勝新太郎の若い頃は?当時の経歴やエピソードなど!結婚は?

昭和を代表する名俳優の1人に数えられている今は亡き勝新太郎さんの若い頃についてまとめました。勝新太郎さんの当時の経歴やエピソードをご紹介します。勝新太郎さんの結婚にまつわるエピソードも含めた若い頃の勝新太郎さんの日々を振り返ってみましょう。

勝新太郎の若い頃は?当時の経歴やエピソードなど!結婚は?のイメージ

目次

  1. 1勝新太郎のプロフィール
  2. 2勝新太郎の若い頃
  3. 3勝新太郎の若い頃の経歴やエピソード
  4. 4勝新太郎の若い頃の結婚生活を振り返り
  5. 5勝新太郎以外の昭和名俳優の若い頃
  6. 6勝新太郎は若い頃から俳優魂がすごかった

勝新太郎のプロフィール

・愛称:勝新
・本名:奥村利夫
・生年月日:1931年11月29日
・年齢:享年65歳(1997年6月21日逝去)
・出身地:東京都江東区
・血液型:O型
・身長:170cm
・体重:非公表
・活動内容:俳優、歌手、脚本家、映画監督、映画プロデューサー、三味線師範
・所属グループ:なし
・事務所:勝プロダクション
・家族構成:後述します

勝新太郎の経歴

勝新太郎さんは23歳の時に俳優活動を開始しました。若い頃の経歴は後の章でご覧下さい。大河ドラマ『独眼竜政宗』の豊臣秀吉など伝説級の名演技を見せてきましたが、1997年6月21日に下喉頭癌で65歳の若さで亡くなり、本当の伝説の人になってしまいました。

勝新太郎の若い頃

勝新太郎さんの若い頃が巷で話題になっています。勝新太郎さんの若い頃のイケメン画像をチェックしてみましょう。勝新太郎さんの若い頃に対する世間の反応もご覧下さい。

昭和のスター「勝新太郎」の若い頃が話題に

昭和のスターである勝新太郎さんの若い頃が話題になっています。激動の昭和時代の芸能界を駆け抜けた伝説の俳優・勝新太郎さんの若い頃の経歴・エピソードを、勝新太郎さんの若い頃の動画・画像と共にご覧下さい。

勝新太郎の若い頃のイケメン画像をチェック

勝新太郎さんの若い頃の経歴とエピソードの前にイケメン画像をチェックしてみましょう。晩年は恰幅の良い印象が強かった勝新太郎さんですが、若い頃は細面のイケメンでした。ひと目では勝新太郎さんとわからないほどイメージが違います。

勝新太郎の若い頃に対する世間の反応

勝新太郎さんの若い頃の姿に対しては「印象が全然違う」「イケメンすぎて目が潰れる」といったコメントが寄せられていました。若い頃の演技に対しては「凄みがある」「こういう演技ができる人は今の時代にいない」と称賛されています。

勝新太郎の若い頃の経歴やエピソード

勝新太郎さんの若い頃の経歴をご紹介します。勝新太郎さんが俳優としてデビューしてからの経歴や代表作品を見てみましょう。勝新太郎さんの若い頃のエピソードも併せてご覧下さい。

勝新太郎の若い頃の経歴

勝新太郎さんの若い頃の経歴をご紹介します。23歳の時に役者人生を始めた勝新太郎さんがどんな経緯を経て大スターとなり、どんな作品でその俳優魂を磨き上げてきたのかを見てみましょう。

若い頃の経歴:大映京都時代編

1954年にデビューした勝新太郎さんでしたが、当時は白塗りの二枚目スター全盛期だったため、白塗りが似合わない勝新太郎さんの映画は中々ヒットに結びつきませんでした。同期で同い年の市川雷蔵さんとの差を見せつけられる辛い日々を送っていたのです。

若い頃の経歴:市川雷蔵VS勝新太郎

不遇な数年間を過ごした勝新太郎さんにブレイクの時が訪れました。1959年上映の『次郎長富士』で演じた森の石松が大人気を博したのです。従来の白塗り二枚目役者とは違った売り出し方を始めてからはヒット作にも恵まれるようになり、市川雷蔵さんと大映の二枚看板「カツライス」と呼ばれる存在になったのでした。

若い頃の経歴:勝プロダクション時代編

大スターとなった勝新太郎さんは自分でも映画を製作したいと考えるようになり、1967年に勝プロダクションを設立しました。勝新太郎さんは大映出身の監督を多く起用して数々の名作を生み出し、1971年には製作・監督・脚本・主演を担った『顔役』を公開して業界と世間の喝采を浴びています。

勝新太郎の若い頃の代表作品まとめ

勝新太郎さんの若い頃の代表作品と言われているのは『悪名シリーズ』と『座頭市』シリーズと『兵隊やくざ』シリーズです。初めて汚れ役を演じて従来の二枚目スターと違った持ち味で大反響を起こした『不知火検校』も、勝新太郎さんの役者人生の代表作として知られています。

勝新太郎の若い頃のエピソード

若い頃の経歴に続いて若い頃のエピソードを見ていきましょう。長唄三味線方の父を持ち、兄・若山富三郎さんと共にその後を継ぐと思われていた勝新太郎さんが俳優の道に進んだきっかけとなったエピソードからご覧下さい。

若い頃のエピソード【俳優人生の扉となったジェームズ・ディーン】

勝新太郎さんは21歳の時に父・杵屋勝東治さんの長唄三味線のアメリカ巡業に随行した時に赴いたハリウッドでジェームズ・ディーンさんに出会いました。当時の日本のスターにはない野性味を帯びた姿を見た勝新太郎さんは「こういうのをやってみたい」と思うようになり、俳優の道に進む事を心に決めたそうです。

若い頃のエピソード【女と金と俳優人生】

勝新太郎さんは女と金と俳優人生について一家言がある人でした。勝新太郎さんの雑誌連載の担当になったノンフィクションライター・田崎健太さんは、勝新太郎さんの女性やお金や俳優の仕事についての考えを聞かされ続け、それを後年になって著書『偶然完全 勝新太郎伝』に記しています。

若い頃のエピソード【ギャンブル愛】

若い頃の勝新太郎さんはギャンブルを愛する人でもありました。前項の田崎健太さんは、勝新太郎さんの話を聞くために付き添っていた時、六本木のナイトクラブに入ってカジノテーブルで周囲とは高さが違うチップを積み上げる姿を田崎健太さんにわざと見せたという思い出を語っていました。

勝新太郎の若い頃の結婚生活を振り返り

勝新太郎さんの若い頃の結婚生活をご紹介します。勝新太郎さんは嫁になった中村玉緒さんとどんな馴れ初めを経て結婚したのでしょうか?勝新太郎さんの結婚生活を振り返ってみましょう。

勝新太郎の嫁は中村玉緒

勝新太郎さんの嫁は中村玉緒さんです。勝新太郎さんと中村玉緒さんは1955年上映の映画『かんかん虫は唄う』で初共演してから数々の作品で共演するようになりました。1962年に結婚した2人の馴れ初めをご紹介する前に中村玉緒さんの経歴をご覧下さい。

中村玉緒とは

中村玉緒さんは1939年7月12日に京都府京都市左京区で生まれ、1954年に大映に入社し、数々の映画で可憐な娘役を演じてきました。1970年以降は活躍の場を映画からTVに移行し、その個性が知られるようになってからはタレントとしても人気を博しています。

中村玉緒との結婚の馴れ初めは?

勝新太郎さんと中村玉緒さんが映画で共演するようになってから、勝新太郎さんのマネージャーに「勝さんが好きですか?」と聞かれた中村玉緒さんは「好きか嫌いかで言えば好きです」と答えました。

その後マネージャーが「勝さんが結婚を前提にお付き合いしたいと言っています」と言いにきたそうです。それが結婚の馴れ初めだったと中村玉緒さんが明かしています。

中村玉緒との子供について

勝新太郎さんと中村玉緒さんは2人の子供に恵まれました。長女の奥村真粧美さんも長男の鴈龍さんも俳優の道に進みましたが、奥村真粧美さんは一般人となり、鴈龍さんは55歳の若さで亡くなりました。

嫁(中村玉緒)が勝新太郎の若い頃の写真公開

中村玉緒さんが2021年6月21日の勝新太郎さんの命日に合わせて、自身のインスタグラムに勝新太郎さんの若い頃の写真を投稿しました。若い頃の勝新太郎さんと中村玉緒さんと子供2人が写った写真で、フォロワーから「男前」「かっこいいです」とコメントされています。

中村玉緒との若い頃の結婚生活の真相

中村玉緒さんは若い頃の結婚生活の中で、喧嘩した時に謝る事ができない勝新太郎さんが親友の石原裕次郎さんに仲裁を頼んだ事があった事を告白しています。「ズルいんですけど憎めない人」と勝新太郎さんを形容した中村玉緒さんは「生まれ変わっても主人と結婚したい」と語っていました。

勝新太郎以外の昭和名俳優の若い頃

勝新太郎さん以外の昭和を代表する名俳優達の若い頃についても調査しました。勝新太郎さんと同じく伝説的存在となった石原裕次郎さん・松方弘樹さん・三國連太郎さんの若い頃の経歴を見てみましょう。

昭和名俳優の若い頃【石原裕次郎】

石原裕次郎さんの若い頃の経歴をご覧下さい。1934年12月28日に生まれた石原裕次郎さんは、兄・石原慎太郎さんの小説を原作とした1956年公開の映画『太陽の季節』で俳優デビューし、同年公開の映画『狂った果実』で一気にスターダムにのし上がりました。

昭和名俳優の若い頃【松方弘樹】

松方弘樹さんの若い頃の経歴をご覧下さい。1942年7月23日に生まれた松方弘樹さんは、17歳の時に映画『十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ』で俳優デビューしました。デビュー初期の活躍はふるいませんでしたが、1970年代に出演したヤクザ映画で一気に人気を得ています。

昭和名俳優の若い頃【三國連太郎】

三國連太郎さんの若い頃の経歴をご覧下さい。1923年1月20日に生まれた三國連太郎さんは、1950年に東銀座でスカウトを受け、翌年公開の映画『善魔』でデビューしました。その時の役名を芸名にした三國連太郎さんは、この映画でブルーリボン新人賞を獲得しています。

勝新太郎は若い頃から俳優魂がすごかった

勝新太郎さんは若い頃から俳優魂をほとばしらせるすごい俳優でした。出演作でも私生活でも数々の伝説を作ってきた勝新太郎さんは、この先も伝説の俳優として語り継がれていく事でしょう。

Thumb勝新太郎の息子は鴈龍!生い立ちから死因まで!逮捕や事故などのエピソードも
「座頭市」でお馴染み・勝新太郎の息子、鴈龍の経歴や死因について調査してみました。勝新太郎と中...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

新着一覧

最近公開されたまとめ