真飛聖の宝塚時代の経歴や人気は?当時のエピソードなども

真飛聖さんの宝塚時代が話題になっているようです。真飛聖さんの宝塚時代の経歴や人気はどのようなものだったのでしょう?また、真飛聖さんの宝塚時代のエピソードについても調査しました。真飛聖さんの宝塚時代の経歴や人気、エピソードなどについて紹介します。

真飛聖の宝塚時代の経歴や人気は?当時のエピソードなどものイメージ

目次

  1. 1真飛聖(元宝塚)のプロフィール
  2. 2真飛聖の宝塚時代の経歴
  3. 3真飛聖の宝塚時代の人気を振り返り
  4. 4真飛聖の宝塚時代のエピソード
  5. 5真飛聖の宝塚退団後のライフスタイル
  6. 6真飛聖の宝塚時代は花組トップ男役の人気スター

真飛聖(元宝塚)のプロフィール

・愛称:ゆう、うんた
・本名:山下裕子(やましたゆうこ)
・生年月日:1976年10月13日
・年齢:44歳(2021年4月現在)
・出身地:神奈川県川崎市
・血液型:B型
・身長:169cm
・体重:???
・活動内容:女優
・所属グループ:元宝塚歌劇団花組
・事務所:ワタナベエンターテインメント
・家族構成:父、母、兄

真飛聖の経歴

真飛聖さんは1995年に宝塚歌劇団に入団し、2011年に退団。真飛聖さんの宝塚時代の詳しい経歴については後ほど詳しく紹介します。宝塚を退団後の真飛聖さんは、ワタナベエンターテインメントに所属し、女優としての活動を始めます。2012年には「37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜」でテレビドラマに初出演。

2014年に公開された映画「柘榴坂の仇討」ではマサ役を演じ、「第10回おおさかシネマフェスティバル」の新人女優賞を受賞しました。2012年から2015年までは人気刑事ドラマ「相棒」に笛吹悦子役として出演。2021年にはフジテレビ系列で放送されたドラマ「その女、ジルバ」に佐藤しのぶ役として出演していました。

真飛聖の宝塚同期は誰?

真飛聖さんの宝塚時代の同期は誰なのでしょうか?調べてみたところ、現在も宝塚歌劇団の専科で活躍する悠真倫さん、卒業生としては元宙組トップスターの大和悠河さん、元花組トップ娘役のふづき美世さん、元雪組トップ娘役の舞風りらさん、元月組副組長の花瀬みずかさん、元雪組の蘭香レアさんがいるようです。

真飛聖の結婚歴も調査

真飛聖さんの結婚歴についても見ていきましょう。現在は独身という真飛聖さんですが、結婚歴はあるのでしょうか?調べてみたところ、真飛聖さんには結婚歴がない可能性が高いようです。

真飛聖さんの熱愛彼氏について調べてみると、2014年頃に稲垣吾郎さんとの熱愛の噂が流れたことがありました。ただ、稲垣吾郎さんとの熱愛は具体的にツーショットの写真などを撮られたわけではないようですので、噂止まりの可能性も高いようです。

真飛聖の宝塚時代の経歴

真飛聖さんの宝塚時代の経歴について見ていきましょう。真飛聖さんは宝塚時代、どのような経歴をたどってきたのでしょうか?真飛聖さんの宝塚時代の経歴について詳しく見ていきましょう。

宝塚時代の経歴:1995年に「81期生」として入団

真飛聖さんが宝塚歌劇団に入団したのは1995年のことでした。真飛聖さんは81期生として入団。入団時の成績は41人中12番だったそうです。真飛聖さんは宝塚歌劇団入団後、星組に配属されました。宝塚歌劇団の星組は、「コスチュームの星組」と言われ、これまでに多くのスターを輩出している組でもあるようです。

星組での初舞台は『国境のない地図』

真飛聖さんが星組に配属されて初めて踏んだ舞台は「国境のない地図」だったそうです。「国境のない地図」は、ベルリンの壁に翻弄された母と子を描いた作品とのこと。真飛聖さんはこの舞台に、男役ではなく娘役として出演していたようです。

「国境のない地図」が上演された1995年には阪神・淡路大震災が起こっており、この作品は、震災後の公演再開第1作として上演されました。真飛聖さんの他、大和悠河さんや舞風りらさんなどもこの舞台に出演しています。

宝塚時代の経歴:初主演は舞台『我が愛は山の彼方に』朴秀民役

真飛聖さんは宝塚時代、数多くの作品で主演しています。そんな真飛聖さんの初主演作品となったのが、「我が愛は山の彼方に」でした。真飛聖さんは1999年8月に上演された際には竜林役を演じ、この年の10月に新人公演として上演された時に朴秀民役として主演していたようです。

宝塚時代の経歴:舞台『ヴィンダーガルデン-春を待ち侘ぶ冬の庭園-』クラウス・アウゲンターラー役

真飛聖さんが宝塚時代に出演した代表作についてさらに見ていきましょう。2002年9月に上演された「ヴィンダーガルデン -春を待ち侘ぶ冬の庭園-」で、真飛聖さんは主役のクラウス・アウゲンターラー役を演じています。

真飛聖さんはこの作品で、宝塚バウホールでの初主演を飾りました。「ヴィンダーガルデン -春を待ち侘ぶ冬の庭園-」は東京公演も行われており、こちらでも真飛聖さんは同じ役で主演しています。

宝塚時代の経歴:舞台『花のいそぎ』小野篁役

2004年に宝塚のバウホールと東京の宝塚劇場で上演された「花のいそぎ」でも真飛聖さんは主演されていたようです。この作品で真飛聖さんは小野篁役を演じていました。「花のいそぎ」での主演は、真飛聖さんにとっては宝塚バウホールでの単独初主演作品となったようです。

宝塚時代の経歴:2005年から「花組」で活躍

宝塚歌劇団に入団後、星組で活躍してきた真飛聖さんですが、2005年の8月15日付けで花組に組替えとなりました。宝塚歌劇団の花組は宝塚歌劇団第1番目の組として知られており、イメージカラーは赤とピンクです。

花組は「男役の宝庫」と言われており、これまでに多くの男役トップスターを輩出してきた組でもあります。また、花組での経験を経て、他の組で男役・娘役のトップスターに就任することも多いとも言われているようです。

花組での初舞台は『落陽のパレルモ』ロドリーゴ・サルヴァトーレ・フォンティーニ伯爵役

花組に組替えとなった真飛聖さんの花組初舞台は、2005年11月に上演された「落陽のパレルモ」でした。真飛聖さんはこの作品でロドリーゴ・サルヴァトーレ・フォンティーニ伯爵役を演じています。真飛聖さんが演じたロドリーゴは名門貴族の御曹司で、この作品のヒロインの縁談の相手という役柄だったようです。

宝塚時代の経歴:花組トップスターに君臨

花組で実力を発揮した真飛聖さんは、2007年12月25日、前花組トップスター・春野寿美礼さんの後任として花組トップスターに就任。花組出身者以外のトップスター就任は20年ぶりのことだったそうです。真飛聖さんの相手役となる娘役のトップスターは桜乃彩音さんがつとめました。

舞台『メランコリック・ジゴロ-あぶない相続人-』ダニエル役

真飛聖さんが花組のトップスターに就任後、初めての舞台となったのが、2008年2月に中日劇場で上演された「メランコリック・ジゴロ -あぶない相続人-/ラブ・シンフォニー2」でした。真飛聖さんはこの作品でダニエル役を演じています。

また、2008年5月には「愛と死のアラビア/Red Hot Sea」に出演し、真飛聖さんは宝塚大劇場でもお披露目されました。真飛聖さんはこの作品で主人公のトマス・キースを演じています。

退団公演は舞台『愛のプレリュード』フレディ・クラーク役

真飛聖さんは2008年から2011年まで、およそ3年間、花組のトップスターとして活躍しました。真飛聖さんは2011年4月に上演された「愛のプレリュード/Le Paradis!!(ル パラディ) -聖なる時間(とき)-」の千秋楽公演をもって宝塚歌劇団を退団。真飛聖さんが退団する1年前には、相手役の桜乃彩音さんが先に退団していたようです。

真飛聖の宝塚時代の人気を振り返り

真飛聖さんの宝塚時代の人気を振り返ってみましょう。宝塚でもっとも古い組と言われる花組のトップスターとして活躍した真飛聖さん。真飛聖さんの宝塚時代の人気はどのようなものだったのでしょうか?

宝塚時代の人気①ファンに神対応

真飛聖さんの宝塚時代の人気について調べてみると、「ファンサービスがとても良かった」という意見が多いようでした。真飛聖さんの人柄は明るく気さくだと言われており、ファンに対してもそのように接していたようです。

ただ、真飛聖さんは他のトップスターに比べると、人気の面では少し盛り上がりに欠ける部分があったとも言われています。その理由についてはファンたちも思い当たることがなく、不思議に思っている人も多いようです。

宝塚時代の人気②歌もダンスも演技も好評

真飛聖さんの人気の秘密について調べてみると、歌もダンスも演技も、すべてにおいて実力派だったということがあげられているようです。また、真飛聖さんはコメディ作品にも定評があり、宝塚歌劇団を退団後には「コントも出来る女優になりたい」という抱負を語っていました。

宝塚時代の人気③花組トップ男役

真飛聖さんの人気を証明する出来事としては、宝塚歌劇団でもっとも歴史のある花組のトップスターになったということがあげられるでしょう。真飛聖さんは星組から組替えの翌年には花組の2番手になっており、その翌年にトップスターに就任しました。実力と人気を兼ね備えていたからこそのトップスター就任と言えるでしょう。

真飛聖の宝塚時代のエピソード

真飛聖さんの宝塚時代のエピソードについても見ていきましょう。真飛聖さんの宝塚時代のエピソードにはどのようなものがあるのでしょうか?真飛聖さんの宝塚時代のエピソードについて調べてみました。

エピソード【宝塚音楽学校2度目の試験で合格】

真飛聖さんの宝塚時代のエピソードとしては、宝塚音楽学校に2度目の受験で合格したというものがあります。真飛聖さんは中学生の時に友人から勧められ、宝塚音楽学校の受験を決めたそうです。

それまでの真飛聖さんは、宝塚のことをまったく知らなかったのだとか。幼少期からクラシックバレエを習っており将来はバレリーナを目指していたものの、背が高くなりすぎたことに不安を持っていた時期のことだったそうです。1度目は不合格となった真飛聖さんですが、1993年に2度目の挑戦で宝塚音楽学校に合格しました。

エピソード【男役への抵抗】

真飛聖さんは花組の男役トップスターとして活躍しましたが、実は始めのうちは男役に抵抗があったのだそうです。真飛聖さんは初舞台は娘役として出演しており、途中から男役に転向されたとのこと。

ただ、宝塚を退団する頃の真飛聖さんは、男役を100%愛せるようになったのだそうです。真飛聖さんは「ウエストサイド物語」のベビー・ジョン役に四苦八苦していた時期があったそうですが、「できるまでやれ」と皆の前で1人で演技をさせられたことがあったのだとか。このことがきっかけで、真飛聖さんは自分の壁を破ることができたそうです。

エピソード【退団の決意】

真飛聖さんは2011年に宝塚歌劇団を退団していますが、その退団を決めた理由は「今がもっとも充実している」と感じたことだったそうです。「1番充実している今辞めたい」と真飛聖さんは考えたのだとか。

具体的に退団を考えたきっかけとしては、2010年に「EXCITER!!」を再演したことだったそうです。このショーは真飛聖さんがもっとも好きなショーだったとのこと。そのため、真飛聖さんは「もう心残りはない」と考えたようです。

真飛聖の宝塚退団後のライフスタイル

真飛聖さんの宝塚退団後のライフスタイルについても見ていきましょう。真飛聖さんは宝塚退団後、どのような生活を送っているのでしょうか?真飛聖さんの宝塚退団後のライフスタイルについて調べてみました。

愛犬との休日の過ごし方

真飛聖さんは6歳になるメスの犬を飼っているそうで、「愛犬と一緒に過ごす時間でリフレッシュできる」と語っています。真飛聖さんの愛犬は名前が「おもち」というのだそうですが、見た目がもちもちしていることから付けた名前なのだとか。

真飛聖さんは昔から家族に犬を飼うことは反対されていたそうですが、真飛聖さんが「欲しい」と言い続けたことで許してもらえたのだそうです。真飛聖さんの愛犬「おもち」はインスタグラムにもたびたび登場し、フォロワーからも人気を集めています。

自炊で健康管理

真飛聖さんは料理が得意なのだそうで、宝塚時代から自炊をしていたのだとか。自炊のメニューは和食が中心で、3食バランス良く食べるようにしているそうです。最近は炭水化物を抜くダイエットが流行っていますが、真飛聖さんは炭水化物もしっかり食べるとのこと。

インスタグラムには真飛聖さんの手料理の写真が投稿されることもあります。その際には「まとぶ飯」というハッシュタグをつけて投稿されているそうですので、気になる人はチェックしてみると良いでしょう。

宝塚時代の友人LINEなど交友関係

真飛聖さんは宝塚を退団後も、宝塚時代の仲間との交流を続けているのだそうです。同期はもちろん、組や学年も超えて交流があるのだとか。真飛聖さんは「宝塚時代の仲間しか交友関係がないのでは?」と思われるほどに、昔の仲間と連絡を取り合っているそうです。

宝塚時代の仲間とは現在グループLINEで連絡を取り合っているとのこと。そのため、お互いの状況はほぼ把握できていると言います。真飛聖さんがテレビドラマに出ると宝塚時代の仲間は必ずチェックしてくれているそうで、真飛聖さんも仲間が舞台に出演する時には観に行っているそうです。

男役卒業で女性としての喜びを味わう日々

真飛聖さんは34歳で宝塚歌劇団を退団してから、改めて「女性としての生活」が始まったと言います。宝塚退団直後には、同世代の女性がどのような服を着ているのかも分からなかったのだそうです。

当初は可愛い服などに目が行っても「無理」と諦めていたそうですが、現在の真飛聖さんは「心がときめくもの」を取り入れようと考えているのだとか。「女子遅咲き」という真飛聖さんですが、年齢に関係なくファッションなどを楽しんでいきたいと考えているそうです。

Thumb真飛聖の本名や年齢は?出身や生い立ちなどプロフィールまとめ
真飛聖さんは元宝塚出身で、現在は女優として様々な作品で活躍されています。そこで今回は、真飛聖...

真飛聖の宝塚時代は花組トップ男役の人気スター

真飛聖さんの宝塚時代について紹介してきました。真飛聖さんは宝塚歌劇団でもっとも歴史のある花組のトップスターとして活躍していたそうです。宝塚退団後の真飛聖さんはワタナベエンターテインメントに所属し、女優として活躍。今後の真飛聖さんの女優としての活動にも注目していきましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ