くろくろの現在!発狂で引退?母親は?死亡説や復活説などの噂まとめ

くろくろはニコニコで配信していた有名配信者です。数々の問題行動を繰り返し、現在は引退状態にあるくろくろですが、一部では死亡説や復活説などが流れているようです。この記事では母親との口論での発狂や引退の理由など、くろくろについての情報を取り上げてまとめています。

くろくろの現在!発狂で引退?母親は?死亡説や復活説などの噂まとめのイメージ

目次

  1. 1くろくろとは
  2. 2くろくろの人物像
  3. 3くろくろがした乞食行為とは?
  4. 4くろくろの配信動画一覧
  5. 5くろくろの死亡説と現在
  6. 6くろくろは家族にも迷惑をかける評判の悪いニコ生主

くろくろとは

くろくろは、動画配信サイト「ニコニコ動画」の生放送サービス、通称"ニコ生"の有名配信者です。くろくろは主にゲーム実況や雑談配信をメインに活動していました。現在は引退していますが、配信していた当時はほぼ毎日話題に挙がるほどの人物だったようです。

くろくろは人気配信者というよりは、炎上するような迷惑行為などでよく知られていました。生放送の配信中に発狂して物を壊したり、外出して配信した際には乞食行為をして警察のお世話になるなど、たびたび異常な行動を起こしていたよつです。

くろくろの経歴

くろくろは2013年ごろにニコニコ生放送を開始し、主にゲームをプレイしながら雑談をする「ゲーム実況」のスタイルでリスナーを獲得していきました。普段から素行の悪さが目立ち、母親とも言い争いになる場面が放送されたこともあったようです。

2019年現在、くろくろは引退しており復活の情報はありません。復活どころか、一部ではくろくろの死亡説も流れているようです。それではニコニコ生放送の有名配信者であるくろくろの経歴について、さらに詳しく見ていきましょう。

「ニコ生主」としてゲーム実況をしていた

現在ではインターネットの動画配信サービスでは「YouTube」が非常に有名ですが、2013年当時はニコニコ生放送の配信者も人気がありました。くろくろは「スマブラ」などのゲームをプレイするゲーム実況者として有名になっていきました。

しかし、くろくろはスマブラなどの特定のゲームで実力があって有名になったわけではないようです。くろくろはゲーム実況を配信しながら、誰かの誹謗中傷など非常な過激な発言を繰り返し、炎上することで話題となる売名行為を日常的に行っていたようです。

ニコニコ動画でも評判が悪くて有名

くろくろは平気で他人の名前を出して悪口を言ったり、他人の放送を荒らすように仕向ける荒らし誘導も行っていたため、ニコニコ動画内でも悪い意味で非常に有名でした。

動画配信サービスは比較的自由な空間です。しかし、くろくろのマナーやルールを軽視するような発言や行動を見て、多くのニコニコの配信者たちはくろくろとだけは関わりたくないと思っていたようです。

くろくろの人物像

生放送中に暴言を吐くなどの問題行動が度々見られていたくろくろですが、彼の配信中の姿は話題になるためのキャラクターだったのではないか、という噂もあります。ここからは、くろくろの人物像について迫っていきます。

くろくろの性格は?

ニコニコ生放送やYouTubeで配信している人間の中には、放送中には過激な発言をしながらも実は配信外では優しい人もいます。くろくろの本当の性格はどうなのか、キャラクターを演じていたのかについて調べてみました。

性格①自己中心的な性格

残念ながら、くろくろの性格は配信中の性格そのままであると考えられています。ゲーム実況をしている時でも、何か悪い事が起きても全て他人のせいにする非常に自己中心的な言動がありました。

それは配信外でも変わらず、母親をはじめ家族に対してもとても粗暴に振る舞っていたことが動画にも残っており、明らかになっています。くろくろがキャラクターを演じていた可能性は限りなくゼロに近いと思われています。

性格②すぐに発狂する

くろくろの特徴として、すぐに発狂することが挙げられます。甲高い声をあげながら暴れまわり、周囲の物を壊すようなこともありました。自分の母親に対してもその態度は変わらず、たびたび衝突しては発狂しています。

くろくろが怒り狂って発狂する様子は様々な動画で残されており、確認することができます。見る人にとっては恐怖を感じるような発狂の仕方であり、くろくろの性格の異常性を表しているようなものです。

性格③虚言癖があった

くろくろが自己中心的で、実の母親に対しても発狂するような人物であることについて見てきました。加えてくろくろには虚言癖があり、主に自分の経歴や学歴、職業や収入などを詐称する場面が度々ありました。

くろくろがつく噓はマトモな人間が聞けばすぐに噓だと分かってしまうような内容でした。嘘がバレるとくろくろは発狂して誤魔化すといった具合に、負のスパイラルに陥る場面も少なくなかったようです。

顔出し配信の異常さに驚くリスナー達

くろくろは基本的にゲーム実況という配信スタイルを取っていたため、最初の頃は顔出しを行っていませんでした。くろくろは自分のことを「水嶋ヒロに似ているイケメン」と語っており、リスナー達の中には楽しみにしている人もいたようです。

くろくろはその後に顔出し配信を解禁するのですが、水嶋ヒロには似つかない顔立ちをしていました。顔出しした状態で発狂することで、より強まったくろくろの異常さにリスナーは驚いたようです。

くろくろがした乞食行為とは?

現在は引退しており、死亡説も流れているくろくろですが、非常に性格に難のある人物で、自身の母親に対しても発狂するような性格をしていたことを取り上げました。

くろくろの異常性はこれだけに留まらず、場合によっては犯罪にあたる「乞食行為」にも手を染めます。くろくろの「乞食行為」について、その詳細をまとめました。

高松駅構内で乞食行為中職務質問を受ける

ニコニコ生放送内で問題児として扱われていたくろくろですが、ついに現実の世界でも問題を起こしてしまいました。くろくろは2015年1月6日、香川県にあるJR高松駅で外配信を行いました。

もちろんJRには配信の許可も貰っていないため、無許可配信という点でも問題なのですが、あろうことかくろくろは駅構内で「乞食行為」を行いました。くろくろはマグカップを持ち、様々な人にお金をくれるよう声をかけていきました。

軽犯罪法で書類送検される事態に

「乞食行為」は軽犯罪法に定められているれっきとした犯罪です。案の定くろくろは通報を受けて駆け付けた警察官から職務質問を受け、そのまま配信が打ち切られる事態となりました。

そして2015年2月24日に、くろくろは「1月の高松駅での乞食行為の件」で書類送検されてしまいました。これは全国のニュースでも報道されることになり、くろくろの悪名が世の中に知れ渡ってしまうことにもなりました。

定期的に金銭や物資を要求

乞食行為によって書類送検までされてしまったくろくろですが、これは彼の引退理由ではありません。この事にも懲りず、リスナーに対して定期的に金銭や物資を要求していたからです。

くろくろは金銭的に余裕がなくなると、リスナーにWebmoneyをカンパしてもらおうとしたことがあります。Amazonの欲しいものリストなども公開していたため、くろくろは金銭や物資の面で困窮していたことが分かります。

身分詐称もしていた?

現在は引退しており、死亡説まで流れているくろくろですが、高松駅での職務質問の際に身分詐称していることも判明してしまいました。ただの注意に終わらず、書類送検まで至ったのは身分詐称も含めた悪質性を鑑みてのことであると言われています。

くろくろの配信動画一覧

現在は引退状態であり、死亡説まで噂されているくろくろですが、基本的にくろくろの放送はスマブラなどのゲームを実況するスタイルをとっていました。ネット上には、くろくろがゲームをプレイしている動画が多く残っています。

ここからは、くろくろがスマブラなどの人気ゲームを実況している動画などを取り上げます。また、問題行動や発狂で迷惑をかけていたくろくろのゲーム実況の問題点についても触れます。

ゲームが下手なのに実況をしていた

一般的に言えば、動画配信サイトで「ゲーム実況者」として人気を集める配信者はゲームの腕があることが多いのですが、くろくろはゲームがとても下手でした。放送内ではくろくろが対戦に負けて発狂する流れはお約束のようなものだったようです。

しかし、くろくろのゲームを好きな気持ちは本物だったようです。配信内でくろくろの母親がパソコンを壊した際には、くろくろはこれまでの比ではないほどに発狂した様子で母親をまくしたてていました。

ゲーム①「GTA」

くろくろは基本的にニコニコ生放送での配信中には、スマブラなどの対戦ゲームをプレイすることが多かったようです。PS4用ゲームソフト「グランド・セフト・オート」通称GTAにもオンライン機能があり、くろくろはそれを実況していました。

GTAはくろくろのゲーム実況ではスマブラと並ぶほど定番のゲームソフトです。配信のネタに困った時はスマブラかGTAをプレイしていました。くろくろは上手くないため、オンラインの猛者たちにすぐに死亡させられていたようです。

ゲーム②「モンハン」

カプコンの人気ゲームシリーズ「モンスターハンター」もくろくろはプレイしていました。本来は仲間と協力しながらモンスターを倒すゲームですが、くろくろは自分は戦わずに強いリスナーに寄生するようなプレイングをしていました。

ゲーム③「マイクラ」

ブロックを設置することで自分の創造を形にできるゲーム「マインクラフト」もくろくろはプレイしています。協調性が必要なゲームなので、当然くろくろの自己中心的な性格が災いしてまともな配信にはなりませんでした。

ゲーム④「スマブラ」

くろくろのゲーム実況の中で特に盛り上がりを見せたのが「大乱闘スマッシュブラザーズ」通称スマブラです。スマブラは多人数対戦ができるゲームで、参加したリスナーとくろくろが戦うという形で放送が進んでいくものでした。

54連敗で最弱ニコ生主と呼ばれる

くろくろは自身の配信上で何度もスマブラをプレイしているのですが、負けが込んで54連敗もしてしまったことがあります。そのあまりの負けっぷりに「大連敗スマッシュブラザーズ」というタイトルの動画をリスナーに作られてしまったほどです。

「逃げスイスイ」とのあだ名がつく

くろくろには嫌なことから逃げる癖がありました。スマブラで負けそうになると切断したり、母親に説教されても発狂してその場をやり過ごそうとすることもありました。リスナーはそのようなくろくろの逃避行動を「逃げスイスイ」と名付け、頻繁にコメントしていました。

自分に不利になると電源を落とす

くろくろはスマブラなどの対戦ゲームを好んでプレイしていましたが、自分が負けそうになったりするとゲームの電源を平気で切っていました。これは「切断」という行為で、対戦ゲームでは御法度のマナー違反です。

くろくろの死亡説と現在

乞食行為によって書類送検されるところまでいったくろくろですが、その後も家出状態で問題行動をとり続けていたところ、2015年7月8日に母親が強制的にくろくろを連れ戻しにやってきました。そのままくろくろが配信することはなくなり、自然消滅の形で事実上の引退になりました。

一時期は短期間で復活すると言われていたくろくろですが、母親との配信を最後に復活の兆しはありません。そのためか、一部ネット上の書き込みでは死亡説までささやかれているようです。ここからは動画配信を引退してしまったくろくろの復活の可能性などを含め、くろくろの死亡説などの事実確認をします。

動画配信をやめただけで死亡説はデマ

母親に強制的に動画配信を辞めさせられて、現在は完全に動画配信から引退してしまったくろくろですが、あまりにも音沙汰がないことで死亡説まで流れてしまったようです。しかしこの死亡説は確証がないためデマであると考えられています。

くろくろの家族にも被害が出ることに

くろくろが起こした問題行動の数々によって、母親を含む親族が被害を受けることになったようです。ここからは、判明している限りの「くろくろのせいで家族が受けた被害」を紹介します。

被害①弟の結婚が破談に

実はくろくろには弟がいます。母親によると、くろくろの弟はマトモに働いており、交際していた相手と結婚寸前までいっていたそうです。しかし、交際相手の親族が興信所を利用してくろくろについて知ったことで、結婚の話がなくなってしまったそうです。

被害②母親が仕事をクビに

また、くろくろの母親も同様に被害を受けていました。くろくろの母親は新聞販売関係の仕事に就いていたようですが、くろくろが書類送検なども問題を起こしたことで労働契約を打ち切る寸前までいってしまったようです。

現在は精神病院に入院?

死亡説まで流れてしまい、復活する兆しの見えないくろくろですが、現在は母親たちの勧めで精神病院に入院しているという噂があります。くろくろはネット依存症であり、依存から抜け出すためには第三者の手を借りていると考えられます。

強制引退を余儀なくされる

くろくろは母親の手によって強制引退を余儀なくされました。これまでは口論程度で済ませていた母親ですが、くろくろの行動によって弟の結婚が破談になったことで堪忍袋の緒が切れてしまったようです。くろくろが復活して配信できないように監視しているものと思われます。

2017年に復活の噂も

2015年に本人が望むことのない引退をしてしまったくろくろですが、2017年5月に1度だけ復活の噂が流れたことがあるようです。実際にくろくろが復活したのかどうかについて、調べてみました。

実際には復活することはなかった

2017年5月に復活するという噂が流れたくろくろですが、実際にくろくろが復活することはなかったようです。2018年9月にはニコニコ生放送でくろくろを名乗る人物が復活配信と称して放送を行ったようですが、別人であると考えられています。

くろくろは家族にも迷惑をかける評判の悪いニコ生主

くろくろはかつてニコニコ生放送で活動していた配信者で、周囲の人々に迷惑をかける問題行動を繰り返した結果、現在は引退状態に追い込まれてしまっているようです。くろくろのせいで弟の結婚が破談になってしまうなど、実際に家族の人生も狂わされていることが判明しました。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
まるすけ
1993年東京生まれ広島育ちの20代男。 基本的にドラマや映画、漫画などの娯楽に日常的に触れています。 特にア...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ