小林麻央の母もガンでそれが小林麻央に遺伝した?小林麻央の母まとめ

乳がんにより若くして亡くなった小林麻央さん。小林麻央さんの乳がんについては「小林麻央さんはガン家系で母親からの遺伝が関係しているのではないか?」という噂があるようです。小林麻央さんの母についての噂の真相・現在・画像・名前といった情報を調査していきます。

小林麻央の母もガンでそれが小林麻央に遺伝した?小林麻央の母まとめのイメージ

目次

  1. 1小林麻央のプロフィール
  2. 2小林麻央の母もガンを患っていた?
  3. 3小林麻央のガンは遺伝なのか
  4. 4小林麻央の母の現在は?
  5. 5小林麻央の母の名前や父はどんな人?
  6. 6小林麻央のガンは母の遺伝ではない

小林麻央のプロフィール

「小林麻央さんの乳がんに小林麻央さんの母親からの遺伝が関係している」という噂を調査していきます。小林麻央さんの母親の名前や、現在も存命なのか?などの情報も詳しく紹介します。まずは小林麻央さんのプロフィールを確認していきましょう。

・愛称:麻央ちゃん
・本名:堀越 麻央 (ほりこし まお、旧姓は小林)
・生年月日:1982年7月21日
・年齢:享年34歳
・出身地:新潟県
・血液型:A型
・身長:164cm
・体重:不明
・活動内容:フリーアナウンサー、タレント、女優
・事務所:セント・フォース(2017年まで)
・所属グループ:なし
・家族構成:夫 (市川 海老蔵) 子供2人(長女:麗禾ちゃん、長男:勸玄くん)姉 (小林 麻耶)
・出演作品:情報番組『NEWS ZERO』『めざましどようび』、ブログ『KOKORO. 』、テレビ番組『恋のから騒ぎ』『奇跡体験!アンビリバボー』、ドラマ『アンフェア』映画『東京フレンズ The Movie』など

小林麻央の経歴

小林麻央さんは1982年に新潟県で生まれました。姉には元TBSアナウンサーの小林麻耶(こばやしまや)さんを持ち、幼少期から仲の良い姉妹だったそうです。父親は転勤が多かったようで引っ越しを繰り返し、最終的には東京都荒川区で育ちました。

小林麻央さんは國學院大學の付属高校を卒業した後に、上智大学に進学。大学在学中に姉の小林麻耶さんが出演していたテレビ番組『恋のから騒ぎ』に出演し、芸能界デビューします。

すでに番組の人気メンバーだった小林麻耶さんと共に、小林麻央さんは美人姉妹として注目を集めます。「小林麻央さんもテレビ局の専属アナウンサーになるのでは?」という憶測が飛び交いました。しかし小林麻央さんはテレビ局に入局するのではなく、マルチタレントとして芸能活動をしていくことを選びます。

芸能活動のスタート時にはフジテレビの番組を中心に活躍。『めざましどようび』などの情報番組から映画やドラマまで、幅広い仕事に挑戦しました。

小林麻央さんに転機が訪れたのは2006年。日テレ系のニュース番組『NEWS ZERO』のサブキャスターに抜擢され、本格的にキャスター業を開始しました。

『NEWS ZERO』では歌舞伎についての取材をきっかけに、市川海老蔵さんと出会います。やがて交際に発展し、2010年には市川海老蔵さんと婚約・結婚。二児をもうけました。長女の名前は麗禾(れいか)ちゃん、長男の名前は勸玄(かんげん)くんです。

歌舞伎役者の妻として順風満帆な人生を送っていた小林麻央さんですが、長男を出産後に乳がんが判明。2016年に乳がんであることを告白し、公式ブログ『KOKORO.』で闘病生活やガンについて情報発信を始めます。

小林麻央さんは進行性の乳がんと闘いながらも明るくふるまい、ガン患者など多くの人々に勇気を与えました。

しかし治療の成果は実らず、2017年6月22日に自宅で死去。享年34歳という短い人生を終えました。

小林麻央さんの死を悼む声は今でもとどまることは無く、どうして小林麻央さんが乳がんになってしまったのかを知りたい方は多いようです。そういった状況の中で「小林麻央さんの母親からガンが遺伝したのでは?」という噂もささやかれています。

Thumb小林麻央のガン発覚は医者のせいで遅れた?ガンの経緯などまとめ
ステージ4の乳がんで闘病の末2017年6月22日に天国へと旅立ってしまった小林麻央さん。小林...

小林麻央の母もガンを患っていた?

あまりにも早い死去のため、ガンの病状について憶測が飛び交っている小林麻央さん。その中には「小林麻央さんの母親もガンを患っていた」という噂が存在します。

小林麻央さんの母親は本当にガンだったのでしょうか?小林麻央さんの母のガンが乳がんだったのかも含めて調査していきます。

小林麻央の母は57歳でガンを発症

「小林麻央さんの母親がガンだった」という噂は本当だったようです。小林麻央さんの母親は小林麻央さんが結婚したころにガンを患っており、闘病生活を送っていたそうです。小林麻央さんの母親は57歳でガンを発症しています。

母親がガンだった事は、小林麻央さんがブログで明かしています。小林麻央さんは「母親が闘病していたので、乳がん発症前にもガン治療について知識があった」と語っています。

ガンは現在日本人の死因第1位の病気で、60代頃から急激に発症率が高くなるそうです。小林麻央さんの母親は57歳での発症ですから、平均並みの時期にガンになったと言えます。

また、どんなガンにかかりやすいかは性別によってある程度の傾向があるようです。女性の場合は女性特有のガンである乳がん・子宮がんなどに加えて、大腸がん・胃がんの発症率が高いと言われています。

小林麻央の母は乳がんだった?

それでは小林麻央さんの母親はどんなガンだったのでしょうか?こちらについても小林麻央さんがブログで病名を公表しています。小林麻央さんによると、母親のガンは「乳がん」だったそうです。

乳がんは小林麻央さんが発症したガンと同じ種類のガンです。小林麻央さんが母親の乳がん経験を公表した時には、読者に驚きを持って受け止められました。

乳がんとは乳房の内部にある乳腺という部分に悪性腫瘍ができる病気です。病状が進行すると腫瘍が転移します。乳がんの症状には乳房のしこり・ただれや湿疹・血の混じった分泌物が出るといった症状があると言われています。

なお、乳がんの症状には個人差があります。気になる症状については自己判断せず、病院を受診しましょう。

小林麻央の母はがんで死去との噂?

乳がんだった小林麻央さんの母親ですが、「ガンで死去した」という噂も立っているようです。こちらの噂については本当なのでしょうか?

母親がガンで亡くなったという内容は、小林麻央さんは公表していません。小林麻央さんが公表したのは「母親が乳がんだった」という事実のみです。

小林麻央さんの母親は、姉の小林麻耶さんと共に小林麻央さんの闘病生活をサポートしていたと言われています。つまり、少なくとも小林麻央さんがブログで母親の乳がん経験を公表した時点では存命だったという事になります。

小林麻央さんは乳がんで亡くなりましたが、全ての乳がん患者が亡くなるわけではありません。乳がんは初期に発見すれば90%という高い確率で治ると言われています。

「小林麻央さんの母親が乳がんで死去」という噂は根拠のない噂であると考えられます。「ガンになったら必ず死んでしまう」という間違ったイメージから発生した噂なのかもしれません。小林麻央さんの母親が現在も存命なのかについては、後ほど詳しくまとめていきます。

小林麻央のガンは遺伝なのか

小林麻央さんの母親は、小林麻央さんと同じ乳がんを患っていたことが分かりました。やはり小林麻央さんのガンは遺伝だったのでしょうか?

乳がんが遺伝するのかどうか・小林麻央さんはどのように考えていたのか・遺伝の他に考えられている乳がんの原因について調査していきます。

乳がんは遺伝しやすい病気の模様

乳がんという病気は、遺伝する可能性のある病気のようです。乳がん患者の5~10%程度は、遺伝的に乳がんを発症しやすい体質だった可能性があると言われています。

残りの95~90%の患者は生活習慣などの原因で乳がんになっていますが、「乳がん患者の10人に1人が遺伝」と言われれば多いような気もします。

一般に遺伝性の乳がんを疑うのは、若年性の乳がん・多発性乳がん・男性乳がん・卵巣がんと乳がんの併発など珍しいタイプの乳がんを発症した患者だという事です。中でも若年性乳がんは34歳以下の乳がんの事で、小林麻央さんの乳がんに当てはまります。

しかし乳がんが遺伝なのかどうかは遺伝子検査をしてみなければ分からず、「身内が乳がんになったから遺伝している」というわけではありません。

小林麻央はガンの遺伝を否定

小林麻央さんも遺伝性の乳がんを疑っていたようで、遺伝子検査を行ったようです。検査の結果、小林麻央さんの乳がんは遺伝性のものではなかったと診断されました。この結果を基に、小林麻央さんは母親からガンが遺伝したという可能性を否定しています。

小林麻央さんはブログ記事の中で「乳がん発覚から母親はずっと責任を感じていた」と語っています。

小林麻央さんには長女や姉の小林麻耶さんなど、母親からの遺伝子を受け継ぐ女性の家族がいます。小林麻央さんが遺伝性の乳がんではないという事が分かり、家族の体質について安心できた部分もあったそうです。

「小林麻央さんのガンは母親からの遺伝」という噂は医学的に否定されています。間違いであると言い切って良いでしょう。

小林麻央のガンの原因はストレス?

遺伝が乳がんの原因ではなかったと診断された小林麻央さんですが、乳がんの原因はストレスだったのではないか?とも噂されています。

小林麻央さんは歌舞伎の名門の跡取りである、市川海老蔵さんと結婚しました。歌舞伎役者の妻は「梨園の妻」とも呼ばれ、特殊な世界のしきたりの中で生きる立場と知られています。多忙でストレスの多い生活が小林麻央さんのガンの原因になったのでは?と考える人もいるようです。

小林麻央さんが結婚をきっかけに、ストレスの多い生活を送るようになった可能性はあります。しかし、ストレスでガンになったかどうかは判定することができません。ストレスがガンの一要因である可能性はありますが、原因とまでは言い切れないでしょう。

小林麻央の母の現在は?

ここからは小林麻央さんの母親の現在の状況を調査していきます。小林麻央さんの母親は現在も存命なのか・現在は何をしているのかをまとめます。小林麻央さんの母親の現在の画像の有無についても調べていきます。

小林麻央の母は現在もご存命

小林麻央さんの母親は現在も存命のようです。小林麻央さんの闘病生活のサポートを小林麻耶さんと行い、葬儀にも小林麻央さんの母親は出席していたそうです。

小林麻央さんの母親は転勤族の妻であったことから、専業主婦の可能性が高いです。小林麻央さんの闘病生活や子供たちの世話等を引き受けていたのではないか?と予想されます。

母の乳がんは完治している模様

現在、小林麻央さんの母親の乳がんは完治している模様です。小林麻央さんは乳がんで亡くなりましたが、遺伝性ではなかったとブログに記されています。母親の乳がんの病状は小林麻央さんの乳がんとは違っていた可能性が高く、完治できたものと推測されます。

現在小林麻央さんの母親が何をしているのかについては詳しい情報がありません。小林麻央さんの子供を育てる市川海老蔵さんをサポートしているのではないか?と言われています。

小林麻央の母の現在の画像はあるのか

小林麻央さんの母親の画像は公開されていないようです。小林麻央さんの母親は一般人ですから、画像の流出は無くネット上に画像が公開されたこともありません。

小林麻央さんの公式ブログでも母親の画像が載った事は無いようです。「小林麻央さんのガンが遺伝」という噂は闘病中から飛び交っていました。小林麻央さんは母親の画像を掲載することで母親に迷惑が掛からないように、配慮していたのかもしれません。

ネット上では市川海老蔵さんの自宅に出入りしている中年の女性の画像について「小林麻央さん母親ではないか?」と言われていたこともあったようです。しかしこの画像についても確証はなく、家政婦さんの画像である可能性が高いとも言われています。

小林麻央の母の名前や父はどんな人?

ここからは小林麻央さんの母親の名前や、父親について調査していきます。小林麻央さんの母親の名前は公開されているのか?父親の名前や職業は何か、画像はあるのか?といった情報をまとめて紹介します。

母の名前は判明しているのか

小林麻央さんの母親の名前は判明していないようです。小林麻央さんの母親の名前は、画像と同じく非公開にされています。小林麻央さんの母親は一般人のため、名前も非公開にしているのでしょう。

小林麻央さんの名前にも、姉である小林麻耶さんの名前にも「麻」という字が使われています。小林姉妹の名前の「麻」の字は、母親の名前の字を受け継いでいるのかもしれませんね。

小林麻央の父の職業は建築士?

小林麻央さんの母親は乳がんの経験がある一般女性と分かりました。それでは小林麻央さんの父親はどんな人なのでしょうか?

小林麻央さんの経歴の見出しでも触れましたが、小林麻耶さんは幼少期には父親の仕事の関係で引っ越しを繰り返していました。父親は転勤の多い全国的な大企業に勤めていたと推測されます。

小林麻央さんの父親の職業については「銀行員だった」という噂と「清水建設の建築士だった」という噂があるようです。2通りの説がありますが、現在は「清水建設の建築士」説が有力視されています。その根拠は、小林麻央さんのブログにあります。

小林麻央さんのブログには「父は会社員だった」「父は建築士をしていた」という内容の記事があります。会社員で建築士という経歴から、清水建設の建築士だったのでは?と考えられています。

小林麻央の父の画像はあるのか

小林麻央さんの母親の画像は非公開でしたが、父親の画像はわずかながら公開されていたことがあるようです。こちらが小林麻央さんの父親の画像です。小林麻央さんの結婚式の時に小林麻耶さんが撮影した画像だと言われています。

遠くからウェディングドレス姿の小林麻央さんを見ている姿が画像に収められています。画像からははっきりと分かりませんが、鼻筋の通ったハンサムな顔立ちのように見えます。

小林麻央のガンは母の遺伝ではない

「小林麻央さんのガンが母親からの遺伝」という噂について調査しました。小林麻央さんは乳がんで、母親も同じ乳がんを発症した経験があると公表されています。乳がんは遺伝する可能性があるガンで、発症した人の5~10%は遺伝性の乳がんだと言われています。

しかし小林麻央さんは遺伝子検査の結果、遺伝性の乳がんではなかったと証明されています。小林麻央さんの乳がんは母親からの遺伝ではありません。

小林麻央さんの母親は現在も存命で、乳がんは完治しているようです。小林麻央さんの闘病生活のサポートも行い、現在は小林麻央さんの子供たちの世話をサポートしているのではないかと言われています。小林麻央さんの母親は一般人のため、画像や名前が公開されていません。

小林麻央さんの父親は「建築士で会社員だった」と小林麻央さん本人が明かしています。画像は結婚式の時に撮影されたものが公開されていました。

小林麻央さんが短い生涯を乳がんによって閉じた時に、姉の小林麻耶さんや娘の麗禾ちゃんの体を心配する人も多数現れました。しかし小林麻央さんの乳がんは遺伝的なものではなく、小林麻耶さんや麗禾ちゃんに遺伝しているわけではないようです。

小林麻央さんのご冥福をお祈りし、小林麻耶さんや市川海老蔵さん一家の今後の活躍を暖かく見守っていきましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
イシカワナツ
芸能関係のライター活動は初めてとなります。わかりやすく、読んでいて楽しい記事を心がけていきたいと考えています。

新着一覧

最近公開されたまとめ