【金嬉老事件】犯人逮捕までの経緯!ふじみや旅館やビートたけしとの関係も調査

静岡県のふじみや旅館で起きた金嬉老事件をご存知でしょうか?ふじみや旅館は寸又峡温泉にある旅館ですが、そこで金嬉老が人質を取って立てこもった事件です。テレビでの中継など、多くの注目を集めた金嬉老事件の犯人逮捕までの経緯やビートたけしとの関係について紹介します。

【金嬉老事件】犯人逮捕までの経緯!ふじみや旅館やビートたけしとの関係も調査のイメージ

目次

  1. 1【金嬉老事件】の概要
  2. 2金嬉老事件の犯人の生い立ち
  3. 3金嬉老事件の裁判判決と旅館のその後
  4. 4金嬉老事件関連のドラマや映画なども調査
  5. 5金嬉老事件は差別に対する考えも見つめ直させられる事件

【金嬉老事件】の概要

金嬉老事件は金嬉老という在日韓国人二世が起こした事件で、籠城中に警察に謝罪を求めるなど、史上初の劇場型犯罪とも言われました。この事件には在日韓国人に対する差別が深く関わっていますが、一部では「差別を利用しただけ」という意見もあるようです。金嬉老事件がどのような事件だったのか、その概要を見ていきましょう。

1968年に寸又峡温泉の旅館で起こった監禁籠城事件

金嬉老事件が起こったのは1968年のことでした。事件の舞台となったのは、静岡県の寸又峡温泉にある旅館です。寸又峡温泉は静岡県榛原郡川根本町にある温泉とのこと。あまりメジャーではなかった寸又峡温泉の名前を有名にしたのが、金嬉老事件と言われています。

寸又峡温泉は硫黄泉で源泉温度は43.7℃、美人の湯としても有名です。現在の寸又峡温泉には8軒の旅館・民宿が存在し、町営の露天風呂もあります。特にライダーに人気の温泉として知られ、休日には多くのツーリング客で賑わうそうです。

犯人の名は「金嬉老」

この事件が金嬉老事件と呼ばれるのは、事件の犯人が「金嬉老(きんきろう/キム・ヒロ)」という名前だったからです。金嬉老は後に改名しており、改名後の本名は「権禧老(クォン・ヒロ)」とのこと。金嬉老事件は寸又峡温泉事件と呼ばれることもあるようです。

金嬉老は在日韓国人二世

先ほども少し触れましたが、金嬉老はその名の通り、日本人ではなく在日韓国人です。正確には在日韓国人二世なのだそうです。金嬉老の生い立ちは複雑だったようで、少年時代から窃盗を重ねて相愛少年保護院に収監されたり、成人後も窃盗や横領罪で刑務所を出たり入ったりしていました。

金嬉老は在日韓国人であることが事件を起こした理由としていますが、彼の弁護人は「在日韓国人だからといって人殺しをする理由にならない」と諭したのだとか。しかし、金嬉老は「日本人には気持ちは分からない」と突っぱねたそうです。

金嬉老事件が起こった場所は「ふじみや旅館」

事件の現場となったのは、寸又峡温泉にある「ふじみや旅館」です。ふじみや旅館の名前は、金嬉老事件とともに有名になり、事件後は多くの人が訪れるようになったと言われています。ふじみや旅館では近年、事件から時間が経ったこともあり、旅館内に資料館を設置。当時の事件の資料を一般公開していたそうです。

寸又峡温泉にある「ふじみや旅館」とは

寸又峡温泉にある「ふじみや旅館」について、少し紹介しましょう。ふじみや旅館は、温泉の他にも四季折々の素材を使用した料理も名物だったそうです。特に夕食の評価が高いことで有名だったとのこと。ふじみや旅館は宿泊料金がリーズナブルだったこともあり、人気を集めていました。

金嬉老事件の経緯

金嬉老事件の経緯についても見ていきましょう。金嬉老事件はいったいどのような発端で起こったのでしょうか?そして、どのような結末を迎えたのでしょう?金嬉老事件の経緯について調べてみました。

金銭トラブルで暴力団2人との面会

金嬉老事件の発端となったのが、犯人の金嬉老のと暴力団の金銭トラブルでした。手形に不具合があったとのことで、金嬉老は暴力団から借金の返済を迫られていたそうです。金嬉老はこの時、借金の返済を約束し、静岡県清水市の歓楽街にあるクラブで暴力団の組員と面会します。

ライフル銃で暴力団2人を殺害し逃亡

借金返済のために暴力団組員たちと面会したはずの金嬉老は、借金の返済はしなかったそうです。そのため、暴力団組員たちと口論になってしまいます。金嬉老はいったんその場を離れ、戻ってきた時にはライフル銃を持っていました。

金嬉老は持ってきたライフル銃で暴力団組員2人を射殺します。この射殺された2人のうちの1人は、未成年の少年だったそうです。金嬉老は店の外に止めてあった車で逃亡しました。

立て篭もった場所が寸又峡温泉のふじみや旅館

事件後、警察はすぐに検問を行い、金嬉老の行方を追ったそうです。ただ、金嬉老は検問にも引っかかることなく、寸又峡温泉のふじみや旅館にたどり着き、旅館に押し入りました。その後の金嬉老は、自ら警察に居場所を通報したそうです。最初から金嬉老は、メディアなども巻き込んだ劇場型の監禁籠城事件を考えていたのかもしれません。

ふじみや旅館に客と従業員を人質に

ふじみや旅館に押し入った金嬉老は、経営者や宿泊客13人を人質にして立てこもりました。この時の金嬉老は、M1カービン用の30発弾倉を取り付けた豊和工業製のライフル銃「M300」とダイナマイトを所持していたそうです。

金嬉老自身の証言によると、旅館の人質たちに対し「危害は加えない」と最初に約束したのだとか。さらに、この籠城が「自分たち在日韓国人がどれほど苦労してきたかを世間に訴えるだけ」であることも伝えたのだそうです。

犯人は朝鮮人に対する警察の謝罪を要求

ふじみや旅館に立てこもった金嬉老は、警察に対して「朝鮮人に対する謝罪」を要求しました。そして、警察の「朝鮮人への謝罪」が、ふじみや旅館の人質解放の条件だということも訴えます。

金嬉老は警察の朝鮮人への謝罪以外の要求をほとんどせず、世間の目は警察の対応に集まりました。ふじみや旅館にはマスコミも訪れ、金嬉老は立てこもり中にインタビューに答えるなどもしています。

日韓ともに実況中継され注目が

金嬉老事件は、日本、韓国の双方のテレビで実況中継されるなど、大きな注目を集めました。テレビだけではなく、ラジオでの中継も行われていたようです。中には、スタジオからふじみや旅館に電話を入れる様子を生放送し、視聴率を稼いでいたワイドショーもあったのだとか。

また、窓辺でライフル銃を持っている金嬉老に対し「空に向けて撃って欲しい」とリクエストした一部メディアもあったそうです。金嬉老はこのリクエストに応え、数発を空に向けて乱射して見せます。この様子もテレビで生中継されました。

旅館立て篭もり5日目に人質釈放で金嬉老に同情?

人質がいることで警察が身動きを取れない間に、5日間、88時間が経過します。そして、金嬉老が人質解放の条件として提示した警察による「朝鮮人への謝罪」がテレビを通じて行われ、人質は解放されることになりました。

この人質解放の瞬間も、テレビやラジオなどのマスコミが殺到し、その瞬間をとらえようとしていたようです。実はこのマスコミの中に刑事が紛れており、金嬉老を取り押さえます。そして金嬉老は逮捕されましたが、この展開には同情の声も少なくなかったそうです。

金嬉老事件の犯人の生い立ち

金嬉老事件の犯人の生い立ちについても見ていきましょう。連日世間を騒がせた金嬉老事件の犯人・金嬉老はどのような生い立ちをたどってきたのでしょうか?金嬉老事件の犯人の生い立ちについて調べてみました。

生い立ち①静岡県清水市生まれ

金嬉老が生まれたのは静岡県静岡市で、両親はともに在日韓国人でした。金嬉老の父は土木作業員を束ねる仕事をしていましたが、彼が5歳の時に亡くなってしまいます。以後の金嬉老は、母のクズ拾いなどの収入で育てられました。金嬉老は幼少期から、朝鮮人であるというだけで石を投げられるような生活をしていたそうです。

生い立ち②貧困の幼少期から非行に走る

5歳で父を亡くし、母の収入も僅かで、金嬉老の幼少期はとても貧しい生活を強いられていたようです。そのため、金嬉老は子供の頃から非行に走り、窃盗などの罪で逮捕されることを繰り返していました。金嬉老の日本での生活は、大半を刑務所で過ごしたと言われています。

金嬉老の両親について

金嬉老の父は権命術(クオン・ミョンスリ)という名で、先ほども紹介したように彼が5歳の時に事故で亡くなってしまいます。金嬉老の母は朴得淑(パク・トウクスク)と言い、差別を受けることが分かっていながらも、韓国服を着てクズ拾いをして生計を立てていたそうです。

金嬉老事件の裁判判決と旅館のその後

金嬉老事件の裁判判決と旅館のその後についても見ていきましょう。逮捕された金嬉老の裁判判決はどうなったのでしょうか?また、金嬉老事件の舞台となったふじみや旅館はどうなったのでしょう?金嬉老事件の裁判判決と旅館のその後について調べてみました。

静岡刑務所に収容後の裁判

金嬉老事件の裁判は、金嬉老を静岡刑務所に収容してから行われたそうです。静岡刑務所には未決監独房という独房があり、ここで取り調べなどが行われたとのことでした。

金嬉老はこの刑務所の中で、女囚用の房に隔離されていたそうですが、これは暴力団員を殺害したということが原因のようです。金嬉老は殺人罪、逮捕監禁罪、爆発物取締罰則違反で起訴されました。

金嬉老に無期懲役の判決が下る

2人を殺害し、ふじみや旅館で人質を取って立てこもり、さらにライフルやダイナマイトまで持ち出した金嬉老に対し、裁判所は無期懲役という判決を下します。検察側は死刑を求刑していましたが、さまざまな事情を考慮し、無期懲役という判決になったようです。金嬉老は熊本刑務所、府中刑務所、千葉刑務所などで服役しました。

刑務所内では特別待遇?

裁判では金嬉老が刑務所で特別待遇を受けていたことも明かされていたようです。金嬉老の刑務所内の独房は施錠がされていなかったようで、散歩や面会も自由だったとのこと。さらに、包丁やヤスリ、ライターなども持ち込まれていたそうです。

実はこの包丁を差し入れたのが刑務官だったことが問題となり、この刑務官は後に服毒自殺しています。金嬉老がこのような特別待遇を受けたのは、自殺をほのめかすなどの言動が理由だったそうです。

その後は仮釈放が認められ韓国へ強制送還

各地の刑務所で服役を続けた金嬉老は、事件から31年後の1999年、仮釈放が認められます。この時、金嬉老は70歳になっていました。韓国に強制送還し、二度と日本に入国しないことなどを条件に仮釈放された金嬉老は、韓国釜山に帰国。このことにより、金嬉老は日本の特別永住者の立場を喪失しました。

韓国でも問題を起こし収監

日本での服役を終え、韓国に帰国した金嬉老ですが、その後に韓国でも問題を起こして収監されていたことが分かりました。金嬉老は愛人となった女性の夫の殺害を計画。殺人未遂と放火および監禁の罪により韓国の刑務所でも服役します。

金嬉老は、「日本人に朝鮮人への謝罪をさせた英雄」として韓国でもてはやされていましたが、この事件でその人気は地に落ちたと言います。晩年の金嬉老は母の墓参のために日本への入国を求めていたようですが、それはかなわず、2010年に前立腺がんで死去したそうです。

寸又峡温泉のふじみや旅館のその後は廃業

金嬉老事件の舞台となった寸又峡温泉のふじみや旅館のその後について調べてみました。ふじみや旅館は女将が高齢になったことや観光客の減少ということもあり、2012年1月に廃業したそうです。

金嬉老事件関連のドラマや映画なども調査

金嬉老事件関連のドラマや映画などについても見ていきましょう。話題となった事件はドラマ化や映画化されることが多いようですが、金嬉老事件はどうだったのでしょうか?金嬉老事件関連のドラマや映画について調査してみました。

ドラマ『金(キム)の戦争』が話題に

金嬉老事件は、「金(キム)の戦争」というタイトルでドラマ化されていたようです。このドラマは1991年にフジテレビ系列で放送されました。ドラマ「金(キム)の戦争」は「金曜ドラマシアター」の第1回放送作品としても知られています。

主演はビートたけし

ドラマ「金(キム)の戦争」で主人公の金嬉老を演じたのはビートたけしでした。ビートたけしはコメディアンや司会者、映画監督としても活躍していますが、俳優としても高い評価を得ています。ドラマ「金(キム)の戦争」以外の作品でも、ビートたけしは昭和の犯罪者を数多く演じているそうです。

金嬉老役をビートたけしが熱演

ドラマ「金(キム)の戦争」でのビートたけしの演技は、かなりの熱演だったと言われています。実はビートたけしが自身の役を演じていたことを知り、金嬉老は仮出所後、ビートたけしに手紙を送っていたのだとか。ビートたけしに宛てた手紙には「(自分を)演じてくれてありがとう」と書かれていたそうです。

その他にも豪華キャスト集結

ドラマ「金(キム)の戦争」には、ビートたけし以外にも豪華キャストが話題になっています。このドラマにはビートたけし以外に、樹木希林や丹波哲郎、森本レオ、村井国夫などが出演していました。

中日映画社による映画『恐怖の88時間』

金嬉老事件は映画化もされており、中日映画者制作の「恐怖の88時間」として1968年に公開されました。この映画はドキュメンタリー作品となっており、金嬉老事件が起こった翌月に公開されたようです。

金嬉老著書『われ生きたり』も出版

金嬉老は自身の著書「われ生きたり」も出版しています。この著書は、金嬉老が仮出所した1999年に新潮社から出版されたものです。本の内容は、金嬉老がこれまで歩んできた人生について、事細かに記されているとのこと。事件についても裁判などでは語られなかったことが紹介されているようです。

金嬉老事件は差別に対する考えも見つめ直させられる事件

1968年に起こった監禁籠城事件・金嬉老事件について紹介してきました。金嬉老事件は、金嬉老という在日韓国人が暴力団を殺害後、寸又峡温泉の旅館に人質をとって立てこもった事件のことでした。

金嬉老事件は「朝鮮人への謝罪」を警察に要求するということが人質解放の条件として提示され、差別に対するさまざまな問題が浮き彫りになった事件でもあります。こうした経緯もあり、現在も金嬉老は、韓国では英雄として紹介されることが多いようです。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ