笠原将生は現在ホストに⁉飲食店経営も⁉野球賭博騒動の真相やその後も!

野球賭博により引退を余儀なくされた笠原将生。そんな彼には何と現在ホストとして活躍中であるとの噂が⁉そこで今回はそんな笠原将生の現在の様子や現役時代の年俸、そして弟の存在などをまとめました。また、例の「性悪Twitter」についても!

笠原将生は現在ホストに⁉飲食店経営も⁉野球賭博騒動の真相やその後も!のイメージ

目次

  1. 1笠原将生とは
  2. 2笠原将生が現在ホストってホント⁉
  3. 3笠原将生の野球賭博騒動とその真相について
  4. 4野球賭博騒動発覚以降の笠原将生について
  5. 5笠原将生の家族構成(弟・父親)
  6. 6笠原将生は現在幅広い活動を行っていた

笠原将生とは

それでは早速笠原将生についてアレコレとご紹介して参りたいと思いますが、その前に先ずは笠原将生という人物について軽くおさらいをしておきましょう。先ずは笠原将生のプロフィールや経歴、現役時代の成績や年俸と言った諸情報をご紹介致します。

笠原将生のプロフィール

・愛称:不明
・本名:笠原将生(かさはら しょうき)
・生年月日:1991年1月9日
・年齢:28歳(2019年4月現在)
・出身地:福岡県福岡市
・血液型:O型
・身長:191㎝
・体重:95㎏
・活動内容:元プロ野球選手
・所属球団:元読売ジャイアンツ
・事務所:なし
・著名な家族:父親、弟

笠原将生の経歴

笠原将生(かさはら しょうき)は、1991年1月9日生まれの現在28歳。福岡県福岡市(生まれは埼玉県)の出身です。

プロ野球「読売ジャイアンツ」の元選手であり、2015年まで現役選手として1軍で活躍。その年プロ野球界を揺るがす大問題となった野球賭博事件に関与した事が明らかとなり、巨人軍より契約解除。その後NPBからも無期失格処分を言い渡され、これによって一切の復帰の道が絶たれる事と成りました。

小学2年生の時に香椎浜サンダースで野球を始めた笠原将生は、中学の時に全国的な強豪校として知られる高知県の「明徳義塾中学校」に進学。3年生の時には4番・左翼手として第27回全国中学校軟式野球大会で優勝を飾っています。

高校は地元福岡にある「福岡工大城東高」に進学。入学当初は一塁手でしたが、1年の秋から投手に転向。3年の夏に福岡大会準々決勝に進むも沖学園高戦で敗退。

結局甲子園には一度も出場する事は出来ませんでしたが、父親である元プロ野球選手の笠原栄一投手を彷彿とさせる様な肘の柔軟性と、190cmの長身から投げ下ろす直球は、プロのスカウト陣からも高い評価を受けていた様です。

その年のドラフトで読売ジャイアンツより5位指名を受けた笠原将生は読売ジャイアンツに入団。2010〜12年迄のシーズンを二軍で過ごし着実に成長を遂げた笠原は、翌2013年シーズンにロングリリーフとして初の1軍登録を果たす事に。

初年度に中継ぎと先発でも4勝の勝ち星を上げた笠原将生は2014年シーズンも一軍メンバーとして始動。この年の活躍が監督やフロントから非常に高い評価を受け、ジャイアンツには欠かせない中継ぎの柱として期待されていた矢先、例の野球賭博事件が明らかに為ったのです。

笠原将生の成績と年俸

ではそんな笠原将生の現役時代の成績と年俸はどうだったのでしょうか?1軍に昇格し、監督からも高い評価を受けていただけに、それなりの成績と見合うだけの年俸はGETしていたのでは無いでしょうか?では気に成る成績と年俸についてご紹介して参りましょう。

プロ通算4年の成績がこちら

それでは笠原将生のプロ4年間の成績を見てまいりましょう。彼のプロ生活4年の通算成績は以下のとおりです。

防御率:3.99、勝利:7、敗戦:1、セーブ:1、試合数:60、完投:0、完封0、ホールド2、勝率:.875、投球回:97、被安打:104、被本塁打:14、与四球:45、与死球:5、奪三振:98、暴投:6、ボーク:1、失点:45、自責点:43という成績に成っております。

まあ言ってもプロでの活動期間が4年と短いため、この成績だけを見ても特にこれと言って目立つ点はないかも知れません。ただ、中継ぎやロングリリーフとしてはそれなりの成績を残していると言えるのではないでしょうか?とは言っても「せっかくこれだけの成績を残しても…」というのが彼の場合ですが。

読売ジャイアンツ時代の推定年俸は…

では続いて気に成る年俸についてご紹介して参りたいと思います。年俸も活躍に連れて上がるモノですが、果たして笠原将生の年俸はどの様な推移を見せていたのでしょうか?

笠原将生の年俸ですが初年度の年俸は480万円で、2010年に500万、2011年に600万、2012年に700万、2013年に推定で840万と成っています。

そして翌2014年シーズンには一気に倍以上となる2000万円となり、その翌年である2015年は100万円ダウンの1900万円という推移を辿った様です。もし彼の野球賭博疑惑が公のモノと成らなければ、成績次第でもっと多くの年俸を獲得することも出来たことでしょう。自らの首を博打で絞める事に成ってしまいましたね。

グリエルと笠原将生とのあわや乱闘騒動ではなんJが沸いた

笠原将生と言えば、元横浜DeNAのグリエルとの間で発生したあわや乱闘騒ぎが有名です。この一件は5ちゃんねるのなんJでも大きな話題と成りました。詳しくは動画を掲載しておきますので、気に成る方は「笠原将生 グリエル」で検索してみて下さい。なんJの当時のまとめがHITすると思いますよ。

笠原将生が現在ホストってホント⁉

では続いて現在の笠原将生の様子について迫ってみたいと思いますが、何と現在笠原将生がホストに成っているという情報が有るようです。果たして現在の笠原将生は本当にホストと成って夜の世界に足を踏み入れているのでしょうか?

現在笠原将生は金髪でホストをしているとの噂が

笠原将生が現在ホストとなっているという噂ですが、こちら調査した結果どうやらこの噂は事実である様です。笠原将生は昨年歌舞伎町のホストクラブでホストとして働いていたことが明らかに成りました。

こちらはその時の彼のバースデーの際の様子を収めたものなのですが、ご覧頂くと直ぐに分かると思いますが彼が着用しているのは何とあのジャイアンツのユニフォームです。まっとうな形で引退した選手であれば分かりますが、不祥事を起こした身分でよくもまあ悪びれもなくこのユニフォームに袖を通したモノですね。

ジャイアンツファンからは笠原将生に対する非難の声が

この笠原将生の恥すら知らない行動に、多くのジャイアンツファンが激怒。Twitterには笠原将生を非難する声が多数寄せられていたそうです。これは確かにジャイアンツファンじゃなくてもカチンと来ますよね。

野球人だった事すら公に出せないような事をしたくせに、それをホストとしての売り物の一つにしているのですから神経を疑わざるをえません。

歌舞伎町のボーイズバーに勤務との情報も

また笠原将生はボーイズバーに勤務しているという情報もありましたが、これはボーイズバーでは無く先述のホストクラブの事です。もはや彼がホストクラブで働いていようがボーイズバーで働いていようが別に大差はありませんし、何処で働いたところでクズには変わりはない話ですよね。

笠原将生が勤務するボーイズバーの店名は?

笠原将生が勤務するホストクラブやらボーイズバーやらの店名ですが、恐らくは歌舞伎町にあるLIBERTA(リベルタ) であると言われています。こちらのHPに写真はありませんがそれらしき人物の情報が掲載されており、どうやらそのホストが笠原将生で間違いないと見られています。

既にNo.3の座に登り詰めているらしいですが、元ジャイアンツファン等もこの店を訪れるのでしょうか?本当のファンなら出来ることなら行きたくはないですよね。

巨人退団後にウニ料理店をOPENした笠原将生

また笠原将生は巨人退団後、福岡市中洲に雲丹料理店「博多中洲 うに屋 将」をOPENさせています。「ウニのすき焼き」や「ウニしゃぶしゃぶ」など、とにかく雲丹にこだわったメニューを多く取り揃えています。

こちらのお店は、「うにしゃぶ屋 大人和食いちりん」の代表である斉藤聡さんの支援を受けて開店することが出来たそうなのですが、この斉藤聡さんもこの野球賭博事件で逮捕されている人物でして、その斎藤さんからの支援が受けられなく成ったせいか、現在は既に閉店しているそうです。

2019年3月からはYouTuberとしても活動を開始

そして笠原将生は、何と今年3月から「Youtuber」としての活動も開始したそうです。とにかく節操が無いと言うか鋼のメンタルなのか分かりませんが、人目を気にして生きて行かなければ成らないという意識はこの人間には毛ほども備わっていない様ですね。

現在話題の「笠原チャンネル」がこちら

こちらが現在話題になっている「笠原チャンネル」です。勿論動画のネタは野球に関する事で、野球賭博の裏事情を語るなど、「お前が言うな」的な内容盛り沢山のチャンネルと成っております。こんな事を続けているとそのうち生粋の巨人ファンに闇討ちされてしまうかも知れませんね。

笠原将生の野球賭博騒動とその真相について

では続きまして笠原将生が球界を去る原因と成った例の野球賭博に関して、その騒動の全容と真相をご紹介して参りたいと思います。一体笠原将生はどの様な経緯で野球賭博に手を染めて行ったのでしょうか?

野球賭博事件の全容

2015年9月、とある不動産会社の元社員が借金百数十万円の取り立てに読売ジャイアンツの二軍球場を訪れました。取り立ての相手は読売ジャイアンツの福田聡志選手で、居合わせた球団職員が対応した事から事件が発覚。調べるとその借金は野球賭博による借金であることが明らかと成ったのです。

その後読売ジャイアンツは球団内での野球賭博の実態を調査。その調査の中でこの賭博は笠原将生を仲介役として行われていた事が明らかと成ったのです。

この賭博には福田、笠原の両選手の他に同じく巨人軍の松本竜也も関与しており、3人は事件について詳しい聴取を行われることと成りました。

当初「食事を掛けていた」などと口裏を併せて嘘の供述を繰り返していた3名ですが、その後の調査で3人が金銭を掛けて賭博を行っていた事が判明。その結果3名は巨人軍から契約解除を告げられる事に成りました。

3名は闇カジノにも出入りしていた

また彼らは野球賭博以外にもいわゆる違法賭博を行う「闇カジノ」にも日常的に出入りしており、巨人軍のロッカールームでも日常的に賭博行為が行われていた事が明らかと成っております。

野球賭博騒動後の野球への思いとは

笠原将生は騒動後にあるトークイベントに出演し、野球に対する思いを語たりました。その中で迷惑を掛けた償いとしていずれ少人数の野球教室を開き、少しでも野球に貢献したいと、それが野球に対する自分なりの恩返しであると、そう語ったそうです。

然しながらその後のホストクラブでのユニフォームの一件や、自らの不祥事をネタにYoutuberデビューを飾った所等をみると、この野球に対する思いというのも口八丁である感は拭えませんね。

野球賭博騒動発覚以降の笠原将生について

野球賭博事件の判決は懲役1年2ヶ月執行猶予4年

この野球賭博事件で笠原将生に対し下された判決は「懲役1年2ヶ月執行猶予4年」というものでした。さすがに執行猶予中は大人しくせざるを得ませんが、今のスタンスであればいずれ同じことを繰り返してもおかしくない気もしますね。

2018年2月のファン交流イベントにOBとして登場した笠原将生

こちらが先程申し上げた笠原将生が参加したファン交流イベントに成ります。ここで自身の思いや騒動についてを語った訳ですが、今となれば「なんだかなあ~」という感じだけが残ります。

笠原将生が高木京介に対し「ざまー」とTwitterで…

そんな笠原将生が元巨人軍の先輩である高木京介に対しTwitterで「ざまー」と呟いた事が大きな話題と成りました。高木京介は一連の騒動の後に野球賭博に関与していた事が明らかとなった人物で、ただ彼の場合は公になる前に賭博を辞めていた為、発覚が後になったという経緯があります。

巨人軍は高木京介に対し謹慎処分を課しましたが、彼は契約を解除される事はありませんでした。それが面白くないのか、高木京介が登板し打たれた試合で、笠原将生は「ざまー」とTwitterに投稿を行ったのです。さすがにコレはガキっぽいですよね。

Twitterはこの話題で持ち切りに

このTwitterでの発言により、Twitterは一時この話題でもちきりと成りました。Twitterには「お前がゆうな」という意見や「高木京介も同罪」とする意見など幅広い意見が飛び交っていた様ですが、反省している人間がTwitterで「ざまー」はありえないですよね。こうしたところも笠原将生の人間性が疑われる部分だと言えます。

この話題は今でもTwitterで検索可能ですので、気に成る方は是非Twitterで「笠原将生 ざまー」を検索してみて下さい。

笠原将生の家族構成(弟・父親)

では最後に笠原将生の家族構成をご紹介したいと思います。野球一家である笠原家。笠原将生の父や弟もプロ野球選手として活躍しており、特に弟は現在も現役の選手として活躍中です。兄の不祥事を弟は一体どう考えたのでしょうか?

父親は元プロ野球選手である笠原栄一

笠原将生の父親は元ロッテオリオンズの投手である笠原栄一さんです。笠原栄一さんはロッテオリオンズのドラフト1位選手でしたが、ロッテ→ダイエーの通算12年で残念ながら結局1勝の勝ち星を上げる事が出来なかったそうです。

弟も同じくプロ野球選手である笠原大芽

そして笠原将生の弟である笠原大芽も同じくプロ野球選手であり、現在も現役選手として活躍中です。弟もポジションは兄や父と同じくピッチャーとなります。

弟の在籍チームは福岡ソフトバンクホークス

弟の所属チームは福岡ソフトバンクホークスで、現在は育成選手枠での契約と成っております。兄の事件が発覚した時点で弟も既にプロ選手として活躍中でしたので、身中穏やかでは無かった事でしょう。

笠原将生は現在幅広い活動を行っていた

今回は元プロ野球選手である笠原将生についてご紹介させて頂きました。笠原将生は現在ホストやYoutuberと、幅広いジャンルに渡って活動を行っている事が分かりましたが、あの野球賭博事件から数年以上が経った現在も未だ笠原将生を許せないという方は多いと思います。

野球賭博問題は昨日今日に始まった事ではなく、古くから日本のプロ野球界に深く根付いている問題です。その中で偶々笠原将生を始めとする数名の野球賭博問題が明らかに成りましたが、これは氷山の一角にしか過ぎないのです。

そもそも大前提としてここ日本では公営ギャンブル以外の賭け事は法律で禁じられているのであり、スポーツマンの鑑たるプロ野球選手が違法な賭け事に手を出していたとすれば、果たしてそれを子供たちに何と言い訳する事が出来るのでしょうか?

違法賭博に手を出す、そんな選手がプロのマウンドに立ち続ける事自体が日本のプロ野球界に泥を塗る行為なのでは無いでしょうか?笠原将生がどの様な道で例え今後成功したとしても、今後二度と偉そうに野球を語って欲しくは無いですね。

関連するまとめ

編集部
この記事のライター
Windy編集部

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ