前田敦子がAKB48のセンターだった理由は?センターを勤めた曲も一覧で紹介

元AKB48のメンバーで現在は女優として活躍されている前田敦子さんは、AKB48時代にはセンターを務めるほど人気のあったメンバーでした。そこで今回は前田敦子さんのプロフィールや経歴とともに、センターを務めた楽曲一覧を紹介しましょう。

前田敦子がAKB48のセンターだった理由は?センターを勤めた曲も一覧で紹介のイメージ

目次

  1. 1前田敦子(元AKB48)のプロフィール
  2. 2前田敦子がAKB48のセンターだった理由とは
  3. 3前田敦子のAKB48センター曲一覧【Part1】
  4. 4前田敦子のAKB48センター曲一覧【Part2】
  5. 5前田敦子のAKB48センター曲一覧【Part3】
  6. 6前田敦子のAKB48センター抜擢の理由はオーラと周りとは違う考えだった!

前田敦子(元AKB48)のプロフィール

愛称:あっちゃん
本名:勝地敦子(かつぢあつこ)
生年月日:1991年7月10日
年齢:28歳(2020年2月現在)
出身地:千葉県市川市
血液型:A型
身長:161㎝
体重:不明
活動内容:女優
所属グループ:元AKB48
事務所:太田プロダクション
家族構成:夫(俳優・勝地涼)・子供1人

前田敦子のAKB48など経歴

前田敦子さんは2005年、16歳の時にAKB48第1期生オーディションに合格し、同年12月にAKB48としてアイドルデビューしました。その後は人気メンバーとして数々の楽曲でセンターを務め、AKB48選抜総選挙では1位を獲得するほどの活躍を見せています。

前田敦子さんは2012年8月をもってAKB48を卒業し、その後は女優として本格的に活躍されています。また2018年7月には俳優の勝地涼さんと結婚されたことでも知られています。

Thumb前田敦子の整形疑惑!エラはいつどこに?目や鼻など整形疑惑箇所を比較検証!
前田敦子はAKB48時代から整形疑惑を持たれてきました。特にエラの変化が激しい事からエラ削り...

前田敦子がAKB48のセンターだった理由とは

前田敦子さんはAKB48の1期生メンバーとしても有名であり、数多くの楽曲でセンターを務めていたこともありAKB48の顔とも言われるほどの活躍を見せていました。ではなぜ前田敦子さんはAKB48のセンターに抜擢されたのでしょうか?

前田敦子AKB48センター抜擢の理由が意外?

グループのセンターとなると、一番歌が上手く一番ダンスが上手、一番可愛いなどとにかくグループの中で何でも一番であるイメージがあります。しかし前田敦子さんがAKB48でセンターに抜擢された理由は意外にもこのような理由ではなかったようです。

秋元康が語る前田敦子をAKB48センターにした理由

ではAKB48の生みの親とも言われている秋元康さんが前田敦子さんをAKB48のセンターに抜擢した理由について調べてみました。秋元康さんは以前テレビ番組「吉本坂46が売れるまでの全記録」で、前田敦子さんをAKB48のセンターにした理由を語っています。

AKB48のメンバー全員がセンターになりたいと言っていた中、前田敦子さんだけはセンターになりたくないと言っていたそうです。センターに興味がない前田敦子さんをセンターにすれば伸び代が出て面白いのでは?と思い前田敦子さんをセンターにしたそうです。

また秋元康さんは「彼女が一番センターに向いていなかった」とも明かしています。センターに向いていない前田敦子さんを敢えてセンターに抜擢したとのことでした。

秋元康とは

では秋元康さんのプロフィールについて簡単に紹介しましょう。秋元康(あきもとやすし)さんは1958年5月2日生まれの現在61歳。東京都目黒区出身で音楽プロデューサーや作詞家、映画監督、放送作家などマルチで活躍されている有名人です。

秋元康さんの妻は元アイドルである高井麻巳子さんとのことです。また秋元康さんと言えばAKB48グループや坂道シリーズのプロデューサーとしても知られています。

秋元康さんはAKB48グループや乃木坂46などの坂道シリーズの全楽曲の作詞を担当しており、番組の企画やドラマの脚本なども手掛けています。今でも大ヒット曲として知られている稲垣潤一さんの「クリスマスキャロルの頃には」も秋元康さんが作詞をされています。

AKB48センターにふさわしいオーラ

秋元康さんには「センターに一番ふさわしくない」とも言われていた前田敦子さん。しかし秋元康さんは当時の前田敦子さんには「天才的なオーラ」を感じたそうです。結果的に前田敦子さんがセンターを務めたAKB48は爆発的な人気となりました。

ダンスの夏まゆみ先生が語るAKB48センター前田敦子とは

前田敦子さんがAKB48のセンターに抜擢された理由として、AKB48の振り付けを担当しているダンスの講師である夏まゆみ先生も自身の本で語っています。前田敦子さんはデビュー前のダンスレッスンではうつむきがちでそこまで目立った存在ではなかったそうです。

しかし前田敦子さんは夏まゆみ先生がメンバー全員に出した課題を夜中に帰って家でやっていたそうで、その目に見えない努力がセンターに抜擢された理由だと明かしていました。

夏まゆみとは

夏まゆみさんとは1962年3月23日生まれの現在57歳。神奈川県出身であり、振付師や演出家として活躍されています。夏まゆみさんはモーニング娘。やAKB48の立ち上げから育成や指導を行ったことでも知られており、現在では様々なアーティストの振り付けを担当しています。

前田敦子とWセンターを飾る高橋みなみの対談

続いて元AKB48の総監督を務めた高橋みなみさんが語った前田敦子さんのセンター理由について紹介しましょう。高橋みなみさんは以前インタビューでAKB48時代の事を語っており、前田敦子さんがセンターに適したメンバーであると明かしています。

AKB48の初のシングルでは前田敦子さんではなく高橋みなみさんがセンターに抜擢されています。そして2枚目のシングルでは前田敦子さんとWセンターを務めました。

その後は次第に前田敦子さんがセンターを務めることが多くなり、「前田敦子=センター」というイメージが定着しました。前田敦子さんにセンターの座を奪われてしまった高橋みなみさんですが、当時は悔しさもありながら自然と受け入れていったとのことでした。

高橋みなみ(元AKB48)とは

高橋みなみさんは、1991年4月8日生まれの現在28歳。東京都出身でAKB48の第1期生メンバーとして2005年にデビューし、その後はAKB48初代総監督としても活躍されました。2016年4月の誕生日に行われた卒業公演でAKB48を卒業しました。

AKB48センター時代の前田敦子に対するファンの声

前田敦子さんはAKB48でセンターを務めていた時は周囲からのやっかみや納得いかないという批判の声が多数あったようです。しかし現在では「AKBのセンターはやっぱりあっちゃんがしっくりくる」「あっちゃんのセンター時代が一番好き」などとも言われているとのことです。

Thumb前田敦子のスタイルが抜群と話題に!AKB48時代と現在を比較!
元AKB48の前田敦子さんはとてもスタイルが良いと言われています。そこで前田敦子さんのAKB...

前田敦子のAKB48センター曲一覧【Part1】

では前田敦子さんがAKB48でセンターを務めた楽曲の一覧を紹介しましょう。前田敦子さんはAKB48のインディーズ2枚目のシングル「スカートひらり」で高橋みなみさんとWセンターを務め、その後は数々の楽曲でセンターとして活躍されています。では前田敦子さんがセンターを務めた楽曲について、まずはPart1として10曲を紹介しましょう。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧①『会いたかった』

前田敦子さんがセンターを務めた曲1つ目は「会いたかった」です。「会いたかった」は2006年10月にリリースしたAKB48のメジャーデビュー曲であり、前田敦子さんが初の単独センターに抜擢された大ヒット曲です。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧②『制服が邪魔をする』

前田敦子さんのセンター曲2つ目は「制服が邪魔をする」です。この曲は2007年1月にリリースとなったAKB48の2ndシングルであり、前田敦子さんと高橋みなみさんのWセンターが注目された曲です。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧③『僕の太陽』

前田敦子さんのセンター曲3つ目は「僕の太陽」です。「僕の太陽」は2007年8月にリリースされたAKB48の5作目のシングルであり、前田敦子さんが単独センターを務めたヒット曲です。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧④『夕陽を見ているか?』

前田敦子さんのセンター曲4つ目は「夕日を見ているか?」です。「夕日を見ているか?」は2007年10月にリリースされたAKB48の6作目のシングルであり、センターは小嶋陽菜さんと前田敦子さんが務めました。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑤『ロマンスイラネ』

前田敦子さんのセンター曲5つ目は「ロマンスイラネ」です。「ロマンスイラネ」は2008年1月にリリースされたAKB48の7作目のシングルであり、これも前曲と同様小嶋陽菜さんとWセンターを務めた注目曲です。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑥『桜の花びらたち2008』

前田敦子さんのセンター曲6つ目は「桜の花びらたち2008」です。「桜の花びらたち2008」はAKB48のインディーズ1枚目の曲である「桜の花びらたち」のリメイクとして2008年にリリースされたヒット曲で、センターは前田敦子さんが飾りました。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑦『BABY!BABY!BABY!』

前田敦子さんのセンター曲7つ目は「BABY!BABY!BABY!」です。この曲は2008年6月にリリースされたAKB48の9作目の配信限定シングルであり、前田敦子さんがセンターを務めています。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑧『大声ダイヤモンド』

前田敦子さんのセンター曲8つ目は「大声ダイヤモンド」です。「大声ダイヤモンド」は2008年10月にリリースされたAKB48の10作目のシングルであり、センターを務めたメンバーは前田敦子さんと松井珠理奈さんです。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑨『10年桜』

前田敦子さんのセンター曲9つ目は「10年桜」です。「10年桜」は2009年3月にリリースとなったAKB48の11作目のシングルで、この曲も松井珠理奈さんと前田敦子さんのWセンターとなりました。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑩『涙サプライズ!』

前田敦子さんのセンター曲10つ目は「涙サプライズ!」です。「涙サプライズ!」は2009年6月にリリースされたAKB48の12作目のシングルであり、前田敦子さんがセンターを務めています。

Thumb前田敦子のお腹がポッコリ!旦那の勝地涼との子供を妊娠!出産は?
元AKB48の前田敦子さんは、俳優・勝地涼さんと電撃結婚したことで話題となりましたが、実は当...

前田敦子のAKB48センター曲一覧【Part2】

ここまでは前田敦子さんがAKB48時代にセンターを務めた10曲を紹介しました。前田敦子さんはAKB48のほとんどのシングルでセンターを務めていることがわかりました。続いてはPart2として11曲~15曲を紹介しましょう。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑪『言い訳Maybe』

前田敦子さんのセンター曲11つ目は「言い訳Maybe」です。「言い訳Maybe」は2009年8月にリリースとなったAKB48の13作目のシングルであり、第1回AKB48選抜総選挙の対象曲で、前田敦子さんがセンターを務めています。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑫『RIVER』

前田敦子さんのセンター曲12つ目は「RIVER」です。「RIVER」は2009年10月にリリースされたAKB48の14作目のシングルで、高橋みなみさんと前田敦子さんがWセンターを務めた曲です。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑬『桜の栞』

前田敦子さんのセンター曲13つ目は「桜の栞」です。「桜の栞」は2010年2月にリリースされたAKB48の15作目のシングルであり、この曲も高橋みなみさんと前田敦子さんのWセンターが注目されました。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑭『ポニーテールとシュシュ』

前田敦子さんのセンター曲14つ目は「ポニーテールとシュシュ」です。この曲は2010年5月にリリースしたAKB48の16作目のシングルであり、高橋みなみさんとともに前田敦子さんがセンターを務めた作品です。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑮『Beginner』

前田敦子さんのセンター曲15つ目は「Beginner」です「Biginner」は2010年10月にリリースしたAKB48の18作目のシングルで、前田敦子さんがセンターを務めた少しかっこいい系の曲調が人気となりました。

Thumb前田敦子の現在!元AKB48の仕事や近況は?結婚や整形など情報まとめ
元AKB48初期メンバーの前田敦子さんは、現在はどのような仕事をしているのでしょうか?今回は...

前田敦子のAKB48センター曲一覧【Part3】

さて続いては前田敦子さんのAKB48センター曲一覧Part3を見ていきましょう。前田敦子さんはAKB48を卒業する最後までセンターを飾っています。前田敦子さんがセンターを務めた楽曲はまだまだありますので紹介しましょう。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑯『桜の木になろう』

前田敦子さんのセンター曲16つ目は「桜の木になろう」です。この曲は2011年2月にリリースされたAKB48の20作目のシングルで、こちらも前田敦子さんがセンターを務めたヒット曲です。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑰『Everyday、カチューシャ』

前田敦子さんのセンター曲17つ目は「Everyday、カチューシャ」です。この曲は2011年5月にリリースされたAKB48の21作目のシングルであり、前田敦子さんがセンターを務めています。メンバーの可愛い水着姿が話題となった楽曲です。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑱『フライングゲット』

前田敦子さんのセンター曲18つ目は「フライングゲット」です。「フライングゲット」は2011年8月にリリースされたAKB48の22作目のシングルで、前田敦子さんがセンターを務めた代表曲とも言われています。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑲『風は吹いている』

前田敦子さんのセンター曲19つ目は「風は吹いている」です。「風は吹いている」は2011年10月にリリースされたAKB48の23作目のシングルであり、大島優子さんと前田敦子さんがWセンターを務めたヒット曲です。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧⑳『GIVE ME FIVE!』

前田敦子さんのセンター曲20つ目は「GIVE ME FIVE!」です。この曲は2012年2月にリリースされたAKB48の25作目のシングルです。前田敦子さんがセンターを務めたヒット曲です。

AKB48【前田敦子】センター曲一覧㉑『真夏のSounds good!』

前田敦子さんのセンター曲21つ目は「真夏のSounds good!」です。この曲は2012年5月にリリースしたAKB48の26作目のシングルで、前田敦子さんがセンターを務めた最後の曲です。

【番外編】Wセンター説の曲一覧

前田敦子さんのセンター曲を見てみると、AKB48のほとんどの曲でセンターを務めていたことがわかりました。AKB48の全盛期は前田敦子さんあってのグループだったと言われるわけです。また番外編として前田敦子さん単独ではなくWセンターだった説の曲もあるとのことです。

3rdシングル『軽蔑していた愛情』高橋みなみとWセンター説

2007年4月にリリースしたAKB48の3rdシングルである「軽蔑していた愛情」は、高橋みなみさんがセンターを務めた曲と言われているのですが、これは高橋みなみさんだけでなく前田敦子さんとのWセンター説があるようです。

4thシングル『BINGO!』高橋みなみとWセンター説

2007年7月にリリースしたAKB48の4thシングル「BIHGO!」も高橋みなみさんとのWセンター説があります。この頃は高橋みなみさんと前田敦子さんのセンター争いのような雰囲気があったのかもしれません。

Thumb前田敦子のAKB48卒業理由は?卒業発表から卒業公演までをおさらい!
元AKB48のエースとしてブームの原動力になった前田敦子の卒業理由について紹介します。なぜ絶...

前田敦子のAKB48センター抜擢の理由はオーラと周りとは違う考えだった!

以上、前田敦子さんのプロフィールや経歴とともに、AKB48でのセンター抜擢の理由やセンターを務めた楽曲などを紹介しました。前田敦子さんはもともとセンターに向いていたメンバーであったわけではなく、何か内に秘める天才的なオーラがあったということでした。

前田敦子さんはAKB48を卒業した現在は女優として活躍されています。結婚、出産もされAKB48時代とは違った充実した生活をされていることでしょう。

Thumb前田敦子出演ドラマ一覧!人気やおすすめは?イケパラやロボットなど!ドラマ降板とは
現在は女優として活躍中している前田敦子さんの出演ドラマを、人気作品やおすすめ作品に分類してご...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
松本友奈

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ