松坂慶子の若い頃がイイ!出演映画などの経歴や抜群のスタイルも調査!

女優の松坂慶子さんの若い頃が「イイ!」という噂があるようです。松坂慶子さんは若い頃、どのような女優だったのでしょうか?松坂慶子さんの若い頃の出演映画経歴や歌手としての活動についても調査。若い頃の松坂慶子さんのスタイルとともに紹介します。

松坂慶子の若い頃がイイ!出演映画などの経歴や抜群のスタイルも調査!のイメージ

目次

  1. 1松坂慶子のプロフィール
  2. 2松坂慶子の若い頃がイイ!
  3. 3松坂慶子の若い頃の出演映画など経歴
  4. 4若い頃のCM出演経歴
  5. 5松坂慶子の若い頃の抜群なスタイルも調査
  6. 6松坂慶子の若い頃の歌唱動画
  7. 7松坂慶子の若い頃は歌や映画など幅広く活躍でスタイル抜群

松坂慶子のプロフィール

・愛称:???
・本名:高内慶子
・生年月日:1952年7月20日
・年齢:67歳(2019年9月現在)
・出身地:東京都大田区
・血液型:A型
・身長:162cm
・体重:???
・活動内容:女優・歌手・司会者・タレント
・所属グループ:なし
・事務所:モマオフィス
・家族構成:旦那(高内春彦)、娘2人

松坂慶子の経歴

子供時代から児童劇団に所属していた松坂慶子さんは、1967年に放送された「忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ」の藤野タカネ役でテレビドラマデビューします。その後、高校を卒業した松坂慶子さんは大映にスカウトされ、主に大映の映画に数多く出演しました。

1972年には松竹へ移籍。NHKの大河ドラマ「国盗り物語」や「江戸を斬る」などに出演し、松坂慶子さんは多くの人にその名を知られる女優となります。1990年に結婚して以降は露出が減った時期もありましたが、2018年には大河ドラマ「西郷どん」、朝ドラ「まんぷく」などに出演し、再び注目を集めました。

松坂慶子の若い頃がイイ!

松坂慶子さんの若い頃が現在注目を集めているようです。松坂慶子さんの若い頃は現在とはどのように違うのでしょう?松坂慶子さんの現在と若い頃について調べてみました。

2019年の誕生日で年齢67歳の松坂慶子

松坂慶子さんは2019年の誕生日で67歳となられたようです。67歳となられた現在も、松坂慶子さんの肌つやはとても良く、もっと若く見えるという意見も多いのだとか。

松坂慶子さんの現在は若い頃に比べると少しふっくらとしていますが、若い頃には演じることのなかった母親や祖母の役を見事に演じていると評判です。ただ、現在の松坂慶子さんも味わい深くて良いけれども、若い頃の松坂慶子さんも良かったという声は根強くあります。

若い頃の松坂慶子がイイと話題に

こちらが若い頃の松坂慶子さんの画像になります。若い頃の松坂慶子さんはとても妖艶で、特に男性から人気が高かったようです。現在の松坂慶子さんは「恰幅の良いお母さん」という印象がありますが、若い頃は男性たちを虜にする艶やかさがありました。

こうした松坂慶子さんの独特の色香とともに、その抜群の演技力や歌唱力なども相まって、若い頃の松坂慶子さんは男性を中心に高い人気を誇る女優だったようです。

若い頃から歌手や女優としてファンを魅了

松坂慶子さんの芸歴は子役の頃から始まっていますが、若い頃にはセクシーな役柄を演じたことも多かったようです。大映時代に出演した「夜の診察室」では代役で急遽主役を演じることになり、松坂慶子さんは性医学博士の父親を持つ麻生梢を演じて注目を集めました。

また、若い頃の松坂慶子さんは歌手活動も行っており、妖艶な衣装を着こなして歌う姿が人気を集めていたようです。1979年にはドラマ「愛の水中花」に出演し、その主題歌が大ヒットするということもありました。

松坂慶子の若い頃の出演映画など経歴

松坂慶子さんの若い頃についてさらに見ていきましょう。松坂慶子さんは若い頃、どのような映画に出演されていたのでしょうか?また、ドラマはどのような作品に出演されていたのでしょう?松坂慶子さんが若い頃に出演された映画やドラマについて紹介します。

若い頃の映画出演経歴

まずは松坂慶子さんが出演された映画について見ていきましょう。映画に出演し始めた頃の松坂慶子さんは大映に所属していましたが、その後松竹に移籍しています。松坂慶子さんの出演映画作品の中から、松竹移籍後の作品を中心に紹介しましょう。

映画出演経歴①「坊っちゃん」

若い頃の松坂慶子さんは、夏目漱石の名作「坊っちゃん」を原作とした映画にも出演されていました。「坊っちゃん」はこれまでに幾度も映画化されていますが、松坂慶子さんが出演されたのは1977年に公開されたものです。

松坂慶子さんはこの映画「坊っちゃん」でマドンナ役を演じていました。主役の坊ちゃんを中村雅俊さんが演じており、他にも地井武男さんや五十嵐恵さんなども出演されていました。

映画出演経歴②「蒲田行進曲」

1982年に公開された映画「蒲田行進曲」にも松坂慶子さんは出演されていました。この作品はつかこうへいさんが脚本を担当し、深作欣二さんが監督をつとめたことでも知られています。

この映画「蒲田行進曲」で松坂慶子さんは、主人公の売れなくなった女優・小夏を好演。この作品での演技が評価され、松坂慶子さんは日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞など数多くの賞を受賞しています。

映画出演経歴③「グッバイ・ママ」

1991年には映画「グッバイ・ママ」で松坂慶子さんは主演をつとめました。この作品は秋元康さんが監督をされたことでも有名な映画で、松坂慶子さんは野崎かな子役を演じています。

この作品には松坂慶子さんの他にも、山崎裕太さんや緒形拳さん、渡辺えり子さん、室井滋さんなど、ベテランの俳優陣が出演し、脇を固めていました。映画の主題歌は竹内まりやさんの「駅」が採用されています。

映画出演経歴④「男はつらいよ浪花の恋の寅次郎」

1993年には男はつらいよシリーズの43作目「男はつらいよ浪花の恋の寅次郎」にも松坂慶子さんは出演されていました。松坂慶子さんはこの作品でのマドンナ役である坂出葉子を演じています。

坂出葉子は吉岡秀隆さん演じる諏訪満男が下宿している家の娘です。寅次郎は諏訪満男を連れ戻しに来たのですが、松坂慶子さんが演じるヒロインを見て一目惚れしてしまうというお馴染みのストーリーになっています。

映画出演経歴⑤「里見八犬伝」

斬新な特殊メイクなどが話題となった映画「里見八犬伝」に、松坂慶子さんは物語のキーマンとなる伏姫役で出演していました。この作品は深作欣二監督作品で、主演を薬師丸ひろ子さんがつとめています。

「里見八犬伝」は第2回ゴールデングロス賞優秀銀賞を受賞するなど高い評価を得て、興行収入も23億円のヒット作となりました。また、映画公開後に発売されたビデオは、当時は1万本売れればベストセラーと言われていたましたが、何と5万本を売り上げたそうです。

若い頃のドラマ出演経歴

松坂慶子さんはこれまでに数多くのテレビドラマにも出演されています。松坂慶子さんの若い頃のドラマ出演経歴についても見ていきましょう。松坂慶子さんは若い頃、どのようなドラマに出演されていたのでしょうか?

ドラマ出演経歴①「国盗り物語」

2018年には「西郷どん」にも出演するなど、松坂慶子さんは若い頃からこれまでに数多くの大河ドラマに出演されています。その大河ドラマ初出演作品となったのが「国盗り物語」です。この「国盗り物語」は斎藤道三とその娘婿・織田信長の物語が描かれています。

松坂慶子さんは斎藤道三の娘で織田信長に嫁ぐ濃姫の役を演じていました。「国盗り物語」は織田信長と濃姫の婚礼から始まり、最後は信長の死で終わりますので、濃姫役はとても重要な役でした。

ドラマ出演経歴②「水中花」

1979年に放送された「水中花」も話題を呼んだドラマですが、この作品に松坂慶子さんは堅実な速記者・森下梨絵役として出演しています。森下梨絵は妹の起こした事件の弁済金を支払うために、速記者をしながら銀座のクラブで働くようになるという役柄です。

このドラマの主題歌「愛の水中花」も松坂慶子さん自身が歌唱しており、この曲の替え歌が話題となるなど、ドラマの内容だけではなく主題歌も注目を集めました。

ドラマ出演経歴③「春の波涛」

松坂慶子さんが出演された大河ドラマ「春の波涛」も代表的な出演作と言えるでしょう。この「春の波涛」で松坂慶子さんは主人公の貞を演じています。松坂慶子さんが演じた貞は、日本の女優第1号として知られる川上貞奴がモデルとなっているそうです。

「春の波涛」は明治・大正時代を描いた作品ですので、主人公に関わる人物として福沢諭吉や伊藤博文、桂太郎、中江兆民といった教科書に載っているような人物が数多く登場しています。

若い頃のCM出演経歴

松坂慶子さんは現在も多数のCMに出演されていますが、若い頃にはさまざまな話題のCMに出演されていたそうです。松坂慶子さんは若い頃、どのようなCMに出演されていたのでしょうか?松坂慶子さんの出演CMについて紹介します。

若い頃の出演CM①クリネックスティッシュ篇

松坂慶子さんが若い頃に出演されたCMとしては、日本製紙クレシアの「クリネックス」が有名です。このCMはティッシュのCMなのですが、松坂慶子さんの美しさが話題となりました。

松坂慶子さんはCMの中で「クリネックス」のティッシュを使用し、口紅やファンデーションのティッシュオフをしています。この仕草がとても妖艶で美しいと評判だったようで、松坂慶子さんの真似をする女性も増えたと言われているようです。

若い頃の出演CM②メナード化粧品篇

美しい女優といえば、化粧品のCMに出演するのがセオリーとなっています。若い頃の松坂慶子さんも「メナード化粧品」のCMに出演されていました。このCMでは松坂慶子さんは岩下志麻さんと共演しています。

動画の「メナード化粧品」のCMは、春のキャンペーンについて告知するもので、松坂慶子さんと岩下志麻さんの少しコミカルな会話も話題となっていたようです。

若い頃の出演CM③日産サニー篇

松坂慶子さんは1980年から1985年まで、日産自動車の「サニー」のCMに出演されていました。「サニー」は1980年代に人気のあった車で、松坂慶子さんはさまざまなパターンのCMに出演されていたようです。

こちらのCMではサニーを追いかけるヘリコプターを、松坂慶子さんが手からビームのようなものを放って撃墜するというもので、現在ではさまざまな事情で同じ表現が難しいと考えられる貴重なCMとなっています。

松坂慶子の若い頃の抜群なスタイルも調査

松坂慶子さんの若い頃のスタイルについても見ていきましょう。松坂慶子さんの若い頃はその抜群のスタイルも多くの人の注目を集めていました。松坂慶子さんの若い頃のスタイルについて紹介します。

若い頃の抜群なスタイルが現在も話題に

松坂慶子さんの若い頃は、セクシーな役を演じることも多く、そのスタイルを際立たせるファッションなども話題になりました。たとえば、テレビドラマでバニーガールの格好をすることもあったようで、このドラマは大ヒットしたようです。

また、松坂慶子さんは抜群のスタイルだけではなく、その美貌で多くの男性を虜にしてきました。若い頃の松坂慶子さんを表現する言葉としては圧倒的に「妖艶」が多いのもそのためと考えられます。

日本人と韓国人のハーフでスタイル抜群な松坂慶子

実は松坂慶子さんはハーフなのだそうです。日本人の母と韓国人の父のハーフですので、外見的な影響は少ないと考えられます。ただ、ハーフとして育ってきた環境が、松坂慶子さんにエキゾチックな魅力をプラスしているのではないかとも言われています。

松坂慶子さんは両親の国籍が違うために一時は韓国籍となっていたこともあるそうです。ただ、その後法務省などと交渉し、1964年に松坂慶子さんは日本国籍となりました。

若い頃と現在のスタイルを比較

松坂慶子さんの若い頃と現在のスタイルを比較してみましょう。若い頃の松坂慶子さんはどちらかというとスリムで、出るところは出て引っ込むところはしっかりと引っ込んでいるという抜群のスタイルをしていました。

現在の松坂慶子さんですが、若い頃に比べるとかなり体重にも変化があったようで、こちらの画像でも、顔の肉付きが随分と違うことを確認して頂けるでしょう。現在の松坂慶子さんは「恰幅が良い」という表現の似合う女優になったと言われています。

スタイルの変化は2009年以降との噂

松坂慶子さんのスタイルがスリムからふくよかに変化したのは2009年以降と言われています。2009年といえば、松坂慶子さんの年齢は57歳前後となっており、更年期の時期でもあります。ですので、更年期が体型の変化に関係しているのではという意見もあるようです。

また、松坂慶子さんはハワイが大好きということで、よくハワイに行っているという情報もあります。このハワイ滞在中の食生活も、松坂慶子さんが太ってしまった原因だとも言われているようです。

松坂慶子の若い頃の歌唱動画

松坂慶子さんは若い頃、歌手活動もしていたということは先に紹介しました。松坂慶子さんは若い頃にどのような歌を歌っていたのでしょうか?松坂慶子さんの若い頃の歌唱動画について紹介します。

若い頃の歌唱動画①「BON VOYAGE」篇

こちらは松坂慶子さんが若い頃に歌唱された「BON VOYAGE」の歌唱動画になります。「BON VOYAGE」はフランスのシャンソンの名曲のひとつで、松坂慶子さんは他にもシャンソンの名曲のカバーをされているようです。

この動画では松坂慶子さんの伸びのある歌声が、名曲を朗々と歌い上げています。ただ、この「BON VOYAGE」は東北弁バージョンです。動画の最初に松坂慶子さん自身が、東北弁で「BON VOYAGE」を歌う理由について語っておられます。

若い頃の歌唱動画②「愛の水中花」夜のヒットスタジオ篇

こちらは松坂慶子さんの若い頃の歌唱動画「愛の水中花」になります。「愛の水中花」はドラマの主題歌としてリリースされ、大ヒットした曲です。こちらの動画は「夜のヒットスタジオで」歌唱しているものになります。

若い頃の歌唱動画③「夜明けのタンゴ」篇

こちらの動画で松坂慶子さんが歌唱されている「夜明けのタンゴ」は、松坂慶子さんが若い頃に出演されたドラマの主題歌として使用された曲になります。「愛の水中花」の大ヒットを受け、ドラマへの出演と共に歌唱も担当されたという経緯があるようです。

松坂慶子の若い頃は歌や映画など幅広く活躍でスタイル抜群

松坂慶子さんの若い頃について紹介してきました。現在は「恰幅の良いお母さん」というイメージの松坂慶子さんですが、若い頃にはスタイル抜群だったことが判明しました。松坂慶子さんの今後の活動にも注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ