【東京喰種】キジマ式の正体や最後は?能力や拷問内容なども考察

東京喰種に登場するキジマ式は、独特のキャラが注目を集めました。キジマ式の正体や最後は判明しているのでしょうか?また、キジマ式といえば拷問を思い浮かべる人も多いでしょう。キジマ式の拷問やとVの関係、使用していたクインケなどについても併せて紹介します。

【東京喰種】キジマ式の正体や最後は?能力や拷問内容なども考察のイメージ

目次

  1. 1【東京喰種】キジマ式とは
  2. 2東京喰種:reのキジマ式の正体は?
  3. 3東京喰種:reのキジマ式の最後について
  4. 4東京喰種:reのキジマ式のクインケなど能力を調査
  5. 5東京喰種:reのキジマ式の拷問内容とは
  6. 6東京喰種:reのキジマ式のアニメ声優も調査
  7. 7東京喰種のキジマ式の正体は残虐な拷問人間で最後は死亡

【東京喰種】キジマ式とは

キジマ式といえば、イケメンが数多く登場する東京喰種の物語の中では独特の存在感を放つキャラでした。中でも、キジマ式の拷問シーンには賛否両論があったと言われています。そんなキジマ式の最後はどうなったのでしょう?死亡してしまったのでしょうか?

この記事ではキジマ式の正体や「東京喰種:re」での死亡説、さらにはアニメでの声優についても調査。個性溢れるキャラでコアなファンから人気を集めていた東京喰種のキャラ・キジマ式について紹介します。

アニメや漫画などで人気「東京喰種」の概要

キジマ式の正体や死亡説について紹介する前に、まずは東京喰種の概要についてお伝えしましょう。東京喰種は石田スイさんのデビュー作となった漫画で、週刊ヤングジャンプに連載されていました。東京喰種は全世界で発行部数が3700万部と突破する人気作品です。

漫画・東京喰種は「東京喰種」、「東京喰種:re」の2作からなっており、これを原作としたアニメ・ゲームも人気を集めています。また、小説版・東京喰種は漫画の原作にも描かれなかったキャラの秘密なども明かされ、原作ファンたちからも人気です。

アニメ「東京喰種√A」や「東京喰種:re」も話題に

アニメ・東京喰種は、基本的には原作の漫画に添って描かれた作品ですが、2期となる「東京喰種√A」は原作者の石田スイさんがストーリー原案を担当し、アニメだけのオリジナル展開のストーリーとなっています。

このオリジナルストーリーに関しては賛否あるようですが、「東京喰種√A」が作成されたことで出番が増えたキャラもいたようです。アニメ・東京喰種は漫画版と同じで「東京喰種:re」で完結しています。

Thumb【東京喰種】登場人物一覧!相関図や強さなども紹介!東京喰種;reも!
高い人気を誇る東京喰種ですが、多くの魅力的なキャラクターが登場しているのも特徴です。そこで今...

東京喰種:reのキジマ式の正体は?

キジマ式は「東京喰種:re」から登場したキャラですが、その正体は判明しているのでしょうか?顔や身体全体がまるで人形のようだとも言われるキジマ式の正体は、どのような人物なのでしょう?キジマ式の正体について迫ってみました。

キジマ式のプロフィール

まずはキジマ式のプロフィールについて紹介しましょう。キジマ式の誕生日は12月16日と公表されており、星座は射手座になります。また、年齢についても43歳と公開されていました。

キジマ式の血液型はA型で身長は157cmで、男性にしては小柄なようです。体重は66kgということですので、やや小太りな体型と言えるでしょう。また、キジマ式の趣味は喰種の解体とクロスワードパズル、タップダンスとなっています。

キジマ式の正体①喰種の様な容姿の捜査官

キジマ式の正体について具体的に見ていきましょう。まずはキジマ式の職業です。見た目はまるで喰種のようにも見えますが、彼の正体はCCG(喰種対策局)の准特等捜査官で、なおかつキジマ班班長でもありました。

CCGの准特等捜査官というのは、喰種捜査官の6つある階級のうち、上から2番目の階級ということになるようです。准特等捜査官の上には「特等捜査官」がありますが、有馬貴将や和修政、鈴屋什造などがそれに当たります。

表情は無表情?

キジマ式の顔や身体はまるで人形のような形状になっています。そのため、キジマ式の表情をうかがうことはできません。しかもツギハギだらけで決してかっこ良いとは言えないでしょう。これは、キジマ式が過去に喰種と戦った時の負傷が原因なのだとか。

キジマ式は過去にジェイルという喰種と交戦しましたが、その際に右足と顔を奪われてしまったのだそうです。顔ができの悪い人形のようになっているのは、正体を隠すためなどではなく、顔を食べられてしまったことが原因ということになります。

キジマ式の特徴は顔と口

キジマ式の顔で特徴的なのは顔と口です。顔はツギハギが目立ちますが、これは喰種に食べられてしまった後の整形手術によるもので、人としてギリギリの外見を保つために縫い合わされた結果、このような顔になったのだそうです。

キジマ式の顔は口がかなり大きいのが特徴ですが、これは口を開けたときに、口の形の穴から外を見るためのだとか。そのためにキジマ式の口は、顔の半分を占めるほどに大きくなっているようです。

キジマ式の正体②CCG准特等捜査官としての姿

先ほども紹介しましたが、キジマ式はこのような外見ではありながら、その正体はCCGの准特等捜査官でもあります。准特等捜査官としてのキジマ式は、過去に喰種収容所(コクリア)で尋問官をしていたという経歴があるのだとか。

喰種に対しては拷問も辞さないキジマ式ですが、基本的に礼儀は正しく、それは喰種に対しても同じです。また、捜査官としての戦闘能力はかなりのもので、片足がないというハンデがありながらも、喰種を圧倒する強さを見せつけていました。

CCG准特等捜査官として月山家殲滅作戦に参戦

キジマ式はCCGの准特等捜査官として「東京喰種:re」の月山家殲滅作戦に参戦しています。この時にはロゼの手がかりを掴むため、月山家の使用人を拷問し、さらにその使用人の恋人も捕らえてロゼの正体が「月山財閥」であることをつきとめたのだそうです。

この時の拷問には賛否両論のうちの否のほうが多かったようですが、それでもキジマ式が大手柄をあげたことに変わりはありません。やり方にはさまざまな問題がありますが、キジマ式は優秀な捜査官であると言えるでしょう。

戦闘時や死体に対する印象的な身震い

キジマ式は死体を前にしたときや戦闘の前には身震いをすることが特徴です。この身震いについては読者たちも疑問に感じていたようですが、なぜキジマ式が特定の条件下で身震いするのかという理由については明かされませんでした。

読者たちの意見を見てみると「武者震い」ではないかというのが、もっとも多い意見だったようです。キジマ式は拷問が趣味だということですので、戦闘前や死体を前にすると興奮して武者震いするのかもしれません。

キジマ式にはギャップありな性格

キジマ式の正体を探っていくと、かなり常人とはかけ離れた部分はあるようですが、礼儀正しい一面もあるようです。キジマ式は同僚や一般市民だけではなく、喰種に対しても礼儀は正しいと言われています。喰種に対して拷問を行う時にも、その口調はあくまでも丁寧なのだそうです。

紳士的な人間性

キジマ式は見た目とは裏腹に紳士的であるところも魅力です。言葉使いは誰に対しても敬語を使い、戦闘中の慌ただしいときであっても、同僚たちへの配慮やお礼を忘れることはありません。ただ、キジマ式は同僚や部下たちからはあまり好かれていないという情報もあるようです。

ファッションに拘るキジマ式

キジマ式はツギハギだらけの顔と身体をしていますが、ファッションにはこだわりがあることでも知られています。キジマ式の出で立ちは独特で、スーツにコート、帽子というのが定番になっているようです。

ただ、この出で立ちではとても喰種捜査官には見えず、インパクトも強すぎるため、捜査に行っても不審者に間違えられるのではないかと読者たちも心配していました。

褒められたいキジマ式

キジマ式は「褒められたい」という正直な本音を漏らしていたことがあるようです。これは、拷問という卑劣な手段で情報を得たキジマ式に対して、別の捜査官が「そんなに褒められたいのか?」と問いかけたことに対する返答でした。

この時キジマ式は「自分のようなものだからなおさら賛辞がありがたい」ということを言っています。この発言を受けて読者たちは、キジマ式が実は自分の外見についてかなり気にしているのではないかという感想を持っていたようです。

東京喰種JAILにキジマ式が登場

実はキジマ式が初登場したのは漫画版の東京喰種ではありませんでした。もともとは「東京喰種JAIL」というゲームに登場するキャラだったのが、原作の漫画でも採用され「東京喰種:re」から登場することになったようです。

「東京喰種JAIL」というのは2015年にPSVITAで発売されたゲームで、キジマ式以外にもオリジナルキャラクターが登場していました。このゲームでキジマ式は正体不明のキャラとして登場していたようです。

キジマ式のVの芥子説の真相

キジマ式はその正体がよく分からないということもあり、実は「V」の芥子ではないかといった説があるようです。「V」の芥子も正体不明のキャラで、キジマ式のように表情が分かりづらいというところがあります。ただ「V」の芥子には再生能力があるとされていますので、普通の人間であるキジマ式とは別人という可能性が高そうです。

謎の組織「V」とは

キジマ式の正体ではないかと言われた芥子が所属する「V」という組織ですが、東京喰種に登場するさまざまな組織の中でも謎の多い組織とされています。「V」はかつて「あんていく」の店長であった芳村も所属していた組織で、目的も構成員も不明なのだとか。

芳村はさまざまな裏仕事をこの「V」で行っていたとされていますが、そうした仕事の裏には和修家が絡んでいたとも言われています。ただ「東京喰種:re」が最終回を迎えても「V」の全容がすべて明かされたわけではなかったようです。

芥子はVの構成員

キジマ式の正体ではないかと噂になった芥子は「V」の幹部として知られています。これまでに芥子は、構成員に対してさまざまな命令を行っているようです。たとえば「東京喰種:re」では、有馬貴将に対して鯱の抹殺を命じたことが判明しています。

さらに旧多二福は、芥子から頼まれてエトと佐々木琲世の監視を行っています。エトはこの「V」のことを「世界が自分たちの所有物と勘違いしている」と表現しています。

キジマ式はVの芥子とシルエットが似てると話題に

キジマ式の正体が「V」の芥子だと言われてしまうのは、そのシルエットが似ているためだと考えられます。芥子もキジマ式と同じように、表情がよく分からない顔をしています。ただ、よく見てみると、体型は芥子のほうがほっそりとしているようです。

また、身長もキジマ式がかなり低いのに対して、芥子はそれほど低いというわけではないようですので、おそらくキジマ式と芥子は別人であると考えられるでしょう。

Thumb【東京喰種】Vとは和修家?メンバーや目的は?CCGとの関係も
人気漫画「東京喰種」には様々な目的をもった集団や組織が登場します。東京喰種の中でも特に謎に包...

東京喰種:reのキジマ式の最後について

「東京喰種:re」の最後ではキジマ式はどうなったのでしょうか?最後にはキジマ式は死亡してしまったのでしょうか?「東京喰種:re」の最後でキジマ式が死亡したという情報について調べてみました。

キジマ式の最後は死亡

キジマ式の最後ですが、どうやら死亡しているようです。キジマ式が死亡したのは「東京喰種:re」の49話でのことでした。このキジマ式の死亡は読者たちにとっても予想外だったようで、「キジマ式がまさかの死亡」というような感想がSNSに投稿されていたようです。

キジマ式はそのキャラ的にも、最終回までしぶとく生き残っていそうな印象を持っていた人も多かったのでしょう。拷問などの影響で賛否両論あったキジマ式ですが、死亡後は惜しむ声もネット上には多く見られたようです。

クインケ「ロッテンフォロウ」を利用され死亡の最後

キジマ式が死亡した原因は、自身のクインケだったようです。キジマ式は2つのクインケを所持していましたが、そのうちの「ロッテンフォロウ」によって死亡しました。

死亡の原因となったクインケはキジマ式所持の物

キジマ式が所有していたクインケ「ロッテンフォロウ」は、チェーンソー型のクインケです。このチェーンソーを敵の喰種に利用されてしまい、キジマ式は頭から真っ二つにされてしまいました。

喰種であれば再生能力が高ければ助かる可能性もあります。しかし、キジマ式は人間ですので、おそらくそのまま死亡したものと考えられます。ネット上ではキジマ式が復活するのではという声もありましたが、最後まで復活することはありませんでした。

東京喰種:reのキジマ式のクインケなど能力を調査

「東京喰種:re」で独特のキャラとして注目を集めたキジマ式ですが、クインケはどのようなものを使用していたのでしょうか?キジマ式のクインケの能力はどういったものだったのでしょう?キジマ式のクインケについて紹介します。

キジマ式の能力は2種類のクインケ

先ほども紹介しましたが、キジマ式はクインケを2種類所持しており、それぞれ能力が異なります。クインケというのは喰種の赫子を用いて作られた対喰種対策の武器です。CCGの新人の喰種捜査官たちには初心者用のクインケが配布されますが、その後は自身が仕留めた喰種の赫子からクインケを作るということが行われています。

クインケ①テトロ(尾赫)の能力

キジマ式の所持しているクインケの1つ目は、テトロ(尾赫)です。このクインケの能力は、敵を捕獲するというものです。クインケのレートはA+で形状としてはネットガンになります。

通常のクインケは喰種を攻撃することがメインとなりますが、キジマ式のテトロ(尾赫)は攻撃にはあまり向かないようです。しかし、敵の喰種を確実に捕らえるためには役に立つクインケと言われています。

クインケ②ロッテンフォロウ(鱗赫)の能力

キジマ式が攻撃用のクインケとして用いていたのが、ロッテンフォロウ(鱗赫)です。ロッテンフォロウ(鱗赫)はSレートとなっており、かなり強力な攻撃が可能なクインケのようです。このクインケは形状がチェーンソーですので、喰種の肉体を切り刻むのに向いていると言えるでしょう。

ロッテンフォロウはリオの兄も関係

実はこのロッテンフォロウ(鱗赫)には「東京喰種JAIL」が関係しているようです。このクインケに使用された赫子は「東京喰種JAIL」の主人公・リオの兄のものなのだとか。リオと兄は「東京喰種JAIL」の中ではコクリアに収容されていました。

リオは脱獄に成功し、喫茶店「あんていく」で働き始めますが、そこでキジマ式に「兄は(リオの)想像よりも小さくなっている」というようなことを告げられます。そしてリオは兄がキジマ式のクインケにされていたことを知り、暴走してしまいました。

東京喰種:reのキジマ式の拷問内容とは

キジマ式といえば「拷問」を思い浮かべる人も多いかもしれません。キジマ式はどのような拷問を喰種に対してしていたのでしょうか?キジマ式の拷問の内容について調べてみました。

キジマ式には拷問専用の個室あり

キジマ式は喰種を拷問するときに使用する専用の部屋を持っていたようです。これは倉庫という形状の部屋のようですが、助けを求めることも難しいような閉鎖された空間ですので、拷問にはぴったりの部屋と言えるでしょう。

キジマ式は拷問によって相手の喰種から有用な情報を聞き出すこともありますが、それよりもむしろ、拷問が好きでやっているという印象のほうが強いと読者たちは感じていたようです。

拷問内容をネットで映像拡散も

キジマ式は「東京喰種:re」のロゼ編で、月山家の使用人を拷問した際、その様子をネットで拡散していました。キジマ式がこの拷問動画をネットで拡散した理由は、拷問した使用人が口を割らなかったためです。

そのためキジマ式は、拷問をしている動画を見ればその関係者が復讐にやって来るだろうと考えます。そして、キジマ式の狙い通りに使用人の恋人が現れ、その恋人から情報を聞き出すことに成功しました。

相手の体一部を削ぎ落すキジマ式の拷問

キジマ式の拷問はロッテンフォロウ(鱗赫)を使用するものですが、顔や身体を少しずつそぎ落とすというやり方をします。こうした拷問方法が噂となり、キジマ式は喰種たちから「削ぎ師」という名で呼ばれていたようです。

そして、敵が必要な情報を話せば、ロッテンフォロウ(鱗赫)を使用して首をはねてしまうこともあります。キジマ式がこうした残忍なやり方をするのは喰種に対してだけで、人間に対してはあくまでも紳士的なのだそうです。

残虐な拷問から東京喰種:reファンから批判の声も

こうしたキジマ式の卑劣とも言える拷問については「東京喰種:re」のファンからも「酷すぎる」、「外道」などと批判の声が出ていたようです。また「東京喰種:re」のファンたちからだけではなく、CCGの捜査官からも批判の声が上がっていました。

ただ「東京喰種:re」のファンたちの中には、キジマ式自身が喰種から顔を食べられるなどしてしまったこともあり、拷問好きになってしまったのではないかと同情する意見もあったようです。

東京喰種:reのキジマ式のアニメ声優も調査

「東京喰種:re」で異彩を放っていたキャラ・キジマ式ですが、アニメ版のボイス担当の声優は誰だったのでしょうか?アニメ「東京喰種:re」でキジマ式を演じていた声優について調べてみました。

アニメ「東京喰種:re」キジマ式の声優は飛田展男

アニメ「東京喰種:re」でキジマ式のボイスを担当していた声優は飛田展男さんです。キジマ式はその見た目から声が想像しにくいキャラでもあったようで、ボイス担当の声優が飛田展男と発表された時には意外だと感じた人も多かったのだとか。

ただ、実際にアニメでキジマ式の声を聞くと「思ったより普通でほっとした」などという意見が出ていたようです。キジマ式はかなりぶっ飛んだキャラではありましたが、普段は紳士という設定ですので、あえて個性の強すぎる声優は起用しなかったのかもしれません。

飛田展男の声優プロフィール

アニメ「東京喰種:re」でキジマ式のボイスを担当した声優・飛田展男さんのプロフィールについても見ていきましょう。飛田展男さんは1959年11月6日生まれで現在の年齢は59歳、茨城県水戸市出身です。

飛田展男さんは劇団NLT付属俳優教室の出身で、声優としてだけではなく舞台俳優としても活躍されています。飛田展男さんの現在の所属事務所は大手声優事務所の「アーツビジョン」です。

飛田展男さんのテレビアニメでの声優デビュー作品は、1985年に放送された「サイボットロボッチ」で、ボブ役を演じていたようです。飛田展男さんのテレビアニメの声優としての代表作としてあげられるのは「機動戦士Ζガンダム」の主人公・カミーユ・ビダン役でしょう。

飛田展男さんは「機動戦士Ζガンダム」の放送終了後も「機動戦士SDガンダム」などでカミーユ役を演じるなどしていますので、この役は当たり役だったと言えそうです。他にも飛田展男さんは声優として、洋画や海外ドラマの吹き替え、ゲーム、ドラマCDなど幅広く活動しています。

飛田展男の東京喰種:re以外の声優出演アニメ

飛田展男さんの「東京喰種:re」以外の出演アニメについても見ていきましょう。代表作としては先ほども紹介したように、「機動戦士Ζガンダム」のカミーユ役がありますが、他にも「機動武闘伝Gガンダム」でウルベ・イシカワを演じるなど、ガンダムシリーズの重要なキャラを複数演じているようです。

また、近年では人気アニメ「おそ松」さんのダヨーン役や「プラスティック・メモリーズ」の山野辺タカオ役、「ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル」のゲッテムハルト役などが代表作としてあげられるでしょう。

また、飛田展男さんはOVAにも多数出演しており「放課後のティンカー・ベル」の秋月ケンイチ役や「沈黙の艦隊」の速水健次役、「ロックマン11 運命の歯車!!」のトーマス・ライト博士役などが知られています。

東京喰種のキジマ式の正体は残虐な拷問人間で最後は死亡

「東京喰種:re」に登場するキャラ・キジマ式について紹介してきました。キジマ式はその独特のビジュアルが「キモカワイイ」と人気のキャラですが、実は拷問好きという一面もあったようです。

しかし、拷問好きである一方で、拷問する喰種に対しても言葉使いなどは紳士的であるなど、それなりの礼儀は心得ていました。キジマ式の最後は自身のクインケで死亡してしまいますが、その際には東京喰種のファンたちから惜しむ声が数多く上がっていたようです。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ