな秘書たちと仕事を組まされながら彼女たちの問題を処理することに。同時に2人の男にも実は裏の顔があって恋愛に関するコンプレックスが発覚する、というストーリーになっています。

7人の女性秘書には木村佳乃、りょう、小雪、西田尚美、伊東美咲、一戸奈美、高橋ひとみが抜擢されました。当時、フジテレビ系ドラマによく出演していた俳優や女優が出演しており、唐沢寿明と反町隆史という2枚目俳優と女性陣の演技が話題になりました。

出演ドラマ一覧:『白い巨塔』財前五郎役

唐沢寿明の代表作と言えるかもしれないのが2003年のドラマ「白い巨塔」です。唐沢寿明は主役として財前五郎を演じています。本作は山崎豊子主演の小説をドラマ化した4度目の作品です。

1966年に田宮二郎で映画化された作品であり、ドラマ版でも彼が主演しています。当初、作者の山崎豊子は主演の財前五郎役に唐沢寿明はイメージに合わないと考えていたのだとか。しかし、食事会を通して唐沢寿明に好印象を持ち、最終回後は「21世紀の白い巨塔のキャッチフレーズに恥じぬことができたと確信した」と評価しています。

唐沢寿明演じる財前五郎は食道外科を専門とした天才的なオペの名手。それ故にプライドが高く自信家な性格の持ち主なのです。大学病院における教授選によって師弟関係にあった東貞蔵と対立。また、自身が関わった手術によって、結果的に患者を医療ミスで死なせるという大失態を犯してしまったのです。

がんセンター長という地位に上り詰めたものの、医療ミスに絡んだ裁判で内定を取り消され、最終的に裁判の最中に体調を崩すことになります。そんな彼とぶつかりながらも友人として関わり続ける里見脩二役を江口洋介が演じました。

江口洋介とは「愛という名のもとに」にで共演した仲であり、「白い巨塔」内でライバルであり親友という役柄になるのは、どこか縁を感じさせるかもしれません。

共演者は石坂浩二や伊武雅刀、西田尚美や佐々木蔵之介など個性的な面々が揃っており、非常に評判の高いドラマとして今でも名作として名前が挙がる作品と言えるでしょう。

普段からドラマや映画に出演する際、その役になりきることとイメージを大切にする唐沢寿明。本作においてはそのことを徹底しており、テレビ局にNGシーンを放送終了まで扱わないように依頼しています。財前五郎という人物のイメージを最後まで壊さないように専念していたことが伝わるエピソードです。

出演ドラマ一覧:『小早川伸木の恋』小早川伸木役

2006年にフジテレビ系で放送されたドラマ「小早川伸木の恋」で小早川伸木を演じています。本作は柴門ふみ原作の漫画が元になっています。

「白い巨塔」とは雰囲気は大きく異なりますが、本作のおいても唐沢寿明は大学病院に勤務する外科医を演じました。仕事や家庭に悩む主人公が盆栽教室で出会った女性に心惹かれる、というユニークなストーリーになっています。

原作よりも恋愛をメインにしたストーリーになっており、妻役に片瀬那奈、盆栽教室で出会う女性を紺野まひるが演じました。

出演ドラマ一覧:『八月の虹』沢木隆明役

2006年に放送された「八月の虹」は非常に珍しい、CM枠を使ったショートドラマです。唐沢寿明は沢木隆明役を演じており、共演者はりょう、村杉蝉之介、目黒真希となっています。

大手企業に務めるビジネスである主人公は、突如真っ黒な大地に放り出されることに。実はそこは40年後の未来であり、変わり果てた地球の姿だったのです。10分にも満たない短い時間ながら印象に残るドラマと言えるのではないでしょうか?

出演ドラマ一覧:『明智光秀〜神に愛されなかった男〜』明智光秀役

唐沢寿明はときどき時代劇ドラマにも出演しています。2007年に放送された「明智光秀〜神に愛されなかった男〜」で主人公の明智光秀を演じました。未だに様々な謎の残る明智光秀の本能寺の変。本作も独自の解釈によって本能寺の変に関するストーリーが描かれました。

唐沢寿明の共演者に羽柴秀吉役の柳葉敏郎、明智光秀の妻であるひろ子役に長澤まさみが抜擢されています。明智光秀の娘婿と言われている明智秀満に「水曜どうでしょう」で有名になった大泉洋がキャスティングされているのも見どころと言えるでしょう。

Thumb唐沢寿明と山口智子の間に子供がいない理由は?結婚後のエピソードまとめ
唐沢寿明さんは女優の山口智子さんと結婚していますが、結婚後も子供を持たないと決めていたそうで...

唐沢寿明出演ドラマ一覧【厳選Part3】

唐沢寿明の代表作の1つとも言える「白い巨塔」は今でも人気の作品と言えるかもしれません。そんな「白い巨塔」がきっかけで出演したドラマを含めて、さらに唐沢寿明の出演ドラマをチェックしましょう。

出演ドラマ一覧:『不毛地帯』壹岐正役

2009年に放送された「不毛地帯」は「白い巨塔」と同じく山崎豊子の小説が原作のドラマです。「不毛地帯」をドラマ化するにあたり、プロデューサーが山崎豊子のもとを訪れると「唐沢くんでよろしくね」とご指名があったそうです。

本作は第1話で唐沢寿明がシベリア抑留のシーンを演じるのですが、そのために7キロの減量を行ったとのこと。本人の意気込みは強かったものの視聴率は思わしくなく、本放送は放送回数が減らされてシーンのカットが非常に多かったのだとか。そのため、本作を気に入った方はカットが少ないDVD版がおすすめと言えそうです。

出演ドラマ一覧:『Strangers 6』皆藤悟役

2012年に国際共同制作としてWOWOWで放送された「Strangers 6」で唐沢寿明は皆藤悟役を演じました。日本・中国・韓国の3カ国共同の作品で、唐沢寿明以外に北村一輝や黄川田将也、韓国からはオ・ジホ、キム・ヒョジン、中国からはボウイ・ラム、リウ・シュエンなどが出演しています。

物語は中国の某所に作られた日中韓三国共同経済領域都市である海港(ハイワン)という都市が大規模な自然災害が起こると予測されたのです。それを防ぐために地下に特殊な装置を設置することになるのですが、何者かが妨害することが分かり、3カ国のプロフェッショナル6名が「ストレンジャーズ6」として派遣され妨害をを防ぐというストーリーです。

このドラマで共演した人たちによると、唐沢寿明は撮影の合間、英語で海外の人たちと話していたとのこと。非常に流暢な英語で冗談などを交えながら交流する姿に日本の共演者たちは驚いたことを明かしています。

出演ドラマ一覧:『メイドインジャパン』矢作篤志役

「メイドインジャパン」は2013年にNHKで放送されたドラマです。唐沢寿明は矢作篤志役で出演しており、NHKがテレビの本放送を初めて60年という節目に制作されたドラマになっています。

唐沢寿明演じる皆藤悟は大手家電メーカーの再建戦略室長。自身が勤めるタクミ電機が倒産まであと3ヶ月しかないことを告げられた中で再建戦略室長に任命されています。

本作の共演者は高橋克実、吉岡秀隆、國村隼です。個性的なメンバーと再建を目指すストーリーとなっており、唐沢寿明の熱い演技が見どころと言えるでしょう。

出演ドラマ一覧:『TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜』帆村正義役

唐沢寿明が2013年に出演した「TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜」は、悪いやつらから大金を奪う義賊が主役のストーリーです。唐沢寿明はTBSで「輝け隣太郎」以来、18年ぶりの主演。唐沢寿明演じる帆村正義は義賊の「TAKE FIVE」の元メンバーです。

引退後は大学教授として生活していたものの、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画「ルクレツィアの肖像」巡る秘密を暴くために復帰することになります。本作では笹原瑠衣役を松雪泰子が。そして少女期は広瀬すずが演じており、まだまだあどけなさの残る姿を確認できます。

出演ドラマ一覧:『ルーズヴェルト・ゲーム』細川充役

「半沢直樹」などで知られる池井戸潤原作の小説「ルーズヴェルト・ゲーム」で唐沢寿明が主演を演じました。2014年にTBS系で放送された本作において、唐沢寿明は主人公の細川充役を演じています。

原作の小説では明確な主人公がいなかったのですが、ドラマでは社長の細川充がメインに。脇を固めるのは唐沢寿明との共演が多い江口洋介が出演しています。

出演ドラマ一覧:『THE LAST COP/ラストコップ』京極浩介役

2015年に放送された「THE LAST COP/ラストコップ」で唐沢寿明は京極浩介を演じました。動画配信サイト「Hulu」のオリジナルドラマ第1弾であり、ドイツの人気刑事ドラマ「DER LETZTE BULLE」をリメイクした形になっています。

Huluと日本テレビによる共同制作ということもあり、本作では様々なパロディシーンが楽しめます。日本テレビで放送されたドラマの「ごくせん」や「金田一少年の事件簿」、「白い巨塔」や「臨床犯罪学者 火村英生の推理」のパロディを確認することが出来るでしょう。

刑事を演じる唐沢寿明の相棒役に窪田正孝が抜擢。本作では当時53歳だった唐沢寿明によるアクションシーンが評判となっており、衰えの見せない姿が評判となりました。同時に相棒の窪田正孝も熱い演技を演じており、2人の相性の良さが支持されています。

そして、本作は最終話の一部を生放送とし、連動データ放送で唐沢寿明演じる京極浩介の生死を決めるという試みが行われました。そのため、最終話は非常ににぎやかでおふざけ要素も多く、ネットなどで賑わいを見せました。

唐沢寿明出演ドラマ一覧【厳選Part4】

年齢を重ねても自身でアクションシーンを演じることが多い唐沢寿明。若かりし頃にトレンディドラマに出ていた雰囲気を保ちながら重厚な作品でも存在感を発揮しています。唐沢寿明の出演ドラマ一覧のPart4で改めてその演技力の幅を感じさせるような役柄をチェックしましょう。

出演ドラマ一覧:『ナポレオンの村』浅井栄治役

2015年に放送された「ナポレオンの村」で唐沢寿明は浅井栄治役を演じました。消滅寸前の限界集落を立て直す「スーパー公務員」を唐沢寿明が熱演。共演者は麻生久美子、沢村一樹、山本耕史などです。

出演ドラマ一覧:NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』花山伊佐次役

唐沢寿明の出演ドラマ一覧の中では珍しいメインではない作品もチェックしましょう。2016年にNHKで放送された朝ドラ「とと姉ちゃん」で花山伊佐次役を演じました。

高畑充希演じる小橋常子が出会う軍事標語作家を唐沢寿明が担当しており、彼女の依頼によって帝大新聞編集長を務めます。戦中に自身が作った標語が多くの戦死者に繋がったと考えており、その苦悩を抱えながらも常子を支える優しくも厳しい人物を好演しました。

出演ドラマ一覧:『ハラスメントゲーム』秋津渉役

2018年に放送されたハラスメントゲーム」は唐沢寿明にとって珍しいテレビ東京の作品です。唐沢寿明は主人公の秋津渉役を演じており、パワハラ疑惑で本社から左遷された人物を演じています。

ある日、自分を左遷した本社の命令により会社に復帰。本社でコンプライアンス室長に任命されることになったのです。近年、非常に大きな問題となっているパワハラ、セクハラ、パタハラなどのハラスメントを題材にした作品となっています。

出演ドラマ一覧:『ボイス 110緊急指令室』樋口彰吾役

2019年に「ボイス 110緊急指令室」で樋口彰吾役を唐沢寿明が演じました。本作は韓国ドラマ「Voice」が原作となっており、警察署の緊急指令室が舞台となったドラマです。

唐沢寿明演じる樋口彰吾は通称「ハマの狂犬」と呼ばれており、情に厚いものの直情的な面がある人物となっています。緊急指令室の仲間たちを演じるのは真木よう子、増田貴久、安井順平などです。また、強行犯係係長に木村祐一、署長は小市慢太郎が演じました。

出演ドラマ一覧:NHK朝ドラ『エール』古山三郎役

「とと姉ちゃん」に続いて、2020年に「エール」に唐沢寿明が出演しています。本作において唐沢寿明は古山三郎役を演じました。

主演は窪田正孝、ヒロインは二階堂ふみ。窪田正孝とは「THE LAST COP/ラストコップ」とコンビを組んでいました。唐沢寿明は窪田正孝演じる古山祐一の父で、老舗呉服屋「喜多一」の店主。祐一が音楽の道へ進むきっかけを作った人物であり、良き理解者として彼を支えました。

出演ドラマ一覧:『24JAPAN』獅堂現馬役

唐沢寿明出演ドラマ一覧の最後は2020年10月9日から放送される「24JAPAN」です。大ブームとなった海外の「24 -TWENTY FOUR-」を唐沢寿明でリメイク。唐沢寿明はテロ対策ユニット「CTU」の第1支部AB班の班長である獅堂現馬役を演じます。

共演者は木村多江、桜田ひより、仲間由紀恵、今井悠貴、栗山千明、佐野史郎など。オリジナル版から20年が経っていることもあり、コンピュータ関係の進歩も物語に大きく影響するそうです。

日本版の24として物語がどういった風に展開するかに注目が集まっています。唐沢寿明の円熟した演技力が楽しめる作品になると予想されており、多くのファンが期待する作品と言えるでしょう。

唐沢寿明の演技の評判も調査

唐沢寿明が出演した様々なドラマを紹介しました。コメディチックな作品もあれば、重厚なドラマもあります。そんな唐沢寿明に対する演技の評判をチェックしてみましょう。

演技の評判①演技派俳優

演技力の評判において、唐沢寿明の「役になりきる能力」が高く評価されています。特に「白い巨塔」で演じた財前五郎役は原作の山崎豊子も称賛を送っています。

同時に非常にコミカルな演技も得意としており、ホームドラマの主演を演じることも多いと言えるでしょう。二枚目から三枚目の役までをこなすオールラウンダーとして、演技派俳優という評判がありました。

演技の評判②下手派も?

一部では唐沢寿明の演技を下手と感じる声も。その理由は「演技が大げさ」というものがありました。思い切りのいい演技が時にはくどさを感じさせるのかもしれません。しかし、「こんな演技だったかな?」という風に、演技がうまいと感じていたからこそ感じる違和感のコメントが多いようです。

唐沢寿明は作品によって役柄に合わせて演技を変えるため、ドラマの内容によって受ける印象が異なるのかもしれません。シリアスなドラマと派手なアクションでは見る側の感じ方が違うのでしょうか?

演技力の高さが日本版『24』主役抜擢の理由?

まさかの日本でリメイクとなった「24」ですが、主役は唐沢寿明が演じます。実は主役の配役はなかなか決まらなかったと噂されているのです。

キーファー・サザーランド演じるジャックバウアーのイメージが強く、アメリカと違って日本は銃規制があるため、物語も同じような作りには出来ません。また、原作から20年が経っており、様々な部分で内容が変更になることが予想されています。

唐沢寿明が主役に抜擢された理由には演技力の高さや年齢、スーツアクターとしてのアクション経験の豊富さが大きく関係しているのだとか。また、唐沢寿明自身も「24」の大ファンです。

一部の噂によると「半沢直樹」で主役を演じた堺雅人がジャックバウアーの候補の1人だったそうです。年齢こそ50代になっていますが、近年もアクションシーンが多い唐沢寿明はぴったりという意見で抜擢されたのだとか。いずれにしても「誰を選んでも批判は出る」と制作側は考えていたと言われています。

唐沢寿明自身もこういった前評判は知っており、インタビューでは「僕のキャリア史上、一番賛否両論あるんじゃない(笑)?」と答えています。そもそも、唐沢寿明は「白い巨塔」のときも、旧作で財前五郎役を演じた田宮二郎と比較されて、当初は賛否両論があったのです。

こういったことから唐沢寿明自身も批判を覚悟の上で出演を決断したことが考えられます。2020年10月9日から放送される「24JAPAN」がどういった評判になるか注目と言えるでしょう。

唐沢寿明の共演者とのエピソード

多くの作品に出演している唐沢寿明ですが、共演者とのエピソードも紹介します。現場でもおちゃめな唐沢寿明は共演者とどのように関わっているのでしょうか?

共演者とのエピソード①高畑充希編

「とと姉ちゃん」で共演した高畑充希に対して、唐沢寿明は非常に演技力を評価していたそうです。高畑充希はミュージカルなどの経験もあり、自分の意見を演出家に伝えるハートの強さも高く評価していました。

唐沢寿明はヒロインのとと姉ちゃん同様に一生懸命な姿を見せる高畑充希をとても高く評価していたのだとか。唐沢寿明がアドリブを入れてもそれに対応出来る演技力の持ち主として、彼女を絶賛しています。

共演者とのエピソード②伊勢谷友介編

ドラマ「ボイス 110緊急指令室」で唐沢寿明は伊勢谷友介と共演しました。伊勢谷友介は当初、自身の配役に違和感があったそうですが、唐沢寿明に「合ってるよ」と褒められたのだとか。何気ない一言に背中を押されて、最後までドラマを突っ走ることが出来たそうです。

共演者とのエピソード③窪田正孝編

複数の作品で共演している窪田正孝とは大の仲良し。窪田正孝は休みのときは唐沢寿明に連絡を取ることが多く、「唐沢さんのためだったら死ねる」というほど尊敬していることを明かしています。

あるお酒の席でものまねタレントで女優の福田彩乃が唐沢寿明のことを冗談で叩いた際、窪田正孝は真剣な顔で彼女を注意したのだとか。唐沢寿明が「冗談で叩いてるだけだよ」と仲裁に入っても「唐沢さんになんかする人だけは許さないから」と福田彩乃に念を押したというエピソードもあります。

そんな窪田正孝を唐沢寿明は「後輩というより、なんか親戚の子供みたい」と語っており、公私ともに仲良くしていることを明かしていました。

窪田正孝と水川あさみ夫妻とも仲良しとの噂

窪田正孝は2017年にドラマ「僕たちがやりました」で共演した女優の水川あさみと2019年に結婚。結婚後は妻である水川あさみと一緒に唐沢寿明のもとを訪れることが多いそうです。唐沢寿明も妻の山口智子を連れて4人で食事に出かけていることを明かしています。

唐沢寿明がNHKドラマ「エール」に出演したのも、主演が窪田正孝だったからと噂されていました。今後も2人が共演する可能性は高く、注目の関係と言えるでしょう。

唐沢寿明出演ドラマは演技も光る話題作が勢揃い!

唐沢寿明の出演ドラマ一覧を紹介しました。また、唐沢寿明の演技の評判や共演者とのエピソードも興味深いものだったのではないでしょうか?

長い下積み時代にはスーツアクターも経験。「愛という名のもとに」でブレイクしてからは、様々なジャンルのドラマに出演しました。高い演技力は評判が良く、窪田正孝などからも慕われる人物であることも分かりました。2020年10月から放送される「24JAPAN」に注目しながら、今後の唐沢寿明の活躍を応援しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
浅倉恭介
ギターと野球と料理が好き。犬が飼いたい! もともとは接客業界で働いてました その後は保育業界に。 ロ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ