三浦知良の年俸推移まとめ!最高は?来季の動きも予想!

50歳を過ぎた現在でもプロサッカー選手として活躍を続ける三浦知良さん。クロアチアのザグレブというクラブに移籍するなど移籍金や年俸についても大きな話題を呼びました。それでは噂となっている年俸の推移や三浦知良さんの経歴と来季の動向についてみていきます!

三浦知良の年俸推移まとめ!最高は?来季の動きも予想!のイメージ

目次

  1. 1三浦知良のプロフィール
  2. 2三浦知良の年俸推移を徹底調査
  3. 3三浦知良の最高年俸は?
  4. 4三浦知良の来季の動きも予想
  5. 5三浦知良(キングカズ)誕生や名言
  6. 6三浦知良の最高年俸推移は約3億円

三浦知良のプロフィール

・愛称:カズ、キングカズ
・本名:三浦知良
・生年月日:1967年2月26日
・年齢:52歳(2019年12月現在)
・出身地:静岡県静岡市葵区
・血液型:A型
・身長:177cm
・体重:72kg
・活動内容:プロサッカー選手
・所属グループ:横浜FC
・事務所:???
・家族構成:妻(三浦りさ子)、長男、次男

三浦知良の経歴

皆さんも一度くらいはプロサッカー選手の「三浦知良」さんという名前を聞いたことがあるでしょう。小さい頃からサッカー選手として活躍することを夢見ていたそうで、わずか15歳にして単身ブラジルへと渡ったそうです。

その後はJリーグの「ヴェルディ川崎(現在の東京ヴェルディ)」へと入団し、中心選手として長らく活躍をされます。1994年にはアジア人として初となるイタリア・セリエAの「ジェノア」へ移籍し、その後の日本人の海外挑戦の道を作りました。

1995年には再びヴェルディ川崎に復帰し、得点王に輝くなど縦横無尽の活躍を見せますが、ケガの影響などもあり徐々に出場機会が減っていきます。まだまだ活躍できる年齢であったことから、三浦知良さんはクロアチアの「ザグレブ」へと移籍することを決心しました。

しかし思ったような成績を残せなかったこともあり、1999年には再び活躍の場を日本へと移します。「京都パープルサンガ」から「ヴィッセル神戸」、その後は「横浜FC」へと移り50歳を超えた現在も現役を続けるレジェンドと呼ばれる選手の一人です。

経歴①高校中退後にブラジル単身渡航

現在は日本サッカー界のレジェンドの一人と言われている三浦知良さん。先ほども触れましたが、三浦知良さんは15歳の時に高校を中退してブラジルにサッカー留学されました。当時は単身でブラジルに渡る選手などはおらず、ブラジルでもかなりの苦労をされたそうです。

何度も心が折れかけて帰国しようと思ったそうですが、必死にこらえて苦難に立ち向かいました。その結果、ブラジルの名門クラブの一つである「サントスFC」とプロ契約を結ぶことに成功し、レギュラーを務めるまでになったそうです。

経歴②Jリーグでの活躍

ブラジルのサントスFCでレギュラーとして活躍をしていた三浦知良さんですが、1990年代に入りJリーグ設立の機運が高まってきたことで気持ちが変わり始めます。当時の日本はW杯に出場したことがなかったこともあり、W杯出場の力になろうと帰国を決意しました。

ヴェルディ川崎では多くのゴールを挙げ得点王に輝くなどの実力もさることながら、端正な顔立ちから瞬く間に絶大な人気を博します。カズダンスと呼ばれるゴールパフォーマンスを覚えているという人も多いことでしょう。

経歴③ジェノアCFC期限付き移籍でアジア人初セリエAプレーヤー

Jリーグで得点王に輝くなど華々しい経歴を誇っていた三浦知良さん。1994年には活躍の場を海外へと移します。冒頭でも触れましたが、アジア人初となるセリエAプレーヤーとなりました。残念ながらJリーグの時のような活躍はできませんでしたが、現在でもジェノアでは三浦知良さんの名前が知れ渡っているそうです。

経歴④ヴェルディ川崎復帰

アジア人初となるセリエAプレーヤーとなった三浦知良さんが、1995年にヴェルディ川崎に復帰したことは先述した通りです。キレのある動きは健在で得点王に輝くなどの活躍を見せますが、30歳を過ぎたころからケガの影響もあってかコンディション不良に悩まされるようになりました。

経歴⑤クロアチア・ザグレブ移籍後の活躍

30歳を過ぎてからコンディション不良に悩まされるようになった三浦知良さんですが、冒頭でも触れたようにクロアチアのザグレブに移籍することを決断します。2年契約での移籍だったのですが、目立った成績を残すことができず帰国することになってしまいました。

経歴⑥シドニーFCと横浜FC復帰

ザグレブ退団後は京都パープルサンガやヴィッセル神戸などで活躍し、2005年からは横浜FCへと入団をします。途中でオーストラリアのシドニーFCに期限付き移籍したことがあったものの、50歳を超えた現在でも横浜FCで活躍をしています。

三浦知良の背番号「11」エピソード

Jリーグだけでなく、海外のクラブチームでも活躍を続けてきた三浦知良さん。実は三浦知良さんは背番号の「11」に強い拘りを持っていました。11という番号を自らのラッキーナンバーとし、車のナンバーにも11を入れ駐車場も11番に停めるなど、とことん11に拘っているそうです。

三浦知良の年俸推移を徹底調査

Jリーグの発足時から活躍し、日本サッカー界のレジェンドと言われている三浦知良さんですが、その活躍と共に気になってしまうのはやはり年俸についてではないでしょうか?ここでは、三浦知良さんの年俸推移について徹底調査していきます。

80年代の年俸推移

15歳にして単身ブラジルに渡り、18歳でサントスFCとプロ契約を結んだ三浦知良さん。名もない少年が、どのくらいの年俸をもらっていたのか気になるという人も多いことでしょう。それでは、高校を中退して単身ブラジルに渡った頃の三浦知良さんの年俸についてみていきます。

クラブ【サントス/パルメイラス/マツバラ】時代

単身ブラジルへと渡り、その後はいくつかのクラブチームに所属していた三浦知良さんですが、やはり名もない少年にはそれほどの年俸は払われていなかったようです。サントスFCでの初契約時は700万円ほどで、その後は活躍したということもあり最終的には2000万円ほどになっていました。

90年代の年俸推移

15歳にしてブラジルへと渡り、最終的には2000万円まで年俸が跳ね上がっていたと言われる三浦知良さん。サントスFCでの活躍と日本国内のサッカーバブルから、90年代はかなりの額をもらっていたのではないかと勘繰ってしまう人もいるはずです。それでは、90年代の三浦知良さんの年俸推移についてみていきましょう。

クラブ【読売クラブ/ヴェルディ川崎/ジェノア】時代

ブラジル時代も順調に年俸が上がっていた三浦知良さんですが、日本での年俸は驚くべきものだったそうです。当時はサッカーバブルと呼ばれる時代で1億円プレーヤーが数多く存在していた時代でした。三浦知良さんもヴェルディ川崎の黄金期を支えていたということもあり、年俸は2億6000万円まで上がっていたそうです。

クラブ【クロアチア・ザグレブ】移籍

ヴェルディ川崎に在籍していた時には、2億6000万円まで年俸が上がっていたと言われている三浦知良さん。先述したように1998年にはクロアチアのザグレブへと移籍をしました。この時の年俸は2億9000万円とも3億円とも言われているそうです。

2000年以降の年俸推移

80年代と90年代は華々しい経歴と共に年俸も跳ね上がっていった三浦知良さんですが、2000年代に入るとケガや年齢による衰えも指摘されるようになります。それでは、2000年以降の三浦知良さんの年俸推移についてみていきます。

クラブ【京都パープルサンガ】移籍

クロアチアのザグレブから帰国した三浦知良さんは、古巣のヴェルディ川崎ではなく京都パープルサンガへと入団をしました。三浦知良さんというビッグネームが加入することもあって年俸についても様々な憶測が飛び交いましたが、この頃の年俸は8000万円ほどだと言われています。

クラブ【ヴィッセル神戸】移籍

2000年に京都パープルサンガへと入団した三浦知良さんは、チーム事情もあり翌年にはヴィッセル神戸へと移籍をしました。ヴィッセル神戸では5シーズンを過ごしますが、年俸は当初の8000万円から徐々に減り始め、最終的には4000万円ほどになっていたそうです。

クラブ【横浜FC】移籍

2005年にヴィッセル神戸を退団することになった三浦知良さん。年俸3500万円で横浜FCに移籍をします。年々年俸は下がってきていると言われていますが、いまだに1000万円ほどの年俸はあると言われています。

年俸推移から移籍金にも注目が

これまでのサッカー人生において、輝かしい経歴を残している三浦知良さん。これまで年俸推移について注目してきましたが、実は三浦知良さんの移籍金についても注目が集まっているそうです。ここでは、三浦知良さんの移籍金についてみていきます。

サッカークラブ移籍金とは

海外の大物プレーヤーがビッグクラブへと移籍した時に、必ず大きな話題となる移籍金。皆さんも一度くらいは移籍金という言葉を聞いたことがあるでしょう。移籍金とは契約の残っている選手が、他クラブへ移籍する時に発生するものです。

数十億、数百億という移籍金が動くことも珍しくはありません。この移籍金の話題はメディアなどでも大きく取り上げられることがありますが、移籍金はチーム間でのことであり選手には全く入ってこないものとなっています。

三浦知良の移籍金エピソード

大物プレーヤーが移籍するたびに話題となる移籍金ですが、日本サッカー界のレジェンドでもある三浦知良さんにも移籍金にまつわるエピソードがありました。それは、イタリアのジェノアに移籍した時のことです。

やはりサッカーはビジネスという側面も併せ持つということもあり、当時のジェノアの会長は「ジャパンマネー」を当て込んでいたと言われています。三浦知良さんには多くの日本のスポンサーがついていて、移籍金は日本のスポンサーにすべて払わせたそうです。

三浦知良の最高年俸は?

Jリーグの発足時から活躍を続けている三浦知良さん。その華々しい経歴と年俸推移についてみてきましたが、やはり最高年俸についても気になってしまうのではないでしょうか?ここでは、華々しい経歴を誇る三浦知良さんの最高年俸についてみていきます。

年俸推移から最高は?

ブラジルのサントスFCでプロ契約を勝ち取ってから、ずっと現役を続けられてきた三浦知良さん。Jリーグができた頃の日本はサッカーバブルの真っただ中ということもあり、年俸は2億とも3億とも言われていました。

最高年俸は約3億のザグレブ移籍後?

日本サッカー界のレジェンドとも言われ、契約のたびに年俸について話題になっていた三浦知良さんですが、最高年俸はクロアチアのザグレブにいた時だと言われています。先ほども触れましたが、その頃の年俸は2億9000万円とも3億円とも言われていました。

最高年俸時期にはテレビやCMなどでも活躍?

Jリーグの草創期から第一線で活躍をしてきた三浦知良さん。活躍と共に徐々にメディアへの露出も多くなります。テレビ番組への出演などはもちろんのことですが、CMなどにも起用されるようになりました。三浦知良さんの出演していた番組やCMを覚えているという人も多いことでしょう。

CMのギャラも調査

1990年代のヴェルディ川崎の黄金期を支えていた三浦知良さんは、当時から多くのCMに出演をされていました。多くのCMに出演されていると、どうしても気になってしまうのがギャラについてでしょう。三浦知良さんのCMのギャラは1本1500万円とも言われ、当時は年に数本のCMに出演をされていました。

テレビ出演などの収入源も

CMのギャラが1本1500万円と言われている三浦知良さん。CM出演の他にテレビ出演などの収入源もあると言われています。テレビ出演は1本70万円と言われており、50歳を過ぎても現役を続けられている三浦知良さんには多くの番組出演のオファーが届いているそうです。

三浦知良の来季の動きも予想

これまで多くの実績を残してきた三浦知良さんですが、年齢的なこともあり誰もが来季のことについて気になってしまうのではないでしょうか?年齢的なことだけを考えれば、戦力外ということもあり得るかもしれません。ここでは、三浦知良さんの来季の動きについて予想してみます。

2019年の誕生日で年齢52歳の三浦知良

これまで華々しい活躍をしてきた三浦知良さんですが、2019年の誕生日で52歳という年齢になっているそうです。いつまでも若々しい三浦知良さんが、52歳という年齢になっていることに驚かれた人も多いことでしょう。

2019年3月にはJ最年長出場記録更新

2019年の誕生日を迎えて52歳という年齢になった三浦知良さん。2019年の3月23日に行われた「FC岐阜」戦のスタメンに名を連ねます。残念ながらゴールはなりませんでしたが、自身が持つJ最年長出場記録を更新する記念すべき試合となりました。

サッカー来季の三浦知良の活躍を予想

2019年のJ2において「柏レイソル」に次いで2位となった横浜FC。13年ぶりにJ1の舞台に横浜FCが帰ってくることになりました。2020年には53歳となる三浦知良さんが、J1の舞台で活躍できるのかについて予想してみましょう。

ファンからは賛否両論の声?

来期はJ1の舞台に帰ってくる横浜FCですが、三浦知良さんについてファンからは賛否両論の声が上がっています。J1の舞台で活躍してくれることを願う声が大きい一方、もう限界なのではないかとの声も上がっているそうです。

三浦知良が現在も契約できる理由とは

多くの選手が30代で引退してしまうというサッカー界。50歳を過ぎている三浦知良さんが契約できることを不思議に思った人もいたことでしょう。客寄せパンダ的存在に思っている人もいるかもしれませんが、決してそれだけではありません。若い選手たちにアドバイスや経験を伝えられるという強みも持っていることが契約を続けられる理由と言われています。

三浦知良(キングカズ)誕生や名言

50歳を過ぎても活躍を続けている三浦知良さん。その素晴らしい功績から「キングカズ」と呼ばれているのですが、ファンであればキングカズ誕生や名言についても気になってしまうのではないでしょうか?ここでは、キングカズ誕生についてと名言についてみていきます。

サッカー少年から伝説のキングカズへ

15歳で単身ブラジルに渡り、数々の功績から伝説のキングカズとまで呼ばれるようになった三浦知良さん。伝説はサッカーだけではなく私生活にも及んでいます。洋服を保管するためのマンションを購入したり、「ゴッドファーザー愛のテーマ」が流れる行きつけの店まで存在するそうです。

小さい頃から変わらずサッカーを愛し、50歳を過ぎた現在も決して現状に満足はしていないと言われています。何事にもストイックに向き合い向上心を持ち続けていることが、キングカズと呼ばれる所以でしょう。

サッカー王国で知られる静岡県静岡市出身

今や伝説のキングカズとまで呼ばれるようになった三浦知良さんですが、出身地は冒頭でも触れたように静岡県静岡市です。静岡県静岡市と言えば誰もが知るサッカー王国で、「清水エスパルス」で活躍した「市川大祐」さんや鹿島アントラーズで活躍した「相馬直樹」さんなど数多くの選手を輩出しています。

三浦知良の故郷はおでんが人気?

数多くのJリーガーを輩出している静岡県静岡市ですが、実は「おでん」が有名な地域だそうです。竹串に具材を刺して真っ黒なだし汁に入れるというのが特徴となっています。もしかすると三浦知良さんもこの名物おでんを食べて育ってきたのかもしれません。

三浦知良の名言

ブラジルでサントスFCとプロ契約を結んでから、30年以上プロサッカー選手として活躍を続けている三浦知良さん。やはり長く現役を続けられていることもあって、三浦知良さんには多くの名言があるそうです。三浦知良さんの名言を聞いたことがあるという人もいることでしょう。

三浦知良のモチベーションアップ名言

プロサッカー選手として長きにわたって活躍を続ける三浦知良さんですから、モチベーションアップの名言が多いと言われています。その名言はどれも素晴らしく、落ち込んだ時や苦しくて前に進めないという時に心に染みると評判になっているそうです。

日本経済新聞に掲載の名言

モチベーションアップの名言が多いと言われている三浦知良さんですが、日本経済新聞に掲載された名言はとりわけ素晴らしいと評判になりました。サッカーのシュートに例えた「何事も失敗する確率の方が高いんだから」という名言は、失敗を恐れる人にとっては励みになる名言と言えるでしょう。

1%にかけるかっこいい名言

さらには1%にかける名言というのも存在しています。高校を中退してブラジルに渡ることを高校の先生に伝えたところ、99%無理だと言われたそうです。普通の人であればここで心が折れてしまいそうですが、三浦知良さんは残りの1%にかけると言い放ちました。

Thumb三浦知良の息子まとめ!大学などの学歴や経歴は?サッカーの実力も調査!
サッカー選手・三浦知良さんの息子が話題になっているのだそうです。三浦知良さんの息子の出身大学...

三浦知良の最高年俸推移は約3億円

1986年にブラジルでプロサッカー選手になって以来、今日までずっと活躍を続けている三浦知良さん。そのプレーは人々を魅了し、観ている者の心を熱くしてきました。三浦知良さんの熱いプレーを見てファンになったという人も多いことでしょう。

そんな三浦知良さんの最高年俸は3億円と言われていますが、年俸が下がった現在でも真摯にサッカーに向き合う姿は、心からサッカーが好きなんだという思いが伝わってくるようです。来期はJ1の舞台へと戻ることが決まって期待に胸を躍らせていることでしょう。今後の三浦知良さんの活躍から目が離せません!

関連するまとめ

Original
この記事のライター
大橋類太郎
北海道の田舎に住んでいる大橋類太郎です。 ドライブが好きで暇さえあれば広い北海道を走り回っています。 コツ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ