【女子マラソン】松田瑞生(陸上)の経歴や学歴は?実家や家族も話題?

2018年1月の大阪国際女子マラソンで優勝し東京五輪代表選考会出場権を獲得した陸上の松田瑞生さんは、マラソン界期待の新星として注目されています。今回はそんな松田瑞生さんのマラソンの経歴や学歴、「腹筋世界女王」という噂の真相、実家の家族について調べてみました。

【女子マラソン】松田瑞生(陸上)の経歴や学歴は?実家や家族も話題?のイメージ

目次

  1. 1松田瑞生(陸上)のプロフィール
  2. 2松田瑞生の学歴
  3. 3松田瑞生の実家や家族も話題!
  4. 4松田瑞生の腹筋が凄い
  5. 5松田瑞生の彼氏や性格も調査
  6. 6松田瑞生は腹筋も凄い期待の陸上・マラソン選手

松田瑞生(陸上)のプロフィール

・愛称:みずき
・本名:松田瑞生
・生年月日:1995年05月31日
・年齢:24歳(2019年6月現在)
・出身地:大阪府
・血液型:A型
・身長:158cm
・体重:46㎏
・活動内容:陸上、マラソン選手
・所属グループ:なし
・事務所:ダイハツ(実業団)所属
・家族構成:父、母、姉、妹、弟

松田瑞生の経歴

小さい頃から運動抜群だった松田瑞生さんは、小学生の時は柔道、中学1年生ではバスケ部に所属していた経歴を持ちます。しかし、中学2年生で陸上部に転向して一気に才能が開花し、初めて出場した試合でいきなり大阪市内優勝の成績をおさめました。

そして全国大会にも出場経歴を持つ松田瑞生さんは、高校は陸上の名門校である大阪薫英女学院に進学しました。そこで駅伝に出会った松田瑞生さんは陸上のトラック競技から駅伝に転向してめきめきと頭角を現し、業団に進んだ後は初のマラソン競技に挑戦しています。
 

そして2018年1月の「第37回大阪国際女子マラソン」で初マラソンに挑戦した松田瑞生さんは31㎞付近で単独トップに躍り出て、2位以下に1分以上の大差をつけて初マラソン初優勝という快挙を成し遂げました。

優勝タイムである2時間22分44秒は日本歴代9位のタイムで、松田瑞生さんは一気に日本マラソン界のトップ選手として名乗りをあげました。このように、松田瑞生さんはマラソン選手として素晴らしい経歴の持ち主です。

マラソン競技はトラック競技とは異なり、みんなが同じ試合に出場して横一線でタイムを競うことが難しいため、過去の実績を考慮して五輪選手が選考されていました。しかしそれでは選考がかなり難航することが多く、選考基準の不透明感が否めないと言われていました。

これを少しでも是正するために新たな取り組みとして提案されたのが「マラソングランドチャンピオンシップ(通称:MGC)」という選考方法でした。MGCの派遣記録を切り、なおかつ2019年秋以降の指定されたレースにて優勝すると、東京五輪代表に内定します。

このように、東京五輪に出場するためには、日本陸上競技連盟が定めたレースに出場して優勝する必要があります。こうして選考基準が明確化されたことで、選手自身も競技取り組みやすくなったと評価する声が寄せられています。

松田瑞生さんはMGC参加基準記録を既に突破しているため、東京五輪選考会の出場権を得ていますが、2018年に初マラソンにして2時間22分44秒という素晴らしい記録をたたき出しているため、女子マラソン界の期待の新星として五輪出場への期待が高まっています。

陸上経歴【優勝記録】

初マラソンで日本歴代9位の素晴らしい記録をたたき出した松田瑞生さんですが、過去の陸上競技経歴はどのようなものだったのでしょうか?次からは、松田瑞生さんの陸上経歴についてご紹介します。

2016年:全日本実業団陸上選手権

松田瑞生さんは実業団入りした年の2016年には、全日本実業団陸上選手権10000Mで初優勝を成し遂げています。そして日本選手権では4位に入賞を果たし、陸上界に「松田瑞生」の名を知らしめました。

2017年:第101回日本陸上選手権

そして松田瑞生さんは翌年の2017年には、第101回日本陸上選手権1万メートルで初優勝を果たしたという素晴らしい経歴を持ちます。

松田瑞生さんは素晴らしいペースを刻みつつ、最後の直線で一気に加速。リオ五輪代表の鈴木亜由子選手を一気に抜き去り、差を広げた状態で圧巻の優勝を成し遂げました。

日本選手権で優勝した経歴が評価された松田瑞生さんは、アジア陸上選手権の代表の座を掴み、1万メートルで3位に入賞しています。さらにロンドンで行われた世界選手権にも出場を果たしました。

世界選手権では19位という結果で惜しくも入賞を逃してしまいましたが、世界各国の強豪とのスピードの差を痛感し、さらに強くなりたいと誓ったと言います。この経験を糧に、松田瑞生さんはさらに強くなっていきました。

2018年:第102回日本陸上選手権

世界の舞台を経験した松田瑞生さんは、翌年2018年の第102回日本陸上選手権1万メートルで連覇を成し遂げています。前半から危なげない走りを見せ、見事に優勝を飾った松田瑞生さんは、トラック競技で培ったスピードがマラソンに生かせていると後に語っています。

マラソン経歴【戦績】

2013年に実業団入りをした松田瑞生さんは、マラソンに出場を見据えてフォーム改善などの体づくりを始め、かなりの距離を走りこんでいたそうです。そんな松田瑞生さんのマラソン経歴や戦績をご紹介します。

2018年:大阪国際女子マラソンで優勝

松田瑞生さんは2018年1月の「第37回大阪国際女子マラソン」で初マラソンを経験しています。初マラソンながら落ち着いた走りを見せ、給水所でドリンクを取り損ねた安藤友香選手に自らドリンクを差し出す余裕さえ見せていました。

25Km付近では大阪薫英女学院高校出身の後輩でもある天満屋の前田穂南選手に食らいつき、31Km付近で逆転。2時間22分44秒という好記録で初マラソン初優勝の快挙を成し遂げました。このタイムは日本女子の歴代9位、初マラソンでは歴代3位の好記録でした。
 

2018年:ベルリンマラソンにて5位

大阪国際女子マラソンで優勝した松田瑞生さんは、2018年9月のベルリンマラソンの代表に選出されています。二度目のマラソンということでタイムを狙いにいったという松田瑞生さんは、前半から積極的なレースを展開し、2時間22分23秒のベストタイムを更新。

松田瑞生さんは初の世界大会で、日本女子トップの5位に入賞しました。二度目のマラソンでこの記録はかなり上出来として評価されていましたが、松田瑞生さんは東京五輪を見据えてもっと上を目指していたことを語り、悔し涙を浮かべていました。

松田瑞生の学歴

マラソン界の新星として注目されている松田瑞生さんですが、出身高校や大学などの学歴はどのようなものだったのでしょうか?次からは、松田瑞生さんの出身校などの学歴についてご紹介します。

学歴:出身小学校は大阪市立遠里小野小学校

松田瑞生さんの学歴ですが、出身小学校は「大阪市立遠里小野小学校」であることが明らかになっています。大阪府で生まれた松田瑞生さんは、そのまま地元大阪市の小学校に通っていた模様です。

学歴:出身中学は大阪市立大和川中学校

松田瑞生さんの次の学歴ですが、出身中学は「大阪市立大和川中学校」のようです。松田瑞生さんは中学受験などはせず、中学校もそのまま地元大阪市内にある学区内の中学校に通っていたことがわかりました。

学歴:出身高校は大阪薫英女学院高等学校

松田瑞生さんの出身高校は、陸上の名門校である「大阪薫英女学院高等学校」であることが公表されています。大阪薫英女学院高等学校は、日本高校駅伝で毎年優勝候補として挙げられている名門校として有名で、直近では2016年に優勝を果たしています。

松田瑞生さんは大阪薫英女学院高等学校3年生の時にエースとして都道府県対抗女子駅伝に出場し、大阪府の優勝に貢献しています。その後の全国高校駅伝では区間優勝をしたものの、惜しくもチームは5位という結果に終わり、悔し涙を流しました。

学歴:大学には進学せずダイハツに入団

松田瑞生さんは大阪薫英女学院高等学校卒業後は、大学には進学せず実業団で技術を磨いています。このため、松田瑞生さんの最終学歴は「高卒」であることが明らかになりました。

松田瑞生さんは陸上の名門校である「ダイハツ」に進み、マラソンで東京五輪代表を視野に入れてフォーム改善に着手していきました。松田瑞生さんが強靭な腹筋を持っていることに目を付けた監督は、マラソン向きだとすぐに見抜いたそうです。

この監督の判断が後に松田瑞生さんの才能を一気に開花させることとなるのですが、松田瑞生さんの腹筋に関するエピソードについてはまた後ほど詳しくご紹介します。

松田瑞生の実家や家族も話題!

松田瑞生さんの実家は、4人兄弟の計6人家族という「子だくさん家族」としても有名のようです。次からは、松田瑞生さんの兄妹や家族関係、実家のサポート体制について調べてみました。

実家は鍼灸治療院

松田瑞生さんの実家は、昔から鍼灸治療院を営んでるそうです。そして実家の鍼灸院は松田瑞生さんの母親が経営していると噂されています。次からは、松田瑞生さんの実家である鍼灸院についてご紹介します。

実家の鍼灸治療院は母が経営との噂

松田瑞生さんの実家は鍼灸院で、母親の明美さんが鍼灸師として院長を務めているそうです。松田瑞生さんが本格的に陸上に取り組み始めた高校時代から、実家の鍼灸院で母親に体の状態をケアしてもらっていたと言います。

松田瑞生さんは実家の家族の支えがあったからこそ、今まで怪我なく陸上に取り組めたと家族への感謝の気持ちをインタビューで語っています。

こちらのTwitterの投稿を見てもわかるように、松田瑞生さんは「世界一の母親」と母親の明美さんへの感謝の気持ちを綴っています。真っ先に実家の家族の元に帰って治療してもらうと語っている松田瑞生さん。家族のことを大切にしていることが伺えますね。

家族構成は父・母・姉妹・弟の6人家族

松田瑞生さんの家族構成は、姉と妹、そして弟がいます。4人兄弟の2番目に生まれた松田瑞生さんは、小さい頃から活発な性格だったそうです。松田瑞生さんの家族は4人の子供がいる6人家族という「子だくさん家族」として陸上界でも有名のようです。

Twitter投稿から家族仲の良さも話題に

松田瑞生さんの実家の家族はとても仲が良いそうで、こちらのTwitterの投稿を見てもわかるように、「近所迷惑なほど笑う松田家が大好き」と実家の家族への愛情を綴っています。

成人した後は恥ずかしさもありなかなか親孝行できない方が多いと言われる中、松田瑞生さんは家族への感謝の気持ちを素直に言葉で表しています。松田家はとても素敵な家族ですね。

松田瑞生の腹筋が凄い

マラソン界の新星である松田瑞生さんは、大阪生まれ大阪育ちの「なにわの腹筋女王」としても有名のようです。次からは、松田瑞生さんの「なにわの腹筋女王」という異名の由来や、素晴らしいと評価されている腹筋についてご紹介します。

「なにわの腹筋女王」の異名の持ち主

松田瑞生さんは、短距離選手も顔負けの「シックスパックに割れた腹筋」の持ち主としても有名です。松田瑞生さんは大阪生まれ大阪育ちこのため、腹筋と掛け合わせて「なにわの腹筋女王」と呼ばれているようです。

松田瑞生さんは元々素晴らしい腹筋を持っていましたが、うまく走りに使うことができず、実業団に入ってからフォーム改善に取り組んでいたそうです。そして徐々に腹筋を使って足を引き上げる感覚を身につけられるようになっていきました。

松田瑞生の腹筋のトレーニング法とは

松田瑞生さんは小さい頃から運動神経が抜群で、小学校時代に既に腹筋を100回できていたそうです。松田瑞生さんは元々体幹が強いという素質を持っていた上に、小さい頃から努力を積み重ねてきたからこそ、あの素晴らしい腹筋を手に入れられたのでしょうね。

松田瑞生の腹筋からみた体脂肪率は?

松田瑞生さんは男子の短距離選手も顔負けの素晴らしい腹筋の持ち主で、体脂肪率は10%を切っているのではないかと噂されています。松田瑞生さんはただ単に細いだけではなく、体にバランスよく筋肉がついているため、理想的な体型としても有名です。

松田瑞生の彼氏や性格も調査

男子選手顔負けの素晴らしい腹筋の持ち主でもある松田瑞生さんは、私生活では彼氏がいるのでしょうか?次からは、松田瑞生さんの性格や彼氏などについて調べてみました。

Twitterで彼氏公開?

松田瑞生さんの彼氏について調べてみると、Twitterで彼氏を公開したとの噂があるようです。松田瑞生さんの気になる彼氏情報や、Twitterで彼氏を公開したとの噂の真相について調べてみました。

彼氏ではなく大谷美優選手の画像投稿

松田瑞生さんがTwitterで彼氏を公開したとの噂の真相ですが、これは松田瑞生さんの彼氏ではなく、陸上選手である大谷美優さんの画像だった模様です。2人のあまりの仲睦まじい姿に「松田瑞生さんの彼氏なのではないか?」と噂されたようです。

このTwitterの画像を見ると、マスクをしているため確かに大谷美優さんは男の人のようにも見えますね。大谷美優さんは実業団ワコールに所属していましたが、現在は現役を引退しています。引退後も2人はとても仲良しのようですね。

現在は彼氏よりマラソン優先との噂

松田瑞生さんは「もし東京五輪に出て良い結果が出たら競技を辞めてもいいと思っている。それぐらい本気で東京五輪を狙っている」とインタビューで語っています。このため、現在松田瑞生さんは彼氏よりもマラソンを優先している模様です。

松田瑞生の性格は優しくて明るい

松田瑞生さんの性格は、底抜けに明るい典型的な「大阪人」と言われているようです。松田瑞生さんの自身も自分の性格について「ガッツが溢れてうるさい性格」と語っています。

松田瑞生は腹筋も凄い期待の陸上・マラソン選手

2018年の「大阪国際女子マラソン」で初マラソンながら初優勝という快挙を成し遂げた松田瑞生さんは、その後もコンスタントに自己ベストを更新している、マラソン界の期待の新星です。

強靭な腹筋の持ち主でもあり「なにわの腹筋女王」の異名を持って知られている松田瑞生さんは、東京五輪でメダルを取るという高い目標を掲げて日々トレーニングに励んでいます。そんなストイックな松田瑞生さんの、今後の活躍を期待しましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ