Mr.オクレ(吉本新喜劇)の今現在!結婚や息子は?貧乏や死去説も!

吉本新喜劇でも人気の高いミスターオクレですが、現在ではどのような活動をしているのでしょうか?吉本新喜劇とは打って変わってテレビではほとんど姿を見ないミスターオクレですが、結婚や息子、そして気になる貧乏や死去したというネットで飛び交う噂までを一挙にご紹介します。

Mr.オクレ(吉本新喜劇)の今現在!結婚や息子は?貧乏や死去説も!のイメージ

目次

  1. 1Mr.オクレのプロフィール
  2. 2Mr.オクレの本名は?年齢・出身も
  3. 3Mr.オクレの年収がすごい!貧乏時代も
  4. 4Mr.オクレが結婚した?お相手は
  5. 5Mr.オクレに死去説?噂の出どころは
  6. 6Mr.オクレは現在も舞台で健在

Mr.オクレのプロフィール

・愛称:オクレさん
・本名:岡田信行
・生年月日:1953年4月30日
・年齢:65歳
・出身地:兵庫県明石市
・血液型:B型
・身長:160センチ
・体重:非公表
・活動内容:お笑い芸人、ベーシスト
・所属グループ:何人トリオ
・事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
・家族構成:独身
・出演作品:吉本新喜劇

Mr.オクレの経歴

ミスターオクレは兵庫県明石市出身のお笑い芸人です。デビューする前には吉本新喜劇で活動していたザ・クエッションというグループのサポートを行うローディーとして活動していましたが、1973年からは表舞台にも出るようになり、テレビにも出演していました。

「オレたちひょうきん族」では何人トリオというグループで歌も披露し、そこで人気が出て全国区となりました。高年齢となった今でも吉本新喜劇に出演し活動をしています。

Mr.オクレの本名は?年齢・出身も

ミスターオクレは年齢を考えても、そして芸歴を考えても吉本新喜劇ではベテランとなる芸人です。しかしミスターオクレは吉本新喜劇の舞台以外にあまりメディアへの露出がないため、生い立ちや本名などがあまり知られることなく謎に満ちています。

今でも現役で活躍をし続け、ファンも多いミスターオクレの本名や年齢などについて詳しく見ていきます。

Mr.オクレの本名は岡田信行

見れば一目瞭然ではありますがミスターオクレとは芸名で、ミスターオクレの本名は岡田信行といいます。今から40年以上の前から芸能界で活動をしているミスターオクレですが一度も本名で活動したことはありません。デビュー当時は南場四郎という芸名でした。

その後はミスターオクレという芸名に代わり、今でも変化することなくミスターオクレという芸名で活動を行なっています。ファンの間ではオクレさんとも呼ばれています。

兵庫県明石市出身で父は中学校教諭

ミスターオクレは兵庫県明石市の出身です。本人はお笑い芸人という職業ですが、ミスターオクレの父親は中学高の教師であったと言われています。家族構成については多く語られておらず、父親の職業しかネットでも情報が公開されていません。

母親について、兄弟についてもわかっておらずミスターオクレに兄弟がいるのか、はたまた一人息子なのかなどのことも全くわかりません。芸能活動は長いですが謎の多い人です。

年齢は非公式だが現在65歳

ミスターオクレの年齢は非公表なのですが、なぜか面白いことに生年月日は公開されています。そのため年齢が非公表であっても計算して現在ではミスターオクレが65歳であることがわかっています。65歳という高年齢ですが現在でも吉本新喜劇の舞台に立っています。

年齢にあった役柄を演じることもあれば、年齢に不釣り合いなヤンキー役をやることなどもありその舞台ごとにいろいろなミスターオクレを見ることができます。

吉本新喜劇ではミスターオクレのおきまりのネタがあります。まずは登場した時に「こんにちは」と高くかなりか細目の声であいさつをすることです。年齢の見た目にそぐわないおじいさん感、そして気の抜けるような声に共演者がこけるというのがおきまりです。

そのほかにもいろいろなミスターオクレのおきまりネタがありますが、また後ほどご紹介します。

実は腕利きベーシスト!オクレの由来

吉本新喜劇の一員として有名なミスターオクレですが、実はベーシストとしても活動していたことはご存知でしょうか?先ほどご紹介した通り、ミスターオクレは自身が最初はローディーを務めた音楽ショウでのちにデビューし、ベーシストとして活動していました。

実はそこでのネタの1つにメンバーが登場したり演奏をしたりする時にミスターオクレだけがワンテンポ遅れるというものがありました。

そこでミスターオクレに他のメンバーが「遅い」とツッコむというおきまりの流れだったのですが、そこから今の芸名であるミスターオクレがつけられることとなりました。今でも動画配信サイトなどでは、当時のミスターオクレのベース姿を見ることができます。

その後ミスターオクレは島田紳助が結成した紳助バンドに参加していましたが、そのときにもやはりベーシストとして活動しベースの腕前を披露していました。

Mr.オクレの年収がすごい!貧乏時代も

ミスターオクレとネットで検索をすると一緒に引っかかってくるのが貧乏というワードです。今でこそお笑い芸人としてベテランとなり収入もそれなりにあると思われるミスターオクレですが、実は驚くほど貧乏な時代を最初は過ごしていたと言われています。

さらにその貧乏話を歌にもしており、そこからミスターオクレの知名度も上がっていきました。実際にどのような貧乏エピソードをミスターオクレは語っているのでしょうか?

Mr.オクレの貧乏時代エピソード

ミスターオクレはザ・パンチャーズでベーシストとして活動後、オレたちひょうきん族では村上ショージ、前田政二と何人トリオというトリオを結成し「ラブ・ユー・貧乏」という自分たちの貧乏話を披露するという歌を歌っていました。

当時テレビ番組が人気だったということもありますが、この歌もヒットしミスターオクレをはじめ何人トリオのメンバーはたちまち全国区となりました。

貧乏エピソード①鳩の卵かけごはん

今ではお笑いの年収で食べていけるほどのミスターオクレですが、信じられないような貧乏エピソードが揃っています。まずは鳩の卵を使って卵かけご飯を食べていたというエピソードです。お金がなかった当時、ミスターオクレは自宅に鳩の巣を作っていました。

そこで飼育した鳩が産んだ卵を使って卵かけご飯を作っていたというのです。衛生面がなんとも気になる話ですが、年収もほぼない時代には美味しいご飯だったようです。

貧乏エピソード②ボール紙焼肉

ミスターオクレの貧乏エピソード2つ目はボール紙焼肉です。月収も年収もほぼないため、肉を買う余裕などミスター遅れには到底ありませんでした。そんな時に楽しんでいたのがボール紙を使った擬似焼肉でした。なんと紙を肉に見立てて食べていたのです。

少しでも気分を上げるためかボール紙にはカルビやロースなどと肉の部位まで書いていたとのこと、今でも時折語り継がれるミスターオクレの仰天貧乏エピソードです。

ブレイク後は年収1000万越え

売れない頃はかなりひもじい思いをしたミスターオクレですが、ひょうきん族で何人トリオとして人気が出てからは状況が一変しました。お笑いバブルでもあり、確かな情報はありませんが噂によると当時のミスターオクレの年収は1000万ほどであったと言われています。

一時期に比べると何百倍もの年収を稼ぐようになったミスターオクレですが、現在ではテレビではあまり姿を見かけません。今ではどのようにして年収を稼いでいるのでしょうか?

収入源①吉本新喜劇や番組の出演

ミスターオクレの今の年収など収入の中心は、やはり吉本新喜劇ということができます。大阪の難波に劇場を持つ吉本新喜劇ですが、スケジュールを見ると毎日新喜劇などのイベントが行われています。そのキャストを見るとほぼ毎日ミスターオクレの名前があります。

60歳を越える現在でもミスターオクレは舞台に立ち続けているのです。吉本新喜劇1本あたりのギャラは正確にはわかりませんが、月に数十万は稼いでいる可能性があります。

吉本新喜劇の良さの1つはおきまりの笑いです。ミスターオクレは先ほどご紹介した「こんにちは」のギャグのほかにも、自分のギャグに笑う、大事な話を聞いていないフリをする、任せなさいと胸を叩いて咳き込むなどいろいろな持ちネタがあります。

ミスターオクレのギャグを楽しみにするお客さんは多く、吉本新喜劇にとってもミスターオクレは大切な一員です。ほかにも地方番組出演もあり、ミスターオクレの収入の1つです。

収入源②地方営業

もう1つミスターオクレが年収を稼ぐ仕事があります。それは地方営業です。今から何十年も前とはなりますが、全国区で人気者となったミスターオクレを知る人は多いため、地方営業に出かけてもミスターオクレはお客さんや場を盛り上げることができるのです。

こうした地方営業はよければ1つで数十万の日当になることもあると言われており、ミスターオクレの年収の1つの支えになっているということができます。

Mr.オクレが結婚した?お相手は

今年で60代も後半に入るミスターオクレですが、気になるのは家族構成です。ミスターオクレは結婚しており、息子もいるという噂がある一方で、この歳まで結婚しておらず息子ももちろんいないという全く正反対のミスターオクレの噂も流れています。

一体どちらが本当なのでしょうか?また結婚相手が実は同じ吉本新喜劇の劇団員であるという気になる噂もあります。合わせて真相を見ていきましょう。

Mr.オクレの結婚相手は宇都宮まき?

ミスターオクレと仕事とプライベートの両方で仲が良いと言われているのが、同じくよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属するお笑い芸人の宇都宮まきです。新喜劇メンバーの中でも可愛いと評判です。テレビ番組でピンで出演していたこともあります。

劇団員を志望し、芸能界入りを考えていた宇都宮まきでしたが両親の反対が壁となりました。しかしその後両親の意向により、Wヤングの平川幸男の弟子となります。

最初は新喜劇に関して全く興味を持っていなかった宇都宮まきでしたが、その後弟子生活を経験する中で新喜劇の魅力を感じ、1年後には自ら吉本新喜劇への入団を志望し、現在に至ります。今では大御所の劇団員とも打ち解けるほどの存在となりました。

そんな宇都宮まきが、なんとミスターオクレと結婚するのではないかと噂されるほど仲が良いエピソード、そして出来事がありました。

共通の趣味の音楽で急接近?

過去にはベーシストとして活動していたミスターオクレ、そして現在吉本新喜劇のメンバーで結成したバンドのボーカルとして活動をする宇都宮まきは同じ音楽という共通の趣味を通じて一気に交流が深まりました。ライブに一緒に参戦する姿もSNSで見ることができます。

こうした共演者にしてはかなりプライベートでも交流があり、距離が近い2人の関係を見た人々がミスターオクレが宇都宮まきを狙っていると噂するほどでした。

宇都宮まきからプロポーズしていた!

しかし実際に蓋を開けてみると、なんと宇都宮まきの方がミスターオクレにプロポーズしていたことがわかりました。世間の予想を全く反対の出来事であったため、このことはメディアを通じて大きく報道されました。年の差も28歳もあります。

しかしこの宇都宮まきからの結婚申し込みを、ミスターオクレはとても意外な理由で断っています。

Mr.オクレの返答は「覚悟がない」

結婚を断った理由はずばり「人1人の人生を背負う覚悟はまだ自分にない」というものでした。自分はまだ未熟であるといった意味が込められているのでしょうか、これ以上の詳しい理由は明らかになっていません。

しかし1度結婚申し込みを断られた後も宇都宮まきはもう一度ミスターオクレに結婚を申し込んだと報道されています。彼女の結婚したいという気持ちも相当に固いようです。

息子がいるとの噂はガセだった

ミスターオクレは結婚しており、有名大学を卒業した息子がいるという噂も出ていますがこれは全くの嘘です。そのためミスターオクレは現在も結婚しておらず息子はもちろんのこと子どもは存在していません。

どうして息子がいると噂が流れたのかはわかりませんが、60歳を越える年齢を考えると一般的に息子がいることが多いため、そうした憶測が流れたのではないかと考えられます。

Mr.オクレに死去説?噂の出どころは

あるときは宇都宮まきが結婚相手である、息子が存在しているなどいろいろな噂が流されるミスターオクレですが、実は死去しているというなんともショッキングなガセ噂まで流れたことがあります。

今でも吉本新喜劇の舞台で活躍しているミスターオクレがどうして死去したと噂されたのでしょうか?理由を見ていきましょう。

死亡説はMr.オクレのイメージのせい?

ミスターオクレが死去したと噂されてしまったのには、本人のイメージが関係していると考えられます。ミスターオクレの持ち味は少しひ弱なキャラクターです。

こうした少しヨボヨボとしたイメージがそのまま私生活にも結びついてしまい、ミスターオクレは心身ともに弱っているという勘違いを産んだと考えられます。

理由①吉本新喜劇で死人役が多い

さらに現在でもミスターオクレが活動している吉本新喜劇の中での役所も死去したと噂されてしまう1つの理由ということができるでしょう。

実はミスターオクレは吉本新喜劇の中で死人役をすることが度々あります。そのため死人役がそのまま死に結びついてしまい、ミスターオクレが死去したという誤った噂が流れてしまったと考えられます。

理由②現在も売れる前の貧乏イメージ

ミスターオクレというともちろん現在の吉本新喜劇での姿を思い浮かべる人も多いのですが、中には貧乏エピソードを歌っていた時の人気絶頂期の姿を思い浮かべる人も多く存在しています。

こうした人々の中でミスターオクレは貧乏というイメージが定着しており、今でも貧乏なために稼ぎがなくなりミスターオクレは死去したという勘違いが生まれたとも考えられます。

理由③以前ほどテレビ出演がない

ミスターオクレが名もない芸人からたちまち全国区の人気芸人になるきっかけとなったのは、テレビ番組への出演でした。今でも全くテレビ番組への出演がないわけではないのですが、一時期に比べると明らかにテレビへの露出は減っています。

そのため吉本新喜劇、そして関西などのローカル番組でミスターオクレの姿に全く触れない人々がミスターオクレが死去したと勘違いしたとも考えられます。

Mr.オクレは現在も舞台で健在

ミスターオクレの現在では想像がつかない驚きの貧乏話や、今の主な年収源である仕事、そして一時期は死去したという噂が流れた理由などをまとめてご紹介しました。

死去したという噂や結婚して息子がいるという噂は嘘で、ミスターオクレは65歳となる今でも吉本新喜劇の舞台に元気に立ち続けています。これからも個性ある芸風で舞台を中心に活動すると思われます。ミスターオクレを見たい方は吉本の劇場に足を運んでみましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
383holly

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ