前田裕二の高校や大学など学歴や経歴は?生い立ちから現在まで!

若くしてSHOWROOM株式会社を起業した経歴のある前田裕二さんは、実は経済的な理由で高校進学を考えていなかったそうです。今回は、その複雑な生い立ちが話題の前田裕二さんの出身高校や大学などの学歴や卒業後の経歴、話題の生い立ちや家族についても調べてみました。

前田裕二の高校や大学など学歴や経歴は?生い立ちから現在まで!のイメージ

目次

  1. 1前田裕二のプロフィール
  2. 2前田裕二の出身高校や大学など学歴
  3. 3前田裕二の詳しい経歴
  4. 4前田裕二の家族・生い立ちから現在まで
  5. 5前田裕二は深川高校と早稲田大学出身で兄とは深い絆

前田裕二のプロフィール

・愛称:不明
・本名:前田裕二
・生年月日:1987年6月23日
・年齢:31歳
・出身地:東京都
・血液型:不明
・身長:不明
・体重:不明
・活動内容:実業家、SHOWROOM株式会社代表取締役社長
・所属グループ:なし
・事務所:SHOWROO代表取締役社長
・家族構成:兄
・出演作品:著書「メモの魔力」、「人生の勝算」

前田裕二の経歴

前田裕二さんは東京の深川高校から早稲田大学政治経済学部に進み、卒業後はUBS証券会社に入社しました。その後2013年に転職し、株式会社ディー・エヌ・エーに入社した前田裕二さんは、ライブストリーミングサービスであるSHOWROOMを立ち上げました。

2015年にSHOWROOM株式会社を若くして起業し、自ら代表取締役社長に就任した経歴のある前田裕二さんは、堀江貴文さんや秋元康さんという著名人からも「天才」として認められた素晴らしい実力の持ち主です。

Thumb前田裕二と石原さとみは結婚する?破局説や馴れ初めなど熱愛まとめ
SHOWROOMの前田裕二さんと石原さとみさんの熱愛が文春で報じられてからしばらく経ちますが...

前田裕二の出身高校や大学など学歴

前田裕二さんは今の輝かしい経歴からは想像できないような、複雑な生い立ちが話題です。その中でも、経済的な理由から高校進学は考えていなかったという衝撃の告白をしたことで世間から驚きの声があがりました。

まずはそんな前田裕二さんの出身高校や出身大学などの学歴について、高校時代や大学時代のエピソードも交えながら見ていきましょう。

出身高校は深川高校

前田裕二さんの出身高校は、東京都の公立高校である深川高校と言われています。前田裕二さんの今の輝かしい経歴からすると、どこかの有名私立高校に通っていたのかと思いきや、意外にも都内の公立高校に通っていたことがわかりました。

前田裕二さんは幼い頃に両親を亡くし、家族が兄しかいなかったという複雑な生い立ちをしているので、経済的な理由から高校進学を諦める予定だったと言いますが、親戚の援助で学費の安い高校に進学させてもらえたというエピソードがあるそうです。
 

深川高校の偏差値

公立高校である深川高校の偏差値を調べてみると、偏差値は57のようです。ちなみに東京都内の公立高校230件中47位ということで、公立高校の中ではレベルの高い方になります。やはり前田裕二さんは昔から頭が良かったのでしょうね。
 

高校時代のアルバイト生活も凄い

前田裕二さんは経済的な不安から、高校時代から本格的にアルバイトを始めたそうです。高校時代には前田裕二さんはバスケットボール部に所属し、毎日朝練もあったということなので、かなりハードな生活を送っていたそうです。

ちなみに、高校時代にはファミレスと新聞配達のアルバイトを掛け持ちしていて、部活が終わるとファミレスのバイトに行き、そこから帰宅して2~3時間仮眠をとった後、新聞配達のバイトをして部活の朝練に行くという、とてつもなくハードな生活を送っていたそうです。

部活をしているだけでも大変なのに、アルバイトを掛け持ちするとは相当ハードなことが伺えます。仮眠を数時間しかとらず毎日休む暇もなく活動し続けた前田裕二さんは、エネルギッシュすぎますよね。

しかし前田裕二さんは現在も超多忙で睡眠時間は2~3時間程度しかとれていないそうですが、よく考えると高校時代からその生活をしていたということになります。前田裕二さんの生活リズムは高校時代につくられたのかもしれませんね。

高校卒業後は早稲田大学へ

前田裕二さんは東京の深川高校を卒業後、早稲田大学に進学します。知名度抜群の早稲田大学に進学した高学歴の前田裕二さんは、さらに才能を開花させていきます。次からは前田裕二さんの高学歴エピソードについてもご紹介します。

早稲田大学の偏差値

名前を知らない人はいないと言っても過言ではない早稲田大学ですが、偏差値を調べてみるとなんと70という数字でした。偏差値70とは相当な難関大学です。早稲田大学に現役合格を果たした前田裕二さんは、高学歴そのものですね。

ちなみに、早稲田大学の政治経済学部は一番の「看板学部」ということなので、入試の倍率も相当なものなのではないかと予想されます。そこに現役合格を果たした前田裕二さんは、まさに高学歴のエリートですね。

早稲田大学での専攻は?

早稲田大学では政治経済学部に進学した前田裕二さんは、おそらく経済について専攻をしたのではないかと考えられます。現在の敏腕経営者としての前田裕二さんの基礎は、おそらく大学時代につくられたのでしょう。

大学時代には100以上のアルバイト経験

前田裕二さんは大学時代に100以上のアルバイトを経験し、その中の一つが塾講師だそうです。生徒一人一人に合わせた指導方法を編み出し、わかりやすい端的な授業を心がけていたと言います。前田裕二さんは高学歴な上に、指導者としても素晴らしかったそうです。

そして前田裕二さんは受け持った全ての生徒の学力を上げることに成功したそうです。いくら高学歴でも全ての生徒の成績を上げることは相当難しいと言われているので、前田裕二さんがいかにすごい指導者なのかが伺えますね。

大学時代にはビジュアル系バンド活動も

前田裕二さんは大学在学中にビジュアル系バンドをしていたという経歴もあるそうです。そして音楽活動をするうちに、音楽業界がもっと輝けるようになるために自分が何かできることがないかを模索するようになり、結果的にビジネスマンの道に進んだそうです。

前田裕二の詳しい経歴

早稲田大学を卒業後の前田裕二さんは、外資系投資銀行に入社します。次からは前田裕二さんの社会人としての詳しい経歴についても調べてみました。

2010年にUBS証券会社に入社

前田裕二さんのは早稲田大学卒業後、新卒でUBS証券会社に入社します。そして2年目にはニューヨークの本社勤務に抜擢され、厳しい競争社会のアメリカでもトップの営業成績をおさめています。

UBS証券会社とは

ちなみに、UBS証券株式会社は日本の証券会社で、スイスのチューリヒとバーゼルに本社をおくUBSグループの日本法人です。東京都千代田区を本社とし、愛知県名古屋市と大阪府大阪市に営業所をもつ会社です。

2011年に「UBS Securities LLC」に移る

その後前田裕二さんは2011年に「UBS Securities LLC」に移り、ニューヨークでアドバイザリー業務に従事します。主に、資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行っていたそうです。

2013年に株式会社ディー・エヌ・エーに入社

前田裕二さんはその後も更なる高みを目指すために、2013年に株式会社ディー・エヌ・エーに転職しています。ちなみに、前田裕二さんは新卒時の就職活動でDeNAの最終面接まで残っていたと言います。

その採用面接を担当したDeNA創業者で現在取締役の南場智子さんという方が「絶対に仲間に入れたかった」と5年も追いかけていた人材が前田裕二さんだったそうです。南場智子さんに事業立ち上げについて相談したことをきっかけに、転職することになったそうです。

株式会社ディー・エヌ・エーとは

株式会社ディー・エヌ・エーは、インターネット関連企業で、主にモバイルゲーム開発や配信を手掛けています。また、傘下にはプロ野球球団の横浜DeNAベイスターズを保有しています。
 

同時期にライブストリーミングサービスSHOWROOM立ち上げ

そして前田裕二さんは、転職と同時期にライブストリーミングサービス「SHOWROOM」を立ち上げています。ライブストリーミングサービスとは、プレイヤーが仮想のライブ空間で生配信を行うサービスのことを指します。

2015年にSHOWROOM株式会社を設立

前田裕二さんは転職して3年目の2015年に、念願だった会社を設立しています。前田裕二さんの設立した会社とは「SHOWROOM株式会社」という名前です。そして前田裕二さんは自ら代表取締役社長に就任しています。

SHOWROOM株式会社とは

前田裕二さんが立ち上げた会社「SHOWROOM株式会社」とは、ライブ動画ストリーミングを手掛けている会社です。ライブストリーミングを利用すると、誰もがライブ配信して視聴者とコミュニケーションを楽しむことができるようになります。

ソニー・ミュージックエンタテインメント出資で合併会社化

会社を設立するにあたって資金が必要ですが、前田裕二さんは転職した会社である株式会社DeNAでの活躍が認められ、ソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受けることができ、合弁会社化することにも成功しています。

前田裕二の家族・生い立ちから現在まで

若くして企業し、成功をおさめている前田裕二さんですが、複雑な生い立ちが話題となっています。前田裕二さんは8歳という幼い時に両親を亡くし、唯一の家族である兄と2人で力を合わせて生活をしてきたというとても大変な人生を送っていたのです。

今の輝かしい生活からは想像できないような大変な苦労をしてきた前田裕二さんは、その辛い経験があるからこそ、今の成功があるのかもしれません。今回は前田裕二さんの複雑な生い立ちや、家族についても調べてみました。

幼少期に両親が他界

前田裕二さんは8歳という幼い時に両親を亡くしています。その後1年程度は住む家もなく、友達の家を転々としたというエピソードもあるようです。そのため小学2年生のときは学校にも通っていない空白の時間があったとのことです。

小学生の時に家族を亡くし、みんな当たり前のように学校に通う時代に、満足に学校に通えなくなったという辛い経験をしている前田裕二さんは、幼い頃から相当な苦労をしてきた方ということが伺えます。

前田裕二の家族構成

前田裕二さんには唯一の家族である、10歳年上の兄がいます。前田裕二さんが8歳の時に両親を亡くしたということは、その当時お兄さんは18歳で高校生か大学生になる年なので、将来の進路を決めるうえできっとお兄さんも苦労が絶えなかったことが伺えます。

両親他界後には兄と親戚の家に引き取られる

両親を亡くして家族が2人だけになってしまった前田裕二さんとお兄さんは、親戚の家に引き取られたそうです。そして前田裕二さんは10歳の時に、近所の駄菓子屋でアルバイトをしたいと申し出るも、断られてしまったと言います。

そのため、人に頼らずにご飯を食べれるようになろうと小学生の頃から駅前でギターの弾き語りをしてお金を稼ぎ、家族の家計の足しにしていたそうです。こんな幼い頃からお金のことを考えてアルバイトをするとは、前田裕二さんは本当に健気ですよね。

兄との感動エピソードとは

前田裕二さんのお兄さんは成績が優秀で、医師になろうと考えていたものの、経済的に厳しかったため自分の夢を諦め、弟である前田裕二さんの側にいることを選んだそうです。自分の幸せよりも弟の幸せを選ぶお兄さんは相当人間的にできた人であることが伺えます。
 

小学校6年生でビジネス思考が生まれる

前田裕二さんは敏腕経営者として現在大活躍していますが、実は小学6年生の頃からビジネス思考が生まれたと言います。小学生時代は将来の夢に「パン屋さん」などと書いているような時代なのに、「ビジネス」という言葉を知っている時点ですごいですよね。

大学時代までは無国籍の生い立ちを持つ前田裕二

幼い頃に家族を亡くしたという切ない生い立ちは前述した通りですが、前田裕二さんには大学時代まで無国籍だったという衝撃のエピソードもあるようです。

前田裕二が帰化で国籍取得?

前田裕二さんが帰化したという噂があるようですが、帰化の真相について調べてみると、韓国から帰化して日本国籍を取得した、ということのようです。しかしその噂の出所がよくわからないため、あくまで噂レベルの話と言えそうです。

現在も兄との深い絆は結ばれ続ける

前田裕二さんのお兄さんが医師になるという夢を諦めたというエピソードが先ほどご紹介しましたが、現在も前田裕二さんはお兄さんと深い絆で結ばれていると言います。それは前田裕二さんのTwitterの投稿からも伝わってきます。

こちらのTwitterの投稿を見てみると、前田裕二さんの将来の夢は「日本初の世界一の企業をつくること」と、「お兄さんの幸せ」だそうです。これを見る限り、2人は深い絆で結ばれた兄弟だったことが伺えますね。

前田裕二は深川高校と早稲田大学出身で兄とは深い絆

前田裕二さんは31歳の若さにして起業を成功させた素晴らしい経歴を持つ方ですが、幼い頃に両親を亡くし、たった1人の家族である兄に助けられながら生きてきたという複雑な生い立ちをしています。そんなお兄さんと前田裕二さんは、現在も深い絆で結ばれています。

敏腕経営者として世間に名を知らしめている前田裕二さんの、今後の活躍を期待しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ちひろ
総合病院の元助産師。現在は子育て中のため一旦臨床を離れ、空いた時間にライターの仕事をしています。皆さんに楽しんでい...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ