草刈民代の実家や両親は?生い立ちや実家エピソードなども

元バレリーナで女優として活躍中の草刈民代の実家が気になります。草刈民代の実家や両親について調査してみました。草刈民代の実家はお金持ちで、草刈民代は社長令嬢だったという噂が聞かれます。草刈民代の生い立ちや実家エピソードなどもご紹介しましょう。

草刈民代の実家や両親は?生い立ちや実家エピソードなどものイメージ

目次

  1. 1草刈民代のプロフィール
  2. 2草刈民代の実家や両親は?
  3. 3草刈民代の生い立ちについて
  4. 4草刈民代の実家エピソード!
  5. 5草刈民代以外の有名バレリーナの実家も調査
  6. 6草刈民代の実家は有名印刷会社経営で5人家族

草刈民代のプロフィール

愛称:たみちゃん
本名:周防 民代(すお たみよ)
生年月日:1965年5月10日
年齢:56歳(2022年4月現在)
出身地:東京都新宿区
血液型:B型
身長:168㎝
体重:47Kg
活動内容:女優、元バレリーナ
所属グループ:なし
事務所:オスカープロモーション
家族構成:夫(周防正行)

草刈民代の経歴

草刈民代は1965年5月10日に3姉妹の長女として東京都新宿区で生まれました。草刈民代は本名で現在は映画監督の周防正行と結婚し、周防民代となりました。草刈民代はジャネット・リンに憧れ、1973年8歳頃からバレエを始めています。

小林紀子バレエアカデミーに入門し、1981年、16歳で高校を中退し、牧阿佐美バレヱ団に入団しました。1983年に舞台「恋の絲」で主役デビューを果たしています。草刈民代は牧阿佐美バレヱ団で主役クラスを演じるダンサーとして活躍しました。

草刈民代は国内外で活躍し、数多くの賞を受賞しています。草刈民代は1996年に『Shall we ダンス?』で映画デビューを果たしました。同年3月9日に『Shall we ダンス?』の監督を務めた周防正行と結婚し話題になっています。

1997年に第20回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞やキネマ旬報新人女優賞など数多くの賞を受賞しました。その後はバレエに専念し、2009年に草刈民代が自ら企画・構成・プロデュースを務めた舞台『エスプリ〜ローラン・プティの世界〜』をもってバレエを引退しています。

草刈民代の学歴

草刈民代の学歴について調査してみました。草刈民代は川村幼稚園の出身で、川村小学校を卒業しました。草刈民代は子供の頃から自己中心的な性格で、身長が高く、体を動かすことが好きな子供でした。

小学校を卒業後、川村中学校に入学しています。中学1年生の時に渋谷区にある橘バレエ学校に入り、バレエ中心の生活を送っていました。草刈民代は幼稚園から高校までの一貫教育の女子高に通っていました。川村高等学校に入学しましたが、1981年、16歳で高校を中退しています。

Thumb草刈民代の若い頃からの経歴!夫や子供など家族は?男性遍歴も調査!
「Shall we ダンス?」で主役を演じ一躍有名となった草刈民代さんは、バレリーナだった経...

草刈民代の実家や両親は?

草刈民代の実家が凄いと話題になっています。草刈民代の実家はお金持ちで草刈民代は社長令嬢だという噂が聞かれます。草刈民代の実家や両親について調査してみました。

草刈民代の実家が話題に

草刈民代の実家が話題になっています。草刈民代の実家はお金持ちで草刈民代は子供の頃からバレエを習い、社長令嬢だったという噂が浮上しました。

草刈民代の実家は東京都新宿区にあるようです。新宿区には古くからの住宅街もあるので、草刈民代の実家は住宅街にあると思われます。

草刈民代の実家はお金持ち?

草刈民代の実家はお金持ちという噂が聞かれます。草刈民代の実家は本当にお金持ちなのでしょうか?草刈民代の実家は会社を経営していて、とてもお金持ちだと話題になっています。草刈民代の実家は大きな印刷会社を経営する一族でした。

草刈民代の実家の家族構成をおさらい

草刈民代の実家の家族構成はどうなっているのでしょうか?草刈民代の実家の家族構成をおさらいしてみましょう。草刈民代の実家の家族構成、実家の両親の名前などについて調査してみました。

草刈民代の家族構成

草刈民代の家族構成についてご紹介しましょう。草刈民代の実家は両親と妹が2人の5人家族です。草刈民代は3姉妹の長女として生まれました。草刈民代には妹が2人います。

草刈民代の両親の名前や顔は?

草刈民代の実家の両親の名前や顔について調査してみました。草刈民代の実家の父親は中央精版印刷株式会社社長の草刈龍平です。父方の祖父は元中央精版印刷社長の草刈親雄で、実家は代々印刷会社を経営しています。実家の両親の顔については公表されておりませんでした。

草刈民代は長女で2人の妹の名前や顔は?

草刈民代は3姉妹の長女で2人の妹の名前や顔が気になります。草刈民代の実家の中央製版印刷株式会社の公式サイトを見ると、現在は草刈民代の妹の草刈明代が代表を務めているようです。

もう1人の妹の名前については情報がありませんでした。草刈民代はとてもきれいなので、妹も美人と思われますが、顔については公表されておりません。

草刈民代の両親や妹の経歴や仕事を調査

草刈民代の実家の両親、妹の経歴や仕事について調査してみました。草刈民代の実家の両親にはどのような経歴があるのでしょうか?経歴や仕事についてご紹介しましょう。

父親の経歴&仕事:祖父の代から続く「中央精版印刷」社長

草刈民代の実家の父親の経歴や仕事について調査してみました。草刈民代の実家の父親の仕事は祖父の代から続く「中央精版印刷」の社長です。中央精版印刷株式会社は草刈民代の父方の祖父の草刈親雄が1947年5月に設立しました。

その後、草刈民代の実家の父親が会社を継いで、現在は草刈民代の妹が代表を務めている会社です。中央精版印刷株式会社は埼玉県戸田市に本社があり、他にも4つの工場を持っています。従業員数は360人と大きな印刷会社です。

妹達の経歴&仕事:現在は「中央精版印刷」社長?

草刈民代の実家の妹は2人います。妹の経歴や仕事について調査してみました。草刈民代の実家の妹は現在、「中央精版印刷」の社長です。

中央精版印刷株式会社の公式サイトを見ると、草刈民代の実家の妹の名前が記載されています。草刈民代の実家の妹は現在、実家の会社経営にあたり、陣頭指揮をとっているようです。

草刈民代の母親の経歴や仕事も調査

草刈民代の母親の経歴や仕事も調査してみました。草刈民代の実家の母親の経歴や仕事については特に情報がありませんでした。草刈民代の実家の母親はどのような仕事をしているかについてはわかっておりません。

草刈民代の生い立ちについて

草刈民代の生い立ちが気になります。草刈民代にはどのような生い立ちがあるのでしょうか?草刈民代の小学校時代など、子供の頃からの生い立ちについて調査してみました。

草刈民代は幼い頃からバレエに目覚め、バレエ一筋の生い立ちだったようです。草刈民代のバレエ漬けだった生い立ちについてご紹介しましょう。

生い立ち①10km自転車通学の小学生時代?

草刈民代は子供の頃から体を動かすことが大好きでした。小学校低学年の頃、自宅から10㎞以上離れた埼玉県朝霞市まで自転車で通学したこともあったそうです。

生い立ち②小林紀子バレエアカデミーでのレッスン

草刈民代は1972年、札幌五輪に出場したフィギュア選手のジャネット・リンに憧れ、バレエを始めました。草刈民代は8歳の時に小林紀子バレエアカデミーに入りました。小林紀子バレエアカデミーは国内外で活躍する優秀なバレエ・ダンサーを排出していることでも知られています。

草刈民代はバレエを始めた頃からプロのバレエダンサーになることを決心し練習に励みました。絶対にプロになると決意し、台風で学校が休校になっても習い事には通っていました。人が休んでいても練習するというプロ意識があったようです。

生い立ち③バレエと学業の両立と苦難

草刈民代は小学校から内部進学し、川村中学校に通っていました。中学1年生の時に渋谷区にある橘バレエ学校に入学し、バレエ中心の生活を送っています。橘バレエ学校は伝統あるバレエ教室として知られていて、プロを目指している人を指導している学校です。

そのため、練習はかなりハードで、深夜までレッスンがある日もあり、草刈民代は肉体的に追い込まれていました。学校とバレエの両立が難しく、バレエの練習の翌日は学校を欠席することもあったようです。遅刻して学校に行っても授業中に寝ていることもありました。

中学から高校に内部進学しましたが、遅刻や欠席が多く、草刈民代の親はよく学校に呼び出されていました。両親はバレエの先生に相談し、父親は高校を辞めてもいいという許可をだしています。草刈民代は高校に入学後、わずか1ケ月で高校を中退しました。

その後、牧阿佐美バレヱ団に入団し、バレエ一筋の生活を送ります。草刈民代はバレエの才能をメキメキと伸ばしていきました。

生い立ち④西城秀樹の曲が励みに

草刈民代は子供の頃から西城秀樹が大好きでした。バレエと学業の両立に苦しんでいた頃、西城秀樹の曲が励みになったそうです。精神的に辛かった時に西城秀樹の曲を聞いていました。

草刈民代は中学3年生の頃、学校が合わなかったと感じ、辛かった時期があったようです。特に思い出の曲は「眠れぬ夜」で、中学3年生の頃からよくこの曲を聞いていました。

草刈民代の実家エピソード!

草刈民代の実家エピソードについてご紹介しましょう。草刈民代には様々な実家エピソードがあります。草刈民代の実家は会社を経営していてお金持ちという噂です。草刈民代の実家エピソードについて調査してみました。

実家エピソード【漫画『ONE PIECE』との関係】

草刈民代の実家エピソードの1つに漫画『ONE PIECE』との関係が挙げられます。草刈民代の実家は中央製版印刷株式会社という印刷会社を経営しています。中央製版印刷株式会社は大人気漫画『ONE PIECE』の印刷・製本を手掛けている会社です。

『ONE PIECE』は累計発行部数が4億4000万部を超える人気の漫画で、草刈民代の実家の会社は大儲けをしていると噂されています。『ONE PIECE』のおかげで中央製版印刷株式会社の売上と利益はとんでもないものになっているようです。

実家エピソード【川奈ホテルでの家族旅行】

草刈民代は子供の頃、夏休みになると家族旅行で川奈ホテルを訪れていました。川奈ホテルは静岡県伊東市にあるホテルで、ここのメインダイニングで味わうコーンクリームスープが毎年の楽しみだったようです。コーンクリームスープの味は草刈民代にとって「思い出の味」と語っています。

実家エピソード【親の後押しでプロバレエダンサーに】

草刈民代は親の後押しでプロバレエダンサーになりました。草刈民代は高校時代、学業とバレエとの両立に悩んでいます。精神的に行き詰った娘を心配した両親はバレエの先生に相談し、「本気でやるなら私が預かる」というバレエの先生の言葉で草刈民代に高校中退を許可したようです。

草刈民代にプロのバレエダンサーを目指すよう、背中を押したのは父親でした。草刈民代はその後、18歳で主役クラスを演じるバレエダンサーに成長し、数多くの賞を受賞しました。

草刈民代以外の有名バレリーナの実家も調査

草刈民代以外の有名バレリーナの実家も調査してみました。草刈民代以外に有名なバレリーナと言えばどのような人がいるのでしょうか?また、有名バレリーナの実家についてもご紹介しましょう。

有名バレリーナの実家【飯島望未編】

飯島望未はヒューストンバレエ団で活躍している日本人バレリーナです。飯島望未は子供の頃、姿勢が悪く、母親が猫背の矯正のために6歳でバレエを始めました。飯島望未の実家はお金持ちという噂が聞かれます。

バレエダンサーとして成功するには数千万円かかると言われています。飯島望未の実家は資金面で余裕がある家庭で、裕福だという噂が浮上しました。飯島望未の実家の詳しい情報についてはわかっておりませんが、裕福な家庭であることは間違いないようです。

有名バレリーナの実家【高田茜編】

高田茜は世界的なバレリーナとして活躍しています。高田茜は3歳からバレエを始め、幼少期からバレエの才能があったようです。あれだけの才能があると、両親が幼少期から英才教育を受けさせていたり、両親が活躍していることが多いのですが、高田茜は英才教育をしたからではないようです。

高田茜には幼少期からバレエの才能があり、高田茜自身のバレエに対する情熱と良い先生に巡り合えたことから世界的に活躍するバレリーナになりました。高田茜の両親についての情報は特に見当たりませんでした。

有名バレリーナの実家【森下洋子編】

日本初の国際的に活躍するプリマと評され「東洋の真珠」と呼ばれていた森下洋子の実家についてご紹介しましょう。森下洋子は広島県広島市江波の出身です。森下洋子は小学1年生の頃から広島と東京を行き来し、バレエを学びます。

広島と東京を行き来することで経済的な負担が増えていきました。森下洋子の父親は会社勤めだったので、父親だけの収入では生活することができず、小学3年生の頃に母親が「きっちんもりした」という洋食屋さんを開きました。

母親のお店はとても人気で、ステーキが専門でしたが、カレーやハンバーグも好評でした。プロ野球選手も訪れる人気のお店で、長い間愛されてきました。森下洋子の両親は子供が決めたことをいつも応援してくれ、広島を離れる時も背中を押してくれたそうです。

広島と東京との行き来は小学5年生までの4年間続きました。バレエをしたいので上京したいことを両親に話すと、「お金は出すけど、口は出さない」と言われます。

草刈民代の実家は有名印刷会社経営で5人家族

草刈民代の実家についてご紹介しました。草刈民代の実家は中央製版印刷株式会社という有名な印刷会社を経営しています。草刈民代の実家の印刷会社は人気漫画『ONE-PIECE』の印刷や製本を手掛けています。草刈民代の実家は両親と妹2人の5人家族。現在は妹が代表を務めているようです。草刈民代に今後も注目していきましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
maki

新着一覧

最近公開されたまとめ