麺家いさむの社長(塩谷修宏)の現在!炎上から閉店までの経緯やたむけんとのその後は?

麺家いさむというラーメン屋の社長が、お笑い芸人のたむらけんじを中傷したことで閉店に追い込まれたという出来事を紹介します。麺家いさむはどのような理由でたむらけんじと揉めることになったのでしょう?また、現在の麺家いさむの社長について調査しました。

麺家いさむの社長(塩谷修宏)の現在!炎上から閉店までの経緯やたむけんとのその後は?のイメージ

目次

  1. 1麺家いさむ騒動の概要
  2. 2麺家いさむの社長(塩谷修宏)の現在
  3. 3麺家いさむの社長がTwitter炎上
  4. 4麺家いさむの閉店までの経緯
  5. 5麺家いさむ炎上でたむけんとのその後は?
  6. 6麺家いさむの社長(塩谷修宏)の現在は店閉店で顔画像も流出状態

麺家いさむ騒動の概要

日本各地に様々なラーメン屋があります、趣味のような感覚でやっているラーメン屋から、私語を許さないような職人肌のラーメン屋も存在します。このようにラーメン屋というのも個性が重要になっており、SNSを通してお店を宣伝する人も多いです。

味玉が入ったラーメン

しかし、そんなSNSが原因で大きな騒動につながったラーメン屋があります。そのラーメン屋が「麺家いさむ」というお店です。このお店はどうしてSNSで炎上するような事態になってしまったのでしょうか?

この麺家いさむが炎上したのは、2019年1月から5月ごろにかけての出来事のようです。お店にラーメンを食べに来ていたお笑い芸人のたむらけんじに対して、SNSで中傷するコメントをしたことが原因でした。お店に来たたむらけんじと写真まで撮ってもらったのに、お店の社長が悪口を書いたようです。

ソーシャルネットワーク

その中で社長は、マイクやカメラが無かったらまったく面白くない人だったという風に中傷していたようです。あくまでたむらけんじはプライベートでお店に来ていたわけで、その好意に対して失礼すぎる態度だったわけです。

結果的にお店にはたくさんの苦情が集まり、ワイドショーにも取り上げられています。そして、お店は騒動から3ヶ月ほど経った5月25日に閉店しています。

麺家いさむの所在地は?

この麺家いさむは大阪市内にあったお店とのことです。そのため、麺家いさむの正確な所在地も確認してみました。麺家いさむの所在地は「大阪府大阪市西区北堀江1丁目9-9」だったようです。ただし、お店の名前などは登録されていたものが、消されたり復活したりと荒らしの被害にあっていたようです。

麺家いさむの社長(塩谷修宏)の現在

スーツを着た人

この麺家いさむの社長は塩谷修宏という人物のようです。自分のお店に来たたむらけんじをTwitterで中傷したことが原因でお店を閉店することになったわけです。そんな、塩谷修宏は現在どうしているのでしょうか?

麺家いさむの社長(塩谷修宏)とは

人差し指とはてなマーク

まず、麺家いさむの社長と言われている塩谷修宏の情報から紹介します。塩谷修宏に関しては一般人ということもあり詳しい情報は無いようです。ただし、この麺家いさむを営業していた会社は「株式会社UP Life」という名前だったようです。

麺家いさむ現在閉店で公衆トイレ?

麺家いさむはTwitterの炎上騒動が原因で2019年5月25日22時の営業を最後に閉店しています。お店自体は営業開始から1年ほどの期間で閉店になってしまったようです。

そして、お店があった場所についてです。麺家いさむの炎上騒動が起きていたときに、Google Mapでお店があった場所を調べてみると「公衆トイレ」として登録されてしまっていたそうです。この理由に関してはおそらく嫌がらせの被害の一つだと考えられます。

社長(塩谷修宏)は現在顔画像がTwitterで流出か

最近はちょっとした炎上でもTwitterなどに顔が流出するということが増えています。麺家いさむの社長である塩谷修宏の場合も顔画像が流出しているようです。

塩谷修宏の顔画像が流出した理由は、元従業員が原因だったそうです。元従業員と思われる人物はTwitterでお店がオープンするときから関わっていたスタッフだったのだとか。お店のオープンが半月も遅れたことや、最初は準備不足でメニューの商品をすべて提供出来ない状態だったそうです。

また、この元従業員は塩谷修宏の顔画像だけでなくLINEなどのやりとりも公開したそうです。その中ではかなり社長に対して不満をぶつけていたようですが、まともに取り合ってもらえなかったようです。バイトを休もうとしたらいきなり解雇されたと思わしきやり取りもあったようです。

麺家いさむの社長がTwitter炎上

麺家いさむの炎上騒動について改めて確認してみましょう。そもそも、この麺家いさむが炎上したのは社長である塩谷修宏がTwitterで行った発言が理由です。そのTwitter炎上の理由を再確認しましょう。

麺家いさむの社長(塩谷修宏)とたむけんがTwitter炎上に

まず、麺家いさむの社長である塩谷修宏は、お店関係のSNSを自分で管理していたそうです。そのため、つぶやく内容などの更新は塩谷修宏が一人で行っていたようです。そして、Twitterでお店の宣伝などを行っている中で、お店にお笑い芸人のたむらけんじが来たことをつぶやいたことが炎上の理由になりました。

たむけんとは

たむけんことたむらけんじは1973年5月4日生まれの46歳です。たむけんは大阪府阪南市出身でお笑い芸人として活動しています。たむけんの本名は田村憲司というそうです。現在はピンで活動していますが、最初は高校の同級生と「LaLaLa」というコンビでした。このコンビは1999年8月に解散しています。

また、たむけんはお笑い芸人として活動すると同時に、実業家として飲食店を経営していることでも有名です。たむけんは普段の獅子舞を持ってボケる姿とは対象的に、かなり真面目に飲食店を経営しているそうです。

たむけんは2006年12月に大阪市城東区に焼肉店「炭火焼肉たむら」をオープンしています。もともとは義母が経営していた店舗をたむけんが引き継いだそうです。その後も、2007年に大阪市中央区南船橋に2号店をオープンしています。

その後のたむけんは、2009年に「鉄板焼たむら」などを経営するなどお店は順調なようです。2008年の段階で年商は6億円だったそうです。このようにたむけんはお笑い芸人としても実業家としても成功しているといえるでしょう。

たむけんがプライベートで麺家いさむ来店

このたむけんが、なぜ麺家いさむと揉めることになったのでしょうか?その理由は、たむけんが後輩芸人と麺家いさむに訪れたことがきっかけになっています。たむけんは完全プライベートだったようで、たまたま麺家いさむに訪れたそうです。

麺家いさむ社長がたむけんとの画像投稿?

たむけんがお店でラーメンを食べていると、店員に顔バレして写真撮影をお願いされたそうです。たむけんは後輩芸人と店員2人と合わせて写真に写っています。

たむけんも特に嫌な素振りを見せたということはなかったようで、よくあることとして対応したようです。そして、麺家いさむの社長はこの写真をTwitterに投稿したようです。

麺家いさむのたむけんに関するTwitter投稿で炎上へ

麺家いさむの社長はTwitterにたむけんがお店に来たことをシンプルに紹介すればいいだけなのに、なぜかたむけんを中傷するコメントを書いたようです。たむけんの画像と合わせて、マイクやカメラが無いとおもしろいことを言わない人だったという感じでコメントをつけていたようです。

たむけんからすればプライベートで面白いことをわざわざ言う必要もありませんし、写真撮影に応じてくれた人に対する態度ではありません。このような麺家いさむの社長のつぶやきが発覚して、Twitterが炎上したというわけです。

麺家いさむの閉店までの経緯

号泣しながら謝罪する人

麺家いさむのTwitterが炎上したことで、もう少し社長がうまく対応すれば炎上も収まったかもしれません。しかし、麺家いさむはたむけんに関するツイート以外にも問題があったことが発覚しています。そういったことを含めて麺家いさむが閉店するまでの経緯を紹介します。

麺家いさむ炎上で社長パワハラ疑惑も浮上

麺家いさむの社長である塩谷修宏の顔画像が流出した件でも触れましたが、社長にはパワハラ疑惑も浮上していました。元従業員が社長とのLINEなどのやり取りを公開した中で、その態度がパワハラ的だったことがわかります。

バイトが用事で休みたいと相談したら解雇されそうになったり、厨房でタバコを吸ったり、自分は出来ていないのに従業員に接客のダメ出しをしていたようです。

ワイドショー等でも取り上げられ止まない苦情

こういった騒動が拡散されたことで、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」がお店を直撃しています。このワイドショーで取り上げられたときの社長の態度もかなり横柄だったことで、余計に苦情が増えたそうです。

令和元年5月に麺家いさむ閉店へ

麺家いさむはTwitterでの言動が拡散されたことで、お店には一日で1000件以上の苦情電話がかかってくるような状態になっていたそうです。そのため、通常の営業自体に支障が出てしまったそうです。社長はTwitterで謝罪風の言葉をつぶやくものの、反省しているとは思ってもらえなかったようです。

このような経緯から麺家いさむは令和元年5月に閉店しています。SNSの言動が原因でお店を閉店する事態に追い込まれるということは珍しいわけではないようです。しかし、オープンして1年ほどで閉店しなければならないほど問題は大きくなってしまったわけです。

麺家いさむ閉店理由はたむけん炎上?

この麺家いさむの問題が起きた理由といえるのは、たむけんに対する中傷が一番の問題でしょう。もちろん、たむけんもこの騒動を知っており、麺家いさむに電話もしていたそうです。どのように問題を解決したほうが良いかをアドバイスしたようですが、そのことをバラされてしまったようです。

たむけんは、自分が中傷されたこともかなり驚いていたようですが、それでもお店にアドバイスをしてあげていたわけです。しかし、たむけんなりの配慮を勝手に明かされたこともあり、お店にはもう関わらないで欲しいという態度に変わったそうです。

社長(塩谷修宏)のTwitterなどの客への暴言も閉店理由か

赤い器に入ったラーメン

麺家いさむのたむけんに対する態度だけでなく、一般の客に対する暴言も問題だったようです。麺家いさむに訪れたことがあるお客がTwitterで感想をつぶやくと、それに対して暴言を吐いたり、今回の騒動で絡んできた人にも暴言を行っていたようです。こういった態度も閉店の大きな理由になったようです。

麺家いさむ閉店前の評判は?

そもそも、この麺家いさむというお店はラーメン屋としてどのような評判だったのでしょうか?多少は態度が悪くても味がうまければ、それも個性になることもあります。この問題が起きるまで、麺家いさむの食べログでの評価は3.3だったようです。

食べログの評価はいろいろと意見がありますが、3.3というのはお世辞にも高いとは言いにくいです。お店の評判として味はそこまで悪くなかったようですが、魚臭いという悪い評判が多かったようです。鯛出汁ベースだったようですが、そのまま魚の生臭い臭いがラーメンに残ってしまっていたのでしょう。

麺家いさむ炎上でたむけんとのその後は?

麺家いさむは、たむけんに対する中傷や従業員に対するパワハラ、そして客に対する暴言という様々な問題を抱えていました。麺家いさむはたむけんに対する態度などで炎上したわけですが、その後の現在はどうしているのでしょうか?

たむけんは炎上商法に利用された?

そもそも、麺家いさむはなぜたむけんに対してこのような態度を取ったのでしょうか?この騒動に関しては社長が炎上商法を狙ったという意見もあります。つまり、Twitterで炎上騒動が拡散されることでお店のことを知ってもらおうと考えたというわけです。

このことで、どんな店がトラブルを起こしたのかという注目を集めますし、実際にラーメンを食べてみてネタにしようと考える人も出てくるわけです。そのため、麺家いさむの騒動が起きたときは試しにラーメンを食べに行ってみたという人は多かったようです。

また、社長は炎上騒動後半には謝罪風に見せかけた宣伝ツイートもしていたようです。店に対する嫌がらせを止めて欲しいという注意と合わせて、「大阪で一番HOTな店」として開店時間を紹介していたようです。こういった言動が理由で炎上商法だったと言われているようです。

麺家いさむ社長がTwitterでたむけんへ謝罪

麺家いさむもさすがに騒動が大きくなりすぎて、Twitterで謝罪を行っています。社長は自分の言動が原因で問題が起きたこと、またこのトラブルに従業員は関係ないことを謝罪しています。また、社長はたむけんに対しての謝罪の言葉も記していたようです。

たむけんは麺家いさむ社長騒動に対し大人の対応

このことに関して、たむけんは大人な対応をしています。これ以上、どういった対応をしても問題は大きくなるだけなので、お互いこれで終わりにしようという対応だったようです。また、Twitterを見ているファンには、自分にもお店にもこのことでリプライを送るのも止めましょうという対応でした。

結果的には、このたむけんの大人な対応が評価されて好感度は上がったようです。逆に現在の麺家いさむは閉店しているので対応ミスだったといえるでしょう。

麺家いさむの社長(塩谷修宏)の現在は店閉店で顔画像も流出状態

麺家いさむの社長である塩谷修宏と、たむけんに対して起こしたトラブルについて紹介しました。お店は現在閉店しており、社長の顔画像は流出状態のままとなっています。現在、社長がどうしているかは不明です。改めて飲食店を経営するにしても、店頭に顔を出すのは厳しいといえるでしょう。

嘆く男性

現在もこういったSNSを通したお店のトラブルは多いようですが、その後にどういった対応が出来るかというのが大事だと言えそうです。たむけんの大人な対応は実業家としての経験が生かされていたと言えそうです。麺家いさむのようなトラブルが起きないようにSNSの言動には注意するようにしましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
浅倉恭介
ギターと野球と料理が好き。犬が飼いたい! もともとは接客業界で働いてました その後は保育業界に。 ロ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ