三田佳子の父親って?職業や経歴などを調査!親子関係などのエピソードも

三田佳子の実家はお金持ちという噂が浮上しています。三田佳子の父親はどのような方なのでしょうか?三田佳子の父親の職業や経歴などを調査してみました。また、三田佳子と父親の親子関係などがわかるエピソードについてもご紹介しましょう。

三田佳子の父親って?職業や経歴などを調査!親子関係などのエピソードものイメージ

目次

  1. 1三田佳子のプロフィール
  2. 2三田佳子の父親って?
  3. 3三田佳子の父親の仕事や経歴について
  4. 4三田佳子の父親との親子関係などエピソード
  5. 5三田佳子の父親は会社員で母親は武士ファミリー

三田佳子のプロフィール

・愛称:???
・本名:高橋嘉子
・生年月日:1941年10月8日
・年齢:79歳(2021年3月現在)
・出身地:大阪府大阪市
・血液型:O型
・身長:158cm
・体重:???
・活動内容:女優
・所属グループ:なし
・事務所:プロダクション尾木
・家族構成:夫(高橋康夫)、長男(森宮隆)、次男(高橋祐也)

三田佳子の経歴

三田佳子は1941年10月8日に大阪府大阪市で生まれ、幼少期には戦争を経験していて、3歳の頃に山梨に疎開したことがあります。終戦後は東京で暮らしました。三田佳子は中学時代から子役として芸能活動をしていました。

中学生の頃や高校生の頃には数多くのテレビに出演していましたが、スカウトは断り続けていました。複数の映画会社が三田佳子の争奪戦を繰り広げていたそうです。三田佳子は高校を卒業後、第二東映に入社しています。1960年に映画「殺られてたまるか」で女優としてデビューを飾りました。この作品では主役級の役柄を演じ話題になります。

三田佳子はデビューした当時から東映映画の看板女優として活躍しています。デビュー当時からスケールが大きい女優として扱われ、特別扱いされてきました。1967年に東映を退社し、フリーに転身しました。テレビや舞台を中心に活躍するようになります。三田佳子は演技力の高さと好感度の高さで、数多くの話題作に出演しています。

1973年にNHK大河ドラマ『国盗り物語』に出演しました。三田佳子は複数の大河ドラマでも主演を務め、注目されてきました。また、紅白歌合戦でも2年連続で司会を務め、女優として以外にも幅広く活躍しています。

三田佳子は1984年に映画「Wの悲劇」での演技が評価され、数多くの賞を受賞しています。1986年には橋田壽賀子が脚本を手掛けた作品『いのち』で主演を務め、注目されました。三田佳子は日本を代表する女優の1人と言われ、支持されています。さらに、数多くのCMにも出演し、CMの女王とも呼ばれていました。三田佳子はまさに国民的女優として活躍していました。

三田佳子は1974年にNHKでディレクターやプロデューサーとして活動していた高橋康夫と結婚しています。高橋康夫の父親は映画カメラマンの高橋通夫で、一橋大学を卒業後、1965年にNHKに入局したエリートです。

三田佳子の夫はプロデューサーやドラマ番組のディレクターを務め、1990年にはドラマ担当常務取締役としてNHKエンタープライズへ出向しました。その後、NHK放送事業局ソフト開発部長、放送総局エグゼクティブプロデューサーなどの要職を務めています。

2004年に退職してからは、企画制作会社である「株式会社レシピ」の代表となり、かなり優秀な方だということがわかります。その後、三田佳子は2人の息子に恵まれました。

1996年に子宮体癌で入院し、その後、抗がん剤治療や手術により退院しています。1998年には次男が覚醒剤取締法違反で逮捕されました。毎月小遣いを50万円渡していたりと世間から批判されました。

CMは全て降板し、女優としての活動を10か月間自粛しています。その後、復帰したのですが、2000年に次男が再び逮捕され、さらに1年間自粛していました。2003年からは映画やドラマで活躍しています。

2003年には水野晴郎が復帰の手助けをしてくれ、自身の映画である「シベリア超特急3」で三田佳子を主演として起用してくれました。その後、映画「海猫」やテレビドラマ「いま、会いにゆきます」などに出演し、女優としての仕事を再開しました。

さらに、2007年9月16日には「ひまわり〜夏目雅子27年の生涯と母の愛〜」で仲間由紀恵とダブル主演を果たしています。三田佳子は女優としての再スタートをきったと思われました。しかし、2007年に次男が3回目の逮捕となってしまいます。三田佳子は芸能活動の自粛に度々追い込まれました。

Thumb三田佳子の長男(森宮隆)まとめ!経歴や学歴は?結婚した嫁も調査!
三田佳子さんの長男の森宮隆さんですが、経歴や学歴は判明しているのでしょうか?森宮隆さんが結婚...

三田佳子の父親って?

かつてはCMの女王と呼ばれ、数多くの映画やドラマで活躍してきた日本を代表する女優だった三田佳子の父親はどのような人だったのでしょうか?三田佳子の父親や母親などの家族構成や出身地、父親の名前や顔について調査してみました。

三田佳子の出身地は大阪府大阪市

三田佳子の出身地は大阪府大阪市天王寺区です。1941年10月8日に大阪府大阪市で誕生し、半年間は大阪府で過ごしました。

その後は東京都内に移住

三田佳子は出生後、半年間で東京都内に移住しています。3歳の頃には、一家で山梨県に疎開しましたが、終戦後は東京に戻りました。世田谷区下北沢に戻り、その後は中野区で育っています。

三田佳子の父親や母親など家族構成

三田佳子の実家はどのような家族構成になっているのでしょうか?両親以外に兄弟や姉妹がいるかなど、三田佳子の家族構成について気になります。三田佳子の父親や母親など家族構成についてご紹介しましょう。

弟とは死別?

三田佳子の家族構成は父親、母親、弟の4人家族です。三田佳子には弟がもう1人いたのですが、幼い頃に死別したそうです。

三田佳子の父親の名前や顔は?

三田佳子の旧姓は「石黒」です。三田佳子の父親の名前や顔はどのような感じなのでしょうか?三田佳子の父親の名前や顔については公開されておりませんので、わかっておりません。

三田佳子の父親の仕事や経歴について

三田佳子の父親の仕事や経歴についてご紹介しましょう。三田佳子の父親はどのような仕事をしていた方なのでしょうか?三田佳子の父親の仕事や経歴について調査してみました。

三田佳子の父親の仕事は会社員との噂

三田佳子の父親の仕事は会社員という噂です。三田佳子は大阪府大阪市で誕生していますが、これは、父親の仕事関係による赴任先が大阪だったようです。この時代に仕事が会社員というのはとてもエリートだったので、三田佳子は当時、お金持ちだったと思われます。

三田佳子は1974年に高橋康夫と結婚し、2人の息子が生まれました。三田佳子の次男は1998年、高校生の時に覚せい剤取締法違反で逮捕されています。この時に、三田佳子も旦那も多忙だったせいで、子供の面倒は祖父母や家政婦が見ていたことが判明しました。

三田佳子は忙しかったので、息子たちと一緒にいることができないかわりに、多額のお小遣いをあげていたことも明かされています。また、記者会見の際には「母が女優ということで、未成年の息子が報道されてかわいそう」と発言し、世間から批判されました。

三田佳子が多額のお小遣いを息子たちに渡していたのは、三田佳子も幼少期に父親がお金持ちだったので、「金銭感覚がおかしいのでは?」という噂も聞かれました。三田佳子の次男は高校生で逮捕された時には初犯で、未成年だったので、保護観察処分になっています。

三田佳子の次男はさらに、2000年、2007年にも覚せい剤取締法違反で逮捕されました。2000年に逮捕された際には執行猶予が5年、2007年に逮捕された時には懲役1年6か月の実刑が下されています。

三田佳子の次男はその後、薬物依存リハビリセンターに入所し、2010年に一般女性と結婚し、社会復帰を果たしました。しかし、2018年にまたもや覚せい剤取締法違反で4回目の逮捕となってしまいます。

さらに、三田佳子の次男は一般女性と結婚していたのに関わらず、元乃木坂46の大和里菜と不倫していたことが報じられました。しかも、不倫相手の大和里菜にDVを行っていたことも明かされています。

三田佳子は次男に1日に15万円というお小遣いを与えていたり、家族カードを使用させていたことが判明し、世間から批判されました。三田佳子の次男がこのようなことになったのは、もともと、お金さえ渡していればいいだろうという誤った考えが問題を引き起こしたと思われます。

三田佳子は次男の4回目の逮捕に対して、「親としてはもう力が及ばない」とコメントしています。三田佳子の次男は2019年2月20日に離婚し、その後再婚したことを、自身のツイッターで報告し注目されました。

三田佳子の次男がこのようになってしまったのは、三田佳子の子供に対する対応のせいだと世間からは非難されています。三田佳子のおかしな金銭感覚から、次男は普通の高校生の生活ができなくなり、このような結果を引き起こしてしまったのでしょう。

お金持ち説もあり一般の会社員とは違う?

三田佳子の父親の仕事は会社員で、三田佳子は小さい頃、とてもお金持ちだったという噂です。三田佳子は1941年10月8日生まれで、この頃のサラリーマンというのは、エリート階級でした。父親の仕事は会社員と言えども、現在の会社員とは違うようです。

三田佳子は多額のお小遣いだけ与えておけばいいという子育てをしていたので、次男の何度もの覚せい剤取締法違反による逮捕を受けて、世間から批判されました。三田佳子の次男は2010年に一般女性と結婚し、2011年に男の子が誕生しています。

三田佳子の長男は2008年6月に結婚し、2011年と2016年に男の子が誕生しました。三田佳子には3人の男の子の孫がいます。2019年1月21日に孫3人が遊びに来てくれたことをブログで報告し、話題になりました。

息子の時と同じように、多額のお小遣いを孫にあげていないかを心配される世間の声も聞かれます。次男の子育てを失敗したように、孫には多額のお小遣いをあげないように注意しなければなりません。三田佳子のこのような子育ては、過去に自分自身がお金持ちで、金銭感覚がなかったことによるものだと噂されています。

父親の経歴も調査

三田佳子の父親の経歴についても調査してみました。三田佳子の父親の仕事は会社員ということがわかっていますが、経歴については公開されていません。父親の経歴については不明でした。

母親の仕事や経歴もついでに調査

三田佳子の母親の仕事や経歴についても調査してみました。三田佳子の母親は東京都出身で、先祖は武士だったそうです。三田佳子の母親は、武士の家系の末っ子として誕生し、お金持ちの家庭で育ちました。

三田佳子の父親との親子関係などエピソード

三田佳子と父親はどのような親子関係だったのでしょうか?三田佳子と父親との親子関係がわかるエピソードなどをご紹介しましょう。

父親が残した育児日記「わが子の歴史」エピソード

三田佳子の父親は三田佳子が誕生してから小学校に入学するまでを「わが子の歴史」という育児日記に纏めていました。この育児日記には有名な画家10名が描いた挿絵が入っていたそうです。

有名な画家10名が挿絵を描いてくれるなんて、普通の父親では考えられません。三田佳子の父親は普通の会社員ではなく、相当なエリートだと思われます。有名な企業の要職についていた可能性が考えられます。

有名な画家と知り合いということで、三田佳子の父親は業界関係者だった可能性も考えられるでしょう。三田佳子の父親はとても大物だったようです。

両親離婚で父親との親子関係は?

三田佳子の父親と母親は、三田佳子が8歳の時に離婚しています。三田佳子は母親に引き取られ、三田佳子の弟は父親が引き取りました。そのため、三田佳子と父親との親子関係についてはわかっておりません。

しかし、三田佳子の父親が三田佳子の誕生から小学校に入学するまでの記録を「わが子の歴史」という育児日記に残しています。三田佳子の父親は三田佳子をとてもかわいがっていたのでしょう。三田佳子と父親の親子関係は良好だったことがわかります。

両親離婚で母親との生活

三田佳子の両親は三田佳子が8歳の時に離婚しました。三田佳子は両親が離婚後、母親と暮らしています。弟は父親に引き取られました。三田佳子の母親は、日本橋でお茶漬け店を開いていました。三田佳子の母親はこれで生計を立てて、三田佳子を育てたようです。

三田佳子の母親は、もともと武士の家系で育ち、とてもお金持ちでした。しかし、戦争を経験し、さらに離婚し、お茶漬け店を経営し、女手一つで三田佳子を育ててきました。

三田佳子は女手一つで育ててくれた母親にとても感謝しているそうです。三田佳子は子供の頃、学校が終わると、母親が経営しているお茶漬け店に向かい、そこで本を読んで過ごしていました。三田佳子は幼少期をそのように過ごしていて、女優としての原点を築き上げました。

三田佳子の母親は80歳まで長生きし、三田佳子と仲の良い母娘関係だったと言います。武士の家系出身のお嬢様だった三田佳子の母親は、離婚と戦争を経て、苦労して三田佳子を育ててきました。

三田佳子の父親は会社員で母親は武士ファミリー

三田佳子の父親についてご紹介しました。三田佳子の父親は会社員で、エリート階級だったと思われます。三田佳子は子供の頃、お金持ちの家庭で育ちました。母親は武士の家系出身のお嬢様です。三田佳子は両親が離婚後は母親に育てられました。三田佳子と母親の関係はとても良好だったと思われます。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ