黒柳徹子のすっぴんは別人?想像できないと話題に!画像は?まとめ

黒柳徹子さんが私服で病院に入っていく、すっぴんのスクープ画像が出回り、本当に黒柳徹子さん本人のすっぴんなのか、別人ではないのかと物議を醸しました。黒柳徹子さんの事務所の当初の発表もその後変更されています。真実の真相に迫ってみました。

黒柳徹子のすっぴんは別人?想像できないと話題に!画像は?まとめのイメージ

目次

  1. 1黒柳徹子のプロフィール
  2. 2黒柳徹子のすっぴんは別人?
  3. 3黒柳徹子はすっぴんが想像できないと話題に
  4. 4黒柳徹子のすっぴん画像は?
  5. 5黒柳徹子の私生活
  6. 6黒柳徹子はすっぴん姿が話題で若い頃も超美人

黒柳徹子のプロフィール

  • 愛称:トットちゃん、チャック
  • 本名:黒柳徹子(くろやなぎてつこ)
  • 生年月日:1933年(昭和8年)8月9日
  • 年齢:85歳
  • 出身地:現・東京都港区乃木坂
  • 血液型:A型
  • 身長:163cm
  • 体重:48kg
  • 活動内容:女優、タレント、声優、司会者、エッセイスト、ユニセフ親善大使、平和運動家
  • 所属グループ:なし
  • 事務所:(有)吉田名保美事務所
  • 家族構成:黒柳守綱(父)黒柳朝(母)黒柳紀明(弟)黒柳眞理(妹)田口修治(伯父)
  • 出演作品:「徹子の部屋」「音楽の広場」「ザ・ベストテン」「世界・ふしぎ発見!」他

黒柳徹子の経歴

タレントとしての黒柳徹子さんは、日本でのテレビの誕生とともにスタートして、現在でも第一線で活躍し続けています。中でもテレビ朝日の「徹子の部屋」は「同一司会者によるトーク番組の最多放送世界記録保持者」として記録更新中です。

また、戦後最大のベストセラーと言われている、著書「窓ぎわのトットちゃん」は世界各国で愛読され、累計800万部を記録しています。さらに、女優、声優、エッセイストとしての活躍に加えて、ユニセフの親善大使、平和活動家としての活動も注目を集めています。

黒柳徹子の本名のエピソード

「黒柳徹子」という名前は本名で、ご両親は男の子が生まれると思っていたので「徹(とおる)」という名前を用意していたようなのですが、生まれてきたのは女の子でしたから「徹」に「子」を付けて「徹子(てつこ)」になったそうです。

ちなみに、黒柳徹子さんの愛称の「トットちゃん」は、ご自身の著書である「窓ぎわのトットちゃん」の中で、周りの人が「テツコちゃん」と呼んでいたのを「トットちゃん」と思い込んでしまっていて、おまけに「ちゃん」まで自分の名前だと信じていたと書かれています。

Thumb黒柳徹子の父や母は?家系図や家柄などの噂や真相まとめ
司会や女優などマルチな活躍をされている黒柳徹子さんですが、その父母はどのような人だったのでし...

黒柳徹子のすっぴんは別人?

問題の黒柳徹子さんのすっぴんのスクープ画像は、2013年3月26日号の「週刊女性」に掲載されていました。マスクもしていますし、遠目でもあることから、本人なのかどうかは、このすっぴんのスクープ画像を見ただけでは断定するのは難しいでしょう。

ただ、とても姿勢が良いのが画像からもわかりますので、黒柳徹子さんのすっぴんの可能性は高く、別人とも断定し難いですね。

また、この茂木さんのツイートにもあるように、すっぴんだと別人に思われ、気づかれずに素通りされてしまうことは、誰にでもあることでしょう。芸能人で、特に化粧の厚い人であれば、その可能性は極めて高いでしょう。

問題のすっぴんのスクープ画像は遠くから撮られているものですから、黒柳徹子さんが別人に見えても仕方ありませんね。

黒柳徹子がすっぴん姿で病院に通院?

黒柳徹子さんのすっぴんのスクープ画像は、病院に入っていくところのものだったことから、具合が悪いのかとの憶測も流れたようです。黒柳徹子さんは85歳のご高齢でもあり、車椅子でスタジオ入りしたこともあるので、健康状態を心配するのも頷けます。

すっぴんスクープに対する事務所側のコメント

黒柳徹子さんの事務所は当初、すっぴんのスクープ画像報道に関して「別の方では?」と否定していたようですが、事務所は確認後、ユニセフの活動で、南スーダンに行くための予防接種だと訂正しました。ということは、このすっぴんのスクープ画像は別人である可能性が低くなり、本人だと事務所が認めたということでしょう。

ちなみに、黒柳徹子さんが所属している事務所は「吉田名保美事務所」ですが、黒柳徹子さんの他には、佐久間良子(本名同じ)さん、平幹二朗(本名同じ)さんなどが、この事務所に所属していました。

吉田名保美(本名:日下好江・ひのしたよしえ)さんは、昭和元年生まれで、昭和62年に61歳でお亡くなりになっていて、有島一郎(本名:大島忠雄・おおしまただお)さんや森光子(本名:村上美津・むらかみみつ)さんなどのマネージャーをつとめ、昭和41年に吉田名保美事務所を設立しました。現在は「ビーズの貴公子」こと田川啓二(本名同じ)さんが事務所社長をつとめています。

病気の可能性は低く元気に仕事現役

その後も黒柳徹子さんは、元気に現役で仕事を続けられていますので、今のところは病気の可能性は低いでしょう。ギネスの記録をどんどん伸ばしていくためにも、まだまだお元気で活躍されることを応援していきたいですね。

黒柳徹子はすっぴんが想像できないと話題に

黒柳徹子さんのすっぴんは、なかなか想像しづらいです。これは今回のすっぴんのスクープ画像が、別人だと考えられる要因でもあるでしょう。黒柳徹子さんに限らず、最近のメイクは、すっぴんをイメージさせづらいようになっています。

すっぴんを隠すことがメイクのひとつの目的でもあります。歳が加わるほどに、劣化していくのは自然界のあらゆる存在に言えることですから、それに連れて、その劣化を隠す方も、年々手が込んでいくでしょう。

すっぴんが想像つかない芸能人」ランキング3位

「Menjoy!」が「すっぴんが想像つかない芸能人」を500人に聞いた調査を集計した結果、見事第3位になったのが、黒柳徹子さんでした。500人中36票で、7.2%の方々に、すっぴんが想像できないと支持されたということですね。

この結果は、黒柳徹子さんのすっぴんを見ても別人に思われてしまうと言うことでしょうが、どういうところにその要因があるのでしょう。

すっぴんが想像できない鍵はアイラインと玉葱ヘア

黒柳徹子さんが「すっぴんが想像つかないランキング」で第3位になった要因は、間違いなくメイクと髪型にあるでしょう。黒柳徹子さんは、目を全体的に黒いアイラインで強く縁取っているメイクが印象的です。多くの場合、アイラインは顔を別人にしてしまう大きな要因ですね。

また、玉ねぎと称されるヘアスタイルも特徴的ですが、このメイクとヘアスタイルが、すっぴんを想像しづらくしています。

黒柳徹子の上には叶恭子がランクイン

「すっぴんが想像つかない芸能人」で黒柳徹子さんのひとつ上の第2位は、叶恭子(本名:小山恭子)さんでした。500人中47票で9.4%です。落ちないメイクである、アートメイクが施されているのと、叶美香(本名:玉井美香)さんも取り入れているまつ毛エクステなどが、この結果になっているのでしょう。

どこまでがすっぴんでどこからがメイクなのか、定義が曖昧になっている現代です。叶さんのすっぴんも、やはり別人と見間違えてしまうのでしょうか。

ちなみに「すっぴんが想像つかない芸能人ランキング」で栄えある第1位は、デーモン小暮(本名:小暮隆)さんです。これは納得でしょう。500人中83票、16.6%の方々が選びました。

デーモンさんがおっしゃるには、メイクをした状態が素顔だということなので、普段拝見しているのがすっぴんだということになりますが、世を忍ぶ仮の姿のお顔はとても想像できませんね。世を忍ぶ顔は、まず間違いなく別人と見えてしまうでしょう。

黒柳徹子のすっぴん画像は?

黒柳徹子さんのすっぴんスクープ画像が注目を集める中で、若い頃のすっぴんに近い画像や、私服の私生活の画像も出てきて「可愛い」「美しい」と話題になっています。そんな中で、実際には黒柳徹子さんの写真ではないものまでが、黒柳徹子さんだとしてネット上を駆け巡っています。

若い頃のすっぴんに近い画像①正面アングル編

20歳代の黒柳徹子さんの画像です。ご自宅での様子でしょうか、すっぴんに近いですね。私服もセンスがあって可愛らしいです。

私生活も伺えるワンショットですが、タンスの上のパンダは、叔父さんからプレゼントされたものらしく、このパンダのぬいぐるみがきっかけで、パンダ研究をすることになったようです。戦時中もずっと一緒で、今でも大切にされているそうです。

左の画像は、40歳代半ばのもののようです。森英恵さんがデザインした「ザ・ベストテン」用の衣装のようです。「ザ・ベストテン」はランキングボードが地味なので、派手や衣装を着て欲しいと言われていたので、毎週色を意識していたようです。

右の画像は、やはり40歳代のもので、これはお気に入りのTシャツだったようで、これを着てCMにも出たようですが、評判が悪く、中止になったみたいですね。黒柳徹子さんの天真爛漫さが窺い知れるエピソードです。まだまだ黒柳徹子さんのチャレンジは続いています。またこの画像は、私服としてのようですし、すっぴんも私生活も伺えるものですね。

このふたつの画像は、黒柳徹子さんの若い頃の写真として出回っていたのですが、どうやら上の写真はひし美ゆり子(本名:境屋地谷子)さんで、下の写真は、加賀まりこ(本名:加賀雅子)さんの画像のようです。ネットの拡散力は本当にすごくて、この画像が黒柳徹子さんとして広く拡散されていました。

若い頃のすっぴんに近い画像②斜めアングル編

この上2つの画像は、黒柳徹子さんがNHKテレビ女優第1号になった頃のもののようです。二枚目の写真は、女優の数が少なかった当時は、寝る暇もないほどに忙しくて、頭が重くなることが多かったようなのですが、マイクの上に鼻を乗せると、頭が軽くなると黒柳徹子さんが発見して、よくこうやって合間に休んでいたようです。

仕事の中でありながら、飾らず、お茶目なのに、真っ直ぐな黒柳徹子さんの素顔、そして私生活や私服姿がイメージできる微笑ましいエピソードですね。

この画像も、女優としてスタートした頃のものですが、今の黒柳徹子さんからは、なかなかすっぴんがイメージできませんが、逆に若い頃のすっぴんに近い写真などから、今のすっぴんをイメージすることはできそうですね。

この画像は、30歳代半ばのものです。ロングのこの髪型は、交通事故に遭いそうになってすぐにやめたようなので、写真はこれ1枚しかないそうです。激レアなものですね。今の黒柳徹子さんのイメージとは違い妖艶さがある写真ですが、面影を残しつつも美しいですね。

この画像は、左から大山のぶ代(ドラえもん)さん、三輪勝恵(パーマン)さん、永山一夫さん、黒柳徹子さんです。初々しい笑顔が素敵な黒柳徹子さんが印象的ですね。

この画像は、右から二番目が黒柳徹子さんです。1957年まではラジオドラマだったのが、1958年の2月からテレビ放送が始まって、仕事も価値観も大きく転換していった最中に、黒柳徹子さんは過ごされていました。ご苦労も多かったでしょう。

若い頃のすっぴんに近い画像③スマイル編

今も昔も、黒柳徹子さんの笑顔には花があります。この画像は、1956年(昭和31年)に撮影されたものですから、テレビ女優第一号としてNHKに入局してから3年目の頃のものです。これもすっぴんに近い、すっぴんをイメージできる画像です。

一瞬で周りを明るくしてしまう、黒柳徹子さんの素敵な笑顔で、これからもまだまだ、たくさんの人たちに元気と勇気を分けてもらいたいですね。

黒柳徹子の私生活

黒柳徹子さんの私生活は、謎に包まれている部分が多いです。そんな中でも、二度寝就寝法をしていることや、ヒンズースクワットや散歩を毎日欠かさずやっていること、元気の秘訣の第一は、笑顔でいることなど私生活の一部が明かされています。

黒柳徹子さんの私生活とパンダは切っても切れない関係にあるでしょう。叔父さんにいただいたぬいぐるみをきっかけに始まったパンダ研究は、70年以上におよび、日本パンダ保護協会名誉会長も務めています。

1972年の、日中国交正常化の記念に贈られた2匹のパンダ「カンカン・ランラン」が日本に初上陸したのも、黒柳徹子さんの尽力によるところが大きかったようです。

また、ユニセフの親善大使として活動されていることは有名です。そしてご自身の著書「窓ぎわのトットちゃん」の印税と著作権で、社会福祉法人トット基金を設立して、障害者の支援をしています。このような活動はたくさんあって、なかなかマネのできない素晴らしい活動をなさっています。

インスタ開設で私生活公開

2016年に始められた黒柳徹子さんのインスタグラムは、100万人のフォロワーがいるのですが。黒柳徹子さんの素顔や私生活、私服姿、若い頃のことなどを身近に感じられるようになっていて、とても好評です。これからどんどん素顔の黒柳徹子さんをもっともっと感じていけるでしょう。

私服姿も話題に

黒柳徹子さんのインスタグラムには、たくさんの私服姿の画像もアップされています。そのひとつひとつが「可愛い!」「オシャレ!」などなどの賞賛を浴びています。謎に満ちた存在であった黒柳徹子さんの私生活が、とても身近に感じられるようになったのは、インスタグラムの影響が大きいでしょう。

上の4枚の画像は、黒柳徹子さんのインスタグラムにアップされたものですが、どの私服もゴージャスです。飾らない、自然体の黒柳徹子さんのお人柄が、写真の中から、言葉、文章の中から、そしてチョイスする私服の中から溢れ出ています。

38歳の頃のNYでの私服姿が可愛い過ぎる

黒柳徹子さんは、1971年38歳の時にニューヨークに留学して、演劇とダンスを学びました。これはその時の画像です。初めてのひとり暮らしだったようで、楽しかった思い出などをインスタグラムでも語っています。この留学のために、2、3年かけて順調だった仕事をやめて渡米しました。並々ならぬ決意だったのでしょう。

右の画像は、演劇学校の同級生を黒柳徹子さんのアパートに招いて、ランチを振る舞った後の片付け中の、まさに私服、私生活の一コマです。実家暮らしの長かった黒柳徹子さんは「このままでは、何も知らない大人になってしまう。」とひとり暮らしの必要性を感じたのと、本場で学びたい気持ちがニューヨーク留学を決意させたようです。

左のこの画像は、ニューヨークの五番街でイースターパレードに参加した時のものです。たくさんのニューヨーカーが一緒に写真を撮りたいと集まってきて、翌日の新聞にも掲載されて、大変な騒ぎになったようです。

このお母様が持たせてくれた着物のお陰で、アンディ・ウォーホル(本名:アンドリュー・ウォーホラ)さんやイサム・ノグチ(日本名:野口勇)さん、リリアン・ギッシュ(本名:リリアン・ダイアナ・ギッシュ)さんやチャールズ・チャップリン(本名:チャールズ・スペンサー・チャップリン)さんなど、たくさんの有名人との出会いがあったようです。

Thumb黒柳徹子の自宅が判明?場所や住所・自宅で筋トレ?プライベートも
大物司会者の黒柳徹子さんの自宅が超豪華マンションだという噂があります。実家の住所やインスタの...

黒柳徹子はすっぴん姿が話題で若い頃も超美人

黒柳徹子さんは、すっぴんがイメージしづらく、私生活、素顔にまだまだ謎が多く、神秘的な魅力を感じる方です。そのすっぴん姿がスクープされて話題になりましたが、これはいつも魅力を放っている黒柳徹子さんだからこそでしょう。

今回のすっぴんのスクープ画像は、黒柳徹子さんであることは間違いないでしょう。これからも、すっぴんを狙われることになるでしょうが、若い頃のすっぴんをイメージできる時から、超美人の黒柳徹子さんですから、むしろ期待が高まりますね。時には神秘のベールを脱ぐ瞬間をスクープとして拝ませていただきたいです。

そして、神秘的な黒柳徹子さん、お茶目な黒柳徹子さん、美しい黒柳徹子さん、どれもそのままの黒柳徹子さんですが、これからも大いに私たちを楽しませて、元気づけてくれるでしょう。これからも末長くご活躍されることを楽しみにしています。

Thumb黒柳徹子の年齢は?若い頃が美人すぎるとも話題に!写真や画像で振り返る!
年齢不詳が魅力ともいえる黒柳徹子さんですが、その若い頃が美人過ぎると話題になっています。ひし...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
濱本哲治

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ