小林聡美と三谷幸喜の結婚の馴れ初めから離婚理由までを調査!夫婦エピソードなども

女優の小林聡美さんと脚本家の三谷幸喜さんは元夫婦として知られていますが、2人の結婚の馴れ初めはどのようなものだったのでしょう?また、離婚の理由についても気になるところです。小林聡美さんと三谷幸喜さんの結婚の馴れ初めや離婚理由に迫ります。

小林聡美と三谷幸喜の結婚の馴れ初めから離婚理由までを調査!夫婦エピソードなどものイメージ

目次

  1. 1小林聡美のプロフィール
  2. 2小林聡美と三谷幸喜の結婚の馴れ初めをおさらい
  3. 3小林聡美と三谷幸喜の離婚とその理由は?
  4. 4小林聡美と三谷幸喜の夫婦エピソード
  5. 5小林聡美と三谷幸喜の離婚後の再婚は?
  6. 6小林聡美と三谷幸喜の結婚と離婚は猫が深く関係していた

小林聡美のプロフィール

・愛称:???
・本名:小林聡美(こばやしさとみ)
・生年月日:1965年5月24日
・年齢:55歳(2021年4月現在)
・出身地:東京都葛飾区
・血液型:AB型
・身長:156cm
・体重:???
・活動内容:女優、エッセイスト
・所属グループ:なし
・事務所:シャシャ・コーポレイション
・家族構成:元旦那(三谷幸喜)

小林聡美の経歴

三谷幸喜さんとの馴れ初めや離婚理由に迫る前に、まずは小林聡美さんのこれまでの経歴を見ていきましょう。小林聡美さんは1979年にドラマ「3年B組金八先生」で女優としてデビュー。1982年には大林宣彦さんが監督をつとめた映画「転校生」で主演をつとめ、日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しました。

小林聡美さんの名前が女優として広く知られるきっかけとなったのが、ドラマ「やっぱり猫が好き」でした。小林聡美さんはこのドラマで三女のきみえ役を演じていたとのこと。小林聡美さんが演じたきみえはサバサバとした性格で、酔っ払うと居酒屋の看板などを持って帰ってきてしまうという個性的なところがありました。

ドラマ「やっぱり猫が好き」が大ヒットしたことで個性派女優として認知されるようになった小林聡美さんは、2003年に放送されたドラマ「すいか」でテレビドラマ初主演を果たします。小林聡美さんが演じた早川基子は、物語の舞台となるハピネス三茶3号室の入居者で、代田谷信用金庫の職員という設定の役でした。

小林聡美さんの代表作の1つと言えるのが、2006年に公開された映画「かもめ食堂」です。この映画はスローライフをテーマにした作品で、その後も小林聡美さんはスローライフをテーマにした「めがね」や「マザーウォーター」などの作品に出演します。

2014年に公開された映画「紙の月」にも小林聡美さんは出演していました。この作品はサスペンス小説が原作となっています。小林聡美さんが演じた隅より子は原作にはないオリジナルキャラクターで、主演の宮沢りえさんが演じる梅澤梨花の先輩という役どころでした。小林聡美さんはこの作品で、多数の賞を受賞しています。

小林聡美さんは2021年1月に放送されたドラマ「ペンションメッツァ」や3月に公開された映画「騙し絵の牙」にも出演。現在も個性派の女優としてさまざまな作品で活躍しています。

Thumb小林聡美の近況は?元旦那の三谷幸喜との離婚理由や再婚は?出演作も!
女優の小林聡美さんの近況はどうなっているのでしょうか?元旦那は三谷幸喜さんですが、離婚理由は...

小林聡美と三谷幸喜の結婚の馴れ初めをおさらい

小林聡美さんと三谷幸喜さんの結婚の馴れ初めについておさらいしてみましょう。2人の結婚の馴れ初めはどのようなものだったのでしょうか?小林聡美さんと三谷幸喜さんの結婚の馴れ初めについて調べてみました。

三谷幸喜とは

小林聡美さんの元旦那である三谷幸喜さんのプロフィールも紹介しましょう。三谷幸喜さんは日本大学藝術学部在学中に劇団「東京サンシャインボーイズ」を結成。当時は脚本を担当するだけではなく、役者もつとめていたとのこと。また、三谷幸喜さんは劇団の活動と並行して放送作家としても活動していました。

三谷幸喜さんはテレビアニメ「サザエさん」の脚本を担当したこともあったようです。「タラちゃん成長期」という回では、タラちゃんが筋肉増強剤を使用してオリンピックを目指すという脚本を作成したことで知られています。実はこのことがプロデューサーを激怒させ、三谷幸喜さんは「サザエさん」を降板させられたそうです。

1989年にはドラマ「やっぱり猫が好き」に脚本家の1人として参加。このことがきっかけで、三谷幸喜さんはドラマの脚本も数多く手がけることになりました。三谷幸喜さんが手がけたドラマには「振り返れば奴がいる」、「古畑任三郎」、「王様のレストラン」、「総理と呼ばないで」などがあります。

また、三谷幸喜さんは大河ドラマでも脚本を担当しています。三谷幸喜さんが脚本を担当した大河ドラマは「新選組!」、「真田丸」です。また、2022年に放送開始予定の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の脚本も担当することが決定しています。

三谷幸喜との結婚をおさらい

小林聡美さんと三谷幸喜さんの結婚についておさらいしてみましょう。小林聡美さんと三谷幸喜さんが結婚したのはいつ頃のことだったのでしょうか?また、結婚の馴れ初めについても併せて紹介します。

結婚したのは1995年10月

小林聡美さんと三谷幸喜さんが結婚したのは1995年のことでした。当時の小林聡美さんは「やっぱり猫が好き」で人気女優の仲間入りを果たし、「金曜日の離婚したい妻たちへ」や「Missダイヤモンド」などのドラマにも出演していたようです。

また、三谷幸喜さんも「やっぱり猫が好き」の脚本を手がけたことで注目を集め、人気ドラマ「古畑任三郎」の脚本を担当するなどしていました。ですので、お互いに人気女優、人気脚本家である状態での結婚だったようです。

三谷幸喜との結婚の馴れ初めとは

小林聡美さんと三谷幸喜さんの馴れ初めについても見ていきましょう。小林聡美さんは女優、三谷幸喜さんは脚本家という仕事をしていましたが、2人はどのようなきっかけで交際をスタートさせることになったのでしょうか?

出会いの馴れ初めはドラマ『やっぱり猫が好き』

小林聡美さんと三谷幸喜さんの馴れ初めとなったのは、ドラマ「やっぱり猫が好き」だったようです。2人が具体的にどのように出会い、どのように交際に至ったのかは不明ですが、女優と脚本家として顔を合わせる機会があったのではないかと見られています。

結婚の馴れ初めに子供妊娠は関係?

芸能人が結婚する場合、そのきっかけとなるのが妊娠であることが多いようです。小林聡美さんと三谷幸喜さんの結婚の馴れ初めに妊娠は関係していたのでしょうか?調べてみたところ、小林聡美さんと三谷幸喜さんの結婚に妊娠は関係していないようでした。

小林聡美と三谷幸喜の離婚とその理由は?

小林聡美さんと三谷幸喜さんの離婚とその理由についても見ていきましょう。小林聡美さんと三谷幸喜さんが離婚したのはいつのことだったのでしょう?また、2人の離婚理由は何だったのでしょうか?小林聡美さんと三谷幸喜さんの離婚とその理由について調べてみました。

2011年5月に三谷幸喜と離婚

小林聡美さんと三谷幸喜さんが離婚したのは2011年のことだったようです。2人が結婚したのは1995年のことでしたので、結婚生活は16年で終わりを迎えたということになります。小林聡美さんと三谷幸喜さんの離婚理由はどのようなものだったのでしょうか?

離婚理由①愛猫の死説

小林聡美さんと三谷幸喜さんの離婚理由としては、愛猫の死があげられているようです。小林聡美さんは結婚するとき、2匹の猫を連れてきたそうです。ただ、その猫たちも年齢を重ね、寿命を迎えました。

小林聡美さんと三谷幸喜さんには子供がいませんでしたので、猫たちを子供のように可愛がっていたとのこと。2人が離婚したのは2匹目の愛猫の死の翌年でした。そのため、相次いで大切な猫を失ったことが、離婚のきっかけになったのではないかという説もあるようです。

離婚理由②女性トラブル説

小林聡美さんと三谷幸喜さんの離婚理由としては、三谷幸喜さんの浮気が原因という説もあるようです。小林聡美さんと結婚後、三谷幸喜さんはたびたび浮気をしていたという情報があるとのこと。中には、10年以上も不倫関係だった相手もいると言われていたようです。

離婚理由③性格や価値観の不一致説

小林聡美さんと三谷幸喜さんの離婚理由としては、価値観の不一致という説もあるようです。三谷幸喜さんは私生活ではかなり神経質な人だったと言われており、小林聡美さんの家族が家に入ることもできなかったのだとか。小林聡美さんは、自分の家族ぐらい自分の家に入れたいと考えていたのかもしれません。

小林聡美と三谷幸喜の夫婦エピソード

小林聡美さんと三谷幸喜さんの夫婦エピソードについても見ていきましょう。16年間の結婚生活を送ってきた2人ですが、どのような夫婦エピソードがあるのでしょうか?小林聡美さんと三谷幸喜さんの夫婦エピソードについて調べてみました。

夫婦エピソード①三谷幸喜の猫アレルギー

先ほども紹介しましたが、小林聡美さんは三谷幸喜さんと結婚する際、猫を2匹連れてきました。ただ、当時の三谷幸喜さんは猫アレルギーだったそうです。三谷幸喜さんは「猫アレルギーで結婚がなかったことになっては困る」とアレルギーを克服するために奮闘。

そのかいもあって、三谷幸喜さんは猫アレルギーを克服したのだそうです。最初は三谷幸喜さんには懐かなかった猫たちも、次第に三谷幸喜さんの傍で眠るほどに懐いてくれるようになりました。

夫婦エピソード②愛犬「とび」との散歩

三谷幸喜さんは離婚する際、小林聡美さんに対して「愛犬のとびが生きているうちは、できる限り傍にいてあげてほしい」という条件を出したのだそうです。そのため、三谷幸喜さんが仕事で家を留守にするときのとびの散歩は、離婚後も小林聡美さんが担当していました。

夫婦エピソード③離婚後のウンザリ発言って?

三谷幸喜さんは離婚後、愛犬とびの散歩の際には小林聡美さんが住むマンションの近くを通っていたのだそうです。ただ、三谷幸喜さんは、愛犬の散歩以外の時にも小林聡美さんが住むマンションの近くのコンビニに立ち寄り、時間を潰していたことがあったのだとか。

この三谷幸喜さんの行動に対して週刊誌では「小林聡美さんに偶然で会えることを期待しているのではないか」と推測していたようです。こうした元旦那の行動に対し、小林聡美さんは「もううんざり」とこぼしていたという情報がありました。

小林聡美と三谷幸喜の離婚後の再婚は?

小林聡美さんと三谷幸喜さんの離婚後の再婚についても見ていきましょう。小林聡美さんと三谷幸喜さんは、離婚後に再婚しているのでしょうか?小林聡美さんと三谷幸喜さんの離婚後の再婚について調べてみました。

小林聡美の現在の再婚や熱愛情報は?

まずは小林聡美さんの現在の再婚や熱愛情報について見ていきましょう。調べてみたところ、2021年4月現在、小林聡美さんは再婚されていないとのこと。ただ、小林聡美さんには離婚後、熱愛の噂はあったようです。

小林聡美の離婚後初の熱愛報道の真相

小林聡美さんに離婚後、初めて熱愛が報じられたのは2014年のことでした。週刊誌の記事によると、小林聡美さんは下北沢のカラオケ店で、メガネをかけた中年の小太りの男性と3時間ほど滞在していたのだとか。相手の男性の容姿は、どことなく前の旦那の三谷幸喜さんを彷彿させるものだったと言います。

小林聡美さんはカラオケがあまり得意ではないということを以前から公言していたため、2人で3時間も一緒にカラオケをするということは、「よほど心を許している関係なのではないか?」と週刊誌の記事では推測していたようです。ただ、この男性との熱愛の続報がないため、現在も交際が続いているのかどうかは分かっていません。

三谷幸喜は2013年にyumaと再婚

三谷幸喜さんは2013年に再婚されていたようです。お相手は一般女性と公表されたため、当時はあまり妻となった女性について報じられることがありませんでした。

ただ、週刊誌などの取材で、三谷幸喜さんの再婚相手の女性は元女優のyumaさんであることが判明したそうです。当時のyumaさんはすでに芸能界での活動をしていなかったため、一般女性と発表されたようでした。

yumaとは

三谷幸喜さんの再婚相手のyumaさんについて少し紹介しましょう。yumaさんは1980年10月4日生まれで現在の年齢は40歳、静岡県の出身です。yumaさんは作家の辻仁成さんが監督をつとめた映画「千年旅人」のヒロインオーディションでヒロインに選ばれ、女優としてデビュー。

2001年にも辻仁成さんの監督作品「ほとけ」にユマ役として出演しています。2008年に公開された映画「明日への遺言」には本名の中山佳織名義で出演していたようです。また、yumaさんは歌手としても活動しており、これまでに2枚のシングルと1枚のアルバムをリリースしているようでした。

yumaとの結婚の馴れ初めは?

三谷幸喜さんとyumaさんは、yumaさんが働いていた映画制作会社での出会いが馴れ初めとなって交際をスタートさせたようです。yumaさんが働いていた映画制作会社は、三谷幸喜さんの作品である「ステキな金縛り」などを制作していました。

三谷幸喜と再婚相手には子供も誕生

三谷幸喜さんと再婚相手のyumaさんの間には、結婚の翌年の2014年に子供が1人誕生しています。この子供の性別は男の子で、名前などは公表されていないようです。小林聡美さんとの間には子供がいなかったため、三谷幸喜さんは53歳で初めてパパになったということになります。

小林聡美と三谷幸喜の結婚と離婚は猫が深く関係していた

三谷幸喜さんと小林聡美さんの結婚と離婚について紹介してきました。三谷幸喜さんと小林聡美さんの馴れ初めは、ドラマ「やっぱり猫が好き」だったとのこと。2人は1995年に結婚し、おしどり夫婦と呼ばれました。

ただ、結婚から16年後の2011年に小林聡美さんと三谷幸喜さんは離婚。2人の離婚理由にはさまざまな説がありますが、もっとも有力視されているのが愛猫の死ではないかと言われています。離婚後、三谷幸喜さんは再婚。小林聡美さんは再婚していませんが、熱愛彼氏などに注目が集まっているようです。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ