【こっくりさん】やり方と原理とは!事件性も高く危険?本当か嘘か色々調査!

古くから占いとして行われている「こっくりさん」のやり方や原理について紹介します。こっくりさんは事件性が高いと考えられていますが、本当か嘘かどちらなのでしょうか?こっくりさんにまつわる噂や、アニメや漫画、映画作品についても調査しました。

【こっくりさん】やり方と原理とは!事件性も高く危険?本当か嘘か色々調査!のイメージ

目次

  1. 1【こっくりさん】とは
  2. 2【こっくりさん】やり方と注意点
  3. 3【こっくりさん】原理とは
  4. 4【こっくりさん】事件性が高いと言われる理由
  5. 5【こっくりさん】関連映画や漫画アニメも調査
  6. 6【こっくりさん】軽い気持ちで触れてはいけない占い

【こっくりさん】とは

子供の頃に「こっくりさん」を試した事がる人も多いかもしれません。そんなこっくりさんの正しいやり方や原理はどういったものなのでしょうか?また、こっくりさんにまつわる事件に注目しながら、本当か嘘か調査しました。

こっくりさんは西洋の占いの種類の1つ

こっくりさんの基になったものは西洋の占い「テーブル・ターニング」だと考えられています。机に乗せた手が勝手に動くことで占いを行うもので、こっくりさんとやり方は基本的に同じとなっているのです。

イタリアの芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが自著において、テーブル・ターニングについて言及しています。そういった背景からテーブル・ターニングは15世紀頃にはすでに存在したと推測されているとのこと。古くから霊能力がある人が居ると精度が上がると考えられていたようです。

こっくりさんの漢字は意外に知られていない?

実はこっくりさんは漢字で書かれていたこともあります。こっくりさんのやり方を知っている人は多くても、漢字について知らない人は多いかもしれません。

漢字で書くと「狐狗狸」さん

こっくりさんは漢字で書くと「狐狗狸」さんとなります。こっくりさんの元になったテーブル・ターニングではテーブルを、日本では「おひつ」を使って行われていました。おひつが「こっくり、こっくり」と傾く姿から「こっくりさん」と呼ばれるようになったと考えられています。

そして、こっくりという言葉に「狐」や「狗(いぬ)」、「狸」の文字を当てて、「狐狗狸」と漢字で書くようになったのだとか。また、漢字とは別にこっくりさんは「キューピットさん」や「コークリさん」、「お狐さん」という呼び方もあるそうです。

漢字からして動物と思われるも人間の霊?

こっくりさんは漢字から連想されるのは動物かもしれませんが、人間の霊が関係していると噂されています。こっくりさんは「狐の霊」を呼び出していると考えられていますが、実際に現れるのは「低級な動物霊」と言われています。

動物霊は「人間の霊が獣化したもの」と考えられているため、こっくりさんは漢字とは異なり、人間の霊を呼び出していると言えるかもしれません。

ちなみに、狐は「お稲荷さん」として日本で信仰される神様の一種です。神様の眷属と考えられているため、人間の遊びのために現れるとは考えられない、という意見もあります。

海外での名前はチャーリーチャレンジ?

こっくりさんの期限は西洋のテーブル・ターニングであることを紹介しましたが、現在の海外では「チャーリーチャレンジ」という呼び方になっているとのこと。チャーリーチャレンジとはどういったものなのでしょうか?

チャーリーチャレンジとは、紙に中央で交わる一本の水平線と垂直の線を描く占いです。対角となる2ヶ所に「Yes」と「No」を書いて、「チャーリーさん」を呼ぶというやり方になります。

日本のこっくりさんとの大きな違いは、チャーリーさんは「悪魔を呼ぶ儀式」が元になっているのだとか。そのため、チャーリーチャーリーチャレンジによって事件が起きたこともあるようで、未だに本当か嘘かの論争が起きる占い方法となっています。

世界中で巻き起こるこっくりさんにまつわる怪談

本当か嘘か気になるこっくりさんですが、世界中で様々な怪談話が存在しています。こっくりさんのやり方を守らないと良くないことが起きると言われており、事件になったこともあるとのこと。そのため、アニメや漫画、映画など様々な媒体の元ネタにされることがあります。

海外版こっくりさんのチャーリーチャレンジでは、悪魔を降霊するため、呪われたり、乗り移られたりすることがあるのだとか。日本でも集団ヒステリー事件が起きており、こっくりさんは遊び半分ではやってはいけないと考える人も多いとのことです。

日本には古くから「狐憑き」と呼ばれる心霊現象があります。昔の人は現代で精神病だと考えられている症状を、狐に取り憑かれたせいだと考えられていたのでしょう。そういった背景もあり、こっくりさんのやり方を間違えると狐憑きに合うという怪談も多く存在しています。

【こっくりさん】やり方と注意点

こっくりさんが本当か嘘かを知りたくて、実際にやってみたい人も居るでしょう。あくまで自己責任となりますが、こっくりさんのやり方を紹介します。アニメや漫画、映画やあのガキ使にも取り上げられたこっくりさんのやり方をチェックしましょう。

やり方①準備する道具

こっくりさんのやり方で準備する道具があります。道具は決して専門的なものや難しいものを必要とはしません。こっくりさんの道具は「白い紙(A4サイズ)」、「ペン」、「硬貨(10円玉が望ましい)」、「テーブルなどの台座」があればOKです。

やり方②道具を揃えたら下準備

道具が用意できたら、こっくりさんの下準備をしましょう。白い紙の上部真ん中に「鳥居」を書きましょう。鳥居の左右に「はい」と「いいえ」と書き、その下に五十音と数字を書いたら完成となります。

やり方③手順

こっくりさんの手順を解説します。こっくりさんはテーブルや机の上に、先ほど用意した紙を置いて、参加者全員で周りを囲みましょう。鳥居の上に硬貨を置いて、全員で人差し指をその上に乗せます。

参加者全員で「こっくりさん、こっくりさん、どうぞおいでください。もしおいでになられましたら『はい』へお進みください」と言いましょう。この言葉でこっくりさんを降霊させることになるので、怖いと感じた人は唱える前にやめることがおすすめです。

もし、こっくりさんを降霊させることに成功すると、全員の指が乗っている硬貨が勝手に動き始めて「はい」に移動します。うまくいかない場合は何度も先ほどの呪文を唱えましょう。こっくりさんが降霊したら気になる質問を問いかけると、五十音表の上を硬貨が移動し始めます。

質問ごとに「鳥居の位置までお戻りください」と唱える必要があります。鳥居のところまで硬貨が戻ったら、次の質問を開始しましょう。

そして、最も重要なのがこっくりさんを終えるときです。「こっくりさん、こっくりさん、どうぞお戻り下さい」と唱えて、「はい」に進んでから鳥居に戻ったら「こっくりさん、こっくりさん、ありがとうございました。お離れください。」とお礼を言って終わります。

こっくりさんを始める前に注意点も熟知

こっくりさんとは、ある種の「降霊術」です。降霊術とは、霊を降霊させることで力を借りたり、占いをしたりするものです。霊的な力がない人や悪ふざけで降霊術をやると、祟られると考えられています。

そのため、本当か嘘かを疑う気持ちがあっても、真剣に行うことが重要と言えます。そして、こっくりさんの最中は絶対に「硬貨から指を離してはダメ」と言うルールがあります。また、必ず鳥居に戻ってもらう必要があるので、何度もお願いすることも大切です。

こっくりさんはガキ使にも登場で話題に

こっくりさんは過去に何度かブームが起きており、漫画やアニメ、映画などの題材になっています。漢字で「狐狗狸」と書かれるこっくりさんですが、あの人気バラエティ番組「ガキ使」でも取り上げられていたのです。

ガキ使とは日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」のことです。近年は毎年大晦日にガキ使のスペシャル版が放送されています。2019年に放送された大晦日スペシャル版「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時」でこっくりさんが取り上げられたのです。

ガキ使に登場も心配の声が

こっくりさんで罰ゲームされる人を占うというものでしたが、ガキ使を見ていた人の中で心配する声もあったようです。ガキ使は老若男女に人気があり、大晦日で非常に視聴率が高い番組として知られています。

ガキ使の中でこっくりさんをやって真似する人が現れるのを心配したのかもしれません。また、ガキ使のメンバーはこっくりさんのルールを守れておらず、途中で硬貨から指を離してしまっています。

こっくりさんのサコッシュも販売される時代

こっくりさんはアニメや漫画、映画に取り上げられていますが、現在はサコッシュとして販売もされてしまっています。こっくりさんに使用される白い紙をモデルにしたデザインとなっており、10円玉風の缶バッジまでついています。

【こっくりさん】原理とは

こっくりさんの本当・嘘論争はありますが、科学的にはどういった見解があるのでしょうか?こっくりさんの原理とはどういうものなのか調査しました。オカルト的なものも科学的に解明されてしまうかもしれません。

こっくりさんは西洋の占いの種類の1つ「テーブル・ターニング」

冒頭で紹介したように、こっくりさんは西洋の占いである「テーブル・ターニング」が起源だと考えられています。その名前の通り、テーブルの上で行われる占いとなっています。

こっくりさんの原理①不覚筋動

こっくりさんの本当か嘘かを調べるために、様々な科学者が調査しました。その中で1853年にドイツの数学者カール・フリードリヒ・ガウスやイギリスの科学者マイケル・ファラデーの実験が注目されています。

1つは「不覚筋動」という現象です。硬貨の上に指を長時間置いていると、どうしてもわずかに指が動いてしまう出来事を意味します。同じ姿勢を取り続けることで疲労が蓄積し、複数人の力が集中することで硬貨が動くというわけです。

こっくりさんの原理②予期意向

もう1つの考えは「予期意向」というものになります。こっくりさんに参加している人たちの潜在意識が反映されて、無自覚に指を動かしてしまうという原理です。複数人でやるからこそ、その無意識に気づきにくいというのも、こっさんの出来事の原理に大きく関わっていると言えるかもしれません。

こっくりさんの物理現象は本当?嘘?

これらの原理を踏まえると、こっくりさんは心霊現象というのは嘘かもしれません。しかし、多くの人達が無意識に硬貨を動かしてしまうことから、本当にこっくりさんが降霊した、と考えてしまう可能性もあるでしょう。

こっくりさんのやり方にも繋がる要素ですが、質問する内容は「答えが出るもの」や「参加者が答えを知っているもの」が望ましいと言われています。例えば「○○さんは好きな人がいる?」という風に参加者の隠し事を質問するというパターンがあるのです。

逆に誰も答えが分からないもののときは硬貨が動かない、ということも多いのだとか。こういったことを踏まえるとこっくりさん自体は本当とも嘘とも言えない出来事なのかもしれません。

【こっくりさん】事件性が高いと言われる理由

ガキ使でこっくりさんが取り上げられた際に「危険だと思う」という意見がSNSで見られたようです。ガキ使のメンバーはこっくりさんのやり方を守っていなかったという意味もありますが、見ている人がマネをする危険性を指摘する人も多かったようです。こっくりさんの事件性について解説します。

事件性が高い理由①パニック

こっくりさんは1970年代に漫画化のつのだじろうが「うしろの百太郎」で取り上げたことで、子供たちの間でブームが起きました。しかし、学校で様々なパニック事件が報じられて、禁止するところも出てきたのです。

集団ヒステリー事件が多数発生しており、入院するような出来事になっています。過呼吸になったり、霊が呼んでいると言い出すものが出て、パニックの連鎖も起きていたのです。

事件性が高い理由②集団ヒステリーの可能性

集団ヒステリーは他人に影響を受けやすい人に起きやすいと考えられています。また、学校などの少年少女が多い現場で起きやすいのだとか。過去に学校で1人の生徒が体調不良を訴えて叫んだところ、まわりに居た子供たちに伝播して18名が緊急搬送されたというエピソードも存在します。

事件性が高い理由③自己暗示にかかりやすい

こっくりさんの原理では無意識の行動が関係していることもあり、自己暗示にかかりやすいシステムになっているのだとか。ひどい場合は「こっくりさんが本当に居る」とか「霊のせいでトラブルが起きた」と信じてしまう可能性があるということなのでしょう。

自己暗示の危険な点は、「自分が自己暗示にかかっていると気づかない」場合があることです。バラエティ番組などで催眠術をかけるというシーンがありますが、かけられている本人は催眠状態にあることが分からなくなっているのが感じられるでしょう。

こっくりさんのせいで自己暗示状態になると、それを解いてもらうまで通常とは異なった精神状態になる可能性があると言えるでしょう。そのことで精神状態が不安定になり、長期間の療養が必要になる場合もあるのだとか。こっくりさんを安易にしてはいけないのは、霊よりも自己暗示の危険性かもしれません。

【こっくりさん】関連映画や漫画アニメも調査

1970年代に日本で大ブームとなったこっくりさん。現在まで多くの漫画やアニメ、映画が制作されています。そんなこっくりさんを題材にした漫画やアニメ、映画などを紹介します。

映画『こっくりさん 本当にあった怖い話』

2007年に公開された映画『こっくりさん 本当にあった怖い話』は、福田陽平監督の作品です。出演者は大久保麻梨子や長崎莉奈となっています。

こっくりさんに取り憑かれた女子高生がクラスメイトを殺害してしまうというストーリーになっており、事件を負うレポーターと被害者の友人が真相を追う内容です。ホラー作品ですが、サスペンスホラーに近い作りとなっており、怖い映画が苦手な人にもおすすめ出来るでしょう。

韓国映画『コックリさん』

2004年に公開された韓国映画『コックリさん』は、日本とは違った雰囲気を楽しめるかもしれません。監督は『ボイス』や『友引忌』のアン・ビョンギ。いじめられっ子の転校生が行ったコックリさんが怨霊を呼び起こしてしまう、というストーリーになっています。

漫画/アニメ『繰繰れ!コックリさん』

打って変わって、かわいい漫画・アニメ作品の『繰繰れ!コックリさん』も注目です。2011年から2016年まで連載された遠藤ミドリの漫画で、後にアニメ化もされています。

主人公の市松こひながこっくりさんで呼び出した狐の物の怪と暮らすストーリーになっています。ややシュールなギャグ漫画ですが、登場するキャラクターは可愛い雰囲気で、怖いこっくりさんの噂とは対照的な漫画・アニメ作品と言えるでしょう。

映画『こっくりさん 劇場版』

2011年に公開された映画『こっくりさん 劇場版』は、こっくりさんに立ち向かうストーリーになっています。当時AKB48のチームB所属していた鈴木まりやが主演を演じています。

映画『こっくりさん 劇場版 新都市伝説』

2014年に公開された映画『こっくりさん 劇場版 新都市伝説』は、先ほどと同じく鈴木まりやが主演を演じた作品です。映画ではこっくりさんの別名である「エンジェル様」という恋占が祟りの原因になっています。

【こっくりさん】軽い気持ちで触れてはいけない占い

こっくりさんについて紹介しました。こっさんは漢字で「狐狗狸」と書き、古くから西洋で行われている「テーブル・ターニング」というものが起源になっていることが分かりました。

こっさんは霊の仕業という見方もあれば、人間の無意識が原理になっているという考え方もあるようです。こういった原理も重要ですが、こっくりさんには自己暗示や集団ヒステリーの危険性がある、という点は無視できません。こっさんに興味を持った人は、その危険性を忘れないことが大切と言えるでしょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
浅倉恭介
ギターと野球と料理が好き。犬が飼いたい! もともとは接客業界で働いてました その後は保育業界に。 ロ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ