金田一秀穂の学歴や経歴!学者になる前はニート?結婚や息子なども調査

独特の風貌と柔らかな物腰が大人気となっている言語学者の金田一秀穂さん。日本語研究の権威として辞書の編集などに携わってきましたが、実は若い頃はニートだったそうです。それでは、金田一秀穂さんの学歴やこれまでの経歴、結婚や息子のことなど噂の真相に迫っていきます!

金田一秀穂の学歴や経歴!学者になる前はニート?結婚や息子なども調査のイメージ

目次

  1. 1金田一秀穂のプロフィール
  2. 2金田一秀穂の学歴
  3. 3金田一秀穂の大学院修了後の経歴
  4. 4金田一秀穂が学者になる前はニート?
  5. 5金田一秀穂の結婚や息子なども調査
  6. 6金田一秀穂はニート経験もある日本語学者

金田一秀穂のプロフィール

・愛称:???
・本名:金田一秀穂
・生年月日:1953年5月5日
・年齢:66歳(2019年9月現在)
・出身地:東京都杉並区
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:言語学者(日本語教育、言語行動、意味論)
・所属グループ:???
・事務所:???
・家族構成:妻、息子(金田一央紀)、娘(金田一ゆい)

金田一秀穂の経歴

東京都杉並区に生まれた金田一秀穂さん。国語学者として有名な父親である「金田一春彦」さんと、これまた言語学者として日本中に名をとどろかせた「金田一京助」さんを祖父に持ち、小さい頃から本が身近にあるという生活を送っていました。

小さい頃から本が身近にあった影響もあり本を読むことが好きだったのですが、当時は祖父や父親のように言語に携わる仕事には就こうと思っていなかったようです。しかし、大学を卒業して3年が経った頃に転機が訪れます。

ふとしたことから日本語に興味を持つようになり、東京外国語大学へと入学をして日本語を研究するようになりました。卒業後は日本語研究のために「中国大連外語学院」や「イェール大学」、さらには「コロンビア大学」へも赴任をします。

日本語研究の権威として海外への積極的な取り組みと辞書に代表される様々な著書により、金田一秀穂さんの名前は世間に広く知られることとなりました。さらには金田一秀穂さんの独特の風貌と柔らかな物腰も手伝ってテレビ番組からも出演依頼が来るようになります。

フジテレビで放送された「タモリのジャポニカロゴス」やテレビ朝日の「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」などに出演を果たすなど、今ではクイズ番組などでは欠かせないお茶の間の人気者となっています。

金田一秀穂の家族は辞書編集者

皆さんもテレビなどで一度くらいは金田一秀穂さんを見たことがあるのではないでしょうか?個性的な風貌もさることながら、柔らかな物腰と頭脳明晰な一面を見せる金田一秀穂さんのファンになったという人も多いはずです。

金田一秀穂さんは日本語研究の権威として有名ですが、実はそのご家族も「辞書」にまつわることで有名な人たちが揃っています。祖父の金田一京助さんや父親の金田一春彦さんをはじめ、兄の金田一真澄さんも辞書の編集に携わっていました。

国語辞典など多くの辞書編集者に父や祖父の名前が記載

日本語研究の権威として海外でも活躍を続けてきた金田一秀穂さん。近頃では重くて厚い辞書よりも軽くて持ち運びのしやすい電子辞書が主流になっていますが、皆さんも一度くらいは紙の辞書で金田一秀穂さんの名前を目にしたことがあるのではないでしょうか?

学生時代にお世話になった辞書の背表紙に金田一秀穂さんの名前が書かれていたはずです。もしくは祖父の金田一京助さんや父親の金田一春彦さんの名前だったという人もいるでしょう。それほどまでに金田一秀穂さんの家系は辞書編集に多大な功績を残してきました。

祖父は金田一京助

国語辞典などの辞書の編集に携わってきた金田一秀穂さんの家系。祖父の金田一京助さんも辞書の編集においては権威と言える存在でした。明治から昭和にかけて活躍された言語学者だったのですが、「石川啄木」と親友だったというから驚きです。

「明解国語辞典」という誰もが知る辞書を作り上げたことでも有名ですが、当時はまだ研究の進んでいなかった「アイヌの研究」に取り組んだことでも有名でした。

父は金田一春彦

祖父である金田一京助さんが辞書の編集者として第一人者だったことはお伝えしましたが、父親である金田一春彦さんも辞書の編集に関わっています。

父親である金田一春彦さんは国語学者として活躍し、主に日本語の方言やアクセントなどの研究に尽力をされたそうです。タモリさんが司会をされていた「笑っていいとも」にも出演し、一躍その名前が全国に知れ渡ることとなりました。

兄はロシア語学者の金田一真澄

祖父や父親が言語学者や国語学者として活躍しているだけでも驚かされるのですが、さらには兄である金田一真澄さんもロシア語学者として活躍をされているそうです。

慶応義塾大学の名誉教授としても有名な金田一真澄さんですが、NHKで放送されていた「ロシア語会話」にも携わっていました。金田一秀穂さんの一族の多くが言語にまつわる学者であることに驚かされたという人も多いのではないでしょうか?

金田一秀穂の学歴

これまで多くの学者を世に輩出してきた金田一秀穂さんの一族ですが、これだけの素晴らしい人たちを輩出している一族であれば、金田一秀穂さんの学歴についても気になってしまうのではないでしょうか?

もしかすると学者である祖父や父親の英才教育を受けて、学者の道を歩むように強制されていたのではないかと勘繰ってしまう人もいるはずです。ここでは、日本語研究の権威として名高い金田一秀穂さんの学歴についてみていきます。

学歴①出身中学は区立西宮中学校

数々の日本語の著書を手掛け、テレビでも柔和な表情を見せる金田一秀穂さん。中学は東京都杉並区にある「区立西宮中学校」に進まれたそうです。

小さい頃から英才教育を受けていたであろうと考えていた人にとっては、公立の中学校という学歴に拍子抜けした人もいるでしょう。しかし、子供の頃から本などの書物が身近にあった生活を考えると、きっとこの頃から成績が良かったのではないでしょうか?

学歴②出身高校は都立西高校

区立西宮中学校を卒業した金田一秀穂さんは、東京でも有数の進学校として知られる「都立西高校」へと進学をしました。「にしこう」の愛称で親しまれる都立西高校は、東京大学へ数多くの合格者を出していることでも有名です。

都立西高校へ進学したことを考えると、この頃の金田一秀穂さんの学力は周囲からも一目置かれるほどになっていたのではないでしょうか?

学歴③出身大学は上智大学文学部心理学科

小さい頃から本などが身近にあり、現在の日本語研究の素地ができ上っていたことは想像に難くないのですが、大学は日本語研究とはかかわりがないと思われる「上智大学文学部心理学科」へと進学をされました。

きっと小さい頃からの祖父や父親の英才教育の重圧から逃れるために心理学部へ進んだと思われるかもしれませんがそうではなかったようです。当時の金田一秀穂さんは、自由になりたかったそうです。祖父や父親からの重圧はなかったと話されていました。

学歴④その後は東京外国語大学大学院博士課程修了

上智大学文学部心理学科という日本語研究とはかかわりのない学歴を持っていた金田一秀穂さん。上智大学を卒業して数年が経った頃、東京外国語大学へと入学をします。

東京外国語大学では元々持っていた日本語に対する情熱が出てきたのでしょう。大学院へと進み、博士課程を修了するという素晴らしい学歴を収められました。

専攻は日本語学

上智大学に進学した頃までは日本語研究に興味のなかった金田一秀穂さんですが、あることがきっかけとなり日本語の研究に興味を持つようになります。それは韓国へと旅行したことがきっかけだったそうです。

韓国に旅行をしたことがきっかけで、海外に移住をしたいという気持ちが芽生えたために日本語に興味を持つようになりました。そして入学した東京外国語大学では日本語学を専攻したそうです。

金田一秀穂の大学院修了後の経歴

東京外国語大学で日本語学を専攻したという金田一秀穂さん。華々しい学歴がわかったところで次に気になるのはやはりその後の経歴ではないでしょうか?現在のような日本語研究の権威になるにはそれなりに苦労もあったはずです。

ここでは、東京外国語大学で日本語学を専攻した金田一秀穂さんの卒業後の経歴は一体どのようなものだったのかについてみていきます。

経歴①多くの大学等で日本語を教える

大学時代に日本語学を学んだ金田一秀穂さんは、卒業後は中国の「大連外国語学院」や南米の「コロンビア大学」などで日本語を教えたそうです。

この時の海外での日本語教育という経歴が、後の金田一秀穂さんの功績をたたえるのに欠かせないものとなっていることはお分かりいただけるでしょう。

東南アジア諸国の日本語教師への指導

東京外国語大学を卒業した後に、海外の大学で日本語を教えてきた金田一秀穂さん。華々しい経歴は中国やコロンビアなどの大学にはとどまらず、東南アジア諸国にまで及びます。

インドネシアやベトナム、ミャンマーなどでも日本語の教育に力を入れ、海外で日本語を教える教育者にとって金田一秀穂さんは偉大な人物となっているのではないでしょうか?

経歴②山梨県立図書館館長に就任

海外で日本語教師への指導などを行った金田一秀穂さんですが、2018年の4月1日から新たな経歴が加わることとなりました。それは「山梨県立図書館」の館長への就任でした。

山梨県という土地は元から父親が家を所有していたということもあり、小さい頃から行く機会も多く馴染みは深かったそうです。

経歴③日本語の専門家としてテレビなどに出演

山梨県立図書館の館長に就任するという輝かしい経歴を持っている金田一秀穂さん。近年はその活躍の場をテレビなどにも広げています。クイズ番組や日本語の専門家として出演しているのを見たことがあるという人もいるのではないでしょうか?

個性的な風貌と柔らかな物腰で瞬く間にお茶の間の人気者となり、様々な番組に引っ張りだこになっているそうです。

金田一秀穂が学者になる前はニート?

高校は超進学校で大学は誰もが知る名門大学という学歴を持ち、社会人になってからも日本語研究の権威として数々の輝かしい経歴を持っている金田一秀穂さんですが、実は「ニート」だった時代があることをご存知でしょうか?

今や押しも押されぬ人気言語学者である金田一秀穂さんが、ニートだったなんて信じることができないという人がほとんどのはずです。しかしまぎれもなくニートの時代がありました。ここでは、金田一秀穂さんのニートだった時代にスポットを当てていきます。

学者になる前はニート生活

今やテレビなどにも出演し、言語学者として輝かしい経歴を持つ金田一秀穂さん。ニートだったとはにわかに信じがたい話ですが、実は学者になる前の期間がニートの期間だったそうです。

上智大学に通っていた時の話で、卒業間近になっても全く就職活動などはせずに卒業後もブラブラしていたと話されていました。

大学卒業後にパチンコと読書に明け暮れるニートに

就職活動をせずにニートとなってしまった金田一秀穂さんですが、毎日昼過ぎに起きてパチンコに出かけ、本を買って帰るという生活を送っていました。しかも買ってきた本に熱中してしまい、寝るのは明け方だったそうです。

そんなパチンコと読書に明け暮れるというニートの生活は3年も続いたそうで、現在の金田一秀穂さんを知る人にとっては信じがたい話でしょう。

ニート卒業のきっかけは公園での清掃の老人との出来事

大学卒業後も就職をせずにパチンコと読書に明け暮れていた金田一秀穂さん。このまま堕落した人生を送るのかと思いきやしっかりと立ち直ります。それはニート時代に出会った公園を掃除する老人との出来事でした。

当時の金田一秀穂さんは時間を持て余すような生活をしていましたが、時間を無駄にせずに働く老人を見て一念発起したそうです。それによりもう一度学び直すことを決心し、東京外国語大学へと進学しました。

金田一秀穂の結婚や息子なども調査

パチンコや読書に明け暮れるニート生活に終止符を打ち言語学者として大活躍をしている金田一秀穂さんですが、その家族についても気になるという人は多いのではないでしょうか?

「結婚はしているのか?」、「DNAを受け継いでいる息子さんや娘さんはいるのか?」など気になることは多いはずです。ここでは、金田一秀穂さんの家族にスポットを当ててみていきます。

金田一秀穂は結婚しており息子と娘がいる

言語学者として研究に没頭するあまり、金田一秀穂さんは結婚をしていないと思っている人もいるのではないでしょうか?得てして結婚をせずに研究に没頭してしまう学者もいることからそう思ってしまう人もいるはずです。しかし、金田一秀穂さんは結婚をされています。

結婚をした時期などについてはわかっていませんが、しっかりと結婚をして子宝にも恵まれました。息子さんと娘さんが一人づついるそうで、社会人としてしっかりと自立をしているようです。

結婚した妻は非公表

近頃ではクイズ番組などに引っ張りだこになっていて、まるで芸能人のようなイメージになってしまっている金田一秀穂さん。テレビでよく見る金田一秀穂さんの結婚した妻についても気になってしまうものでしょう。

しかし、金田一秀穂さんの妻の情報については全く出てきていません。顔画像はもちろんのこと名前なども公表はされていないようで、金田一秀穂さんの妻については神秘のヴェールに包まれているというのが実情です。

息子は金田一央紀

結婚をした妻についての情報が全く表に出ていない金田一秀穂さんですが、息子さんについては情報がありました。息子さんは「金田一央紀」さんというそうです。

同志社大学を卒業後はイギリスに住んでいた時期もあるそうで、日本語はもちろんのこと語学が堪能だそうです。

息子(金田一央紀)は劇団主宰者で演出家

大学卒業後はイギリスに住んでいたこともあるという金田一央紀さん。語学が堪能ということで金田一秀穂さんの跡を継いで学者になっているのかと思いきや、そうではなく劇団を主宰するなど演出家の仕事に就いています。

娘(金田一ゆい)は和菓子職人の見習い

息子さんである金田一央紀さんは言語学者ではなく劇団を主宰していますが、娘さんは父親である金田一秀穂さんの跡を継いで言語学者になっているのか気になるという人も多いでしょう。

娘さんは「金田一ゆい」さんといい、娘さんも言語学者ではなく和菓子職人の見習いの仕事をしているそうです。

金田一秀穂はニート経験もある日本語学者

祖父や父親が言語学者という学者の一族に生まれた金田一秀穂さん。若い頃は自由を求めニートだった時代もあったそうですが、現在は日本語教育の権威として多くの人にその名を知られることとなっています。

近頃では様々なテレビ番組にも出演するようになり、柔らかな物腰と独特の風貌でお茶の間の人気者となっているようです。これからもますます活躍されることでしょう。言語学者である金田一秀穂さんの今後の活躍から目が離せません!

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
大橋類太郎
北海道の田舎に住んでいる大橋類太郎です。 ドライブが好きで暇さえあれば広い北海道を走り回っています。 コツ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ