きゃりーぱみゅぱみゅの本名は竹村桐子?読み方や卒アルは?

世界各地で活躍しているきゃりーぱみゅぱみゅさんですが、本名を知っていますか?今回はきゃりーぱみゅぱみゅさんの本名や本名の読み方、さらには高校の卒アル画像などをチェックしていきます。きゃろらいんから始まる長いと噂の正式名称もご紹介。

きゃりーぱみゅぱみゅの本名は竹村桐子?読み方や卒アルは?のイメージ

目次

  1. 1きゃりーぱみゅぱみゅのプロフィール
  2. 2きゃりーぱみゅぱみゅの本名は?
  3. 3きゃりーぱみゅぱみゅの芸名の由来
  4. 4本名「竹村桐子」時代の活動
  5. 5きゃりーぱみゅぱみゅの高校時代
  6. 6きゃりーぱみゅぱみゅの本名は意外と和風だった

きゃりーぱみゅぱみゅのプロフィール

愛称 きゃりー
正式名称 きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ
生年月日 1993年1月29日
年齢 25歳
出身地 東京都西東京市
血液型 B型
身長 158cm
活動内容 ファッションモデル、歌手
事務所 アソビシステム
出演作品 『世界の何だコレ!?ミステリー』MC、江崎グリコCM『アイスの実』など

きゃりーぱみゅぱみゅの経歴

東京都西東京市出身のきゃりーぱみゅぱみゅさんは、高校在学中の2009年に『KERA』の専属モデルとして芸能活動をスタート。2010年には、歌手活動も開始しました。

2011年、『もしもし原宿』でメジャーデビュー。その後、『つけまつける』や『CANDYCANDY』を発売。YouTubeなどの影響もあって、きゃりーぱみゅぱみゅさんの名前が全世界に知れ渡ります。2012年には、『日本レコード大賞』特別賞を受賞。

2013年、きゃりーぱみゅぱみゅさん初となるワールドツアーを開催。フランスやイギリスなど世界13都市で行われたツアーは、2万8000人を動員する大盛況で幕を閉じました。

2015年に発売した『もんだいガール』では、きゃりーぱみゅぱみゅさん初となるドラマの主題歌を担当。その後も海外公演を行ったり、ヒット曲を連発したりするなど大活躍しています。この頃から、テレビ出演も増え、番組MCに挑戦するなど多彩な一面を披露。

2016年には、デビュー5周年を記念して展覧会を開催。この展覧会では、きゃりーぱみゅぱみゅさんが発売したCDジャケット18曲のデザインを展示しているほか、きゃりーぱみゅぱみゅさんが実際に使用したウィッグや衣装も展示しています。

2018年、9月26日にきゃりーぱみゅぱみゅさんの4thアルバム『じゃぱみゅ』を発売。このアルバムは前作『ピカピカふぁんたじん』から4年ぶりとなるアルバムです。

きゃりーぱみゅぱみゅの本名は?

奇抜なファッションと、一度聴いたら忘れられないユニークな歌で世界中を魅了しているきゃりーぱみゅぱみゅさんですが、本名を知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、きゃりーぱみゅぱみゅさんの本名や本名の読み方迫っていきましょう。芸名のインパクトがとても強いだけに、本名はどのような名前なのか気になりますよね。古風なきゃりーぱみゅぱみゅさんの本名と本名の読み方を、早速チェックしてみましょう。

本名がとても長い名前だった

きゃりーぱみゅぱみゅさんの本名を探る前に、きゃりーぱみゅぱみゅさんの正式名称を知っていますか?実は、きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅが正式です。

正式名称を初めて知った方は多いのではないでしょうか。きゃりーぱみゅぱみゅという部分だけでも十分長いのですが、正式名称はさらに長いということがわかりました。どうしてきゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅとなったかは、後ほどご紹介致します。

本当の本名は「竹村桐子」

きゃりーぱみゅぱみゅさんの本名は、『竹村桐子』という名前のようです。とても古風でおしとやかな本名ですよね。名前から竹林等の自然がイメージできるような素敵な本名です。

竹村という苗字は全国苗字ランキングでは412位にランクインしており、全国におよそ5万100人程の竹村さんがいらっしゃいます。竹村という苗字の由来は様々ですが、日本の西側に多い苗字だそうです。あなたの周りにも、竹村さんがいらっしゃるかもしれませんね。

本名の読み方は?

きゃりーぱみゅぱみゅさんの本名である『竹村桐子』の読み方は、『たけむらきりこ』と読みます。竹村という苗字もなかなか珍しいですが、桐子という名前も珍しいですよね。

桐の字が名前に使われる理由は様々ですが、植物の桐はまっすぐ伸びるようで、その姿から、桐のように素直にまっすぐ育つようにという願いを込めて付ける方が多いようです。きゃりーぱみゅぱみゅさんの本名をきっかけに、自分の名前の意味を再確認してみましょう。

きゃりーぱみゅぱみゅさんの本名『竹村桐子』の読み方を確認しましたが、きゃりーぱみゅぱみゅという芸名の読み方もとても難しいと話題になっています。

特に音楽番組などできゃりーぱみゅぱみゅさんの読み方を間違える方は多く、アナウンサー泣かせの読み方です。また、インターネット上でも読み方が難しいと話題となり、読み方を練習したという声や読み方のコツを知りたいという声が多数寄せられました。

Thumb竹村桐子ときゃりーぱみゅぱみゅは同一人物?画像や証言から検証!
モデル兼アーティストとして人気のきゃりーぱみゅぱみゅさん。しかし、かつて本名の「竹村桐子」名...

きゃりーぱみゅぱみゅの芸名の由来

きゃりーぱみゅぱみゅさんの長い正式名称きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅのことや本名のこと、さらには本名の読み方についてチェックしてきましたが、ここからは、きゃりーぱみゅぱみゅさんの長い芸名の由来についてご紹介していきます。

そもそも、きゃりーぱみゅぱみゅさんがなぜこのような長い名前になったのか、とても気になりますよね。きゃりーぱみゅぱみゅさんの長い芸名の由来を早速チェックしましょう。

金髪ウィッグが始まり

きゃりーぱみゅぱみゅさんの長い芸名の由来を詳しくチェックしていくと、きゃりーぱみゅぱみゅという名前は、様々なものを組み合わせた芸名だということがわかりました。

まず、きゃりーぱみゅぱみゅさんの『きゃりー』という部分ですが、きゃりーぱみゅぱみゅさんは以前、外国人風のファッションを好んでよく着ており、金髪のウィッグを頻繁に被っていたことから、『きゃりー』というあだ名で呼ばれ、それが由来となっています。

サバンナ八木のギャグを拝借

続いて、きゃりーぱみゅぱみゅさんの『ぱみゅぱみゅ』という部分についてですが、人気お笑いコンビであるサバンナ八木さんの『ぱみゅ』という一発ギャグが由来のようです。

きゃりーぱみゅぱみゅさんが、八木さんの一発ギャグを面白く思って芸名に採用したかは定かではないですが、『ぱみゅ』という音の響きが可愛かったため、自身の芸名に取り入れました。あだ名や気に入った音の組み合わせによって、長い芸名が誕生したのですね。

きゃろらいんの部分の由来は?

『きゃりーぱみゅぱみゅ』という部分については由来がはっきりわかりましたが、きゃりーぱみゅぱみゅさんの長い正式名称の前半部分、『きゃろらいんちゃろんぷろっぷ』の部分については、はっきりとした由来は現在でも不明となっています。

最近では、きゃりーぱみゅぱみゅさんやきゃりーさんと呼ばれることが多く、長い正式名称で呼ばれることはほとんどありません。今後、謎が解き明かされることに期待しましょう。

ちなみに『きゃろらいん』という名前は英語圏でよく使われる女性の名前で、王族などにも『きゃろらいん』は多いそうです。男性の場合『きゃろらいん』は『カール』となります。

また、『きゃろらいん』は実在する人名のほか、アニメのキャラクターや曲名、島の名前などにも使われており、馴染みのある名称と言えるのではないでしょうか。外国のファッションが好きだったため、外国人に多い『きゃろらいん』も芸名に入ったのかもしれません。

本名「竹村桐子」時代の活動

きゃりーぱみゅぱみゅさんの長い芸名『きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ』の由来についてチェックしてきましたが、ここからは、きゃりーぱみゅぱみゅさんの本名である『竹村桐子』での活動についてご紹介していきます。

今となっては貴重な、きゃりーぱみゅぱみゅさんの本名『竹村桐子』での活動を、早速チェックしてみましょう。

ジュニアアイドルをやっていた

きゃりーぱみゅぱみゅさんは幼い頃、本名『竹村桐子』でジュニアアイドルとして活動していました。どのような活動をしていたのか、詳細はわかっていないものの、幼少期に芸能事務所に所属していたことは本人のブログにも記載があり、事実のようです。

きゃりーぱみゅぱみゅさんは本名の『竹村桐子』を公表しておらず、本名に触れられるのを快く思っていません。本名での過去の活動内容に理由があるのではないでしょうか。

水着グラビアも経験

きゃりーぱみゅぱみゅさんの本名『竹村桐子』での詳しい活動内容はわかっていませんが、インターネット上には、スクール水着姿やビキニ姿の画像が出回っており、水着グラビアを経験したことがあるようです。現在の活動内容とは、だいぶ異なりますよね。

本名『竹村桐子』時代には、現在の活動内容とは違った、様々なお仕事にチャレンジしていたようです。きゃりーぱみゅぱみゅさんは、若い頃から注目されていたのですね。

水着グラビアの画像

こちらの画像は、きゃりーぱみゅぱみゅさんの本名『竹村桐子』で活動していたときの、水着グラビア画像です。あどけない表情がとても可愛らしいですよね。

本名『竹村桐子』でのジュニアアイドル活動は、きゃりーぱみゅぱみゅさんにとって、あまり思い出したくない記憶なのかもしれません。ですが、過去のこうした活動があったからこそ、現在華々しく活躍できているのではないでしょうか。

Thumb【貴重】きゃりーぱみゅぱみゅの水着画像?胸のカップも!スタイルまとめ
実はスタイルも抜群だと絶賛されているきゃりーぱみゅぱみゅの貴重な水着画像を鑑賞していきましょ...

きゃりーぱみゅぱみゅの高校時代

きゃりーぱみゅぱみゅさんの本名での活動についてチェックしてきましたが、ここからは、きゃりーぱみゅぱみゅさんの高校時代についてご紹介していきます。

きゃりーぱみゅぱみゅさんの通っていた高校や貴重な卒アル画像、さらにはきゃりーぱみゅぱみゅさんの高校時代のお友達に関する情報をチェック。きゃりーぱみゅぱみゅさんが高校時代、どのような学生だったのか、早速チェックしてみましょう。

立川女子高校に通っていた

きゃりーぱみゅぱみゅさんが通っていた高校は、東京都立川市にある立川女子高校です。こちらの高校は私立の高校で、設置学科は普通科のみ。また、普通科内で総合コースと特進コースに分かれています。

山岳部やダンス部など部活動が盛んな高校で、偏差値は42から50ほど。駅から徒歩圏内の高校ということもあり、東京都内でも人気の高い女子高校です。

きゃりーぱみゅぱみゅの卒アル画像

こちらの画像は、きゃりーぱみゅぱみゅさんの卒アル画像です。こちらの卒アル画像は、おそらくきゃりーぱみゅぱみゅさんが中学生のときのもので、少し幼い印象を受けます。

現在はあまり見られない黒髪ショートヘア姿。黒髪姿のきゃりーぱみゅぱみゅさんもとても可愛いですよね。また、丸いシルエットがキュート。中学生のときには陸上部に所属していたようなので、この画像のようなボーイッシュな髪型にしていたのかもしれません。

こちらの画像も、きゃりーぱみゅぱみゅさんの卒アル画像です。こちらの卒アル画像は、高校生時代のもので、きゃりーぱみゅぱみゅさん本人がツイッターに投稿しました。

高校時代の卒アル画像は先ほどの卒アル画像とは異なり、現在のきゃりーぱみゅぱみゅさんの面影があります。また、大きな黒縁のメガネがお洒落ですよね。高校生の頃からモデルとして活動しており、当時は青文字系のファッションを好んでいたようです。

きゃりーぱみゅぱみゅの友達がヤバい

きゃりーぱみゅぱみゅさんは、友達が少ないということを公言しており、その数少ない友達の1人が、ともにお笑い芸人を目指していた高校時代の友人、ぼんちゃんという方。

ぼんちゃんさんときゃりーぱみゅぱみゅさんはとても仲が良く、高校時代からプライベートで時間があると、ほとんど一緒に過ごしているようです。世界中で活動し、多忙なきゃりーぱみゅぱみゅさんにとって、ぼんちゃんさんはかけがえのない存在なのかもしれません。

ちなみに、きゃりーぱみゅぱみゅさんとぼんちゃんさんは、高校生のときに4人で『チコリー』というお笑いグループを結成するほど、お笑いが大好きだったようです。

また、高校生の頃にお笑い芸人の追っかけなどをしていたほか、お笑い芸人をみて楽しむお笑い研究部を結成していたこともあるほど、筋金入りのお笑い好き。面白いことが好きなきゃりーぱみゅぱみゅさんだからこそ、ユニークな発想が浮かんでくるのでしょう。

きゃりーぱみゅぱみゅの本名は意外と和風だった

きゃりーぱみゅぱみゅさんの本名や本名の読み方、長い正式名称などをご紹介してきましたが、本名は『竹村桐子』で本名の読み方は『たけむらきりこ』、長い正式名称は『きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ』だということがわかりました。

また、芸名の由来についてもチェック。『きゃろらいん』は不明でしたが、『きゃりーぱみゅぱみゅ』は、金髪のウィッグとサバンナ八木さんが由来だということもわかりました。

さらに、きゃりーぱみゅぱみゅさんが通っていた高校や卒アル画像などもチェック。あどけない表情でしたが、現在の面影が残る卒アル画像となっていました。

奇抜なファッションと中毒性のある音楽で人気を集め、世界中を飛び回っているきゃりーぱみゅぱみゅさん。今後、活動の幅を広げ、さらに活躍していくでしょう。これからも、きゃりーぱみゅぱみゅさんの最新情報から目が離せません。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
kaotonike

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ