【最新】松田龍平出演映画まとめ!おすすめや人気作品は?

松田龍平は、日本で人気の俳優で多くの映画やドラマに出演しています。高校時代から活躍していて、現在もヒット作品に関わっています。高校を中退してまで挑んだ映画など、作品に対する熱意を感じられます。松田龍平の出演映画をまとめました。

【最新】松田龍平出演映画まとめ!おすすめや人気作品は?のイメージ

目次

  1. 1松田龍平のプロフィール
  2. 2松田龍平のおすすめ映画①「御法度」
  3. 3松田龍平のおすすめ映画②「青い春」
  4. 4松田龍平おすすめ映画③「舟を編む」
  5. 5松田龍平出演人気映画①「まほろ駅前多田便利軒」
  6. 6松田龍平出演人気映画②
  7. 7松田龍平の最新映画情報
  8. 8松田龍平は数多くの人気映画に出演!
  9. 9松田龍平出演映画まとめ!おすすめや人気作品は?

松田龍平のプロフィール

・愛称:ヘイヘイ
・本名:松田 龍平
・生年月日:1983年5月9日
・年齢:36歳「2019年現在」
・出身地:東京都 杉並区
・血液型:B型
・身長:183cm
・体重:約63kg
・活動内容:映画、テレビドラマ
・所属グループ:不明
・事務所:オフィス作
・家族構成:父、母、弟、妹

松田龍平の経歴

松田龍平さんが生まれたのは、1983年5月9日でした。松田龍平さんの父親は、名優とも称されている松田優作さんです。しかし龍平さんが6歳のときに父親は亡くなっています。

その後公立中学3年生になった松田龍平さんは、1998年の春に大島渚監督と関係者の紹介で会食をし、1999年に映画「御法度」で俳優デビューを飾ります。松田龍平さんは数々の新人賞を受賞し、話題を呼びました。

結婚相手は、モデルの大田莉菜さんで、2009年7月には第1子が誕生しています。2017年9月公演の映画「散歩する侵略者」や2017年12月公開の映画「探偵はBARにいる3」にも出演しています。

Thumb松田龍平と松田翔太の仲は?兄弟喧嘩などエピソードまとめ
松田龍平さんと松田翔太さんの兄弟仲は良いのでしょうか?2人は兄弟喧嘩などはされるのでしょうか...

松田龍平のおすすめ映画①「御法度」

こちらの動画は予告編ですが「御法度」は、1999年に大島渚監督の作品として公開された人気おすすめ映画です。司馬遼太郎の短編小説「新選組血風録」収録の「前髪の惣三郎」と「三条磧乱刃」が原作となっています。映画は幕末時代の京都を舞台に、新選組の男色の視点から描かれた時代劇です。

松田龍平さん演じる新入隊士の加納惣三郎が同期入隊の浅野忠信さん演じる田代彪蔵に男色の世界へ引き込まれるという筋書きです。物語が進むに連れ、加納惣三郎もやがて男色にのめり込み、土方歳三と沖田総司によって粛清されるまでを描いている人気動画です。御法度は、松田龍平さんのデビュー作であり、神田うのさんは初の映画出演作です。

松田龍平デビュー作は映画「御法度」

こちらの動画は「御法度」の舞台挨拶となります。「御法度」は松田龍平さんのデビュー作映画となりました。新選組が新たな組員を募集する場面から物語が始まります。

そして、新選組の志願者の中には、驚くような美しさを兼ね備えた人物が含まれていました。俳優の浅野忠信さん演じる加納惣三郎でした。そのような状況下で、関わりを持とうと惣三郎に迫った人物がいます。それは、惣三郎と同期入隊の田代彪蔵でした。

惣三郎は最初、田代を拒否しますが、徐々に男色の世界へと引き込まれていきます。そして土方歳三と沖田総司によって静粛されるまでの映画となっています。

監督・大島渚からの直接オファー

松田龍平さんは、中学3年生の時、知人の紹介で大島渚監督と会食をしました。そして映画である御法度の主演俳優を探していた大島渚監督の目にとまり、松田龍平さんは監督から直接出演のオファーをされます。

大島渚監督は映画の制作中に病気で倒れており、動画制作が延期されていましたが、松田龍平さんとの出会いで再び動画製作の意欲を掻き立てられたと語っています。

松田龍平さんは高校受験などの理由から一度は断りましたが、大島渚監督の熱意と、母親の後押しもあり、このオファーを受けることになったのです。

大島渚とは

大島渚監督は、岡山県生まれの日本の映画監督です。また脚本家、演出家でもあります。フィックションだけでなく、ドキュメンタリーも制作した人物です。

1954年京都大学法学部を卒業し、松竹に入社しています。1959年、「愛と希望の街」で監督デビューを飾り、「青春残酷物語」で人気を集めました。

その後、「日夜の霧」や「儀式」等政治的作品を作り、「愛のリコーダ」「洗浄のメリークリスマス」などで、国際的に評価を受けました。特に1960年公開の映画「日本の夜の霧」では、新鮮な技法を見せ一躍人気と脚光を浴びました。

最初は俳優になる気はなく学業を理由に断っていた?

大島渚監督から直接オファーをもらった松田龍平さんですが、「自分に出来るわけがない」という気持ちから、高校受験を理由に一度は断っています。しかし、「受験が終わった後なら出来るか」と聞かれた龍平さんには断る理由が無くなってしまいます。

最終的には松田龍平さんは自分で考え、俳優の道に進むこととなります。しかしデビュー作は、まだ中学3年生でありながら、間接的ながら同性同士での関係を思わせるようなシーンがある、過酷な映画でした。また松田龍平さんは、御法度に出演していた時も、俳優になる気はなかったそうです。

1999年の新人賞を総なめにした松田龍平

松田龍平さんは1999年に公開された映画、御法度でデビューを飾りました。同作により、日本アカデミー賞をはじめ、毎日映画コンクール、ブルーベリーリボン賞等、その年度の新人賞を総なめにしました。

当時松田龍平さんは、俳優を続ける意思はありませんでしたが、この御法度により邦画への興味が湧くこととなりました。その後も数多くの動画やテレビドラマに出演し、様々な役柄を好演しました。

松田龍平さんの演技は、高く評価されています。そして松田龍平さんは、映画やドラマ、動画等で活躍する人気俳優となっていきました。

松田龍平のおすすめ映画②「青い春」

松田龍平さんが出演しているおすすめ映画は、こちらの動画でご紹介している「青い春」です。漫画家・松本大洋の短編集「青い春」を基に豊田利晃監督が実写化された作品になります。ある男子校を舞台に繰りひろげられる、不良学生たちの痛切なまでの青春映画となっています。

カメラは学校の外にでることはほとんどなく、閉塞した空間の中で様々なエピソードが繰り広げられていきます。屋上での過激な度胸試しのシーンが印象的で、若手俳優たちの飾らない生の演技も素晴らしいおすすめの映画となっています。

映画「青い春」とは

動画でもあるように映画「青い春」は、漫画家である松本大洋の単編集「青い春」を基に豊田利晃監督が実写映画化した人気おすすめ作品になります。

こちらの動画をご覧になれば一目瞭然ですが「しあわせならてをたたこう」をベースに「青い春」に収録されており、漫画のエピソードやキャラクターの要素に合わせて様々なストーリー性を組み込んだ長編映画に仕上げられています。

そして映画内には、「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT」の曲が多く使われています。新世代の不良達が、それぞれの青い春を描いた動画となっているので、見ごたえあるのでおすすめです。

事務所の反対を押し切り出演を熱望した映画

2002年松田龍平さんは、豊田利晃監督の「青い春」に出演しました。2002年当時、10代の殺人事件が社会問題化になっていた時期であり、事務所側は松田龍平さんの出演に反対していました。

しかし松田龍平さんは、映画の脚本が面白く、反対を押し切ってでもやりたいと思い、「俺はやります」と言い続けました。その結果、「青い春」が松田龍平さん自身が初めて自分で選択した仕事となりました。この映画に出演すると決めたと同時に、当時行く理由を見失っていた高校を中退することになります。

高校中退を決意させた映画

当時事務所側は、松田龍平さんが「青い春」に出演することに反対していました。しかし松田龍平さんは根気強く「俺はやります」と言い続け、「青い春」に出演することになりました。

そしてこの映画に出演すると決めたと同時に、当時行く意味を失っていた堀越高校を中退する決意をします。当初松田龍平さんは「同じ芸能界を目指す同級生と一緒にいるのは刺激的だった」と語っています。しかし学校の外で会えば良いと感じたとも語っています。堀越高校の同級生には、松本潤さんや中村七之助さん等がいます。

松田龍平の通っていた高校は?

松田龍平さんは多くの芸能人を輩出している堀越高校の出身です。松田龍平さんは当初同校の普通科に進学していましたが、後に芸能コースのあるトレントコースに転科しています。

杉並区立井草中学校から同校に進学した松田龍平さんですが、その風貌からかなり周囲から怖がられていたと言われています。また2歳年下の松田翔平さんは、当時かなりのワルで鳴らしていたこともありました。

そのため、松田兄弟が在籍中の井草中学校は、志望者が激減したという逸話まで残っています。堀越高校在籍時は、松本潤さんと同級生で、松本潤さんによれば当時からはっきりと物を言う性格だったそうです。

嵐・松本潤は高校の同級生で現在も仲良し

嵐のメンバー松本潤さんは、堀越高校で松田龍平さんと同級生です。そして現在でも二人は仲良しであると言われており、二人で一緒に旅行に行ったこともあるそうです。この話は、テレビ「嵐にしやがれ」に松田龍平さんがゲストで来たときに語っていたエピソードです。

ドームツアーの演出には、歌舞伎一座の中村屋だけが使える垂れ幕をお願いして貸してもらい、コンサートのステージに使ったというエピソードもあります。松田龍平さんは、松本潤さんのことを、「物事をすごく吸収するやつで、自分にとっては特别な関係」と語っています。

豊田利晃監督青春三部作完結編「ナイン・ソウルズ」も人気

2003年に公開された日本映画「ナイン・ソウルズ」は、豊田利晃監督による青春3部作の完結編です。とある刑務所から9人の囚人達が脱走に成功することから物語は始まります。

さまざまな想いを抱えながらも、一台のバンに同乗し、行動をともにしていくことになります。そして生きることへの希望を感じ始めていた9人は、失くしてしまったものを取り戻すため、旅を続けます。松田龍平さんの他、千原ジュニアさんや、原田芳雄さん等、個性的アンサンブルキャストが集結しているおすすめの動画です。

Thumb松田龍平出演ドラマ一覧!おすすめや人気は?獣になれない私たちなど!
俳優松田龍平さんがデビュー以来出演している作品は映画が49本ドラマが14本です。ドラマ出演が...

松田龍平おすすめ映画③「舟を編む」

映画「船を編む」は、石田裕也監督の作品で、2013年に公開されたおすすめ映画となります。松田龍平さんが出演しており、三浦しをんさんのベストセラー小説をもとにしています。

「船を編む」は、日本アカデミー賞最優秀賞をはじめとする数々の賞を受賞し、数々のノミネートを受けました。「船を編む」は、これまでになかった、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描いています。馬締役で松田龍平さん、香具矢役で宮崎あおいさんが出演されています。地味なストーリーに見えて、最後は感動してしまう人が続出した映画です。

監督は同い年の石井裕也

石井裕也監督は、日本を代表する映画監督です。埼玉県浦和市出身で、川越東高校を経て、大阪芸術大学芸術学部映像学科を卒業し、日本大学大学院芸術学研究科映像芸術専攻を修了しています。

ブレス・チャベス事業部に所属しており、妻は女優である相楽樹さんです。2018年には、相楽樹さんとの間に第1子が誕生しています。2013年9月、松田龍平さん出演の映画「船を編む」で、第86回アカデミー賞外国語部門日本代表作品に選ばれています。ちなみに、当時の石井裕也監督の30歳という年齢での受賞は、史上最年少となります。

宮崎あおい・オダギリジョー・黒木華など豪華なキャスト陣

「船を編む」のポスターが公開された時、豪華なキャストたちが映し出された華やかなものとなっており、話題となりました。主人公を演じる松田龍平さんをはじめ、宮崎あおいさんやオダギリジョーさん、池脇千鶴さん等が共演されています。

映画「船を編む」はキャストの演技が高く、映画をご覧になった人からも好評な感想が多く寄せられました。「船を編む」は2016年にテレビドラマ化されており、実写映画のキャストに違和感がないという感想も寄せられています。中でも映画「船を編む」で特筆されているのは、加藤剛さんの存在感です。

数々の作品賞を受賞した話題作

「船を編む」は、第86回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表作品に選ばれました。さらに第37回日本アカデミー賞では、最優秀作品賞、最優秀監督賞など、その他6冠を受賞しました。

松田龍平さんは、同作の演技で主演男優賞を受賞しました。受賞当時に松田龍平さんは、「個人賞も嬉しいですが、作品賞が一番嬉しいです。感謝します」と語っています。石井裕也監督は、「全員で作った映画なので、スタッフ、キャストのみんなでこの場にいられることが嬉しいです」と安堵の表情を浮かべていました。

松田龍平自身も男優賞を数多く受賞

松田龍平さんは、2014年「船を編む」で作品賞と主演男優賞の2部門で受賞されました。同年には、第23回日本映画批評家大賞授賞式がシャングリラホテル東京で開催され、松田龍平さんも出席しました。

松田龍平さんは、「素晴らしい監督やスタッフ、キャストに影響を受けながらやってきました。僕が賞をいただけるのは実感が湧きませんが、壇上に立てて嬉しいです」と語ったといいます。日本映画批評家大賞は1991年に設立された賞で、故・淀川長治さん、故・小森和子さんら評論家仲間の呼びかけで始まりのタイトルとなります。

松田龍平出演人気映画①「まほろ駅前多田便利軒」

松田龍平さんが出演している人気おすすめ映画の一つには、「まほろ駅前多田便利軒」があります。まほろ市は、東京都南西部最大の街という設定で、まほろ市駅前に位置する便利屋、「多田便利屋」が映画の中心です。

便利屋経営者である多田啓介のところに、松田龍平さん演じる行天春彦が転がり込んできます。そしてきな臭い依頼に関わっていくうちに、様々な人間模様が見えてくる物語となっています。多田便利屋経営の多田啓介は、瑛太さんが演じており、多田啓介の同級生の行天春彦はよくしゃべる変な奴という設定になっています。

三浦しをん直木賞受賞作が原作

映画「まほろ駅前多田便利屋軒」は、三浦しをんさんが第135回直木賞を受賞した、「まほろ駅前多田便利軒」が原作となっています。出版社は文藝春秋であり、お近くの書店や、インターネットからも注文することができます。

原作とした動画のほか、テレビドラマやマンガ等も作られています。なにかものすごい事件が起きるわけではありませんが、便利屋に舞い込んでくる様々な依頼を一つ一つ解決していく過程の中で、登場人物たちの内面が少しずつ見えてくる内容となっています。

多田啓介役の瑛太と行天春彦役松田龍平のW主演

映画「まほろ駅前多田便利軒」は、多田啓介役の瑛太と行天春彦役の松田龍平さんのW主演となっています。瑛太演じる多田啓介は、まほろ駅前で多田便利軒という名の便利屋を営んでいる男を演じています。

そして数十年ぶりに再開した、松田龍平さん演じる行天春彦と生活を共にすることになります。松田龍平さん演じる行天春彦は、ある経緯により小さい子どもが大嫌いで、映画の中の「狂騒曲」によってその理由が明らかになります。多田啓介と同様バツイチという設定で共演されています。

「まほろ駅前番外地」としてドラマ化された

三浦しをんさんが直木賞受賞作を映画化した「まほろ駅前多田便利軒」は、最新続編として、2013年1月から3月にテレビ東京系で、テレビドラマとして放送された経歴があります。

全12話のテレビドラマになっており、まほろ市を舞台に、便利屋を営む多田啓介と松田龍平さん演じる行天春彦の姿を描いています。映画と変わらず、二人の空気感はばっちりで、毎週面白くご覧になっていた方が多かったそうです。現在では放送は終了しましたが、まほろ駅前番外地は、DVDBOX5枚組として販売されています。

松田龍平出演人気映画②

ここからは、松田龍平さんが出演しているおすすめ人気映画「探偵はBARにいる」シリーズについて詳しくご紹介させていただきます。

探偵はBARにいるは、北日本最大の繁華街である、札幌すすきののBAR「ケラー・オオハタ」を拠点とする探偵と、その相棒高田が活躍するシリーズです。本シリーズといえば、大泉洋さんが演じる探偵が思い浮かぶ方が多いですが、松田龍平さんが演じている高田の存在も欠かせません。続いて、「探偵はBARにいる」シリーズの詳細についてご紹介します。

映画「探偵はBARにいる」シリーズ

大泉洋さんや松田龍平さんが出演している、おすすめの人気探偵映画のシリーズです。日本最北の歓楽街である、北海道のすすきのにあるバー、ケラー・オオハタがストーリーの中心となります。

ケラーオオハタに入り浸る私立探偵とその助手が、巻き込まれた事件の真相に迫っていく物語です。東直己の推理小説「すすきの探偵シリーズ」を原作としています。2011年に「探偵はBARにいる」が公開され、2013年に「探偵はBARにいる2すすきの大交差点」、2017年には最新作である「探偵はBARにいる3」が公開されました。

主演探偵<俺>大泉洋

大泉洋さんが演じる探偵「名前がなく俺」は札幌すすきので小さな揉め事を解決する便利屋です。雪に埋められたり、ボコボコにされてしまったりと「水曜どうでしょう」を彷彿とさせるリアクション芸人っぷりが人気で面白いです。

しかし、情けなくもかっこいいハードボイルドな男を演じています。松田龍平さん演じる高田やすすきの仲間たちからは、探偵、旦那と呼ばれていますが、氏名は明らかにされていません。強い信念を持ちながら、どんなことがあろうともしつこく真実を追い続ける熱演を披露されています。

松田龍平は相棒兼運転手・高田役

探偵はBARにいるで、松田龍平さんは、相棒兼運転手である高田役を演じています。北海道大学農学部の助手であり、空手部の師範で喧嘩が強いという設定で、大泉洋さんが演じる主演探偵の空手の師匠でもあります。

できれば一日中寝ていたいという性格で、動画内では大学構内の一角を占拠して、そこに住んでいます。愛車はとてもボロい初代ビュートであり、よくエンストするため、主演探偵からは不評を買っています。探偵はBARにいるは、大泉洋さんと松田龍平さんの共演がおすすめの見どころです。

松田龍平の最新映画情報

ここからは、松田龍平さんが出演する予定の最新おすすめ映画情報を紹介させていただきます。松田龍平さん出演で、脱サラ棋士である瀬川晶司五段の小説を映画化した最新映画「泣き虫しょったんの奇跡」の公開日が2019年9月7日に決まっています。

この最新映画には、追加キャストとして藤原竜也さんや、板尾創路さんの出演されています。また、2020年に公開予定の最新映画「影裏」にも、松田龍平さんの出演が決定しています。公開前の上方となるので、気になる方は公開日を控えておくことをおすすめします。

2020年公開予定大友啓史監督「影裏」出演決定

2020年に公開されることが決定した最新映画「影裏」に、松田龍平さんが出演されます。高い表現力と繊細で美しい文脈を織り交ぜ、人間の心の裏側や、現代社会の繊細なテーマを描いた小説作品を原作としています。

最新映画の舞台は、大友啓史監督の出身地である岩手県です。主演を努めた綾野剛さんは、「これほど愛おしく、苦しく刹那な人を生きたことがない」と語っています。こちらの作品に出演した俳優の方たちは、「人間の裏表の存在を見ることができる貴重な作品であった」というコメントを残しています。

沼田真佑作の芥川受賞作の実写映画化作品

「影裏」は、2017年第124回文學界新人賞、第157回芥川賞を受賞した、沼田真佑の同名小説の実写を最新映画にするというものです。最新映画の中で、綾野剛さん演じる今野は、会社の転勤が理由で引っ越した岩手県で、松田龍平さん演じる同僚の日浅と出会います。

徐々に日浅に心を許していく今野でしたが、突然日浅は会社を辞めてしまいます。そんな中、実は日浅が行方不明になっていることを今野は耳にします。彼の周囲の人々の話から、今野は日浅の数々の影の顔と裏の顔を知ってしまうという最新映画です。

主演・綾野剛とは初共演

最新映画「影裏」では今野役で主演を務める綾野剛さんと、日浅を演じる松田龍平さんは初共演となります。大友監督が生まれ育った岩手県を舞台にしたヒューマンミステリーで、撮影は2018年7月から8月にかけて、岩手県にて行われました。

夏の猛暑の中、綾野剛さん、松田龍平さんと大友啓史監督、そして映画に関わったスタッフが一丸となり、数々のシーンを撮影されたそうです。台本にも日々改良が加えられているという撮影に、綾野剛さんは、大友啓史監督とスタッフと心の壁を探す日々だったと語っています。

Thumb【けもなれ】松田龍平のメガネはアリ?ナシ?ブランドなども調査!
これまでにも多くのドラマや映画でメガネ姿を披露してきた松田龍平さんですが、2018年に放送さ...

松田龍平は数多くの人気映画に出演!

松田龍平さんは数多くの人気映画に出演されています。これまでに紹介させていただいた「船を編む」や「青い春」、「探偵はBARにいる」だけではなく、悪魔探偵やナイン・ソウルズ等にも出演されています。

最新映画「泣き虫しょったんの奇跡」や最新映画の「影裏」への出演も決まっており、松田龍平さんのさらなる活躍が期待されています。松田龍平さんは俳優の松田優作さんの息子のため、才能等が全て遺伝していると言われています。これからも最新映画やドラマ等で活躍していく予定なので、応援していただくことをおすすめします。

松田龍平出演映画まとめ!おすすめや人気作品は?

松田龍平さんの出演映画や、最新映画情報をお伝えしました。松田龍平さんが出演している最新映画や動画、最新情報をご覧いただいた方の中には、今後松田龍平さんを応援していきたいと思われた方もいらっしゃるかもしれません。

松田龍平さんは現在、数多くの映画やドラマ、動画等に出演し、人気を集めています。松田龍平さんの最新映画も公開が決まっていますので、ぜひ見に行かれることをおすすめします。松田龍平さんが出演している映画や動画も、DVDとしてレンタルしたり購入できるので、ぜひ人気映画を御覧ください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ