木南晴夏の水着や下着画像は?グラビアまとめ!胸のカップなどスタイルも調査

女優・木南晴夏さんの水着や下着などのグラビアをご覧になりませんか?2000年代前半にグラビアモデルとして活躍していた頃の木南晴夏さんの水着グラビア画像を中心にまとめました。木南晴夏さんの胸のカップなどスタイルにまつわる情報を調査した結果もご報告します。

木南晴夏の水着や下着画像は?グラビアまとめ!胸のカップなどスタイルも調査のイメージ

目次

  1. 1木南晴夏のプロフィール
  2. 2木南晴夏の水着グラビア画像【可愛い編】
  3. 3木南晴夏の水着グラビア画像【胸元セクシー編】
  4. 4木南晴夏の下着グラビア画像は?
  5. 5木南晴夏の水着や下着以外のグラビアは?
  6. 6木南晴夏の胸のカップについて
  7. 7木南晴夏のスタイルを徹底調査
  8. 8木南晴夏の水着グラビアは胸元セクシー

木南晴夏のプロフィール

現在は個性派女優として名を上げている木南晴夏さんですが、グラビアモデルとして活躍していた時期がありました。この記事では、グラビアモデルだったデビュー当時の木南晴夏さんのグラビア画像を中心にご紹介していきます。本題に入る前に、木南晴夏さんのプロフィールと、デビューから現在に至るまでの足跡をまとめた経歴をご覧下さい。

・愛称:はるはる
・本名:玉木晴夏(旧姓:木南)
・生年月日:1985年8月9日
・年齢:34歳(2020年3月現在)
・出身地:大阪府豊中市
・血液型:A型
・身長:後述します
・体重:後述します
・活動内容:女優、タレント
・所属グループ:なし
・事務所:ホリプロ
・家族構成:夫(玉木宏)

木南晴夏の経歴

木南晴夏さんは、1985年8月9日に大阪府豊中市で生まれました。幼い頃から宝塚歌劇団の大ファンで、姉の木南清香さんと共に宝塚入団を夢見ていたのだそうです。そのうちに女優志望になりました。

そして、2001年に『第1回ホリプロNEW STAR AUDITION〜21世紀のリカちゃんはあなた!!〜』でグランプリを受賞し、芸能界入りを果たします。2002年から2003年までは、あびる優さん・酒井若菜さんと共にアイドルユニット『Licca』として活動していた事もあります。

2004年にTBS系列のドラマ『桜咲くまで』で女優デビューした後の木南晴夏さんは、数々のドラマ・映画に出演するようになったのですが、数年間は作品のオーディションを受けてもヒロインではない役に決まる事ばかりで、落ち込んでいたそうです。

しかし、2009年に映画『20世紀少年』でヒロイン・カンナの親友・小泉響子役を配され、高く評価された事が、女優として大きな転機となりました。近年では、2018年6月末に玉木宏さんと入籍した事が大きな話題となっています。

木南晴夏の水着グラビア画像【可愛い編】

30代半ばになった木南晴夏さんですが、現在も可愛らしさを十二分に発揮し、見る人達の心を癒やす存在です。そんな木南晴夏さんの10代後半から20代前半にかけて撮影された、可愛い水着グラビア画像を集めました。

木南晴夏さんの人の心を和ませる笑顔は、10代の頃から変わっていません。現在の方が、年齢を美しく重ねた分、癒やし指数が高まっているとも言えます。この章では、まだ初々しさが残る木南晴夏さんの水着グラビア画像をご覧下さい。

可愛い水着グラビア画像①

木南晴夏さんの可愛い水着グラビア画像1枚目をご覧下さい。10代の頃の木南晴夏さんの健康美が眩しいほどです。1枚と言いながら4枚がまとまったツイートの画像なのですが、1枚目の黄色いビキニの画像は、巷でとても人気が高い水着グラビア画像です。

木南晴夏さんの「晴夏」という名前にこの上なく似つかわしい水着グラビア画像だから、ではないでしょうか?晴れた夏の日の砂浜に座っている木南晴夏さんは、座っているのに手足の長さと均整の取れた見事なスタイルがとてもよく分かります。

4枚目の、うつ伏せになっている木南晴夏さんの水着グラビア画像も、とても人気があるようです。木南晴夏さんは、他の画像よりも幼く見えるあどけない視線をカメラに向けています。どの色の水着も、木南晴夏さんのスタイルの良さを引き立てています。

可愛い水着グラビア画像②

木南晴夏さんの可愛い水着グラビア画像2枚目をご覧下さい。水に半身を沈めている、黄色いビキニ姿の木南晴夏さんです。カメラに向かっていたずらっぽい笑顔を向けている、とても可愛らしいこの水着グラビア画像です。

この水着グラビアを見て木南晴夏さんのファンになった人が多いのではないでしょうか?10代である事と身に着けているのが水着だという事で、この水着グラビア画像での木南晴夏さんはほとんどメイクをしていません。

完全にすっぴんという訳ではないのでしょうが、すっぴんに近い状態です。それが、木南晴夏さんを年齢より幼く可愛らしく見せています。

可愛い水着グラビア画像③

木南晴夏さんの可愛い水着グラビア画像3枚目をご覧下さい。波打ち際に座り込んでいる、水玉ビキニ姿の木南晴夏さんの水着グラビア画像です。本当に無邪気な少女という雰囲気です。ぺたりと女の子座りをしているのも、少女らしさを更にアップさせています。

細すぎない、実にほどよいバランスの体つきが、木南晴夏さんの大きな魅力の1つなのだと感じさせる1枚です。この水着グラビアも、ファンの間で「可愛い」と人気が高い画像です。

水着グラビアに参加していた2000年代始め頃の木南晴夏さんは、肩より少し長めにしたヘアスタイルも少女らしく、とても可愛らしいと評判でした。

木南晴夏の水着グラビア画像【胸元セクシー編】

木南晴夏さんの可愛さあふれる水着グラビア画像に続いて、続いては胸元がセクシーな水着グラビア画像をご覧下さい。セクシーなのにいやらしさを感じさせない、木南晴夏さんならではのおすすめ画像ばかりです。木南晴夏さんの健康美と瑞々しい若さが弾けています。

胸元セクシー水着グラビア画像①

木南晴夏さんの胸元セクシーな水着グラビア画像1枚目をご覧下さい。うつ伏せから少し状態を起こし、上目遣いでカメラを見つめる木南晴夏さんです。水着グラビア【可愛い編】でご紹介した画像の木南晴夏さんと、少し違ったムードをかもし出しています。

顎の下で組み合わせた指も美しい、つい吸い込まれてしまうような微笑みを浮かべている木南晴夏さんですが、胸元が本当にセクシーです。胸のカップ数については後の方の章で解説しますが、巨乳と言っても大げさではない大きさの胸ではないでしょうか?健康的な色にほどよく焼けた肌がところどころ赤みを帯びているのが、健康的な色気を感じさせます。

胸元セクシー水着グラビア画像②

木南晴夏さんの胸元セクシーな水着グラビア画像2枚目をご覧下さい。こちらは、砂浜で真っ赤なビキニを身に着けた状態で体を横たえている木南晴夏さんです。横になっているにも関わらず、胸元がセクシーに強調されています。

水着の色との対比で、血色の良い肌の美しさが際立っています。満面の笑顔ではなく、やや真顔と言う感じの表情なのも、少しアンニュイな雰囲気をかもし出す効果を上げていて、とても魅力的な1枚です。

木南晴夏さんの水着グラビアの中では黄色いビキニが特に人気が高いようですが、この赤いビキニを推している人も少なくありません。

胸元セクシー水着グラビア画像③

木南晴夏さんの胸元セクシーな水着グラビア画像3枚目をご覧下さい。これまでにご紹介してきた水着グラビアは海辺や砂浜で撮られた画像ばかりでしたが、この水着グラビアは室内撮りです。

濃いオレンジ色の水着の上に白い上着を身につけ、ベッドの上でうつ伏せから上体を起こしている木南晴夏さん。これも胸元がとてもセクシーな1枚です。肌の露出は最も少ない画像なのですが、セクシーさではこれまでの水着グラビアと遜色がありません。

しかし、淫靡な感じには決してならないのは、木南晴夏さんの天真爛漫な笑顔がなせる業なのでしょう。こんな笑顔を向けられたら、たとえそれが画像でもつい微笑み返してしまう人が多いのではないでしょうか?

木南晴夏の下着グラビア画像は?

木南晴夏さんの水着グラビアの次は、ネット上で求めている人が多かった木南晴夏さんの下着グラビアを探してみました。水着グラビアはかなりの量が出回っているのですが、下着グラビアは需要が高いのにも関わらず、供給されている数は極めて少なかったです。

木南晴夏の下着画像はある?

木南晴夏さんがグラビアモデルとして活躍していたのは10代終わりから20代前半までだったのですが、その頃に撮影した下着グラビアは残念ながら発見する事が出来ませんでした。しかし、20代中盤頃に撮影したと思われる下着画像を見つける事が出来ました。

グリーンのシースルーのブラウスの下に黒い下着を身に着けている、とてもセクシーな下着画像です。ネット上でもかなり人気を集めている下着画像のようで、生写真の販売もありました。木南晴夏さんのスタイルの良さだけではなく、肌の白さと美しさが際立って見える素晴らしい画像です。

下着が見たくなる入浴シーンが話題に

木南晴夏さんの貴重な下着グラビアに続いて、下着が見たくなるような入浴シーンをご紹介します。こちらはグラビアではなく、ドラマの中の1シーンです。木南晴夏さんが2012年に初主演を務めた連続ドラマ『家族八景 Nanase,Telepathy Girl's Ballad』の中に、入浴シーンがあったのです。

筒井康隆さんの小説『家族八景』を原作にした、住み込みの家政婦として生活しているテレパシスト・火田七瀬をヒロインにしたドラマで、ドラマ化されるのはこれが3度目です。ドラマ化第1弾では多岐川裕美さんが、第2弾では堀ちえみさんが主役を務めました。

超能力を持ったヒロインという物語の題材も興味深いものなので、ニコニコ生放送でトーク番組が配信されたり、と、放映直後から注目を集めていました。そして木南晴夏さんのブレイク後に、この入浴シーンが再び話題を集める事になったのです。

木南晴夏さんバージョンの『家族八景』では、毎話木南晴夏さんの入浴シーンが放映されていました。木南晴夏さんは、監督の堤幸彦さんから「一話ずつ入浴剤の色を薄くする。最終回は透明」と予告されていたそうです。実際はどうなったのかはドラマ本編でご確認下さい。

下着姿が気になるベッドルーム画像は?

入浴シーンの次は、下着姿が気になるベッドルームの画像を探しました。結果、見つかったのがこの画像です。木南晴夏さんが2017年11月5日、自身のInstagramで公開したベッドの画像です。

パン好きで知られる木南晴夏さんは、子供の頃からパンに埋もれてみたいと思っていました。自分が埋もれるほどの大きいパンに包まれる、あるいは大量のパンに顔を埋める、というのが木南晴夏さんの夢だったのです。

その木南晴夏さんの夢であるパンのベッドを、11月3日に放映された日本テレビ系列のバラエティ『沸騰ワード10』で、サプライズプレゼントされたのでした。驚きの表情で両手を広げている木南晴夏さんに微笑を誘われます。

水着グラビア・下着グラビア・入浴シーンなどに較べるとセクシーさに欠けるグラビアではありますが、パンのベッドを前にした木南晴夏さんの少女のような表情を見て、温かな気持ちになれる素敵な画像です。

Thumb木南晴夏のパン好き具合がすごい!エピソードやおすすめのお店も紹介!
女優として活躍を見せている木南晴夏。出演する番組で度々パン好きである事を明かしている木南晴夏...

木南晴夏の水着や下着以外のグラビアは?

この章では、木南晴夏さんの水着姿や下着姿以外のグラビア画像をご紹介します。ここ数年以内に撮影された画像のほか、とても貴重なデビュー当時の木南晴夏さんの画像をご用意しました。

これまでにご紹介した画像とこの章でご紹介する画像を見れば、どの時期のどんな姿の木南晴夏さんも、観る人の目と心を惹きつけるという事がお分かりいただけるのではないでしょうか?

その他グラビア・浴衣編

木南晴夏さんのその他グラビア・浴衣編をご覧下さい。木南晴夏さんの浴衣画像が4枚投稿されています。違う浴衣を着た状態で撮影されていますが、同じ人とは思えないほど雰囲気が違って見えませんか?

3枚目と4枚目は、浴衣だけを変えて同じロケーションで撮影されていますが、いたずらっぽい表情は共通していても、雰囲気が違います。その場その場で違う風情を演出するところは、木南晴夏さんの女優としての底力を感じさせます。

少女のような無邪気な表情と大人の女性らしい落ち着いた表情、どちらの木南晴夏さんも見る人を惹きつける魅力にあふれています。

グラビア以外にタンクトップ姿も話題に

木南晴夏さんは、グラビア画像以外のショットでのタンクトップ姿も話題になりました。バラエティ番組の一幕と思われる1枚なのですが、ミリタリールックの木南晴夏さんが、挑戦的な眼差しを男性に向けながらジャケットを半脱ぎにしている場面です。

赤いタンクトップを身に着けているのですが、こちらもグラビア画像同様、木南晴夏さんのスタイルの良さがとてもよく分かる画像でした。見据えられている相手の男性はドキドキしたのではないでしょうか?

デビュー当時の木南晴夏画像も

続いてご紹介するのは、こちらもグラビア画像ではない、木南晴夏さんのデビュー当時に撮影された1枚です。あびる優さん・酒井若菜さんと3人でアイドルユニット『Licca』として活動を開始した頃の木南晴夏さんのようです。この時、木南晴夏さんは17歳でした。

今から丁度17年前です。あどけなさが残る少女の木南晴夏さんですが、その丁度2倍の年齢になった現在も、こんなあどけない表情を見せる事があります。この画像と現在の木南晴夏さんを見較べた人は、個人の魅力に年齢は全く関係ないのだ、という事を改めて認識させられるのではないでしょうか?

木南晴夏の胸のカップについて

木南晴夏さんは、出演したドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズでムラサキ役を演じた際に、ムロツヨシさん演じるメレブに胸の小ささについて指摘されるシーンがありました。しかし、木南晴夏さんの胸が平らではない事は、これまでご紹介したグラビアの数々が証明しました。この章では、木南晴夏さんの決して「平ら」ではない胸のカップについて考察します。

木南晴夏の胸のカップは非公表

木南晴夏さんの胸のカップについて調査したところ、木南晴夏さんの胸のカップは非公表である事が判明しました。残念な結果でしたが、スリーサイズは公表されていますので、後の方で木南晴夏さんのスリーサイズから胸のカップを推定してみます。

胸の推定カップは「D」カップが有力

木南晴夏さんの胸の推定カップは、木南晴夏さんのスリーサイズを知る人達の間では「D」カップが有力視されているようです。水着グラビアや体型が分かる衣装を身に着けている時の木南晴夏さんの胸元のボリューム感から「D」カップと推定している人もいます。

Dカップというのは、トップバストとアンダーバストの差が16.5cmから18.5cm違う場合のサイズです。Cカップ説もありますが、Cカップの場合はトップバストとアンダーバストの差が14.0cmから16.0cmです。

果たして、スリーサイズから割り出す木南晴夏さんの胸のカップはいくつになるのでしょうか?次の項で木南晴夏さんのスリーサイズを発表し、そこから割り出した木南晴夏さんの胸のカップをご紹介します。

木南晴夏のスリーサイズも調査

木南晴夏さんのスリーサイズを調査した結果、木南晴夏さんのスリーサイズは、バスト80cm・ウエスト57cm・ヒップ80cmという、申し分のない黄金バランスである事が明らかになりました。

バストとウエストの差は23cmありますので、それならEカップでもおかしくないのでは?という意見も一部にあるのですが、現在の日本人のアンダーバストとウエストの差の平均は役5cmなので、木南晴夏さんも平均値とすれば、アンダーバストの推定値は63cm前後となります。

トップバストが80cmですので、アンダーバストとの差は17cmという事になります。したがって、木南晴夏さんの胸のカップがDカップだというのは妥当な推定値と言えるでしょう。

木南晴夏のスタイルを徹底調査

これまでにご紹介したグラビア画像の数々で、木南晴夏さんのスタイルの良さを改めて認識させられました。木南晴夏さんの特技はダンスとクラシックバレエと日本舞踊なのですが、その特技によって鍛え上げられたスタイルは本当に見事です。

そんな木南晴夏さんのスタイルを徹底調査した結果をまとめました。身長・体重などを判明した範囲でご紹介していきます。

スタイル①身長

木南晴夏さんのスタイルの調査結果その1は「身長」です。手足が長く、バストとウエストとヒップのバランスも見事に均整の取れている木南晴夏さんの身長は、日本人女性の平均身長である158cmよりも高いように見えます。実際のところはどうなのでしょうか?次の項で木南晴夏さんの公表されている身長をご紹介します。

木南晴夏の公表身長は162㎝

調査の結果、木南晴夏さんの公表身長は162cmである事が分かりました。ずば抜けた高身長という訳ではないのですが、日本人成人女性の平均よりも4cm高いのなら、高身長と言っても差し支えありません。

ドラマや映画に出演している時、すらりと背が高い木南晴夏さんは、とても見栄えがします。頭が小さいのも、身長を実際よりも高く見せる効果をもたらしています。この高身長とスタイルの良さは、人の心を癒やす笑顔共々、木南晴夏さんの大きな財産と言えるでしょう。

スタイル②体重は非公表

木南晴夏さんのスタイルの調査結果その2は「体重」です。木南晴夏さんの体重については、残念ながら非公表でした。推定値を割り出した人達の間では「40kg台半ばなのではないか?」と言われています。

木南晴夏さんはバスト80cm・ウエスト57cm・ヒップ80cmという細身なので、40kg前半でもおかしくありません。しかし、木南晴夏さんはただの細身ではなく、バレエや日本舞踊などで鍛え上げられた体の持ち主です。

筋肉は脂肪よりも重いので、それを考慮すると40kg台後半でもおかしくはありません。木南晴夏さんは子供の頃からパンが大好きだったそうですが、パンというのは見た目と味から想像される以上の高カロリー食です。

糖質制限でダイエットする人が真っ先に削るのがパンだとも言われています。そんな高カロリー食であるパンを毎日のように食べているのにも関わらず、木南晴夏さんはあの体型を保てています。という事は、常人よりも効率よく運動する事で体型を維持しているのではないでしょうか?

スタイル③180度開脚ボディ

木南晴夏さんのスタイルの調査結果その3は「180度開脚ボディ」です。「180度開脚ボディ」については、木南晴夏さん自身が2018年6月15日に放映されたTBS系列のトーク番組「A-Studio」で明かしました。

木南晴夏さんが語ったのは、2001年に「第1回ホリプロNEW STAR AUDITION」でグランプリを獲得した時のエピソードです。この時、木南晴夏さんは特技を活かしたある動作をした結果、翌日の新聞にその行動が書き立てられたのだそうです。

それが「180度開脚」です。審査員に特技を尋ねられた時、木南晴夏さんはバレエをやっていたため体が柔らかい事を語った後に「180度開脚できます」と告げました。それに対して「出来る?」と聞かれ、「出来ます」と答えた上で180度開脚を披露したのでした。

180度開脚は審査員全員が「しなくていい」と制止したのですが、木南晴夏さんは構わずにやってのけたのです。その特技の素晴らしさと舞台度胸を買われてグランプリ受賞に至ったのではないでしょうか?

因みに、180度開脚は前ではなく縦での開脚だったそうです。デビュー前から特技によって新聞に載った木南晴夏さんは、大物の風格をオーディション審査員だけではなく、ニュースに触れた人達全員に見せつけたのでした。

木南晴夏の水着グラビアは胸元セクシー

木南晴夏さんが2000年代前半に撮影した数多くの水着グラビアは、20年経った現在も観る事が出来ます。その水着グラビアのほとんどが、木南晴夏さんの胸元をセクシーに演出している画像でした。

ここ数年の間に木南晴夏さんのファンになったという方は、この記事でご紹介している以外の木南晴夏さんの水着グラビアを、是非ご覧下さい。木南晴夏さんの明朗快活な笑顔と悩殺スタイルで、更に木南晴夏さんを好きになる事は間違いありません。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ