【水戸事件】赤須正夫社長の卑劣な虐待や被害を受けた知的障害者の現在は?

ドラマ「聖者の行進」のモチーフと成った事件である水戸事件。アカス紙器の社長である赤須正夫は助成金目当で障害者を雇用し、虐待や差別を繰り返しました。今回はそんな水戸事件の全貌と、卑劣なる行為で被害を受けた障害者達の現在について調査致しました。

【水戸事件】赤須正夫社長の卑劣な虐待や被害を受けた知的障害者の現在は?のイメージ

目次

  1. 1水戸事件とは
  2. 2水戸事件の概要
  3. 3水戸事件の犯人・赤須正夫社長とは?
  4. 4水戸事件の捜査に警察が消極的な理由
  5. 5水戸事件の裁判と判決
  6. 6水戸事件のその後
  7. 7水戸事件のような差別は今後二度と起こしては成らない

水戸事件とは

それでは早速「水戸事件」について話を進めていきたいと思います。この事件がどういった事件で有るかという事を御存知無い方もいらっしゃると思いますので、まずは水戸事件の大枠について簡単に御説明させて頂きます。

茨城県水戸市のアカス紙器で起きた通称「水戸事件」

この水戸事件が発覚したのは今から24年前の1995年。茨城県水戸市にある「有限会社アカス紙器」にて助成金の不正受給が発覚。それと共にこの会社で雇用されているある一部の従業員に対し、日頃より虐待や差別といった行為が行われていた事が明らかと成りました。

水戸事件と呼ばれる理由

この事件が何故「水戸事件」と呼ばれているか?という理由については至極簡単で、事件の舞台と成った有限会社アカス紙器の工場が茨城県水戸市に存在したからです。

アカス紙器は知的障害者を雇用

アカス紙器は工場の従業員として積極的に知的障害者を雇用していたのですが、アカス紙器が彼等障害者を積極的に雇用していた目的は、企業が知的障害者を雇用した際に国から受けられる助成金を目的としていた為でした。

ただ、アカス紙器が知的障害者を雇用して助成金を受ける事自体については何も問題はありません。問題は彼等雇用された知的障害者に対する扱いに有ったのです。

水戸事件はドラマ「聖者の行進」のモチーフと成った

この水戸事件は、その後1998年に放送されたTBSドラマ「聖者の行進」のモチーフと成っています。それでは簡単に「聖者の行進」の概要について御説明して起きたいと思います。以下が聖者の行進の作品概要とです。

・作品名:聖者の行進
・放送局:TBS
・放送年月日:1998年1月9日 - 3月27日
・放送時間帯:金曜日22:00 - 22:54
・放送回数:全11話
・脚本:野島伸司
・主演:いしだ壱成
・その他のキャスト:酒井法子、広末涼子、安藤政信、段田安則ほか
・主題歌:中島みゆき「糸」「命の別名」
・平均視聴率:20.9%
・聖者の行進の関連商品:DVD、Blu-ray

この「聖者の行進」というドラマは、1998年1月から3月に掛けてTBSの金曜ドラマ枠として放送が行われた作品です。人気脚本家として知られる野島伸司さんがこの聖者の行進の脚本を手掛けており、『聖者の行進』『高校教師』『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』『未成年』の通称「TBS野島伸司シリーズ」の一作となります。

この聖者の行進では、水戸事件で実際に繰り広げられていた「知的障害者への差別や虐待」がリアルに描かれているのですが、その描写にはかなり過激な物も含まれており、放送当時は視聴者からの苦情が殺到。スポンサーが降板するなど非常に大きな話題と成りました。

因みに現在でもDVD、Blu-rayでこの聖者の行進を御覧頂く事は可能と成っておりますので、興味が御座いましたらこの機会にチェックしてみては如何でしょうか?

水戸事件の概要

それでは続いて水戸事件の概要を御説明して参りたいと思います。1995年に発覚した水戸事件には一体どの様な背景が隠されていたのでしょうか?

助成金の不正受給により赤須正夫社長が逮捕

水戸事件で真っ先に問題視された点は障害者雇用に対する助成金の不正受給でした。この有限会社アカス紙器の助成金不正受給に関する詐欺容疑で、当時社長であった赤須正夫が警察に逮捕されています。実は赤須正夫が積極的に障害者を雇用していたのはこの助成金を不正に受給する為のモノだったのです。

赤須正夫は助成金を受け取っていたにも関わらず、従業員に対し給与の支払いを行っておりませんでした。こうした事実の発覚によって赤須正夫の助成金不正受給が判明したのですが、その間彼が着服していたとされる額は、何と立証された額だけでもおよそ800万円はあったと言われています。

特定求職者雇用開発助成金とは

その赤須正夫が騙し取ったとされる助成金というのが「特定求職者雇用開発助成金」です。この「特定求職者雇用開発助成金」という助成金は、知的障害者や高齢者などのいわゆる「仕事を見つけにくい立場にあるの人」の支援を目的とした助成金で、これらに該当する者を雇用した企業に対し国が助成金を支給する制度と成っております。

この特定求職者雇用開発助成金は、支援対象者に支払う給与金額に応じて支給される助成金の額が決まるという仕組みなのですが、赤須正夫はこの給与支払額の部分を帳簿改ざんによって水増しし、不正に多くの助成金を受け取っていたのです。

雇用した知的障害者への虐待も

そしてこの特定求職者雇用開発助成金の不正受給問題への捜査が進められていく中で、雇用していたそれら知的障害者に対する様々な虐待行為の実体が明らかに成り、これが後に大きな社会問題と発展します。不正受給に留まらず、彼等は社会的弱者である障害者に対し、有ろう事か虐待や差別といった非人道的な行為を繰り返して来たのです。

性的な虐待も?

被害を受けた障害者の中には、赤須正夫からドラマさながらの性的虐待を受けた女性もおり、その数たるや何と10人以上にも登るとの事でした。勿論全てが強姦やそれに近い形での強要であり、嫌がる障害者女性に対して赤須正夫は無理矢理性的暴行を加えたのです。

中には中学卒業後すぐにアカス紙器に入社した女性なども居たそうですが、赤須正夫はそうした女性らを次々と毒牙に掛けて行ったのです。この鬼畜にも勝る所業はしかし刑事裁判で断罪される事はありませんでした。

強姦罪は「其処には双方の合意が有ったのか?」という点が最大の争点と成ります。勿論被害に合った女性は何れも赤須正夫から無理矢理性的暴行を加えられているのですが、これを立証する上で非常に大きな問題と成る部分があります。それは彼女たちが「知的障害者」だからなのです。

つまり、障害のない女性であれば「合意などはなく無理矢理だった」との証言を行う事が出来ますが、知的障害を抱えている女性の場合、この証言そのものについて疑問視されてしまうのです。被害を受けた側の証言に立証能力が無いと成れば、親告罪である強姦事件を立証するのは困難という事に成ります。

その後被害を受けた女性3名がこの件で民事訴訟を起こしておりますが、何れにせよ刑事裁判の方ではこの強姦については審議すら行われておりません。こうした点においてもこの水戸事件が「弱者保護の必要性」を世の中に強く認識させるきっかけと成ったのでした。

水戸事件の犯人・赤須正夫社長とは?

続いては水戸事件の犯人である赤須正夫について見ていきたいと思います。この水戸事件を引き起こした赤須正夫とは一体どういう人物だったのでしょうか?

有限会社アカス紙器の社長

赤須正夫は自身が経営する有限会社アカス紙器の社長でした。アカス紙器は主にダンボール製品などを取り扱う工場で、事業規模自体はそれほど大きな会社では無いものの、堅実な仕事を行う真っ当な企業として周囲からは認識されていた会社だったそうです。そのアカス紙器の創業者であるのが社長の赤須正夫でした。

障害者雇用に熱心な社長として評判だった赤須正夫

赤須正夫は障害者雇用に熱心な社長として、周囲でも評判の人物でした。社会的弱者であるとされる知的障害者を積極的に雇用し、労働の場を与えるという事は正直なかなか難しい部分でもあります。現在も多くの知的障害者の方々が働きたくても働く場所が見つからず、いつまで経っても自立する事が出来ないといった問題を抱えています。

そんな中で彼等知的障害者に労働の場を与え、社会人としての自立を促すという行いは大きな称賛に値する行為として人々の目に写ります。周囲は赤須正夫の事を「あの社長は見上げた人だ、実に素晴らしい!」と、常々日頃から口々に褒め称えていたそうです。

裏では障害者に卑劣な虐待を繰り返していた

人々は赤須正夫をまるで聖人かの如く褒め称えていましたが、当の赤須正夫は正反対の人物であり、彼は障害者に対し卑劣極まる虐待や差別行為を繰り返し行っていたのです。

赤須正夫は雇用している知的障害者に対し殴る蹴るといった単純暴行から、膝の裏に角材や空き缶を挟んで正座させてその上に重い石を乗せるといった行為、更にはタバスコ御飯を食べさせたり腐ったバナナを食べさせるといった、数多くの非人道的行為を働いていました。

虐待や差別といった被害を受けた障害者は10人以上に

そうした赤須正夫による虐待や差別といった被害を受けてきた障害者は、何と10人以上にも登ったそうです。彼等はあるワイドショーに出演した際に赤須正夫の本当の顔について赤裸々に真実を語り、赤須正夫が日頃よりこうした非人道的な虐待行為や強姦を繰り返し行っていた事を世間に訴えたのです。

しかしこうした動きにも警察はある理由から捜査に積極的ではありませんでした。その理由につきましてはこの後の章で詳しくご紹介して行きたいと思います。

水戸事件の捜査に警察が消極的な理由

赤須正夫が引き起こした水戸事件について、警察は傍から見ても分かる位に捜査に対し消極的だったと言われています。水戸事件には大きく見て「不正受給による詐欺容疑」「障害者に対する虐待」の2つ点が挙げられますが、警察は詐欺についての捜査は行うものの、虐待に関してはこれといった捜査を行っていないのです。

其処には警察がこの事件に対して、積極的な捜査を行いにくいある理由が存在していたのです。ここではその「水戸事件の捜査に消極的だった理由」について掘り下げてみたいと思います。

理由①虐待報告は水戸事件より前にあった

水戸事件によって赤須正夫の虐待や差別行為の実態が明らかに成った訳ですが、当然これらの行為はこの水戸事件発覚時のみ行われていた訳ではなく、水戸事件発覚以前から日常的に繰り返し行われていたのです。ですがこれらの実態は赤須正夫の助成金不正受給が明るみに出るまで発覚することはありませんでした。

では何故こうした虐待行為が水戸事件発覚まで明るみに出なかったのでしょうか?こうした虐待行為が繰り返されていた事に誰も気付くことが出来なかったのでしょうか?これほどまでの虐待や差別が常態化していたとすれば、もっと早い段階で問題に成っていてもおかしくない筈なのです。

調査したところ、実はこうした虐待報告は水戸事件以前から何件も寄せられていた事が判明したのです。つまり警察はこうした虐待や差別がアカス紙器で行われていたという事実を、水戸事件以前より認識していたという事に成ります。にも関わらず警察は赤須正夫の行為を放置し続けたという事です。これは一体どういった事なのでしょうか?

これはこの後に説明する2つの理由が大きく関わってくる部分なのですが、簡単に言うと「事件があったという事を立証出来るかどうか」という部分なのです。これらの理由によって警察は、虐待報告が行われていたにも関わらず捜査を行わなかったと考えられています。

理由②赤須正夫社長は地元の名士

ではその「警察が捜査を行わない具体的な理由」とは何なのか?ですが、1つに赤須正夫が地元で知られた名士であった可能性が挙げられます。先程も申し上げた通り赤須正夫は傍からは「知的障害者の自立支援に尽力し、積極的に福祉活動を行う名士」として認識されている人物です。

そんな赤須正夫を逮捕したとして、万が一容疑の立証に至らなかった場合は近隣から大きな反発を受けることは必至です。赤須正夫が地元の名士である点を踏まえると、周辺から何らかの圧力が掛けられる可能性も大いにあったでしょう。そうした極めてやりづらい環境の中である事が行われたのです。

そのある事とは昨年流行った言葉である「忖度」です。警察は地元の名士である赤須正夫に対して忖度を働かせたという事に成ります。虐待が行われているという報告もあるが、それらは過度な被害者意識によっての訴えや妄想に過ぎないと、そもそも赤須正夫に限ってその様な事を行っている筈がないという忖度を働かせたのです。

通常警察は訴えが有れば捜査を行うのが当然ですし、それが警察に課せられた治安維持の為の任務です。にも関わらず虐待報告を受けても捜査に踏み切らなかったのは、相手が赤須正夫であったという点が大きく関係しているのでは無いでしょうか?

理由③被害者が知的障害者である事

そして警察が捜査に消極的だったもう1つ大きな理由があります。それは「被害者が知的障害者である事」です。ともすればこの理由こそが最大の理由だった可能性が高いのです。もちろん被害者が知的障害者だからといって差別される様な事は絶対にあっては成らない事ですが、では何故被害者が知的障害者という理由で警察が消極的に成ったのでしょうか?

皆さんは日本の刑事事件における有罪率というモノを御存知でしょうか?これは「刑事事件で起訴された者が裁判で有罪判決を受ける確率」というものですが、何と日本の刑事事件における有罪率は「99%」で、つまりほぼほぼ完全に有罪判決が下されるというシステムに成っているのです。

これは裏を返せば「有罪にする事が前程で裁判が行われている」という事にも成ります。この部分には相当の違和感を感じる点もありますが、この前程で考えると「明白に有罪と成る事件で無ければ起訴すら行わない」という事に成る訳です。

多くの刑事裁判の場合、事件を裏付ける証拠を元に裁判が進められるのですが、水戸事件での被害者たちはいずれも知的障害者であり、彼等の「証言能力」を問われた場合にそれを証明するのは非常に難しいという現実があるのです。

水戸事件は工場内という閉鎖的な環境の中で発生していますので、当然外部者の目に触れられていません。となると工場内に居た他の知的障害者の証言や、被害者自身からの証言を元に捜査と立証を行っていく事に成る訳で、それは検察にとって非常に難しい事案という事に成ります。

先程も申し上げた通り、日本の刑事裁判における有罪率は99%です。起訴された時点で奇跡でも起こらない限りは有罪が確定するシステムの中で、検察としても無罪判決が下される様な事件を起訴する事は非常に難しい事なのです。

この水戸事件での虐待が健常者に対して行われた事件であれば、警察も捜査に消極的に成る事は無かったかも知れません。「被害者が知的障害者だから」というのは本来あっては成らない理由ですが、現行の刑事裁判のシステムにおいて、検察及び警察はどうしてもこの部分を無視して捜査を進める事が出来なかったのでは無いでしょうか?

水戸事件の裁判と判決

そうして行われた水戸事件の裁判。果たして水戸事件ではどの様な判決が下されたのでしょうか?ここでは水戸事件の裁判とその判決についてまとめてみました。

赤須正夫には懲役3年執行猶予4年の判決が下る

水戸事件の裁判が行われた結果、赤須正夫には懲役3年執行猶予4年の有罪判決が下されています。この水戸事件による裁判で赤須正夫が罪に問われたのは詐欺罪・暴行罪2件・傷害罪1件で、強姦罪を始めとする他の虐待容疑に関しては結局のところ罪に問われる事すら無かったのです。

これには先程申し上げた通り「立証できるか否か」という部分が大きく関係しており、結果的に検察は赤須正夫が犯した犯行と立証できる罪状のみを起訴したという事に成ります。故にこれだけの非人道行為を働いていたにも関わらず、赤須正夫には執行猶予付きの有罪判決が下される事に成ったという訳です。

理不尽な判決

この判決が理不尽である事は火を見るより明らかでした。判決では赤須正夫が地元の名士として福祉活動に長年貢献してきた事も加味されたとの事ですが、有罪判決と言えども執行猶予付きの判決ですから、赤須正夫にとって「ほぼほぼ勝利」と言える内容の裁判に成ったのは間違いありません。

この判決内容に対し、多くの人々が声を挙げましたが当然聞き入れられる事はなく、水戸事件はこの判決で形上解決を迎えることと成ってしまったのです。

被害者を支援していた3名の逮捕

水戸地裁で判決が下された1997年3月28日、この裁判の判決内容を不服に行った被害者の支援者たちが、裁判後の赤須正夫と担当弁護士を取り囲み、被害者に対して謝罪を要求するという事件が発生。この行為の中で支援者3名が「監禁」「器物破損」「傷害」の現行犯で逮捕されています。

3名のうち2名は実刑判決に

その後この3名の裁判が行われたのですが、判決は何と1名に執行猶予付き判決が下されたものの、残る2名には執行猶予無しの実刑判決が下され、2003年にそれぞれ1年4ヶ月~1年8ヶ月の実刑が確定と成りました。

これは裁判所の下した判決に対し異を唱える形で犯行に及んだ事件ですので、裁判長は「法の威厳」という点で殊更厳しく裁判に臨んだ可能性があります。

然しながら当の赤須正夫は執行猶予付きの有罪判決が下されたにも関わらず、謝罪を要求した支援者には実刑判決が下されるのですから、流石にこれを理不尽と言わずして何というというところではありますね。

水戸事件のその後

では最後に水戸事件のその後についてまとめておきたいと思います。水戸事件によって障害者に対する様々な問題がクローズアップされる事に成り、結果「水戸事件の教訓」として障害者虐待防止法が成立する事と成りました。これによって今後水戸事件の様な事件が発生する事を、未然に防ぐ事が出来るように成ったのでしょうか?

被害を受けた障害者達が民事裁判を起こす

先程申し上げた通り、刑事裁判によって立証されたのは水戸事件における極僅かの罪のみでした。これに対して特に不服を感じたのが、赤須正夫から強姦された3名の女性達でした。そして彼女たち3名は赤須正夫を相手取り民事裁判を起こしたのです。

この裁判の結果赤須正夫の性的暴行が認められ、裁判所は赤須正夫に対し賠償金1500万円を支払うよう命じました。この判決に対し赤須正夫は控訴するものの高裁によって棄却され、これによって強姦事件については被害者の全面勝訴という事に成りました。

障害者を巡る社会問題に発展

この水戸事件はその後大きな社会問題に発展します。弱者である筈の障害者を食い物にしようとする鬼畜から、どうやって彼等を守っていくか?今後の日本社会の在り方にとって非常に重要な問題提起と成りました。

赤須正夫は社長職を辞職

赤須正夫は水戸事件を機に有限会社アカス紙器の社長職を辞職。その後の消息は掴めておりません。

社名を有限会社クリーン水戸に変更

アカス紙器は社名を「有限会社アカス紙器」→「有限会社水戸パッケージ」→「有限会社クリーン水戸」と変更しています。現在も有限会社クリーン水戸として茨城県水戸市に会社は存在しているようですね。

障害者虐待防止法が成立

平成23年6月、水戸事件を教訓に「障害者虐待防止法」が成立。これにより水戸事件の様な障害者に対する虐待行為を未然に防ぐ事が出来る様に成りました。然しながら実際にはまだまだ問題は山積みであり、今後も引き続き「弱者に優しい世界」を目指して、協議を進めていく必要があるでしょう。

水戸事件のような差別は今後二度と起こしては成らない

今回は茨城県水戸市で発覚した「水戸事件」についてご紹介して参りました。今後この様な事件が二度と繰り返されない為にも、社会全体でこの問題に対して意識を深めていくことが重要ですね。

関連するまとめ

編集部
この記事のライター
Windy編集部

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ