久慈暁子アナの出身高校や大学などの学歴は?偏差値や学生時代のエピソードなど

フジテレビのアナウンサーとして活躍中の久慈暁子アナは、英語が堪能なことで有名です。そんな彼女の出身中学校や高校、大学といった学歴をまとめました。併せて、出身高校や大学の偏差値や久慈暁子アナの学生時代のエピソードも大調査。彼女の知られざる魅力に迫りましょう。

久慈暁子アナの出身高校や大学などの学歴は?偏差値や学生時代のエピソードなどのイメージ

目次

  1. 1久慈暁子(アナウンサー)のプロフィール
  2. 2久慈暁子の出身高校や大学などの学歴
  3. 3久慈暁子の出身高校や大学の偏差値
  4. 4久慈暁子の学生時代のエピソード
  5. 5久慈暁子は水沢高校と青山学院大学出身の才女アナウンサー

久慈暁子(アナウンサー)のプロフィール

・愛称:久慈ちゃん
・本名:久慈暁子(くじ あきこ)
・生年月日:1994年7月13日
・年齢:26歳(2020年11月現在)
・出身地:岩手県奥州市
・血液型:O型
・身長:166cm
・体重:非公開
・活動内容:アナウンサー
・所属グループ:フジテレビ
・事務所:なし
・家族構成:父・母・兄

久慈暁子のアナウンサーやモデルなど活動経歴

久慈暁子アナの出身高校や大学などの学歴、高校などの偏差値や学生時代のエピソードの前に、まずは彼女のアナウンサーやモデルとしての活動経歴からご紹介します。現在はフジテレビのアナウンサーとして活躍中の久慈暁子アナですが、高校を卒業後に上京し、大学1年生の時にスカウトされたことがきっかけで芸能界デビューを果たしています。

その後、女優やモデルとして活動し、アナウンサーになる前から有名な存在に。そして2017年4月、フジテレビに入社しています。現在の久慈暁子アナは『めざましテレビ』を中心に出演中です。

久慈暁子の実家や家族構成について

プロフィール欄でご紹介している通り、久慈暁子アナは岩手県奥州市の出身で、4人家族の末っ子として成長しました。久慈暁子アナの母親は、IBC岩手放送のアナウンサーとして活躍していた石川千鶴子さん(旧姓)です。

久慈暁子アナの母親は結婚を機にアナウンサーを辞め、英語教師に転身したそうです。久慈暁子アナの実家は、岩手県奥州市の水沢周辺だと噂されています。その理由には久慈暁子アナの出身中学校が深く関係していますが、詳しくは後述します。

久慈暁子の英語力にも注目が

久慈暁子アナは、英語が堪能なことでも有名です。英語力は学生時代から高く、高校2年生の時に「スピリット OF 平泉 高校生英語スピーチコンテスト」で優秀賞を受賞しています。久慈暁子アナの英語力は、アナウンサーを退職後に英語教師になった母親の影響が大きいのかもしれません。

Thumb久慈暁子アナの歴代熱愛彼氏一覧!現在の彼氏は?
大学在学中はファッションモデルとして活躍していた美人アナウンサー・久慈暁子さんの恋愛事情につ...

久慈暁子の出身高校や大学などの学歴

芸能界デビュー後、モデルを経てフジテレビのアナウンサーになった久慈暁子アナ。そんな彼女は、どんな中学校や高校に通っていたのでしょうか?まずは久慈暁子アナの出身中学校や高校、大学から見ていきましょう。

学歴:出身大学は「青山学院大学経済学部経済学科」

久慈暁子アナは、高校を卒業するまで地元・岩手県の奥州市で生活していました。高校を卒業後の2013年春に上京し、東京都渋谷区にある「青山学院大学経済学部経済学科」に入学。大学時代は、半年間だけチアリーディングのサークルに所属していたそうです。

学歴:出身高校は「水沢高校」

久慈暁子アナの出身高校である「水沢高校」は、岩手県奥州市にある公立の共学校です。1908年に創立された歴史のある高校で、進学校としても知られています。

久慈暁子アナは高校2年生の時に先述した「スピリット OF 平泉 高校生英語スピーチコンテスト」に出場していますので、当時から高校内でも有名な存在だったでしょう。久慈暁子アナの高校時代のスピーチ動画や、高校時代の顔画像はこの後ご紹介します。

学歴:出身中学校は「奥州市立東水沢中学校」

水沢高校に入学前の久慈暁子アナは、地元の人から「東中」と呼ばれている「奥州市立東水沢中学校」に通っていました。ネット上で「久慈暁子アナの実家は岩手県奥州市の水沢周辺なのでは?」と噂されているのは、出身中学校が「水沢佐倉河」という地にあるからです。

「奥州市立東水沢中学校」は公立なので、学区内の生徒が通っているでしょう。そのため、久慈暁子アナが同校に通っていたということは、必然的に実家のだいたいの住所が絞られるのです。

学歴:出身小学校は「奥州市立常盤小学校」

「奥州市立常盤小学校」は、奥州市水沢神明町にある公立校です。小学生時代の久慈暁子アナは、アイスホッケーや書道などの習い事をしていたそうです。

アイスホッケーは3年間続け、書道は日本習字8段を取得するまで続けています。アイスホッケーは全身を使うスポーツですので、久慈暁子アナは運動神経が優れているのでしょう。

久慈暁子の出身高校や大学の偏差値

英語がペラペラな久慈暁子アナは、他の教科も得意で偏差値が高いのか気になる人も多いはず。久慈暁子アナの出身中学校や高校、大学を押さえたところで、続いては高校をはじめとする出身校の偏差値をチェックしていきましょう。

出身高校「水沢高校」の偏差値

水沢高校を卒業している久慈暁子アナ。岩手県内の進学校として有名な水沢高校の偏差値は、「55前後」です。水沢高校は岩手大学や山形大学をはじめとする国立大学や、難関大学に進学する生徒を多く輩出している高校として知られています。

出身大学「青山学院大学」の偏差値

水沢高校の次は、青山学院大学の偏差値を見ていきましょう。同大学は「55~65」と、学部によって偏差値が異なります。2021年度の偏差値情報を見てみると、最も高いのは総合文化政策学部の総合文化政策学科で「65」です。一方、久慈暁子アナが卒業した経済学部経済学科の偏差値は「62.5」とされています。

出身校の偏差値から久慈暁子の才女レベルも検証

ここで、他の高校と久慈暁子アナの出身高校である水沢高校の偏差値を比較してみましょう。全国の高校の偏差値ランキングを見てみると、兵庫県の灘高校の偏差値が79と最も高くなっています。

先述したように、久慈暁子アナが卒業した水沢高校の偏差値は55前後です。灘高校と比較すると偏差値は劣りますが、全高校を相手に考えると、偏差値レベルは中の上と言えるでしょう。

次は、大学の偏差値の比較です。日本トップレベルの東京大学や京都大学の偏差値は70オーバーです。久慈暁子アナが卒業した大学の偏差値は62.5ですので、さすがにトップレベルの才女とまでは言えません。

しかし、中には偏差値が40台の大学も存在します。偏差値が62.5とされる青山学院大学経済学部経済学科のレベルは、やや難関という表現が適切かもしれません。また、久慈暁子アナは偏差値が高い上に英語力も優れていますので、才女レベルは高めと言えるでしょう。

久慈暁子の学生時代のエピソード

久慈暁子アナは、フジテレビのアナウンサーになるまでの人生で数々のエピソードを残しています。こちらでは、中学・高校・大学と分けて、久慈暁子アナの学生時代のエピソードをご紹介します。併せて、「高校時代と現在の顔が違う」という噂の真相にも迫りましょう。

中学生時代のエピソード【水泳での活躍】

久慈暁子アナは5歳の時に水泳の習い事を始めています。中学1年生の時には「第54回岩手県中学校総合体育大会」の平泳ぎ部門(100mと200m)に、中学3年生の時には「第56回岩手県中学校総合体育大会」の100m平泳ぎ部門に出場しています。

また県大会で4位という好成績も残すなど、水泳で大活躍。中学校を卒業するまでの約10年間、水泳の練習を続けました。

中学生時代のエピソード【英語暗唱大会】

幼い頃に英語を習い始めた久慈暁子アナは、中学校2年の時に「英語暗唱大会」に出場し、奨励賞を受賞しています。上の動画は久慈暁子アナが高校2年生の時に出場した「スピリット OF 平泉 高校生英語スピーチコンテスト」のものです。動画を確認すると、久慈暁子アナの高い英語力を実感できるでしょう。

高校生時代のエピソード【オーストラリアへ留学】

高い英語力を誇る久慈暁子アナは、高校時代にオーストラリアへ留学しホームステイを経験しています。生の英語と触れ合うことで、高校時代の久慈暁子アナの英語力がさらに向上したことは想像に難くありません。

大学生時代のエピソード【モデルや女優デビュー】

高校を卒業後に上京し、大学1年生の時に芸能界デビューを果たした久慈暁子アナ。2014年4月には、「2014年旭化成グループキャンペーンモデル」に選出され、系列会社である「ヘーベルROOMS」のCMに出演。すると、たちまち「CMの女の子が可愛い」と話題になりました。

同年8月には、「第45回non-noモデルオーディション」でグランプリを獲得し、同誌の専属モデルに。大学生時代の久慈暁子アナは、2014年11月号~2017年4月号の『non-no』に専属モデルとして登場していました。

その他にも、2014年に放送されたドラマ『近キョリ恋愛〜Season Zero〜』や、2015年の『THE LAST COP/ラストコップ』、2016年の『恋子focus~ある転校生の物語~』に出演し、女優としても活動。2017年4月にフジテレビにアナウンサーとして入社してからは、モデルや女優の仕事はしていません。

番外編:高校生時代の顔が違う?

久慈暁子アナの高校時代のスピーチ動画を見た人の中には、「高校時代と現在の顔と違う」と感じる人も居るようです。実際に高校時代の動画や画像を見ると分かりますが、スピーチ中の久慈暁子アナはすっぴんです。

高校を卒業後、モデルや女優として活躍するなかで、久慈暁子アナのメイクの腕前は確実に上達したでしょう。高校時代と現在の顔立ちが異なるように感じられるのは、メイクの有無だと考えられます。

久慈暁子は水沢高校と青山学院大学出身の才女アナウンサー

今回は、フジテレビのアナウンサーとして活躍中の久慈暁子アナにスポットを当て、彼女の出身中学校や高校、大学といった出身校や偏差値、高校をはじめとする学生時代のエピソードを一挙ご紹介しました。

幼い頃から英語や水泳、書道など数々の習い事をしていた久慈暁子アナは、運動神経抜群な才女であり、難易度が高めの高校と大学を卒業しています。英語が堪能な彼女の、さらなる活躍に期待しましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ