光岡ディオンの現在は?夫の宮沢和史や息子の宮沢氷魚との関係も!若い頃は?

宮沢和史さんと結婚した光岡ディオンさんに離婚の噂が出ているそうですが本当でしょうか?また、ハーフの光岡ディオンさんの若い頃が美人と話題になっています。息子の宮沢氷魚さんのことなども含めて光岡ディオンさんの気になる情報をまとめました。

光岡ディオンの現在は?夫の宮沢和史や息子の宮沢氷魚との関係も!若い頃は?のイメージ

目次

  1. 1光岡ディオンのプロフィール
  2. 2光岡ディオンの現在
  3. 3光岡ディオンと宮沢和史の馴れ初め
  4. 4光岡ディオンと宮沢氷魚との関係
  5. 5光岡ディオンの若い頃はどうだった?
  6. 6光岡ディオンは現在も活動中

光岡ディオンのプロフィール

・愛称:?
・本名:?
・生年月日:1965年7月15日
・年齢:53歳
・出身地:神奈川県
・血液型:?
・身長:?
・体重:?
・活動内容:パーソナリティー、タレント
・所属グループ:なし
・事務所:?
・家族構成:夫(宮沢和史)、長男(宮沢氷魚)、次男、長女
・出演作品:テレビ番組「CNNヘッドライン」「直撃LIVE グッディ!」ラジオ番組「大学受験ラジオ講座・英語講座」「リトル・チャロ2 心にしみる英語ドラマ」など

光岡ディオンの経歴

国際基督教大学を卒業している光岡ディオンさんは、これまでに音楽番組に出演したり、CNNニュース・日本語版のナビゲート役をしたりするなどして活動していました。1994年に結婚した光岡ディオンさんの現在についてこれから紹介していきます。

光岡ディオンの現在

光岡ディオンさんの現在が気になる人も多いのではないでしょうか?光岡ディオンさんは現在はどのような活動をしているのでしょう?光岡ディオンさんの気になる現在について調べてみました。

現在はタレントとして活動

現在の光岡ディオンさんの活動状況について調べてみると、光岡ディオンさんはテレビ番組などへ出演する回数は機会は減っていますが、現在もタレントとして活動しているようです。

過去には日本語ナビゲーターとして活躍

光岡ディオンさんは過去にはMTVやCNNヘッドラインなどで活躍をしており、ラジオ番組のパーソナリティも務めてました。日本語版のナビゲートなどをしていた光岡ディオンさんは、結婚後には育児と仕事の両立をしながらタレントとして活動をしているということですね。

現在はニュース番組グッティにも出演

光岡ディオンさんは現在は「直撃LIVE グッディ!」などにも出演しており、コメンテーターとしてニュースに対する回答を行っています。

光岡ディオンと宮沢和史の馴れ初め

光岡ディオンさんは宮沢和史さんと結婚していますが、馴れ初めはどのようなものだったのでしょうか?また、離婚の噂が出ているそうですが、本当に光岡ディオンさんと宮沢和史さんは離婚したのでしょうか?光岡ディオンさんと宮沢和史さんの馴れ初めや、離婚に関する噂について調べてみました。

宮沢和史は光岡ディオンの夫

光岡ディオンさんの夫は宮沢和史さんです。宮沢和史さんは「THE BOOM」におけるボーカリストとして活躍していました。「THE BOOM」は2014年に解散をしたので、「THE BOOM」が解散した後には宮沢和史さんはソロとしての活動をスタートしています。

「THE BOOM」の知名度を一気に高めた「島唄」と「風になりたい」という曲を知っている人はたくさん居るのではないでしょうか?

どこか哀愁が漂っている名曲「島唄」は、ラブソングだと思っている人も多いようですが、実はこの「島唄」という曲は太平洋戦争の末期、沖縄県で戦争の犠牲になった人たちの悲しい姿が鮮明に表現されています。

「THE BOOM」の「島唄」は歴史の教科書ではあまり深く学ぶことの無い「沖縄戦」のことを歌っている曲なのです。

宮沢和史さんが「島唄」を作るきっかけになったのは、あるおばあさんとの出会いでした。そのおばあさんに「島唄」を聴いて欲しかったのだそうです。そのおばあさんは沖縄戦が繰り広げられていた当時、ひめゆり学徒隊だった人で奇跡的に生き延びることが出来ました。

沖縄の音楽に興味を持っていた宮沢和史さんが1991年に「ひめゆり平和記念資料館」を初めて訪れたときに、沖縄戦での実体験をそのおばあさんが話してくれたそうです。資料館は自然洞窟のようになっていて、その自然洞窟は防空壕で集団自決が行われた場だったのだとか。

資料館の周りの穏やかな景色と防空壕を対比して、宮沢和史さんは涙が止まらなくなったそうです。「島唄」を作成したときには、戦争の体験をしたことがない宮沢和史さん自身が沖縄戦の悲しみを歌った曲を三線を弾きながら歌うということに関して、自分がこんなことをしても良いものかとかなり悩んだそうです。

しかしながら、そのときに出会った喜納昌吉さんが後押しをしてくれたことから、無事に「島唄」をリリースすることが出来たと語っています。

 

上の動画は「島唄」を宮沢和史さんが歌っている様子が映っています。沖縄戦のことを歌っている曲なのだと分かったうえで「島唄」を聴いてみると、今までとは違った印象の曲に思えるのではないでしょうか?

沖縄戦のことを歌にした宮沢和史さんはよく沖縄県出身だと思われるようですが、実は山梨県の出身です。しかし宮沢和史さんは沖縄のことを「第2の故郷」だと言うぐらいに沖縄のことが大好きなのだとか。
 
沖縄好きの宮沢和史さんは沖縄県立芸術大学音楽学部の講師を務めており、さらに三線の棹に使用する黒檀(コクタン)の植樹活動も行っています。沖縄に関する仕事を精力的に行っていることが分かりますね。

また、歌に関する仕事も行っており「THE BOOM」解散後でも音楽にはしっかりと携わっているようです。もともと「THE BOOM」を解散した理由は、自分自身が歌う力を持てなくなってしまったということで音楽を見つめ直したいと思いがあったからだそうです。

音楽に対して妥協をしないという宮沢和史さんなりのプライドがあるのかもしれません。しかし今後も沖縄や歌に関する仕事を続けていくことでしょう。

二人の馴れ初めはラジオでの共演

光岡ディオンさんが卒業した大学は国際基督教大学の教養学部語学科なので、英語が非常に堪能です。そのようなことから、音楽番組やCNNニュースなどで日本語版のナビゲート役を務めるなどして、英語に関する仕事を昔から行っていました。

そんな光岡ディオンさんが夫の宮沢和史さんと出会ったのは、光岡ディオンさんが出演するラジオ番組に宮沢和史さんがゲストとして出演したときだったそうです。光岡ディオンさんと宮沢和史さんが結婚したときにはすでに光岡ディオンさんは妊娠していたため、授かり婚だったということですね。

光岡ディオンさんと宮沢和史さんが結婚した当時は授かり婚は珍しかったかもしれませんね。しかしながら、子供さんが誕生することは2人にとっては非常に大きな出来事になったことでしょう。

光岡ディオンさんのお腹に新しい命が授かったことによって宮沢和史さんと結婚することになったのかもしれないので、まさに子供さんが繋いでくれた深い縁なのではないでしょうか?

 

光岡ディオンと宮沢和史に離婚の噂?

光岡ディオンさんと宮沢和史さんが離婚をしたという情報が出ているようですが、本当に離婚したのでしょうか?離婚したという噂が出ている光岡ディオンさんと宮沢和史さんですが、結論から言うと2人は離婚をしていません。

光岡ディオンさんの夫の宮沢和史さんは温厚な性格で、周りの人たちに慕われていると言われています。そのような性格から、自分自身の子供さんやお嫁さんのことも大事にしているのではないでしょうか?宮沢和史さんは浮ついた話もまったく出ていない人なので、光岡ディオンさんとも仲良く暮らしていることが予想されます。

インターネット上では宮本和史さんに関する噂はほとんどが嘘であると言われているくらいに、根も葉もない噂や疑惑が蔓延しているようです。この離婚に関する噂に関しても同様です。離婚したなどという報道はまったく出ていないのにも関わらず、離婚したという勝手な噂が出ています。

光岡ディオンさんの夫の宮沢和史さんはプライベートな情報がほとんど公開されていないということもあって、さまざまな噂や憶測が出ているのかもしれません。

光岡ディオンと宮沢氷魚との関係

宮沢和史さんの若い頃にそっくりでイケメンな宮沢氷魚さん。光岡ディオンさんと宮沢氷魚さんとの関係について調べてみました。

宮沢氷魚は光岡ディオンの息子

宮沢氷魚さんの名前は一見するとどのように読むのか分からない人も多いのではないでしょうか?宮沢氷魚さんの名前は「みやざわひお」と読みます。宮沢氷魚さんは光岡ディオンさんの息子さんです。

宮沢氷魚さんはお父さんの宮沢和史さんの若い頃にそっくりとだと世間でもよく言われています。実際に宮沢氷魚さん自身も、お父さんの宮沢和史さんの若い頃と自分がそっくりだということを自覚しているようです。

宮沢氷魚さんは見た目が日本人離れしていてハーフっぽい雰囲気なので、宮沢氷魚さんはハーフだと思われがちですが、実際はハーフではなくクォーターです。

宮沢氷魚さんのお母さんである光岡ディオンさんが日本人とアメリカ人とのハーフであるため、宮沢氷魚さんはクォーターという訳です。

宮沢氷魚は光岡ディオン同様高学歴

宮沢氷魚さんが芸能界デビューを果たしたのは、2015年にメンズノンノの専属モデルになったことがきっかけです。宮沢氷魚さんは身長が184cmなので非常に高身長で、スレンダーな体型をしているのでまさにモデル向きの体型だと言っても過言ではありません。

クォーターならではの茶色い瞳と明るめの髪色で、メンズノンノのモデルの中でもひと際目立っています。宮沢氷魚さんは初めて合格したオーディションが、メンズノンノにおける専属モデル募集のオーディションだったそうです。

宮沢氷魚さんのお母さんは光岡ディオンさん、そしてお父さんは宮沢和史さんなので完全なる二世タレントということになりますが、オーディションを受けるときには自身のお父さんが宮沢和史さんということを隠していたのだとか。

あえて二世タレントということを隠し、自分自身の力で頑張りたかったのかもしれませんね。そんな宮沢氷魚さんは英語を話すことも出来るということで、ハリウッドに進出することも目標だと明かしていました。

また、お母さんである光岡ディオンさんみたいに語学力を活かしながらラジオのパーソナリティーもしていみたいと語っていましたが、目標通り「おとなの基礎英語」に出演することも出来ています。


宮沢氷魚さんが卒業した大学もお母さんの光岡ディオンさんと一緒で、国際基督教大学を2017年の3月に卒業しました。宮沢氷魚さんは幼少期からインターナショナルスクールに通っており、日本の高校を卒業した後にはカリフォルニア大学へ留学し、国際基督教大学には編入して入学しています。

画像を見ても分かる通り宮沢氷魚さんは宮沢和史さんの若い頃と同様にイケメンで、スポーツも得意なのだとか。特にクロスカントリーや野球が得意だそうで、身体能力も高そうなのでスポーツや英語などといった分野で今後さらに活躍していくかもしれませんね。

宮沢氷魚の名前に込められた思い

宮沢氷魚さんの「氷魚」という名前の由来は、お父さんの宮沢和史さんが釣りが好きで、鮎の稚魚である「氷魚」から付けたそうです。氷魚は琵琶湖で釣れる魚で、氷魚のように厳しい環境の中でも強く生きて欲しいという意味を込めたそうです。

さらに宮沢氷魚さんには弟と妹が居て、次男の名前は海実(かいみ)さんで、妹の名前は琉歌(るか)さんとなっています。この2人の名前も宮沢和史さんが付けており、釣りが好きということと沖縄が好きということが由来になっているそうです。

光岡ディオンの若い頃はどうだった?

ハーフならではの美貌を誇る光岡ディオンさん。現在もとても綺麗な光岡ディオンさんなので、若い頃も気になるという人も多いのではないでしょうか?光岡ディオンさんの若い頃について調べてみました。

光岡ディオンの若い頃が美人と話題

光岡ディオンさんの若い頃が美人だということで、インターネット上でも話題になっています。このような話題が出ているということであれば、光岡ディオンさんの若い頃を知らない人たちは光岡ディオンさんの若い頃が気になってくることでしょう。

ハーフとして日本人離れした美貌だった

光岡ディオンさんはハーフなので、若い頃から日本人離れした美貌を持っていました。 日本人とアメリカ人のハーフの光岡ディオンさんの美しさに見惚れた人も多かったことでしょう。

若い頃の姿を画像で紹介

光岡ディオンさんの若い頃を画像で紹介します。上の画像はまさに若い頃の光岡ディオンさんの画像ですが、ハーフならではの美しさを誇っていますね。ハーフ顔で非常に美しい光岡ディオンさんの若い頃の画像は現在はインターネット上ではほとんど見つからない状態になっています。

ハーフならではの美しさを持つ光岡ディオンさんは若い頃に綺麗だっただけでなく、現在もとても綺麗ですね。光岡ディオンさんは今後もさらに素敵な年齢の重ね方をするのではないでしょうか?

光岡ディオンは現在も活動中

若い頃からハーフならではの美しさを持っていた光岡ディオンさんは現在も美しさを保っており、さらに現在もタレントとして活躍していることが分かりました。宮沢和史さんと結婚し、3人の子供さんに恵まれている光岡ディオンさん。

長男の宮沢氷魚さんはファッションモデルやタレント、俳優として活躍をしているので、息子さんの宮沢氷魚さんの今後の活躍からも目が離せませんね。親子で芸能活動をしている光岡ディオンさんを今後も応援しましょう!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ