佳山明生の現在!氷雨でヒット歌手の経歴は?曲も調査!

いまでも多くの人にカバーされる「氷雨」をヒットさせた佳山明生は、現在どうしているのでしょうか?佳山明生の現在や、氷雨がヒットするまでの経歴や他の曲についても紹介します。佳山明生が現在は結婚しているという噂は本当なのでしょうか?

佳山明生の現在!氷雨でヒット歌手の経歴は?曲も調査!のイメージ

目次

  1. 1佳山明生のプロフィール
  2. 2佳山明生の現在
  3. 3佳山明生の氷雨ヒットなど歌手経歴
  4. 4佳山明生の氷雨以外の曲も調査
  5. 5佳山明生の現在は演歌歌手として復活

佳山明生のプロフィール

愛称:なし
本名:長谷茂浩(はせしげひろ)
生年月日:1951年9月19日
年齢:67歳(2019年8月現在)
出身地:北海道函館市
血液型:?
身長:???
体重:???
活動内容:演歌歌手
所属グループ:なし
事務所:???
家族:???

佳山明生の経歴

佳山明生といえば、あの名曲「氷雨」で有名ですが、その経歴はどのようになっているのでしょうか?デビュー曲である氷雨が大ヒットしたことで、佳山明生の生活は大きく変化したようです。そんな佳山明生の経歴を簡単に振り返ってみましょう。

佳山明生は1970年に作曲家の古賀政男の最後の門下生として学んでおり、1973年に当時は丸山明宏名義で活動していた美輪明宏から、佳山明生の芸名を名付けられています。そして1977年12月1日に「氷雨」でデビューし大ヒットしています。

しかし、その後は氷雨のような大ヒットには恵まれなかったものの、現在も歌い継がれる名曲になっています。2004年からは函館観光大使にも就任しているそうです。

佳山明生の現在

演歌歌手として活動している佳山明生ですが、現在も変わらずに演歌歌手として活動を続けているのでしょうか?また、氷雨以降の佳山明生はその後どのような経歴を辿っているのか確認していきましょう。

2019年の誕生日で年齢68歳の佳山明生

現在の佳山明生は2019年に誕生日を迎えると68歳という年齢になります。演歌歌手としてはまだまだ活動できる年齢なだけに、曲のリリースも気になるところです。佳山明生は曲に関しては1年に一曲ぐらいのペースでリリースしているようです。

現在の結婚ステータスは?

また、気になる佳山明生の結婚の噂ですが、いままで結婚や子供などの誕生はあったのでしょうか?現在の気になる結婚関係の情報も紹介します。

結婚はしてるが嫁などの情報は非公表

佳山明生は結婚して嫁が居るという噂があるのですが、その結婚を公式に発表しているというわけではないようです。そのため、現在も結婚関係にあるとか子供がいるというのは詳しくは明かしていないようです。

現在は演歌歌手復活

現在の佳山明生は、一時期演歌歌手としての活動を控えていたこともありましたが、また歌謡曲番組に出演するなど演歌歌手として復活しています。同時期に活躍した演歌歌手と共演したり、ラジオ番組に収録するなど活動が活発になっています。

オフィシャルブログにて現在の活動情報など発信

また、佳山明生はオフィシャルブログも運営しており、そちらでは定期的に活動に関して情報を発信しています。そして、そこでは現在の佳山明生の姿を写真でたくさん確認できるようになっているので、当時のファンにとてもおすすめです。

佳山明生の氷雨ヒットなど歌手経歴

では、佳山明生のあの名曲氷雨のヒットを含めて、その歌手としての経歴を確認していきましょう。佳山明生にとって氷雨というのはどういった影響を与えた曲だったのでしょうか?

経歴①1977年に「氷雨」で歌手デビュー

北海道函館市出身だった佳山明生は、作曲家として「古賀メロディー」と言われるほど多くの曲を残した古賀政男の元で音楽に関しての基礎を学んでいます。そして、美輪明宏に芸名である佳山明生を名付けてもらい、1977年12月1日に氷雨でデビューしています。

当時の佳山明生のキャッチフレーズは「キャンペーンの星」というものだったそうです。この氷雨が大ヒットしたことで、佳山明生は一躍有名になりました。

経歴②1983年「氷雨」ヒットで受賞も

この佳山明生の氷雨は現在まで多くの人にカバーされており、日野美歌などのカバーでよく知られています。氷雨の作詞作曲はとまりれんによるものですが、プロット自体は佳山明生発案のようです。

佳山明生のデビューシングルとしてリリースされ、何度も再発されたことで1983年には80万枚近くを売り上げており、佳山明生の最大の売上を記録しています。

このことから、佳山明生は氷雨で「第25回日本レコード大賞」のロングセラー賞を受賞しています。佳山明生は函館出身だったこともあり、北海道の有線でリクエストされることが多く、北海道を中心に一人で各地を回ってキャンペーンを行っていたそうです。

その手売りだけでもレコードは3万枚ほど売れたそうで、それが先程のキャンペーンの星というキャッチフレーズにもつながったと言えるでしょう。

「氷雨」ヒットの裏には日野美歌の存在も

しかし、実はこの氷雨は最初からいきなり売れたというわけではなく、リリース当初は鳴かず飛ばず状況でした。この理由には、当時のレコード会社の販売や後方を担当してくれた人物が、発売直後に亡くなったことも大きな理由でした。

このことも関係してか、佳山明生の氷雨の著作権や出版権などの管理が申請されておらず、いつのまにか他のレコード会社に権利関係が売られてしまっていたそうです。そして、このことで1982年に日野美歌が氷雨をカバーしたことで大ヒットにつながるという出来事がありました。

日野美歌の氷雨がヒットしたことで、本家本元の佳山明生の氷雨がブレイクするというのは皮肉なものだったといえるでしょう。

佳山明生もそのことを受けて氷雨を再販を何度か繰り返して、先程のロングセラー賞などにつながったといえます。ただし、佳山明生の曲であった氷雨は日野美歌の歌としての認知が強く、紅白歌合戦の日野美歌が出演するという結果に終わっています。

日野美歌とは

日野美歌は1962年12月21日生まれの歌手で、中学1年生のときに「スター誕生!」に挑戦したこともあった人物です。歌手としてデビューしたのは1982年になってからで「私のあなた」という曲でデビューしています。

しかし、この曲よりも同年に発売した「氷雨」のカバー曲が大ヒットしており、「第34回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たしています。

そして、日野美歌といえば1986年に葵司朗とのデュエット曲である「男と女のラブゲーム」がヒットしています。ただし、この曲も元々はタケダ胃腸薬21のCMソングとして武田鉄矢と芦川よしみが歌ったものでした。

しかし、武田鉄矢側の事情がありレコード化が出来ず、葵司朗と日野美歌に依頼が来てシングル化されたという経緯があります。

「氷雨」ヒットのその後は転落人生

佳山明生にとっては日野美歌の氷雨のヒットは、少なからず素直に喜べない部分もあったようです。そういった気持もあってか、氷雨以降はヒットに恵まれておらず、一時的に演歌歌手をやめて飲食店でアルバイトをして生活をしていたこともあるそうです。

また、氷雨がヒットしたことで有頂天になった部分もあるようで、自分の態度も反省していたそうです。そういった中で改めて、もう一度演歌歌手としての活動を考えるようになりました。

しかし、佳山明生には一つ問題があり、自暴自棄になりお酒に走ったこと、そして耳の鼓膜が不摂生により破裂して中耳炎を発症していました。それでも、有線から流れてきた自分の氷雨を聞いて約10年ぶりに本格的な活動を再開したそうです。

経歴③2014年「木曜8時のコンサート~名曲!にっぽんの歌~」出演

飲食店のアルバイトを退職し、現在は先程紹介したように氷雨を含めて、様々な曲をもう一度歌いながら活動をしています。2014年には「木曜8時のコンサート~名曲!にっぽんの歌~」にも出演し、新曲を収録したミニアルバムも発売しています。

佳山明生の氷雨以外の曲も調査

一時期は演歌歌手としての活動を辞めていた佳山明生ですが、現在は改めて氷雨を初め、様々な曲をリリースしています。その佳山明生の曲の一部を再確認してみましょう。

佳山明生の曲動画①「片割れ月」

氷雨以降大きなヒットには恵まれなかったものの、佳山明生の曲は聞いてみると名曲といえるものが多いです。例えば「片割れ月」は、東京の新橋を舞台にした歌になっています。空に浮かぶ片割れ月を見ながら、どこか哀愁を漂わせながらもまた明日を生きていくという男の生きざまが歌われています。

佳山明生の曲動画②「冬茜」

佳山明生が復帰してから2018年に発売したミニアルバムの表題曲となっていた「冬茜」もおすすめです。現代的なサウンドも取り入れながら男らしい歌になっています。いまの佳山明生の年齢に合った楽曲となっており、ムードのある歌になっています。

佳山明生の曲動画③「こんな女のブルース」

こちらは2013年に発売された曲で、タンゴっぽいリズムの曲調になっています。曲の内容はちょっとおもしろい女性の特徴を歌った曲となっており、それでも一生懸命働く女性を応援するような曲です。

佳山明生の現在は演歌歌手として復活

置かれたマイク

氷雨の大ヒットで有名な佳山明生ですが、その後の氷雨を巡ってのいざこざから演歌歌手としての活動を離れていたというのは衝撃だったかもしれません。しかし、現在は日野美歌と共に氷雨を歌うこともあり、そのわだかまりも解消しているのが印象的と言えるでしょう。

そして現在は、多くの番組やラジオ出演など演歌歌手としての活動を再開しているだけに、年齢を重ねてさらに洗練された氷雨を楽しむのがおすすめです。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ