木本花音の水着グラビアは?胸のカップやサイズなどのスタイルも

SKE48の一員としてデビューして以降人気を博してきた女優・タレントの木本花音さんの水着グラビアについて調査しました。木本花音さんの水着グラビアや水着以外のグラビアと共に、木本花音さんの胸のカップやサイズなどのスタイル情報もご覧下さい。

木本花音の水着グラビアは?胸のカップやサイズなどのスタイルものイメージ

目次

  1. 1木本花音(元SKE48&HKT48)のプロフィール
  2. 2木本花音の水着グラビアは?
  3. 3木本花音の水着姿以外のグラビア&画像集
  4. 4木本花音の胸のカップやサイズについて
  5. 5木本花音の色々なスタイルを大解剖
  6. 6木本花音の水着グラビアは胸もオーラもダイナミック

木本花音(元SKE48&HKT48)のプロフィール

・愛称:のん
・本名:木本花音(きもとかのん)
・生年月日:1997年8月11日
・年齢:23歳(2021年5月現在)
・出身地:愛知県
・血液型:AB型
・身長:後述します
・体重:後述します
・活動内容:女優、タレント
・所属グループ:元SKE48、元HKT48
・事務所:ノックアウト
・家族構成:父、母、兄

木本花音の経歴

2010年9月30日にSKE48の第4期生オーディションに合格したのが木本花音さんのアイドルデビューのきっかけでしたが、芸能界デビューは同年6月放映のドラマ『中学生日記で済ませています。HKT48と兼任するなど順調なアイドル活動を続けていましたが、2017年12月にSKE48を卒業し、以降は女優・タレントに転身しました。

将来の目標を「ベッキーさんのようなマルチタレントになる事」と語っていましたが、2021年4月には自身のインスタグラムで「5月31日をもちまして芸能界を引退させて頂きます」と発表し、ファンに衝撃を与えています。

木本花音の水着グラビアは?

2010年に芸能界デビューした木本花音さんは、アイドル活動を続けていく中で水着グラビアを公開してファンの歓声を浴びました。熱い声援を受けた木本花音さんの色っぽい水着グラビアの数々をご覧下さい。

木本花音の水着グラビアが色っぽい!

木本花音さんの水着グラビアが「色っぽい!」と脚光を浴びています。AKB48グループに所属するアイドルの中には水着グラビアを解禁していない女性も多いのですが、木本花音さんは10代前半の頃から水着グラビアを公開してきました。

年齢を重ねるごとに成長してきた木本花音さんは、「デビュー当時より色っぽさが飛躍的に上がって綺麗になっている」ともてはやされているのです。

木本花音の水着グラビア集

多くのファンだけではなくファン以外の人にも絶賛され続けている木本花音さんの水着グラビア集をご紹介します。木本花音さんがこれまでに公表してきたグラビアを時系列順に並べていきますので、木本花音さんが年を追うごとに美しくなっていく様子を実感しながらご鑑賞下さい。

木本花音の水着グラビア①

木本花音さんの水着グラビア・その1をご覧下さい。こちらは、2014年に開催されたAKB総選挙・水着サプライズで公開された木本花音さんの水着グラビアです。

「名古屋の“未来”は花音とともに」というキャプションが添えられた水着グラビアは、木本花音さんの美少女ぶりと美白肌、そして均整の取れたスタイルが見た人を虜にする力がありました。この時50位だった木本花音さんは、翌年の総選挙では48位にランクインしてネクストガールに選出されています。

木本花音の水着グラビア②

木本花音さんの水着グラビア・その2をご覧下さい。こちらは、2015年2月以前に撮影された木本花音さんの水着グラビアのアラカルトです。掲載されたメディアと掲載された時期は特定できませんでした。

1枚目の木本花音さんは現在よりもかなり細身で、2枚目と3枚目の木本花音さんは現在に近い体型になっています。ファンの間では3枚目の髪をアップにした水着グラビアの人気が高いようでした。

木本花音の水着グラビア③

木本花音さんの水着グラビア・その3をご覧下さい。こちらは、2015年4月に発売された『週刊プレイボーイ』に掲載された木本花音さんの水着グラビアのアラカルトです。この号では可愛らしい白のビキニ水着姿とクールな黒のビキニ水着を披露しています。

木本花音さんは全く違った2種類のデザインの水着を見事に着こなしていました。この頃握手会でファンに「肉付きが良くなった」と言われてショックだった事を明かしています。

木本花音の水着グラビア④

木本花音さんの水着グラビア・その4をご覧下さい。こちらは、木本花音さんが2016年4月に発売された『週刊SPA!』のグラビアに登場した時のオフショットです。白いソファに紺のビキニ水着を着た木本花音さんが横たわり、虚空を眺めています。

撮影の合間にホッと一息を入れた時の姿なのでしょうか?この水着オフショットはファンの間で「このちょっとほどけた雰囲気がたまらなくいい」と評判になっていました。

木本花音の水着姿に対する世間の評判

木本花音さんの水着姿に対する世間の評判を見てみましょう。木本花音さんは細身だった頃から数年の間水着グラビアに登場していましたが、世間では細身だった頃よりも「ぽっちゃり系」と言われるようになってからの水着グラビアの方が人気があるようでした。

中には「胸の大きさは保ったままもう少し痩せたら完璧」という声もありますが、「いい感じに肉付きがあるのが色っぽくていい」という声の方が多いのです。

木本花音の水着姿以外のグラビア&画像集

木本花音さんは水着姿以外でもファンの胸をときめかせてきました。この章では、木本花音さんの水着姿以外のグラビア&画像集をご紹介します。可愛らしい木本花音さんの姿をご覧下さい。

木本花音の水着姿以外のグラビア&画像①

木本花音さんの水着姿以外のグラビア&画像・その1をご覧下さい。こちらは、雑誌などのメディアに公開された画像ではなく、木本花音さんが久しぶりにツイッターに登場した時に木本花音さんが投稿した画像です。

真っ赤なルージュを塗った口元を少し尖らせてカメラを見ている木本花音さんの可愛らしさに、画像が投稿されて間もなく2,000以上の「いいね」が寄せられていました。木本花音さんは現在この日に撮影した別の画像をアイコンにしています。

木本花音の水着姿以外のグラビア&画像②

木本花音さんの水着姿以外のグラビア&画像・その2をご覧下さい。2014年3月に発売された月刊誌『BUBKA』に掲載された木本花音さんのグラビアです。この時の木本花音さんはセーラー服を着ていました。

ブラウン系のセーラー服に黒いハイソックスを履いた木本花音さんが「可愛すぎる!」と大好評でした。メイクも薄めにした木本花音さんは、水着グラビアで見せる色っぽさとは対照的な清楚系という雰囲気を醸し出しています。

木本花音の水着姿以外のグラビア&画像③

木本花音さんの水着姿以外のグラビア&画像・その3をご覧下さい。木本花音さんが2020年6月14日に自身のツイッターに投稿した自撮り画像です。髪を20cm切った木本花音さんは「似合ってるかな??」とコメントで問いかけていました。

それに対して3000件以上の「いいね」が付けられ、「似合ってる」「可愛い」「綺麗」「最高」といった褒め言葉が200件近く寄せられています。

木本花音の胸のカップやサイズについて

木本花音さんはスタイル抜群だと称賛されています。そんな木本花音さんは胸のカップやサイズを公表しているのでしょうか?木本花音さんの胸のカップやスリーサイズの調査結果を見てみましょう。

木本花音の胸のカップサイズは非公表

木本花音さんの胸のカップサイズは非公表でした。2012年3月に木本花音さんが当時の胸のサイズについて「Cカップ」と発言して世間を驚かせた事がありましたが、木本花音さんの胸のサイズはその当時よりも明らかに成長しているため、「Cカップ以上ある事は確実」と言われています。

木本花音の推定カップは「E」カップが有力?

木本花音さんの現在の推定カップは「E」カップという説が有力視されています。デビュー当時は全体的に華奢なイメージだった木本花音さんですが、2014年以降は「ぽっちゃりしてきた」「むちむちボディ」と言われるようになっています。

ファンのそういった声に木本花音さんが憤慨した事もありましたが、ファンは木本花音さんのスタイルを褒めるつもりでそう言っていたようです。「細身と言われていた頃Cカップだった胸は現在はEカップ」と推測させているのは自然な流れと言えるのではないでしょうか?

木本花音のスリーサイズから胸のサイズも検証

木本花音さんのスリーサイズから胸のサイズも検証してみましょう。木本花音さんが以前に公表していたスリーサイズは、バスト75cm・ウエスト58cm・ヒップ82cmでした。

バストが70cm台という事で、おそらくスタイルが「むちむちボディ」と評されるようになる前のスリーサイズなのでしょう。そのスリーサイズから検証した胸のサイズはAカップでした。その後Cカップになり、更に成長を遂げてEカップになっているのかも知れません。

木本花音の色々なスタイルを大解剖

木本花音さんのスタイルを大解剖します。木本花音さんの身長と体重をはじめ、趣味や特技、恋愛スタイルなど、胸のカップやサイズ以外のスタイルの情報をチェックしてみましょう。

木本花音のボディスタイル【身長と体重】

木本花音さんのボディスタイルから身長と体重を見てみましょう。木本花音さんの公表身長は155cmです。日本人女性の平均身長である158cmよりやや小柄なのですが、ファンにとってはそこがたまらなく可愛い要素なのでした。体重は、他の多くの女性芸能人の例に漏れず非公表ですが、40kg台半ば位だろうと予測されていました。

木本花音の趣味&特技スタイル【韓国語】

木本花音さんの趣味&特技スタイルから韓国語を見てみましょう。木本花音さんは所属事務所のプロフィールの特技欄に「韓国語・寄り目・歌・ダンス』と記載しています。歌とダンス、そして寄り目という特技は有名なのですが、韓国語についてもファンの間では話題になっていました。

ツイッターやインスタグラムのコメントをハングル語で綴ったり、握手会でファンに韓国語で話しかけたりしたエピソードが有名だからです。

木本花音の恋愛スタイル【松田元太との噂】

木本花音さんの恋愛スタイルから松田元太さんとの噂を見てみましょう。木本花音さんは2015年秋に松田元太さんとのツーショット画像がネットに流出するという騒ぎを起こした事がありました。

それは、カラオケ店と思われる場所で若い男性が女性の背中に腕を回しているという、いかにもラブラブな恋人同士というムードの画像でした。男女の顔は横から撮られているのですが、顔立ちや服装から「これは木本花音さんと松田元太さんだ」と話題を呼んだのです。

松田元太とは

木本花音さんとの熱愛を噂された松田元太さんは、1999年4月19日に埼玉県で生まれ、2011年2月にジャニーズ事務所に入所しました。入所した後はジャニーズJr.として活動を開始し、2014年5月に結成されたSexy Zoneの弟分ユニット・Sexy 松のメンバーに選出されています。2017年11月にはTravis Japanに加入した事が発表されました。

松田元太との熱愛の真相

木本花音さんと松田元太さんの熱愛の真相を見てみましょう。隠し撮りされたツーショット画像の女性は、エクボと顎の形から「これは木本花音さんで確定」とされていました。更に、女性が着ていた服と同じものを木本花音さんが握手会などで着ていた事も指摘されています。

画像の男性については「松田元太さんにしては少しふっくらしている気がする」という意見があったものの、服装が松田元太さんが身に着けていた事があるものと一致したため、この熱愛については噂ではなく真実だという説が濃厚になっています。

木本花音の卒業後の活動スタイルも調査

木本花音さんの卒業後の活動スタイルも調査しました。SKE48を卒業した後の木本花音さんの肩書きは「女優・タレント」となっています。連続ドラマにゲスト出演しているほか、数々の舞台に出演してきました。最後に立った舞台は2021年5月から上演された『逆転裁判 逆転のパラレルワールド』です。

芸能事務所「ノックアウト」に移籍で注目が

SKE48卒業後は芸能事務所・ノックアウトに移籍して注目されています。木本花音さんは2017年12月にSKE48を卒業し、7ヶ月の充電期間を経てノックアウトに移籍した事を公表しました。

ノックアウトは柄本明さんやベンガルさんが所属している劇団東京乾電池のメンバーが劇団公演以外の芸能活動をする際のマネジメントをするために設立された事務所です。芸能界でも俳優活動をする芸能人が所属する事務所という事で有名なので、ここに所属した木本花音さんも「今後は女優業を活動の主体にするのだろう」と言われていました。

木本花音の芸能界での展望を考察

木本花音さんの芸能界での展望を考察してみましょう。記事冒頭の経歴の欄でご紹介したように、木本花音さんは2021年5月31日に芸能界を引退する事を表明しています。

2年位前から「芸能界ではなく新しい事に挑戦してみたい」という気持ちが強くなってきた木本花音さんは、進路について悩み抜いた末に所属事務所とも相談し、芸能界を引退するという決意を固めた事を自身のインスタグラムで告白しました。

しかし、新しい事に挑戦した後に再び芸能界へ復帰する可能性もあります。木本花音さんはSNSはこのまま続けるようなので、木本花音さんの新生活を応援しながら見守っていきましょう。

木本花音の水着グラビアは胸もオーラもダイナミック

木本花音さんの水着グラビアは「胸もオーラもダイナミック」と称賛されてきました。2021年5月31日をもって芸能界を引退すると発表した木本花音さんですが、ファンの前から完全に姿を消す訳ではありません。新しい生活をスタートさせてからも、その可愛らしい姿をツイッターやインスタグラムなどで見せ続けてくれるのではないでしょうか?

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ