加藤みどりの現在!サザエさん声優の若い頃からの経歴は?結婚した夫なども調査

「サザエさん」や「おそ松くん」の声優として知られる加藤みどりさんですが、現在はどのような活動をされているのでしょうか?加藤みどりさんの若い頃からの経歴も気になるところです。加藤みどりさんの現在やこれまでの経歴とともに、結婚した夫のことについても紹介します。

加藤みどりの現在!サザエさん声優の若い頃からの経歴は?結婚した夫なども調査のイメージ

目次

  1. 1加藤みどりのプロフィール
  2. 2加藤みどりの現在
  3. 3加藤みどりはサザエさん声優!
  4. 4加藤みどりの若い頃からの経歴
  5. 5加藤みどりの結婚した夫なども調査
  6. 6加藤みどりは現在もサザエさん声優やナレーションなど幅広く活躍

加藤みどりのプロフィール

・愛称:???
・本名:伊藤みどり
・生年月日:1939年11月15日
・年齢:79歳(2019年9月現在)
・出身地:東京府
・血液型:O型
・身長:155cm
・体重:???
・活動内容:女優、声優、ナレーター
・所属グループ:なし
・事務所:伊藤事務所
・家族構成:夫

加藤みどりの経歴

加藤みどりさんは高校を卒業後、女優になりたいという夢を描き、松竹音楽舞踊学校に入学されました。この学校での同期には倍賞千恵子さんや榊ひろみがいるのだそうです。

20歳の頃にはNHKのテレビタレント募集を見て、NHK俳優養成所に入所。NHKとは3年間優先出演契約をしていたそうで、それが終了した後にアニメの声優の仕事を始めることになったのだそうです。

1968年に加藤みどりさんはその代表作品ともいえる「サザエさん」でフグ田サザエ役に抜擢されます。「サザエさん」については後ほど詳しく紹介します。

1989年からは1人芝居の舞台も始められたそうですが、この舞台が縁となって、加藤みどりさんのもうひとつの代表出演作ともいえる「大改造!!劇的ビフォーアフター」のナレーションの仕事が決まったそうです。加藤みどりさんは現在も現役声優・ナレーターとして活動をされておられます。

また、加藤みどりさんは2012年には皇室が主催する園遊会にも招待されたのだそうです。この園遊会では天皇皇后両陛下を始め、皇族の方々が出席者に声をかけられることで知られていますが、加藤みどりさんは自分の番が来たとき、きっと見た目では分からないだろうと思い「サザエでございます」と自己紹介したのだとか。

これに対して天皇皇后両陛下は笑顔で応じてくれたのだそうです。また、皇太子殿下たちからも「サザエさんを見ている」と声をかけてもらったそうで、加藤みどりさんは園遊会後の取材でその喜びを「サザエさん風」に語っておられました。

加藤みどりの現在

現在の加藤みどりさんについても見ていきましょう。加藤みどりさんは現在どのような活動をされているのでしょうか?加藤みどりさんの現在について紹介します。

2019年の誕生日で年齢80歳の加藤みどり

まず、加藤みどりさんの年齢ですが、2019年の誕生日を迎えると80歳になるのだそうです。通常、女性は一生のうちに2オクターブほど声が低くなると言われています。ただ、加藤みどりさんの声質は若い頃とまったく変わらないとも言われており、現在も独特のソフトなハイトーンボイスを維持しておられるようです。

ネット上などでも「加藤みどりさんの声が元気すぎてやばい」などというコメントが投稿されるほどに、年齢からは想像もできない若々しい声を現在も響かせています。

現在も現役声優として活躍

加藤みどりさんは間もなく80歳を迎えようとしていますが、現在も現役の声優として活動されています。現在の仕事のメインは「サザエさん」となっていますが、年齢的なことも考えると、若い頃のように幅広い活動をするのは難しくなってきているのかもしれません。

他にも加藤みどりさんはナレーションの仕事や講演会などを行っていると言われています。また、朗読教室を開催し、後進の育成にも力を入れておられるそうです。

加藤みどりの現在の年収も調査

加藤みどりさんの現在の年収についても調べてみました。加藤みどりさんの現在のアニメ声優としての仕事は「サザエさん」のみのようですので、これだけですと年収は160万円ほどということになるのだとか。

ただ、加藤みどりさんはナレーションの仕事や講演会も行っていますので、これらの収入もプラスされます。具体的な金額は不明ですが、ナレーションや講演会の仕事は、声優の仕事に比べるとかなり大きな収入源になっているものと見られています。

加藤みどりはサザエさん声優!

加藤みどりさんといえば、「サザエさん」の声優として広く知られています。この経歴抜きにして加藤みどりさんを語ることはできないでしょう。加藤みどりさんの「サザエさん」声優としての活動について紹介します。

加藤みどりと言えば「サザエさん」

加藤みどりさんが「サザエさん」の声優に抜擢されたのは1968年のことでした。当初、加藤みどりさんは「サザエさん」の放送は3ヶ月程度で終わると考えていたそうです。しかし、プロデューサーからは、他の仕事をすべて降りて「サザエさん」の仕事に集中するようにと言われます。

加藤みどりさんはプロデューサーの言葉に従い、それまでは他の作品にも出演していたのをやめ、「サザエさん」以外には出演しなくなったそうです。その結果、2019年で「サザエさん」は放送50周年を迎え、長く放送されているアニメ番組としてギネスブックにも認定されるまでになりました。

サザエさん声優としての活躍が凄い

実は加藤みどりさんは、「サザエさん」の開始当初はアドリブを交えて演技をしていたそうです。しかし、10年ほど経った頃、アドリブを一切やめ、台本通りの演技をするようになったのだとか。

その理由は、当時のカツオ役の声優が、加藤みどりさんがアドリブを入れても、台本の台詞を一切変えずに見事な演技をされたことに感銘を受けたからなのだそうです。その後の加藤みどりさんは、台本の台詞の一語一句を変えることなく、脚本家の仕事を尊重するようになりました。

サザエさん役とタラちゃん役以外は声優世代交代

「サザエさん」は途中で声優が交代している役がほとんどだそうです。たとえば、カツオ役はこれまでに3人が演じていますが、初代はドラえもんの声優などとして活躍した大山のぶ代さんでした。

また、サザエさんの夫役であるフグ田マスオ役も現在3代目で、2019年8月に2代目の増岡弘さんから3代目の田中秀幸さんに引き継がれたことは耳に新しいでしょう。50年間声優が変わっていないのは、サザエさん役の加藤みどりさんとタラちゃん役の貴家堂子さんのみなのだそうです。

カツオ役志願で受けたオーディションの過去も発覚

実は加藤みどりさんは、「サザエさん」のオーディションを受けたとき、カツオ役を志願していたのだそうです。最初にサザエさん役のオーディションを受け、その後にカツを役を演じようとしたところ、止められてしまったのだとか。

このため、加藤みどりさんは「自分は最初から選ばれることのない当て馬なのだ」と考えてしまったのだそうです。しかし、加藤みどりさんは見事に主役のサザエさん役に抜擢されました。

「サザエさん」原作者の長谷川町子とのエピソードとは

加藤みどりさんは、1度だけ「サザエさん」の原作者である長谷川町子さんに会ったことがあるのだそうです。その時はプロデューサーを交えて会ったそうですが、加藤みどりさんは「今年は悪いことばかり」と長谷川町子さんに話しかけたのだとか。

その時に長谷川町子さんは「これから良いこともある」と励ましてくれたのだそうです。長谷川町子さんは1992年に73歳で亡くなられています。

加藤みどりの若い頃からの経歴

加藤みどりさんの若い頃からの経歴についても見ていきましょう。加藤みどりさんは若い頃にはどのような活躍をされていたのでしょうか?また、これまでの経歴にはどのようなものがあるのでしょうか?

若い頃からの経歴①NHK「天使の部屋」放送デビュー

加藤みどりさんが芸能界に正式にデビューをしたのは、1960年のことでした。前年の1959年に加藤みどりさんは「NHK俳優養成所」に入所されており、デビュー作もNHKの作品だったようです。

加藤みどりさんのデビュー作はテレビドラマ「天使の部屋」だったそうです。おそらく女優としてデビューされたのだと考えられますが、この作品の内容や加藤みどりさんが演じた役の詳細までは判明しませんでした。

若い頃からの経歴②「おそ松くん」など声優業開始

加藤みどりさんは、「サザエさん」出演以降には他のアニメ作品には出演されませんでしたが、それ以前にはいくつかのアニメ作品に出演されています。その中でも代表的なのが「おそ松くん」でしょう。

「おそ松くん」は1966年に放送されており、加藤みどりさんは主人公の松野おそ松役を演じていました。近年は「おそ松くん」の登場人物が大人になった「おそ松さん」が大ヒットし、「おそ松くん」も再び注目を集めているようです。

「おそ松くん」では主人公おそ松くん役で声優出演

「おそ松くん」で加藤みどりさんが演じた松野おそ松は、六つ子のリーダーという設定のキャラクターです。「おそ松くん」は六つ子の松野兄弟が繰り広げるドタバタ劇を描いた作品で、原作は赤塚不二夫さんの漫画となっています。

「おそ松くん」は見た目はまったく同じ顔とスタイルなのに、性格がまるで違う六つ子たちの個性豊かなキャラクターが人気を集めました。この「おそ松くん」で加藤みどりさんは松野おそ松の他にハタ坊の役も演じていたようです。

若い頃からの経歴③明治ミルクチョコレートCMソング担当

加藤みどりさんの若い頃の経歴には、CMソングを歌っていたというものもあるのだそうです。加藤みどりさんは歌手としても活動しておられ、これまでにも出演されたアニメの主題歌などを歌唱されたことがあったようです。

加藤みどりさんが担当されたCMソングは、「明治ミルクチョコレート」のものだったのだとか。「チョッコレート、チョッコレート、チョコレートは明治」のフレーズでお馴染みのCMソングを加藤みどりさんは歌唱されていたようです。

若い頃からの経歴④「サザエさん」サザエさん役声優出演

そして、加藤みどり若い頃からの経歴といえば、「サザエさん」のサザエさん役もあげられるでしょう。50年間同じキャラクターを変わらない声で演じ続けるというのは、並大抵のことではないと考えられます。

サザエさんを引き受けた当初は3ヶ月で終わると思っていたものがまさか50年続くとは、加藤みどりさん自身も想像できなかったに違いありません。

若い頃からの経歴⑤「大改造!!劇的ビフォーアフター」ナレーション

そして、加藤みどりさんの「サザエさん」に次ぐ代表的な出演番組といえば「大改造!!劇的ビフォーアフター」かもしれません。この番組で加藤みどりさんはナレーションを担当していました。「大改造!!劇的ビフォーアフター」はテレビ朝日系列で2002年から2006年まで放送された人気番組です。

その後もスペシャル番組が放送されており、そこでも加藤みどりさんはナレーションを担当されています。この番組を思い出すとき、加藤みどりさんの「何ということでしょう」というナレーションを同時に思い出す人も多いでしょう。

「大改造!!劇的ビフォーアフター」は「匠」と呼ばれる建築士たちが、さまざまな問題を抱える家を限られた予算と条件でリフォームするというもので、物語の舞台となる家の住人たちの物語とあわせて紹介されるという番組です。家の紹介や家族の紹介の多くは、加藤みどりさんのナレーションが行っています。

リフォーム前とリフォーム後の違いを表現するために、加藤みどりさんは「何ということでしょう」という言葉を用いました。この言葉がこの番組の代名詞ともなり、大流行します。そして、番組名の「ビフォーアフター」が流行語大賞にも選ばれ、番組を代表して加藤みどりさんに賞が贈られたそうです。

加藤みどりの結婚した夫なども調査

加藤みどりさんは結婚されているということですが、結婚した夫はどのような人なのでしょうか?加藤みどりさんの結婚の馴れ初めなどは判明しているのでしょうか?加藤みどりさんんの結婚や夫について紹介します。

結婚した夫は世界の競馬などNHK番組制作者

加藤みどりさんが結婚した夫は、NHKの番組制作者なのだそうです。加藤みどりさんがどのような馴れ初めで結婚されたかについての詳細はありませんが、夫はNHKのBSで放送されている「世界の競馬」のプロデュースを行っていたのだとか。

加藤みどりさんも大の競馬ファンとして知られ、日本では初となる女性の競馬レポーターをつとめた経験もあるそうです。

2人の馴れ初めについては、加藤みどりさんの競馬レポーターとしての仕事が縁になって夫と結婚したという説もあれば、馴れ初めは競馬とは関係なく、夫が競馬関連の番組を制作していたから加藤みどりさんも競馬ファンになったという情報もあります。

加藤みどりさん自身、夫との馴れ初めについては公表されていませんので、2人の馴れ初めについては想像するしかないようです。

結婚した夫の名前や顔は?

加藤みどりさんの結婚した夫の名前や顔についても調べてみたのですが、NHKの職員とはいえ一般人ですので、夫の名前や顔の情報を見つけることはできませんでした。ただ、加藤みどりさんの本名が「伊藤みどり」であることから、夫の姓は「伊藤」なのではないかと言われているようです。

結婚した夫との間の子供については謎のまま

また、加藤みどりさんと結婚した夫の間に子供がいるのかについてもよく分かっていないようです。加藤みどりさんはあまりプライベートなことを話される人ではないために、私生活はミステリアスな部分も多いようです。

加藤みどりは現在もサザエさん声優やナレーションなど幅広く活躍

声優やナレーターとして活躍する加藤みどりさんについて紹介してきました。加藤みどりさんは2019年の誕生日で80歳となられますが、今も代表作である「サザエさん」の声優やテレビ番組のナレーションなどで活躍しています。加藤みどりさんの今後の活動にも注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

新着一覧

最近公開されたまとめ