マホトがストーカー被害に!名前はみうで顔は?学校やTwitterも発覚?

人気YouTuberのマホトさんがストーカー被害にあったそうですが、犯人は特定されているのでしょうか?一説によるとすでに犯人は特定されていて、学校や顔やTwitterアカウントも判明しているという噂です。マホトさんのストーカー被害についてまとめました。

マホトがストーカー被害に!名前はみうで顔は?学校やTwitterも発覚?のイメージ

目次

  1. 1マホトさんのプロフィール
  2. 2マホトさんがストーカー被害に!
  3. 3マホトさんのストーカー事件犯人の名前や顔
  4. 4マホトさんのストーカーの学校やTwitterも発覚?
  5. 5マホトさんのストーカー事件のその後
  6. 6マホトさんのストーカー犯人発覚で今後も厳重注意

マホトさんのプロフィール

・愛称:マホトくん
・本名:渡邊摩萌峡
・生年月日:1992年12月8日
・年齢:26歳(2019年5月現在)
・出身地:大分県米水津市
・血液型:???
・身長:170cm
・体重:???
・活動内容:YouTuber、ラッパー
・所属グループ:カイワレハンマー
・事務所:UUUM
・家族構成:父、母、妹

マホトさんの経歴

マホトさんは正式な芸名はワタナベマホトといいます。しかし、ワタナベを略して「マホト」と呼ばれることも多いようです。

マホトさんは中学生時代から動画の投稿を始めていたようですが、その頃から顔出しでの動画を投稿していたようです。当時はセミを油であげて食べるという動画が話題となり、大きな注目を集めたようでした。

マホトさんはYouTuberとなってからも幾度かチャンネルを変えていたようです。現在のチャンネル名は「ワタナベマホト」で登録者数は260万人を超える人気チャンネルとなっています。

現在のチャンネルでは「架空請求業者はどれだけ泣いたら許してくれるのか?」の検証動画など、過激な動画も多いようですが、それだけに注目を集めているのかもしれません。主にはやってみた系の動画が多いようです。

マホトさんの現在ですが、YouTuberの他にも「カイワレハンマー」というユニットでラッパーとしても活躍しています。この「カイワレハンマー」ですが、YouTuberで同じ事務所のimigaさんとのユニットになるようです。

このユニットとしてはエイベックスに所属しており、2014年にアルバム「BegInner」でCDデビューも果たしています。また、マホトさんは自身がプロデュースするTシャツのブランドも立ち上げるなど、マルチな才能を発揮しているようです。

マホトさんがストーカー被害に!

人気YouTuberとして、そしてヒップホップユニットのラッパーとしても活躍するマホトさんですが、実はストーカー被害に遭っていたという情報があります。マホトさんのストーカー被害というのはどのようなものだったのでしょうか?

お渡し会終了後の帰宅時にストーカー事件発生

マホトさんがストーカー被害にあったのは、2018年の3月のことだったそうです。「お渡し会」というイベントがあったそうなのですが、その後、友人の家に向かっていたところ、ストーカーされていたことに気づいたそうです。

この「お渡し会」というイベントがどういうものなのかの詳細は分かりませんが、そこにいたファンがそのままついてきたという可能性がありそうです。

友人宅へ向かう途中にタクシーでストーカーが尾行

ストーカー事件の概要ですが、マホトさんがイベント会場を後にしてタクシーに乗り込み、友人宅へ向かっていたところ、ずっとついてくるタクシーの存在に気づいたのだそうです。そこからマホトさんは動画でそのタクシーを撮影していました。

マホトさんはタクシーの運転手に言って予定とは違う道に入ってもらったりもしますが、やはり後ろのタクシーはずっとついてきたそうです。

タクシーを停車するとストーカー側も停車

マホトさんが乗っているタクシーが停車すると、相手のタクシーも停車し、完全にストーカーであることが判明しました。

マホトさんはタクシーを降り、さらに相手のタクシーに近づいて動画を撮影し続けていたそうです。マホトさんがタクシーの中のストーカーに怒っても、ストーカーの犯人は謝罪したりするどころか、嬉しそうにはしゃぎだしたというのです。

マホトさんはストーカー被害時の動画を撮影し投稿

マホトさんはこの時撮影した動画を自身のチャンネルに投稿しました。その動画がこちらになりますが、マホトさんがかなり怒っているのが分かります。しかし、タクシーの車中にいた犯人の女性たちが嬉しそうに声をあげているのが聞こえてきます。

マホトさんが「降りてこい」と言ってもストーカーの犯人たちは降りてこず、最終的にはタクシーを発車させて逃げてしまったようです。

マホトさんのストーカー被害に対しファンの反応は?

一連のストーカー被害についてはYouTube動画でも説明がありましたが、マホトさんのTwitterでも説明がされていました。マホトさんのストーカー被害を知ったファンたちは、かなり憤っていたようです。

特に動画で投稿された映像では、マホトさんが真剣に怒っているのに犯人たちの笑っている声が聞こえてきて、ファンとしては許しがたい行為だったようです。

マホトさんをストーカーした犯人に対しては、同じことをされれば気持ちが分かるだろうといった意見も多かったようです。この事件の一番の問題は、被害者の心の痛みを加害者がまったく理解していないというところにあるようです。

おそらくストーカーの犯人たちは、自分たちが悪いことをしているなどとはまったく思っていなかったのかもしれません。

どうやらマホトさんのストーカーの犯人は早々に特定されていたようで、ネット上には同じ学校の人からのコメントなども数多く見られました。

また、犯人をよく知る人たちによって、犯人たちがどのような人物であるのかについても明かされていたようです。現在はネット社会ですので、顔にモザイクがかかっているような状態でも犯人を特定することは可能なようです。

YouTuberというのは近年になって生まれた職業でもありますので、そのファンたちのモラルに対して警笛を鳴らすコメントもネット上には見られました。

YouTuberは顔出しをしている人が多いということもあり、マホトさん以外にも、はじめしゃちょーなどもストーカー被害に遭ったことがあるそうです。はじめしゃちょーの場合はかなり大きなニュースとなり、犯人が逮捕されるということもありました。

マホトさんのストーカー事件犯人の名前や顔

マホトさんのストーカー事件の犯人の名前や顔は特定されているのでしょうか?一説によると、犯人は学生で、すでに学校も判明しているという噂もあります。マホトさんのストーカー事件の犯人について調べてみました。

犯人の名前は「みう」と「あいり」と特定

マホトさんのストーカー事件の犯人ですが、名前は「みう」と「あいり」だと特定されたようです。二人が「みう」と「あいり」だと断定された決定的な証拠は、「あいり」が持っていたバッグだったようです。

顔についてはモザイクがかかっているのですが、動画に映っていたバッグから二人のTwitterなどが特定され、「みう」と「あいり」が犯人だと断定されたようでした。

ストーカー事件犯人「みう」と「あいり」の顔は?

「みう」と「あいり」の顔ですが、その画像はあるのでしょうか?調べてみたところ、ネット上には「みう」と「あいり」のモザイク無しの顔画像については見つけることができませんでした。

二人はTwitterなどのSNSも開設していたようですが、すぐにアカウントが特定され、現在は削除されてしまっているようです。

犯人は中学生と発覚

実は犯人のストーカーである「みう」と「あいり」ですが、二人は中学生であることもすぐに判明しました。中学生ではアルバイトもできないはずですが、タクシーでストーカーをしていたことに驚きが広がっています。

最近のYouTuberのファン層は低年齢化しているとも言われており、小学生や中学生のYouTuberファンが増えているようです。しかし、それだけにマナーの問題が危惧されています。

マホトさんのストーカーの学校やTwitterも発覚?

マホトさんのストーカーの犯人は中学生だと判明しましたが、通っていた中学校の名前も判明したという情報があります。

さらには犯人の「みう」のTwitterアカウントも特定されたのだとか。マホトさんのストーカーの「みう」と「あいり」についてさらに詳しく調べてみました。

ストーカーが通う中学校も発覚?

ストーカーの「みう」と「あいり」ですが、どうやら同じ中学校に通っていたようです。その中学校の名前も現在は特定されています。

中学校の同級生がTwitterなどのSNSでコメントするなど、ストーカーの二人は炎上してしまっているようです。中学校の同級生たちのコメントによると、二人は以前から素行の悪さが目立っていたということのようでした。

コレコレさんがストーカー「みう」と「あいり」について語る

マホトさんのストーカー疑惑について、YouTuberのコレコレさんが解説する動画を投稿しているようです。この動画の中では軽いモザイクがかかっただけの二人の顔画像もあり、見る人が見ればほぼ特定できるような顔画像のようです。

このコレコレさんの動画によると、ストーカーの二人は何食わぬ顔でマホトさんがストーカー被害を訴えるTwitterにコメントしていたようです。おそらく自分たちが犯人だとバレていないと考えてのことだったのでしょう。

YouTuber・コレコレさんとは

マホトさんのストーカー事件に関する解説動画を投稿したコレコレさんというのはどのような人なのでしょう?コレコレさんのプロフィールについても簡単に紹介しましょう。

コレコレさんはもともとはニコニコチャンネルで「かがみんのBAN工場」を配信していたようですが、現在はYouTubeを中心に活動しているそうです。YouTubeチャンネルの内容は雑談などが主になっているようです。

コレコレさんのYouTubeチャンネルの名前は「コレコレチャンネル KoreTube」で、現在の登録者数は90万人を超える人気チャンネルとなっているようです。

コレコレさんは顔出し配信をしていますが、顔出しをするときには鼻にマスクやテープなどをつけているのが特徴です。言葉使いが荒く、攻撃的な内容の投稿も多いことから、動画の内容には賛否両論があるようです。

「みう」は他のYouTuberとオフパコとの噂も

マホトさんのストーカーの犯人である「みう」ですが、その情報がいろいろと晒されているようです。「みう」の服装や持っているバッグなどが高額なこともあり、他のYouTuberと関係を持ってお金を稼いでいるという噂もあるようです。

このYouTuberというのがかなり大物だという噂で、「みう」だけではなく、相手と見られるYouTuberのことも話題になりました。

「みう」のTwitterも発覚

「みう」のTwitterはマホトさんがストーカー被害を告白してほどなく特定されたようです。特定されるまでに時間がかからなかったのは、「みう」と一緒にいた「あいり」のバッグがかなり高額で特徴的なものだったことが理由にあるようです。

当日、イベントに行っていた人の中で同じバッグを持っていた「あいり」が特定され、「みう」のTwitterも特定されたようでした。

Twitter以外にインスタも発覚

「みう」のTwitter以外にも、インスタも同時に特定されたようです。現在このインスタは削除されているようですが、インスタに残っていた動画はネット上で拡散され続けているようです。

こちらが「みう」のインスタに投稿された動画になりますが、マホトさんへの愛を口上のような形で複数で叫んでいるのが確認できます。

マホトさんのストーカー事件のその後

マホトさんのストーカー事件のその後ですが、いったいどうなったのでしょうか?警察にも通報するということをマホトさんは言っていたようですが、警察には通報したのでしょうか?ストーカー事件のその後について調べてみました。

その後は精神的ダメージからか動画投稿休業を報告

マホトさんはストカー事件による精神的なダメージから、動画投稿を休むことをTwitterで報告しています。とはいえ、休んだのはほんの僅かなことだったようですが、それでもストーカーされていたということは大きなショックだったに違いありません。

動画を作成にするにはある程度のテンションも必要ですので、ストーカー被害のすぐ後で動画を作成するということはやはり難しいことだったのでしょう。

ストーカー事件3日後に警察に相談

ストーカー事件から3日後、マホトさんは警察に相談に行ったのだそうです。当日の動画もありますし、マホトさん自身も相手は特定できているということですので、おそらく警察のほうからストーカーの犯人に対して何らかの行動が行われたはずです。

ただ、相手が中学生ということもありますので、どこまで刑事的な責任が問えるのかということに関しては、あまり期待できないかもしれません。

相談の結果イベント出演を辞退

マホトさんはストーカー事件の後にイベント出演を予定していましたが、事務所などとも相談の上、このイベント出演を辞退するということになったそうです。

本来であれば、こうしたイベント辞退に関わる損害賠償などもストーカー側に請求することはできるのでしょうが、今のところ、マホトさんはそうした行動はとっていないようです。

ストーカー犯人からの謝罪なく学校側にも通報?

ストーカーの犯人からマホトさんへの謝罪はなかったようです。ただ、ネット上の情報によると、ストーカーを行っていた「みう」と「あいり」の二人は現在、中学校を休学しているという情報もあるようです。

学校側に通報したのはマホトさんではなく、コレコレさんの動画を見た中学校の同級生だったようです。

マホトさんのストーカー犯人発覚で今後も厳重注意

人気YouTuberでラッパーとしても活躍するマホトさんのストーカー事件について紹介してきました。マホトさんのストーカーの犯人は中学生の「みう」と「あいり」でTwitterや出身中学校も特定されたようです。

顔出しをしているYouTuberがストーカー被害に遭うということが近年増えており、問題になっているようです。マホトさんも含め、顔出しをしているYouTuberにとっては、自分や家族の安全確保が何よりも大切だと言えるでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ