桂木文の現在!林家しん平との離婚の理由や子供は?再婚の噂まで調査!

昭和に絶大な人気を誇った桂木文。最近あまり名前を聞かなくなりましたが、どうしているのでしょうか。過去には異例のスピードで離婚し話題にもなっていたようです。桂木文のプロフィールや過去について見ながら、現在に迫ってみましょう。

桂木文の現在!林家しん平との離婚の理由や子供は?再婚の噂まで調査!のイメージ

目次

  1. 1桂木文のプロフィール
  2. 2桂木文が林家しん平と離婚した理由
  3. 3桂木文は再婚して子供がいる?
  4. 4桂木文の現在はどうしてる?
  5. 5桂木文は若い頃に歌手としても活動
  6. 6桂木文は人気があったものの現在は不明

桂木文のプロフィール

・愛称:???
・本名:蟹江 文
・生年月日:1960年12月16日
・現在年齢:57歳
・出身地:愛知県名古屋市
・血液型:O型
・身長:159.8㎝
・体重:50㎏
・活動内容:女優、元アイドル
・所属事務所:オー・エンタープライズ
・家族構成:???
・代表作品:「翔んだカップル」「銭形平次」

桂木文の経歴

さて、まずは桂木文の簡単な経歴について見ていきましょう。桂木文は、父親は日本人ですが母親は日本とインドのハーフなんだそうです。芸能界にデビューしたきっかけは、1978年に放送されていたドラマ「ムー一族」での郷ひろみの相手役に選ばれた事がきっかけです。当時、4万人が応募したとの事です。

見事オーディションに合格した桂木文は、「ムー一族」で女優デビューすると同年中には歌手としてもデビューし一躍アイドルとしての地位を築き上げます。1980年には、「翔んだカップル」と言うドラマのヒロインに抜擢され、その人気はどんどん加速していきます。

さらに、人気が止まらない桂木文は翌年の1981年にファースト写真集を出す事になります。しかし、驚きなのはこのファースト写真でヌードを披露していた事です。現在アイドルがヌードを披露するなど考えられませんが、当時では普通だったのか多くの男性ファンから歓喜の声が聞こえてきたのではと推測されます。

その後の1985年に落語家の林家しん平と結婚が報告されますが、異例のスピードで離婚となります。これについては、追って詳しくご紹介していきます。林家しん平と離婚後の桂木文は、そのまま芸能界で女優として活躍していましたが、2002年以降の出演が見られず芸能活動が休止状態となっています。

桂木文が林家しん平と離婚した理由

さて、まずは先ほど触れた林家しん平との結婚と離婚について見ていきましょう。異例のスピードで林家しん平と離婚となった桂木文ですが、実はその離婚会見があまりにもひどいと話題にもなっています。結婚から離婚までの流れと、ひどいと話題になった離婚会見の詳しい内容を見ていきましょう。

林家しん平のプロフィール

まずは、先に林家しん平についてご紹介していきます。林家しん平は、落語に親しみのない人はご存知ないかも知れませんが、落語家としてだけでなく様々な分野にその名を広げているので画像を見れば分かると言う人も多いかも知れません。眼鏡をかけた落語家と言うイメージも定着しているようです。

林家しん平は、実は落語家としては天才とまで呼ばれるほどの才能の持ち主です。古典落語から新作落語などジャンルを問わないだけでなく、三題噺と言う即興で行う落語も得意としています。落語の内容も、アニメや流行物を上手に組み込んでいるので、若い世代の人にも受けるような落語家となっています。

また、林家しん平は落語家だけでなく俳優としても活動をしており、落語などをテーマにしているドラマや映画などでは俳優として出演するだけでなく、監修を務めるなどマルチな活躍を見せています。落語会のこれからを若い世代に広げる、そんな重要な立場にいるのが林家しん平と言っても過言ではありません。

桂木文と林家しん平の結婚期間は7ヶ月!

さて、そんな落語会の重要人物でもある林家しん平と絶大な人気を誇っていた桂木文の結婚について見ていきましょう。桂木文が結婚したのは、1985年の事です。しかし、その結婚生活は長く続く事はなく、なんと結婚からわずか7ヶ月で離婚と言う形に終わってしまったのです。

結婚からわずか7ヶ月で離婚するのも異例のスピードと言っても過言ではありませんが、なんと言っても異例だったのはその離婚会見の様子です。あまりにも離婚会見の内容がひどすぎると話題になり、当時桂木文への同情の声が多く寄せられたほどです。

桂木文の離婚会見が異例だと話題に

さて、では離婚会見はどのような形だったのでしょうか。まず、離婚会見には当事者である桂木文と林家しん平の他に、なぜか画像の林家しん平の師匠の妻である海老名香葉子まで同席していたのです。林家しん平の師匠が同席するのであればまだしも、なぜか師匠の妻が同席していたのです。

さらに異例なのが、離婚の理由について語ったのは桂木文や林家しん平ではなくこの海老名香葉子だったのです。なぜ当事者である桂木文や林家しん平が離婚の理由を語る事なく、そこにいるのが不思議な海老名香葉子が語ったのかも疑問ですが、一番驚くのはその離婚の理由についてでした。

桂木文は離婚会見で何を語った?

離婚の理由について詳しく見ていきましょう。海老名香葉子が語った驚くべき離婚の理由は、ぬいぐるみを抱いて寝るような女とギンギンの男が上手く行くわけがないと言う理由でした。これを聞くと、まさに現在では誹謗中傷、もしくはモラハラになるのではと感じるようなひどい理由です。

ちなみに、ギンギンの男と理由で口にしていますが、結婚生活の最中林家しん平は浮名を残していたのです。そのお相手は高見恭子とされていますが、結婚生活の最中ももしかしたら桂木文は辛い思いを強いられていたのかも知れません。

公の前で誹謗中傷された桂木文でしたが、この離婚会見の中口を開く事はなかったそうです。桂木文が話す事を許されなかったのかは定かではありませんが、つい最近まで夫だった人の師匠の妻が出てきていては本当の理由を語る事や自分の思いを語る事が出来なかったのかも知れません。

いずれにしても、あまりにもひどいこの離婚会見や離婚の理由で桂木文が可哀想と言った同情の声が多く寄せられた事は確かです。ちなみに、林家しん平の師匠の妻である海老名香葉子は、度々行き過ぎた発言で炎上している人物でもあります。離婚の理由も、もう少し言葉を選べば良かった事でしょう。

桂木文と林家しん平に子供はいた?

さて、異例のスピードと離婚会見が話題となり離婚に至った桂木文でしたが、元夫との間に子供はいたのでしょうか。先に結果からお話すると、桂木文が子供を授かる事はありませんでした。と言うのも、異例の離婚会見では海老名香葉子の口からプライベートな問題まで発言がされていたのです。

それが、桂木文は女性器奇形と言う病気であるから子供が授かれないと言うものです。実際には、このような病名は存在しなく、近い病気で子供が授かれないようなものを挙げるとロキタンスキー症候群があります。いずれにしても、公の場で口にされて面白いようなものではありません。

しかし、この病気を実際に桂木文が患っていたとしても現在は治療する事もでき、様々な形で子供を授かる事も可能です。病気がなくても、7ヶ月と言うスピードで離婚になってしまったので子供を授かる可能性は低かったのではないかと思われます。

結果的に、離婚会見で正式に桂木文が理由について詳細を話していないのではっきりとした事は分かりません。しかし、全ての状況を見ても桂木文自身に問題や原因があったようには感じません。世間の反応も、桂木文を擁護するようなものばかりでした。

桂木文は再婚して子供がいる?

さて、異例のスピードと離婚会見を見てきましたが、ここからは現在の桂木文について見ていきましょう。なんと、現在桂木文は再婚しているのではと言う噂が出ていたようです。既に再婚して、幸せな家庭を築いているのでしょうか。

桂木文は再婚しているという噂がある

まず、桂木文が再婚していると言う噂の出所について詳しく調べてみると再婚したお相手は一般人とされているようです。しかし、それ以上詳しく調べてみようとした所、それ以上の情報はありませんでした。さらに、気になるのは2002年以降の桂木文の芸能活動がストップしてしまっているのです。

実は、芸能活動をしていた2002年までには桂木文が再婚したと言う報告や報道はされていません。となると、再婚したとなれば2002年以降と考えるのが妥当になってきますが、2002年以降再婚の話題も噂しかなく、所属していた事務所からも退所しているようなので芸能界自体引退している可能性もあります。

正式に引退が発表されている訳でもありませんが、桂木文が一般人になっている可能性も考えると再婚を2002年以降にしていたとなっても公にはならないのではと推測されます。桂木文が再婚しているのかについて、現在正式な情報を知る事は出来ない状態である事が分かりました。

桂木文に再婚相手との子供はいる?

また、再婚について桂木文は子供も授かっていると言う情報がありました。子供についても、もちろん再婚の情報同様に噂止まりで正式な情報はありません。離婚会見で海老名香葉子が語った病気が事実だとしても、子供を授かる方法があるのでもちろん現在母親になっている可能性は十分にあります。

しかし、再婚の情報同様に正式な情報はないので、この子供がいると言う噂も噂としてかご紹介出来ない結果になりました。離婚の時の状況が状況なので、再婚しているのであれば桂木文が幸せな家庭を築いている事を祈るばかりです。

桂木文の現在はどうしてる?

さて、ここからはさらに詳しく現在の桂木文について見ていきましょう。桂木文の現在の画像はあるのか、どのような芸能活動をしているのかについて詳しく見ていきましょう。

桂木文は2002年以降芸能活動をしてない

まず、桂木文の現在の芸能活動については先にお話してしまっていますが2002年以降ありません。所属事務所も所属していたと言う表記になっており、所属事務所自体も退所してしまっている可能性があります。もちろん、その後フリーで活動している可能性もありますが、芸能活動の形跡が見られないので不明です。

桂木文の現在の画像はある?

桂木文の現在の画像についても、芸能活動が見られなくなった2002年以降の画像を見つける事は出来ませんでした。若い頃に美貌が注目されて人気となっていた桂木文だけに、現在の姿を見る事の出来る画像が存在しないのは残念です。きっと、素敵な女性となっている事は間違いないでしょう。

桂木文は若い頃に歌手としても活動

さて、ここからは若い頃の桂木文についてご紹介していきます。先ほどご紹介した通り、桂木文の人気が絶頂だった頃は見惚れてしまうほどの美貌と可愛さで人気を集めています。そんな懐かしさも感じるような、若い頃の桂木文の画像もご紹介していきます。

デビュー曲の作詞・作曲はさだまさし

まず、「ムー一族」で4万人の中からオーディションを勝ち取り華々しくデビューした桂木文は、その後すぐに歌手としてデビューしています。しかも、その歌手デビューも華々しいものでした。デビュー曲の作詞、作曲はなんと現在も名曲を残しているさだまさしが担当していたのです。

このさだまさしが作詞、作曲を担当した楽曲は、短編小説「前略、ごめん」にて同タイトルでリリースされています。その後、合計3曲をリリースする事になった桂木文は、このさだまさしが作詞、作曲を担当した曲でアイドルとして広く知れ渡るきっかけとなったようです。

桂木文の曲がコンピアルバムでCD化

さらに、この桂木文の歌手デビューのきっかけとなった短編小説「前略、ごめん」はコンピアルバムCDに収録されワーナーからCD化されています。昭和40年代の男性をターゲットに作成されたCDなので、桂木文の楽曲はファンにとってや当時を知る人にとってはたまらないCDになっている事でしょう。

実は、このCDに桂木文の楽曲が収録されているのは少し意外にも感じる人もいるかも知れません。と言うのも、このCDに収録されているのは誰でも知っているような曲ばかりのCDとなっていますが、桂木文の短編小説「前略、ごめん」はあまりリリース時に売り上げは伸びなかったのも事実です。

さだまさしが作詞、作曲した事で有名にはなっていますが、少しマニア受けするようなコアな曲と言ってもいいかも知れません。その曲がCDに入っているとなると、CD制作をした人にファンがいたのかも知れません。このCDで桂木文の当時の歌声をそのままに聞けます。このCDはぜひチェックしてみましょう。

桂木文の若い頃の画像が可愛い!

さて、ここからは桂木文の若い頃の画像を見ていきましょう。当時、絶大な人気を誇っていた桂木文の可愛さは相当なものです。しっかりとした目鼻立ちは、男性だけでなく女性をも虜にしていた事でしょう。

また、スタイルの分かる画像を見ると一目瞭然ですが、顔だけでなくスタイルまで恵まれた女性だった事が分かります。現在どのようになっているのか知れないのも残念ですが、若い頃の画像を見て桂木文を懐かしむのも悪くはないのかも知れません。

桂木文は人気があったものの現在は不明

桂木文のデビューから結婚、そして離婚、現在までをまとめて見てきました。既に芸能界を引退しているのか、まだ籍はあるのかなど現在について知る事は出来ませんでしたが、人気が絶頂だった当時はその可愛さで絶大な人気を誇っていた事が分かりました。現在については、今後明かされる事に期待しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
yu yamashiro
現在第2子妊娠中のマタママです。エンタメ系の記事を書いていますが、エンタメには全く興味がありませんww

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ