小林麻央の顎への癌転移は?症状や今後についてなども

フリーアナウンサーとして活躍していた小林麻央は癌で闘病中に癌が顎に転移しました。癌の顎への転移とその痛みなどの症状はどのようなものだったのでしょうか?小林麻央の癌の当時の症状や市川海老蔵の今後についてなども調査してみました。

小林麻央の顎への癌転移は?症状や今後についてなどものイメージ

目次

  1. 1小林麻央のプロフィール
  2. 2小林麻央の顎への癌転移は?
  3. 3小林麻央の癌闘病当時の症状について
  4. 4小林麻央と死別した市川海老蔵の今後も調査
  5. 5小林麻央の顎に癌転移後のブログを振り返り
  6. 6小林麻央は顎への癌転移を公表し闘病生活から天国へ

小林麻央のプロフィール

・愛称:真央ちゃん
・本名:堀越 真央 (ほりこし まお)
・生年月日:1982年7月21日
・年齢:享年34歳(2017年6月22日没)
・出身地:新潟県
・血液型:A型
・身長:164cm
・体重:非公開
・活動内容:フリーアナウンサー
・事務所:セント・フォース
・所属グループ:なし
・家族構成:配偶者 (市川 海老蔵) 姉 (小林 麻耶)

小林麻央の経歴

小林麻央は1982年7月21日に 新潟県小千谷市で生まれ東京都で育ちました。小林麻央の姉は元フリーアナウンサーの小林麻耶で、夫は市川海老蔵です。小林麻央は國學院高等学校を卒業後、上智大学文学部心理学科を卒業しました。

大学在学中にトーク番組『恋のから騒ぎ』に出演し注目されています。大学を卒業後、セント・フォースに所属し、『めざましどようび』のお天気キャスターを務めていました。2004年に『ジャンクSPORTS』の「ファンタスティックストーリー」を担当しています。2004年6月からのドラマ『ピンクヒップガール』でドラマに初出演しました。

その後、小林麻央はフジテレビ以外の番組にも進出し、2006年9月30日に『めざましどようび』のお天気キャスターを卒業しました。2006年10月2日からニュース番組『NEWS ZERO』のサブキャスターを務めています。

2007年4月12日からバラエティ番組『奇跡体験!アンビリバボー』の進行役に就任しました。2010年3月3日に市川海老蔵と結婚し、2011年7月25日に第一子である長女を出産しています。その後、2013年3月22日に第二子である長男を出産しました。乳がんのため、2017年6月22日に34歳の若さで自宅で死去しています。

Thumb小林麻央のガン発覚は医者のせいで遅れた?ガンの経緯などまとめ
ステージ4の乳がんで闘病の末2017年6月22日に天国へと旅立ってしまった小林麻央さん。小林...

小林麻央の顎への癌転移は?

小林麻央は顎にまで癌が転移したことを公表し話題になりました。小林麻央は乳癌が発覚し、闘病生活を送っていました。小林麻央の癌の転移について調査してみました。

2017年6月に癌で他界した小林麻央

小林麻央は2017年6月22日に34歳の若さで他界しています。小林麻央は市川海老蔵と結婚し、2人の子供を授かり幸せに暮らしていましたが、癌を患いました。2016年6月に乳癌を患っていることを公表し、その後は闘病生活を続けています。

乳癌と公表する1年半前から体調が悪かったのですが、早期発見することができず、癌は進行してしまいました。癌は様々なところに転移し、小林麻央は2017年6月に他界しています。

乳癌発覚からの闘病生活の日々

小林麻央は乳癌が発覚してから闘病生活の日々を送っていました。小林麻央は自身の闘病生活をブログに綴り、多くの人から注目を集めています。小林麻央は闘病中の様子を詳しくブログに綴りました。

痛くて辛いのに、いつも前向きに記事を書くように努めていました。身体は悲鳴をあげていますが、小林麻央の瞳は輝いていて、生きたいという思いが伝わってきます。

小林麻央が顎への癌転移を公表

小林麻央は2017年5月26日にアメンバー限定記事で顎に癌が転移していることを公表しました。顎の痛みが一番酷かったので、検査をしてもらった結果、癌が顎に転移していたことを綴っています。痛みが長引くと癌が転移したと思うようになってしまったそうです。

顎の前には肺や骨などへも癌転移?

乳癌になると、骨に転移しやすくなります。骨から肺、肝臓、脳の順番で転移することが多く、乳癌になると、顎の骨や皮に転移するのは珍しくありません。小林麻央も乳癌が顎の骨に転移したと思われます。顎に転移する前には肺や骨などに癌が転移していたのでしょう。

2016年9月20日のブログで肺や骨などに癌が転移していることを告白しています。さらりと転移していることを告白していることに姉の小林麻耶も驚いていました。

肝臓への癌転移の噂もあった?

小林麻央は肝臓に癌が転移したことは公表しておりませんが、肝臓にも癌が転移したという噂も聞かれました。肝臓に癌が転移するとすごく痩せます。肝機能が低下して、食事をとっても栄養にかえるのは難しくなります。そのため、肝臓は自身を溶かして栄養にかえるので、痩せていくということでした。

小林麻央の癌闘病当時の症状について

小林麻央の癌闘病当時の症状について調査してみました。小林麻央の乳癌の症状や痛みの症状などについてご紹介しましょう。また、小林麻央は顎に癌が転移したということですが、顎に癌が転移した場合、余命との関係性についても調べてみました。

乳癌の症状について

小林麻央の乳癌の症状についてご紹介しましょう。小林麻央は乳癌が発覚する1年半ほど前から体調不良でした。骨や肺、リンパに癌が転移し、激痛で食事も食べにくいと苦悩を露にしています。抗がん剤治療をして状態が良くなったり悪くなったりを繰り返していました。乳癌は癌細胞が血流にのり、溶骨性になっていきます。

骨を溶かしながら拡大していくようです。酸素吸入器をつけると鼻腔が乾燥します。抗がん剤により鼻毛が抜け落ちてしまうので、鼻腔内の湿度を保つことができません。鼻腔内の湿度が下がると細胞が弱くなり、傷つきやすく観戦しやすくなります。肝機能も低下し、免疫機能が低下し、細菌感染を繰り返します。

顎への癌転移後の痛みの症状とは

小林麻央は顎への癌転移後の痛みの症状についても綴っています。顎に癌が転移し、処置をしようがない部分にチャコール湿布を作りテープで止めている様子の写真が投稿され話題になりました。くぼんだ目が痛々しさを物語っています。

顎に転移すると、痛みで食べ物が食べづらくなり、経口での摂取が難しくなります。小林麻央は転移する前から食べ物を食べることができなくなっていました。顎に癌が転移し、顎を冷やしたり温めたりしても効果は得られません。痛み止めも顎の痛みには効きませんでした。

激痛をなんとかしたいと思い、チャコール湿布を試しています。チャコール湿布をすることで皮膚から酸素を供給できるようになり、癌で死んでしまった周辺細胞に酸素を届け、細胞の再生を助けるという効果が期待できます。

チャコール湿布は気休めかもしれませんが、顎の痛みをなんとかして、癌細胞が抑制されることを願いチャコール湿布を試しました。顎の痛みはのたうち回るほど耐え難い痛みで、骨の中なので痛みを抑えるのが難しい部分です。

顎への癌転移と余命の関係性

顎への癌転移と余命の関係性についてご紹介しましょう。末期の乳癌の生存率は11%とかなり低いです。人によって余命というのは違い、末期の状態でも10年以上生きる人もいます。小林麻央は当初、末期がんで夏までもたないといわれていたのですが、余命宣言から約1年後も完治に向けて頑張っていました。

小林麻央の余命に関して様々な噂が飛び交いました。ネット上では「余命が6月まで」「顎から脳に転移した」など、嘘の情報が飛び交っています。確証もなく、余命の噂が飛び交っていました。小林麻央の余命が半年説や3ヶ月説など様々な噂が聞かれましたが、デタラメだったと思われます。

小林麻央と死別した市川海老蔵の今後も調査

小林麻央と死別した市川海老蔵の今後についても調査してみました。小林麻央は乳癌を患い、34歳の若さでこの世を去りました。小林麻央の夫、市川海老蔵は現在子供たちと一緒に生活しています。市川海老蔵の今後についてご紹介しましょう。

夫の市川海老蔵とは

小林麻央の夫の市川海老蔵についてご紹介しましょう。市川海老蔵は1977年12月6日に東京都で生まれました。父は十代目市川海老蔵でのちの十二世市川團十郎です。1983年5月に歌舞伎座『源氏物語』の春宮で初お目見得されています。

2000年に歌舞伎座『源氏物語』で光君を務め、人気を博しました。2003年2月に元モデルの日置明子との間に子供がいることが判明し、認知して養育費を払っていることを公表しています。2004年5月に十一代目市川海老蔵を襲名しました。

2004年10月にパリのシャイヨ宮劇場でフランス公演を実施し話題になります。2007年3月にはパリのオペラ座で初の歌舞伎公演を父とともに実現しました。2010年3月3日に小林麻央と結婚しています。

2010年11月25日に飲食店で暴行を受け、頭部、顔面を負傷し暴行事件として話題になりました。2011年7月25日に第1子となる麗禾が誕生しました。2013年2月3日に父が死去し、市川宗家当主の家督を引き継ぐことになります。2013年3月22日に第2子となる長男・勸玄が誕生しました。

小林麻央の闘病生活を支え続けた市川海老蔵

市川海老蔵は小林麻央の闘病生活を支え続けてきました。市川海老蔵は小林麻央が乳癌になったことを記者会見で語りました。特製スープを作ったりと小林麻央の看病を続けています。市川海老蔵は「悲しんでもしょうがない。事実を受け止めていかに麻央を元気づけるか」とテレビの取材で語りました。

市川海老蔵は自宅で緩和ケアを決意しました。病院で看取られるよりも自宅で過ごしたいという小林麻央の希望に沿い、自宅療養に切り替えています。市川海老蔵は小林麻央をずっと支えてきたからこそ、小林麻央は頑張ってこれたのでしょう。

市川海老蔵の今後の子供達との生活は?

市川海老蔵の今後の子供達との生活についてご紹介しましょう。小林麻央が他界してからは市川海老蔵と子供2人の生活が始まりました。長女・麗禾(れいか)ちゃんと長男・勸玄くんと暮らしています。

小林麻央の顎に癌転移後のブログを振り返り

小林麻央の顎に癌転移後のブログを振り返ってみました。小林麻央は顎に癌が転移した後、ブログで様々なことを綴りました。当時の痛みや頑張っている心境について綴られています。小林麻央の顎に癌が転移した後のブログについてご紹介しましょう。

また、市川海老蔵は当時どのような思いだったのか、当時の心境についても調べてみました。ブログでは語られなかった小林麻央の最期についてもご紹介します。

顎の痛みをこらえての食事

小林麻央は顎に癌が転移後、顎が痛くて食事をすることができませんでした。しかし、顎の痛みに負けずに頑張って食事をすることをブログに綴っています。子供達の写真や動画をたくさん見ながら一生懸命食べたそうです。

三分粥を半分食べられただけでも「凄い」と看護師に言われ、拍手されました。人参りんごレモンジュースにほうれん草を混ぜて飲んだという報告もしています。「まだまだカロリーが足りないので、顎の痛みに負けずに食べないと」と語りました。

市川海老蔵もブログで、小林麻央と共に昼食を食べたことについて綴っています。「用意はするけれど、なかなか食べられないのが現実」と語りました。早くたくさん食べられるようになるといいなと日々祈り、一口でもと思いたくさん用意しているそうです。

市川海老蔵の当時の心境

市川海老蔵の当時の心境についてご紹介しましょう。市川海老蔵は「一進一退の日々で、本当に辛いときはひたすら吐露するときもある」と語りました。市川海老蔵は自ら作った特製スープを小林麻央に届けていたそうです。

「妻は日々闘っているので」と語り、「未来を見つめて私は頑張る」とコメントしています。また、小林麻央から「日々、心の強さを学ばされている」と目を赤くしながら語りました。

ブログでは語られなかった最期とは

小林麻央のブログで語られなかった最期とはどのような状況だったのかについてご紹介しましょう。小林麻央は入院して闘病していましたが、顎にまで癌が転移したと診断され退院しました。自宅で療養生活を送っています。

小林麻央はブログを始めた9月頃からだんだん病状が安定していました。小康状態を保ち、小林麻央のたっての希望であった自宅での緩和ケアをすることになります。バリアフリーを意識した間取りのマンションを選び、医療設備を搬入することができる大き目のベッドルームが特徴的でした。

廊下も広く車椅子も通れます。小林麻央の母親が泊まることができるゲストルームもありました。小林麻央は一時危篤状態になり、病院で看取られるよりも自宅で過ごすことを希望していました。夫の市川海老蔵も小林麻央の希望を叶えてあげたいという思いから退院に至ったそうです。

市川海老蔵は仕事で不在がちだったので、母親が自宅での身の回りの世話をしていました。小林麻央の食事の世話や2人の子供達の送り迎えまでしていたようです。酸素吸入器や緩和ケアの薬剤のコントルールまで医療関係者が不在の時には母親が任されていました。

小林麻央は顎への癌転移を公表し闘病生活から天国へ

小林麻央の顎への癌転移についてご紹介しました。小林麻央は顎への癌転移を公表し、闘病生活を送っていました。のたうち回るような激しい痛みに耐え、ブログで思いを綴り続けた小林麻央は闘病生活後に天国へと旅立っています。残された2人の子供と市川海老蔵を温かく見守っていきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
maki

新着一覧

最近公開されたまとめ