片桐仁の作品まとめ!販売は?「ギリ展」などの評判も!アート粘土まとめ

俳優やタレントとして活躍している片桐仁さんですが、片桐仁さんは粘土アート作品を作ることでも有名です。片桐仁さんの粘土アート作品とは、どのようなものなのでしょうか?片桐仁さんの作品や2016年から2018年にかけて開催された「ギリ展」についても調査してみました。

片桐仁の作品まとめ!販売は?「ギリ展」などの評判も!アート粘土まとめのイメージ

目次

  1. 1片桐仁のプロフィール
  2. 2片桐仁の作品の販売は?
  3. 3片桐仁の作品展「ギリ展」などの評判
  4. 4片桐仁のアート粘土作品への思い
  5. 5片桐仁のアート粘土作品は独自の世界を持ち「ギリ展」も人気

片桐仁のプロフィール

・愛称:ギリジン
・本名:片桐仁 (かたぎり じん)
・生年月日:1973年11月27日
・年齢:46歳 (2019年11月現在)
・出身地:埼玉県南埼玉郡宮代町
・血液型:B型
・身長:176cm
・体重:不明
・活動内容:お笑いタレント、俳優、彫刻家
・事務所:トゥインクル・コーポレーション
・所属グループ:なし
・家族構成:配偶者・村山ゆき

片桐仁の経歴

片桐仁さんは多摩美術大学在学中に、小林賢太郎さんと共にお笑いコンビ「ラーメンズ」を結成しました。ラーメンズは1999年のNHK爆笑オンエアバトルで審査員特別賞を受賞したことから知名度が上がり、その後は舞台を中心に活躍しています。

片桐仁さんは独特のキャラクターと存在感で、俳優としてCMやドラマ作品に出演することも多くあります。また多摩美術大学を卒業している片桐仁さんは彫刻家としても活躍しており、作品展を開催するほどの腕前を持っているようです。

片桐仁の作品の販売は?

俳優やタレントとして活躍する一方で、彫刻家としての顔を持つ片桐仁さんですが、片桐仁さんが作るアート作品はどのようなものなのでしょうか?また一般販売はされているのでしょうか?片桐仁さんのアート作品や販売について調べてみました。

片桐仁のアート粘土作品が話題に

作品展を開くほどの腕前を持っている片桐仁さんですが、片桐仁さんの作るアート作品は”粘土”で作られているのが特徴のようです。片桐仁さんは1999年に漫画雑誌「ヤングマガジンアッパーズ」の連載をきっかけに20年に渡って粘土作品を作り続けています。

片桐仁のアート粘土はどんな作品?

片桐仁さんの粘土アート作品は、文房具や日用品などのあらゆるものに粘土を盛るというのをコンセプトにしており、個性的なデザインのiPhoneケースやチェキケースなどがあります。

片桐仁のアート粘土作品の販売について

個性的で面白いと話題の片桐仁さんの粘土アート作品ですが、一般販売はされているのでしょうか?販売や価格について調査してみました。

アメリカでの作品展示会で販売価格4億円?

以前片桐仁さんがアメリカで作品展を開いた際に、全ての作品を購入したいという人が現れたというのです。そしてその人が提示した金額というのが何と4億円だったそう。

片桐仁さんは展示する作品が無くなってしまうのでお断りしたようですが、片桐仁さんの作品には4億円の価値があるということなのでしょう。

片桐仁のアート粘土作品の一般販売も調査

片桐仁さんは全ての粘土アート作品をハンドメイドで作っており、一つの作品を作るのにかなりの時間が掛かるようです。そのため一般販売目的としては制作していないようですが、特別に一般販売された作品もあったといいます。

フリスクケースにタコの粘土を施したアート作品『タコスク』は、1万6800円で販売されており、現在は完売に近い状態になっているようです。

Thumb村山ゆき(片桐仁の嫁)は元モデル美女!旦那との結婚の馴れ初めや子供は?
過去にモデルとして活躍していた片桐仁の嫁・村山ゆきをご存知でしょうか?美女と話題になっている...

片桐仁の作品展「ギリ展」などの評判

20年間に渡って粘土アート作品を作り続けている片桐仁さんですが、そのアート作品を集めて2016年から2018年の3年間に渡り、不条理アート粘土作品展「ギリ展」を開催しました。

累計動員数は7万人を超えるほど人気の展覧会となりましたが、実際にギリ展に足を運んだ人からの評判はどうだったのでしょうか?片桐仁さんの作品展「ギリ展」の評判について調べてみました。

片桐仁のアート粘土作品展「ギリ展」とは

片桐仁さんの粘土アート作品展「ギリ展」は、2016年から2018年にかけて全国のイオンモールにて開催されており、片桐仁さんが20年間に渡って制作してきた粘土アート作品を展示しています。

展示された作品の中には、片桐仁さんが俳優として出演していたドラマ「99.9ー刑事専門弁護士ー」に登場した昆虫型iPhoneケースやメガネケースなどもあり、大きな話題を集めました。

海外でも片桐仁のアート粘土作品展「ギリ展」が人気

累計動員数が7万人を超えるほどの大人気となったギリ展ですが、2019年6月7日から6月30日までは台湾でも開催され、評判となりました。この台湾でのギリ展は、クラウドファンディングで集められた支援によって無料での開催が実現したようです。

片桐仁のアート粘土作品展の評判は?

片桐仁さんの作る粘土アート作品は、個性的で奇抜なものが多くありますが、”バカバカしいけれどクオリティーの高い作品”として高評価を得ているようです。

「ギリ展」の評判

「ギリ展」で展示されているアート作品は、どれも細部まで作り込まれており、見入ってしまう作品ばかりだったといいます。粘土だけで作っているとは思えないくらいの質感や色使いで、一見の価値があると評判になっているようです。

また個性的な作品も多く、来場者からは「気持ち悪い(笑)」との声も多く上がっていたとか。気持ち悪いのになぜか自然と笑顔になってしまう、そんな作品展となっていたようです。

またギリ展ではグッズ販売もされており、キーホルダーやTシャツなど様々なものが販売されていたようです。

中でも特に人気だったグッズは、片桐仁さんが2年の構想期間をかけて制作したと言われているフィギュアストラップで、細部まで作り込まれた完成度の高さに驚きの声が上がっていました。

2020年開催「粘土道20周年記念・片桐仁創作大百科展」も話題に

好評を博したギリ展でしたが、すでに次の作品展の開催が決まっているようです。1999年に「ヤングマガジンアッパーズ」で”粘土道”の連載がスタートしてから、20年間に渡り粘土アート作品を作り続けている片桐仁さんですが、2020年には20周年を記念して「粘土道20周年記念・片桐仁創作大百科展」を開催します。

この作品展では、今までに制作された粘土アート作品だけではなく、片桐仁さんが学生時代に描いた絵画や、雑誌連載で描かれたイラスト集なども展示されるようです。初公開となる作品も含めて、この20年間で片桐仁さんが制作してきたアート作品を思う存分堪能出来る展示会となっています。

また2020年3月20日から22日には「開催記念先行公開~片桐仁と一緒に作ろうの日~」を開催。また片桐仁さんが来場してワークショップを開催するなどのイベントもあるようで、ファンの間では期待が高まっています。

片桐仁のアート粘土作品への思い

片桐仁さんが粘土アート作品にかける思いとは、どのようなものなのでしょうか?アーティスト・片桐仁さんの作品にかける思いについて探ってみました。

アート粘土作品のきっかけは?

片桐仁さんは元々絵の勉強をするために多摩美術大学へ進学しました。多摩美術大学では版画科を専攻していた片桐仁さんは、2次元から3次元の創作を得意としており、フィギュアにも興味があったといいます。

大学在学中にお笑いコンビ「ラーメンズ」を結成した片桐仁さんでしたが、お笑いをやりながら創作活動も続けていきたいと考えていたようです。相方の小林賢太郎さんのアドバイスもあって、「ヤングマガジンアッパーズ」に作品を載せたことがきっかけとなり、片桐仁さんの”粘土道”が始まりました。

アート粘土作品で初心を忘れない気持ち

片桐仁さんは粘土アート作品を作る上で、常に初心を忘れないように心掛けていると語っています。片桐仁さんの粘土アート作品は、”日常のありとあらゆるものに粘土を盛る”というコンセプトの元で作られていますが、粘土を盛ることによって使い勝手が悪くなり本来の機能を果たさなくなるものも多くあります。

しかし片桐仁さんは、敢えてそうすることによって元の日用品の機能性の良さに気付き、さらにはアートの素晴らしさを改めて実感できるのだといいます。片桐仁さんが作る粘土アートは、日常に当たり前にあるものを全く別のものへ変える魔法のようなものと言えるでしょう。

息子2人もアート粘土デビュー

片桐仁さんは2016年4月には”ねんどと仲良くなる””ねんどを楽しむ”をテーマに制作した書籍「親子でねんど道」を発売していますが、この本には片桐仁さんの2人の息子も登場しています。片桐仁さんは元タレントの村山ゆきさんと結婚し、現在15歳になる長男と8歳になる次男がいます。

粘土が好きだけど何を作っていいか分からないといった子供たちのために、色々な粘土の遊び方やアイディアが掲載されているこの書籍は、小さな子供がいるママからも評判となっているようです。

片桐仁のアート粘土作品は独自の世界を持ち「ギリ展」も人気

俳優やタレントとして活躍する一方で、粘土アーティストとしても高く評価されている片桐仁さん。2016年から2018年に開催された粘土アート作品展「ギリ展」は、累計動員数が7万人を超えるほどの大盛況で幕を閉じました。

2020年3月からは過去最大規模の展覧会「粘土道20周年記念・片桐仁創作大百科展」の開催が控えています。今後の片桐仁さんの活躍にも期待しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
vivichan0430

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ