【肝っ玉かあさん】京塚昌子の死因や晩年・若い頃は?出演ドラマも!

「肝っ玉かあさん」の母親役で有名な京塚昌子さん。既に亡くなっていますが、その死因は何なのでしょうか。京塚昌子さんの死因や若い頃・晩年の生活についてまとめています。また、出演ドラマを画像付きで紹介し、さらに杉田かおるさんに激怒した話についてもまとめました。

【肝っ玉かあさん】京塚昌子の死因や晩年・若い頃は?出演ドラマも!のイメージ

目次

  1. 1京塚昌子のプロフィール
  2. 2京塚昌子の死因
  3. 3京塚昌子の晩年の生活
  4. 4京塚昌子の若い頃を紹介
  5. 5京塚昌子の出演ドラマや映画を紹介
  6. 6京塚昌子に夫や子供はいたのか
  7. 7京塚昌子の死因は脳梗塞だった

京塚昌子のプロフィール

  • 愛称:?
  • 本名:平塚 マサ子
  • 生年月日:1930年3月16日
  • 没年月日:1994年9月23日(64歳没)
  • 出身地:東京府
  • 死没地:東京都
  • 血液型:?
  • 身長:?
  • 体重:?
  • 活動内容:女優
  • 所属グループ:無し
  • 事務所:劇団新派、東宝演劇部
  • 家族構成:内縁の夫 ※1964年頃から3年間のみ
  • 出演番組:テレビドラマ「カミさんと私」シリーズ、「肝っ玉かあさん」シリーズ、「ありがとう」第4シリーズ、「ゆうひが丘の総理大臣」など

京塚昌子の経歴

京塚昌子さんは1946年、現在の栃木県立佐野女子高等学校である佐野高等女学校を卒業し、その後に新派へ入団して研究生となりました。川口松太郎に認められた京塚昌子さんは1955年、「月夜鴉」で初めて主役を演じます。

また、同じ1955年に京塚昌子さんは「離れ猪」、「太夫さん」での演技が認められて芸術祭奨励賞を受賞しています。

1959年8月23日~1972年2月6日まで放映された「カミさんと私」という、TBSテレビ系列の東芝日曜劇場の人気シリーズにおいて、京塚昌子さんは伊志井寛さんの相手役を演じて人気を高めていきます。

1968年には、この伊志井寛さんの娘である石井ふく子さんがプロデュースした「肝っ玉かあさん」という作品で、京塚昌子さんはしっかり者で涙もろい母親役を好演します。

また、「肝っ玉かあさん」と同様な母親役を「ありがとう」といった作品でも演じた京塚昌子さんは「恰幅が良く、割烹着が似合う母親役」が定着し、1970年代のテレビドラマ業界で絶大な人気を誇るようになりました。

このようなイメージが定着した京塚昌子さんは、このイメージに合ったCMにも多く起用されるようになりました。まさに京塚昌子さんは「日本を代表するお母さん女優」になったといえるでしょう。

京塚昌子の死因

京塚昌子さんは1994年9月23日に、64歳という若さで亡くなっています。京塚昌子さんが亡くなったのは東京・田町の病院の一室であり、京塚昌子さんの最期にずっと付き添っていた妹さんによると、眠るような安らかな死に顔で静かに息を引き取ったそうです。

京塚昌子さんは長い間、脳梗塞で入院生活を送っていました。京塚昌子さんの死因は、やはりこの脳梗塞が関係しているのでしょうか?京塚昌子さんの死因について、直接的な死因・間接的な死因に関する情報をそれぞれの死因についてまとめてみました。

京塚昌子の死因は脳梗塞による心不全

京塚昌子さんが初めて病に倒れたのは、1983年9月のことでした。公演先であった愛媛県松山市の宿で、朝起きたら手足が動かず、口も回らない状態であったということです。

京塚昌子さんはそのまま松山市内の病院に搬送され、20日間の入院生活を余儀なくされました。この時に、京塚昌子さんは脳梗塞を発症していると診断されたのです。

その後に東京の病院に転じて療養し、一時的に復帰を果たしたりしますが再び病状は悪化。亡くなる直前の京塚昌子さんは意識が混濁状態に陥っており、見舞いに来た客が誰であるかを認識するのがやっとという状態だったそうです。

1994年9月23日午後7時過ぎに京塚昌子さんは亡くなり、その直接的な死因は心不全でした。そして、この直接の死因である心不全を引き起こした間接的な死因は、やはり長年患ってきた脳梗塞であったのです。

脳梗塞とはどんな病気か

脳梗塞とは、脳組織が栄養不足や酸素欠乏に陥って、その部位の脳組織が壊死(梗塞)してしまう病気です。脳組織の壊死は、脳の血管が詰まったりして脳の血の巡りが正常状態の約5~10分の1くらいに低下した状態が、ある程度の時間続くと起こるとされています。

脳梗塞の典型的な症状としては、片方の手足が麻痺する片麻痺、意識障害、片側の手あるいは足だけが動かなくなる単麻痺などがあります。

その他の症状としては、両目の視野の半分が見えなくなる同名性半盲、健忘症、物が二重に見える複視、嚥下障害、ふらつきといった症状が現れることもあります。

脳梗塞が発症しやすいのは高齢者ですが、糖尿病、高血圧、心臓病、脂質異常症、喫煙、ストレス、脱水、大量飲酒、肥満なども脳梗塞の危険因子として挙げられています。したがって、脳梗塞を予防するには生活習慣を正すことがとても重要です。

脳梗塞の原因は糖尿病?

京塚昌子さんが病に倒れた1983年9月、この時に発症した脳梗塞は糖尿病が由来であるとされました。京塚昌子さんは、1971年に既に糖尿病であると診断されていたのです。

京塚昌子さんはもともと大酒豪として知られており、ウイスキーのボトルを一晩で3本も空けたこともあったそうです。また、京塚昌子さんは女優の傍らで天ぷら屋や小料理屋を経営しており、食道楽としてもよく知られていました。

このようなことから、京塚昌子さんの食生活は乱れることが多かったため、これが糖尿病を患う要因となったと考えられます。京塚昌子さんは病に倒れる直前、「ちょっと太りすぎたから減量しなきゃ体に悪いわね」と共演者に漏らしていたそうです。

これは糖尿病の症状の悪化を示しており、この糖尿病の悪化が直接の死因である脳梗塞による心不全を引き起こしたと考えられます。つまり、糖尿病も京塚昌子さんの間接的な死因といえるでしょう。

京塚昌子の晩年の生活

京塚昌子さんは1971年に糖尿病を発症してからは、長い闘病生活を送ることとなりました。そのため、京塚昌子さんの晩年の生活は、病気と共にあったといっても過言ではありません。

病気と共にあった京塚昌子さんの晩年の生活は、一体どのようなものであったのでしょうか。京塚昌子さんの晩年の闘病生活について、食事制限や女優に復帰した時期があったことなど、晩年に関連する情報をまとめました。

晩年は闘病生活を送る

京塚昌子さんは、1983年に公演先の愛媛県松山市で脳梗塞で倒れて以降、長い晩年の闘病生活を送ることとなりました。直接の死因となった脳梗塞による心不全は、もともと患っていた糖尿病に由来するものであったため、この糖尿病を改善することが優先されたのです。

脳梗塞で倒れてから、東京の病院に転院して療養していた京塚昌子さん。東京の病院は約3ヶ月で退院し、一見すると健康そのものというような状態まで回復した京塚昌子さんでしたが、ここから糖尿病改善のための晩年の闘病生活が始まることととなります。

厳しい食事制限に耐え女優業に復帰

晩年の京塚昌子さんは糖尿病の症状を改善させるため、1日1400kcalまでという厳しい食事制限に耐えることとなりました。成人の1日の摂取カロリーは1800~2200kcalほどとされていますので、かなり大変な食事制限だっただろうと思います。

このような厳しい食事制限によって、もともと約85kgあった京塚昌子さんの体重は、晩年の闘病生活の最後には60kgを下回るほどまで減少してしまいました。その他、晩年の京塚昌子さんは糖尿病改善のためにリハビリも行っていたそうです。

ただ、もともと根っからの楽天家であった京塚昌子さんは、糖尿病のことをあまり深刻に考えておらず、リハビリはサボリがちだったようです。そのかわりというわけではないのでしょうが、食事制限に関してはきちんと守り通したとのことです。

この厳しい食事制限の成果が出たのか、晩年の京塚昌子さんは1984年から1985年にかけて一時的に女優業に復帰しています。ただ、完全に回復したわけではなく、糖尿病の後遺症に耐えながらの復帰となりました。

一時復帰を果たすも再入院の為引退

京塚昌子さんは晩年の闘病生活の中で、1984~1985年に一時的に女優業への復帰を果たしました。ただ、この時の京塚昌子さんは完全に病気を克服したわけではなく、病気の後遺症に耐えながらの女優業への復帰だったのです。

このような状態であったため、京塚昌子さんの病気の症状は女優を続けながらもまた悪化してしまいます。

1986年4月、京塚昌子さんは「体調が不本意なため、納得のできる仕事ができない」として、女優業の休業宣言を出しました。そして山梨県甲府市の病院に入院し、その後は静岡、長野と各地の病院を転々として療養生活を送りました。

入院後は再度の女優復帰を目指してリハビリに励んでいた晩年の京塚昌子さんでしたが、徐々に体力が衰えていき、事実上の芸能界引退状態となったのです。

京塚昌子の若い頃を紹介

京塚昌子さんは東京の下町育ちということもあり、幼い頃から芸事に触れる機会の多い環境で育ちました。そんな京塚昌子さんは16歳という若い頃から、新派へ研究生として入団します。

この新派へ入った頃の京塚昌子さんについて、当時を知る人はやはり若い頃から光るものがあって大成するオーラがあったそうです。

そんな京塚昌子さんの若い頃はどのような活躍をしていたのでしょうか。京塚昌子さんの若い頃についての情報を、若い頃の画像も含めてまとめてみました。

また、若い頃の京塚昌子さんは子役だった杉田かおるさんに激怒したという話もあります。そのため、杉田かおるさんに関する情報もまとめています。

若い頃は演劇や舞台に出演

若い頃の京塚昌子さんは、劇団新派において目覚しい活躍を続けていました。25歳の時に「月夜鴉」で主役の座をつかみ、さらに同じ年に「離れ猪」、「太夫さん」での演技が認められて芸術祭奨励賞を受賞したのです。

しかし、その後の京塚昌子さんは演技力は高く評価されているものの、脇役ばかりが回ってきました。これには理由があり、京塚昌子さんの体型が変わって太ってきてしまったことが要因でした。

京塚昌子さんは22歳の若い頃、盲腸の手術を受けてから体質が変わってしまい、スリムな体型からドンドン太り始めてしまったのです。当時の演劇界、特に新派の世界では柳腰の美人の女優が好まれたため、体の線が太いと主役を演じる機会になかなか恵まれませんでした。

そのため、京塚昌子さんは20歳代という若い頃から母親役を演じることが多くなり、水谷八重子(初代)さん、美空ひばりさんの引き立て役となってしまうことも多かったようです。

母親役としてドラマで人気を集める

若い頃に受けた盲腸の手術によって体質が変わり、太ってしまった京塚昌子さん。演劇界で主役を演じることが少なくなったため、活躍の場をテレビドラマに移すようになりました。そんな京塚昌子さんを主役の座に抜擢したのが石井ふく子プロデューサーでした。

石井ふく子さんは自身がプロデュースした作品、「肝っ玉かあさん」の蕎麦屋を切り盛りするしっかり者で涙もろい母親役を京塚昌子さんに任します。

すると、この「肝っ玉かあさん」は平均視聴率30%以上を記録するオバケテレビドラマ番組となりました。これにより京塚昌子さんはブレイクし、その人気は不動のものとなっていきます。

続けて京塚昌子さんは「ありがとう」といったテレビドラマ番組でも同様の母親役を演じており、昭和を代表する母親役女優としての地位を確立していきました。

京塚昌子の若い頃の姿を画像で紹介

これはまだ10代の頃とされている、京塚昌子さんの画像です。顔のみの画像ですが、顔の輪郭や首周り等が痩せているのがこの画像でもわかります。京塚昌子さんが盲腸の手術を受けて体質が変わってしまったのは20代の頃です。

そのため、10代の若い頃の京塚昌子さんの画像はこのように痩せた画像となっているはずです。ただ、これ以外に京塚昌子さんの10代の頃の画像を見つけることはできませんでした。

これは京塚昌子さんが30代後半くらいの頃の画像です。女優としてはまだ若い世代のはずですが、画像ではすでにベテランの風格が漂っていますね。「肝っ玉かあさん」の母親役が良く似合っているといえる画像です。

母親役が似合い過ぎていて、若い頃とは思えない画像となっていますね。ただ、京塚昌子さんは逆に年齢を重ねていっても画像ではあまり変化が見えません。同じ母親役を年齢を重ねても変わらずできていたということですね。

若い頃京塚昌子は杉田かおるに激怒?

京塚昌子さんは若い頃、向田邦子さんが脚本を手がけた「山盛り食堂」に出演しました。この作品において、京塚昌子さんは当時子役であった杉田かおるさんと共演し、杉田かおるさんが京塚昌子さんに抱きつくというシーンがあったそうです。

そのシーン撮影時、京塚昌子さんは杉田かおるさんがお腹の肉をつかんできたとして激怒しました。その後、杉田かおるさんはこの「山盛り食堂」を降板させられたそうです。

杉田かおるさんは7歳で子役デビューを果たしており、「天才子役」といわれていました。この時も杉田かおるさんはわざとではなく、間違えてお腹をつかんでしまったそうです。しかし、杉田かおるさんを起用したプロデューサーは呼び出されたりしたようです。

また、ドラマの中の杉田かおるさんは交通事故で亡くなったことになったそうです。杉田かおるさんにとっても印象深い出来事だったようで、杉田かおるさんの自伝にこの時のことが書かれています。

若い頃の盲腸の手術によって太るようになってしまった体型のことを、京塚昌子さんは引け目に感じていたようです。その引け目から京塚昌子さんは周囲に気を遣って陽気に振舞ったり、大盤振る舞いをするようにしていたと京塚昌子さんの知人は語っています。

この杉田かおるさんに激怒した時には、まだ若い頃であった京塚昌子さんの体型への感情がそのまま出てしまったように思います。

京塚昌子の出演ドラマや映画を紹介

京塚昌子さんは、女優として若い頃から晩年にかかるまで様々なテレビドラマや映画に出演されてきました。ドラマ・映画共に出演作品は非常に多いため、全部の作品を紹介することはとてもできません。

ここでは、京塚昌子さんの代表作といえる「肝っ玉かあさん」などの4作品について、その作品の概要や京塚昌子さんの役どころなどについて紹介していきます。また、作品の画像があるものについては、画像もつけて紹介しています。

京塚昌子の出演作品①肝っ玉かあさん

「肝っ玉かあさん」はTBS系列で1968~1972年まで放送されたテレビドラマです。通算の放送回数は全117回であり、全3シリーズにわたって放送されました。「肝っ玉かあさん」は、毎回30%前後という脅威の視聴率を誇ったテレビドラマでした。

この「肝っ玉かあさん」のヒットが後の「ありがとう」や「渡る世間は鬼ばかり」といった同路線のドラマにつながっていきました。この「肝っ玉かあさん」で京塚昌子さんは、大正五三子という女手一つで蕎麦屋「大正庵」を切り盛りしている母親役を演じています。

「肝っ玉かあさん」は、京塚昌子さん演じる大正五三子が「大正庵」や清田家で起こる様々な騒動を、明るく前向きに解決していく姿を描いたドラマです。「肝っ玉かあさん」のドラマが放映されていた当時、VTRの規格は2インチでした。

そのため、VTR用のテープや機器が高価で大型でした。また、著作権法の影響などもあってドラマ番組の資料保存が容易にできなかったということもあり、「肝っ玉かあさん」は第3シリーズのみしか映像が現存していないという貴重なドラマとなっています。

京塚昌子の出演作品②ありがとう

「ありがとう」は、TBS系列で1970~1975年まで放送されたテレビドラマです。全4シリーズ放送され、京塚昌子さんは第4シリーズのみ出演しています。「ありがとう」は「肝っ玉かあさん」を手がけた石井ふく子プロデューサー、平岩弓枝さん脚本で作られました。

ホームドラマ全盛期の1970年代を代表するテレビドラマだった「ありがとう」。第1シリーズから第3シリーズまでの「ありがとう」は、水前寺清子さんと山岡久乃さんの母親と娘の日常生活や石坂浩二さんとの恋などが描かれていました。

そして、この第2シリーズにおいて「ありがとう」は、民放ドラマ史上最高の視聴率となる56.3%を記録します。しかし、水前寺清子さんが歌手活動に専念したいという理由で、「ありがとう」を第3シリーズをもって降板。

第4シリーズは大幅に配役が変更され、ここで京塚昌子さんと佐良直美さんが母親役と娘役を代わりに演じることになったのです。ただ、この第4シリーズは視聴率が大幅に下がってしまったため、結局「ありがとう」はこの第4シリーズで終了することとなりました。

京塚昌子の出演作品③空想天国

「空想天国」は谷啓さん主演で1968年に制作された映画作品です。「空想天国」はクレージーキャッツが主演した「作戦シリーズ」の番外編的作品であり、クレージーキャッツのメンバーの中ではハナ肇さんと桜井センリさんが出演しています。

同じ谷啓さん主演で1966年に公開された「クレージーだよ奇想天外」の延長線上にある作品が「空想天国」です。アメリカのダニー・ケイさんの「虹を掴む男」を元にした、夢見る純情男によるドタバタを描いたファンタジックな作品が「空想天国」です。

ファンタジックな要素として「ガマラ」という、当時の子供たちに絶大な人気があった「ケロヨン」に似たキャラクターが主人公の相棒的存在として登場します。

「空想天国」では空想が大好きな気弱なサラリーマン田丸圭太郎が、空想で結ばれていたマドンナ(酒井和歌子さん)を救うために立ち上がります。京塚昌子さんは、この田丸圭太郎の母親である田丸久子を演じています。

京塚昌子の出演作品④日本一の色男

「日本一の色男」は植木等さん主演で1963年に公開された映画作品です。植木等さん主演で10本制作された映画シリーズで「日本一の男」シリーズがありますが、「日本一の色男」はこのシリーズの第1作目となります。

この「日本一の色男」のキャッチコピーは「女は幾万ありとても 腕に覚えのC調口説き! 進め植木の無責任男!」であり、美女たちからモテモテになる主人公を植木等さんが演じています。
 

「日本一の色男」では、女学校の教師から化粧品セールスマンへ転職した光等(植木等さん)が、あの手この手で美女たちを虜にしていく様子が描かれています。美女たちを虜にして売り上げを伸ばしていく光等ですが、最後にはほろ苦さの残る展開もあります。

そのため、「日本一の色男」は「日本一の男」シリーズの中でもやや異色作といわれています。「日本一の色男」には、当時の一線級の東宝女優が植木等さんの相手役を務める女優として多数出演しました。そんな中で、京塚昌子さんは権田原コチという役を演じています。

京塚昌子に夫や子供はいたのか

若い頃から女優として活躍していた京塚昌子さん。特に「肝っ玉かあさん」などのテレビドラマに出演していた頃は多忙を極めていたでしょう。

そんな忙しい日々を送っていた京塚昌子さんに、夫や子供はいたのでしょうか。京塚昌子さんの夫や子供に関連する情報をまとめてみました。

死後内縁の夫の存在が報道される

京塚昌子さんといえば母親役のイメージが強いですが、実は私生活では数々の浮名を流していたそうです。そして、京塚昌子さんが亡くなった後に芸能マスコミによって、30代の1964年頃から内縁関係の夫がいたことが報じられました。

この夫は新橋のゲイボーイであり、その美貌で界隈では有名であったそうです。京塚昌子さんは夫のことを「あの人たち、人間なんだ。男も女もない。だから一緒にいて楽なんだ。」と知人に話しており、遊びではなく真剣に交際していたことが伺えます。

別れた後も仲は良好だった模様

京塚昌子さんは夫と天ぷら屋を経営しながら、同棲生活を始めました。しかし、そんな幸せな生活も長くは続かず、3年ほどで2人は別れてしまいます。

別れた原因はいろいろあるようですが、京塚昌子さんが自身の体型について引け目を感じていたことを、夫がおおらかに受けとめることができなかったことも要因としてあるようです。これほど体型を気にしていたので杉田かおるさんにも激怒したのですね。

ただ、京塚昌子さんは夫と別れた後も、夜の銀座で出くわした時にはよく酒を飲み交わしたそうです。別れた後も2人の間に後腐れは無く、良好な関係のままだったようですね。

京塚昌子に子供はいたのか

京塚昌子さんはその体型を気にしてか、20代後半の頃に痩せるためのホルモン治療を受けています。しかし、その副作用で月経が止まってしまい、その後はずっと更年期障害に悩まされていたそうです。

このような事情もあり、生涯にわたって京塚昌子さんには子供がいませんでした。日本を代表する母親役の女優である京塚昌子さんに子供がいないというのは、何とも皮肉なものですね。
 

京塚昌子の死因は脳梗塞だった

京塚昌子さんは若い頃その太った体型を気に病んでおり、お腹の肉をつかんだ子役の杉田かおるさんに激怒してしまうほどでした。しかし、その体型を逆に利用した母親役でブレイクし、一躍人気者となります。

テレビでは明るく活発な母親を演じていた京塚昌子さん。しかし、晩年はテレビからは想像できないような長い闘病生活を送っていました。そして、1994年9月23日に亡くなっており、その死因は脳梗塞による心不全でした。心よりご冥福をお祈りいたします。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ