宮田愛萌の握手会での人気や評判は?対応なども調査

宮田愛萌の握手会での人気や評判について紹介します。日向坂46のメンバーである宮田愛萌の握手会対応や人気の真相を解説。宮田愛萌が握手会で、評判が良い理由をまとめています。また、宮田愛萌以外に、握手会の評判が良いメンバーもチェックしましょう。

宮田愛萌の握手会での人気や評判は?対応なども調査のイメージ

目次

  1. 1宮田愛萌(日向坂46)のプロフィール
  2. 2宮田愛萌の握手会での人気は?
  3. 3宮田愛萌の握手会でのファンからの評判
  4. 4宮田愛萌の握手会での神対応の真相
  5. 5宮田愛萌以外の握手会神対応メンバー
  6. 6宮田愛萌の握手会での人気は神対応で評判良し!

宮田愛萌(日向坂46)のプロフィール

・愛称:まなも
・本名:宮田愛萌(みやたまなも)
・生年月日:1998年4月28日
・年齢:22歳(2021年4月現在)
・出身地:東京都
・血液型:A型
・身長:157.5cm
・体重:???
・活動内容:アイドル
・所属グループ:日向坂46
・事務所:Seed & Flower合同会社
・家族構成:父親、母親

宮田愛萌の経歴

宮田愛萌は東京都出身のアイドルで、アイドルグループ日向坂46の2期生です。子供の頃から読書好きで、江國香織や千早茜などを愛読していた宮田愛萌。神奈川県カリタス女子中学校に入学し、ダンス部に所属しています。

その後、中高一貫校として、神奈川県カリタス女子高校に進みました。高校でもダンス部に所属しており、御朱印集めを楽しんでいたとのこと。この頃に、学校の先生から古典の源氏物語を勧められてハマったそうです。

宮田愛萌は2017年に「けやき坂46 追加メンバーオーディション」に合格し、アイドルとしての活動を始めました。デビュー前にファッション雑誌「Ray」に掲載されたこともあり、大学が国学院大学文学部日本文学科であることが発覚しています。

アイドル活動を始めたのは、大学1年生のとき。大学生までチャレンジできなかったのは、高校が芸能活動を認めていなかったためでした。合格者の中で最年長の19歳だった宮田愛萌は、自然とお姉さん的ポジションになりました。

2019年2月11日にけやき坂46が日向坂46に改名。同年3月27日にリリースされた日向坂46の1stシングル「キュン」の、選抜メンバーに選ばれています。

しかし、日向坂46の知名度が上昇し、忙しくなる中で学業との両立を続けたため、2020年11月21日に体調不良で休養に入ることを発表。メンバーやファンの温かい声に支えられながら体調を整え、2021年3月26日に無事復帰しました。

今後は文学に関する勉強は自主的に続けるようですが、改めて本格的にアイドル活動に専念することを明かしています。日向坂46の勢いは加速中なので、その勢いに乗って、宮田愛萌人気が上昇していくでしょう。

宮田愛萌の握手会での人気は?

個性的なメンバーが多い日向坂46ですが、その中で宮田愛萌の握手会人気が高いと噂になっています。近年のアイドルは、男性、女性関係なく握手会が非常に重要なイベントになっています。宮田愛萌は握手会で人気なのでしょうか?

宮田愛萌の握手会での人気ぶりが話題に

宮田愛萌は、日向坂46の冠番組である「日向坂で会いましょう」と、その前に放送されていた「ひらがな推し」において、そのお姉さんキャラを炸裂していました。2期生の中で最年長、また文学少女として大人な魅力の持ち主なのです。

その魅力は握手会でも発揮されており、ぶりっ子キャラがファンの注目を集めていました。握手会はファンとの直接の交流であり、大半の人が短時間しか言葉を交わせません。そういった中で、宮田愛萌は一瞬でファンのハートを掴むほど握手会で活躍していると噂になっていました。

握手会での人気の秘訣は「釣り師」説の真相

宮田愛萌の握手対応は評判が良いようですが、その理由は何なのでしょうか?どうやら、宮田愛萌の握手会の対応の秘訣は「釣り師」がポイントになっているようです。

釣り師というのは、ファンのハートを掴んでしまう人のことを意味します。メンバーによって釣り師としての対応は様々ですが、宮田愛萌の場合は「ぶりっ子」タイプ。握手会において、ファンから「釣ってください」とお願いされて、恋人のようなやり取りもこなしています。

釣り師としては、過去にNMB48のメンバーだった渡辺美優紀が代表的。その小悪魔的なキャラクターは、「分かっているけど夢中になってしまう」と評判でした。もともと人気メンバーだったとはいえ、握手会の対応で不動の人気を獲得しました。

宮田愛萌も、握手会で自身のキャラクターを確立したことで、人気を獲得したのです。ファンも握手会で「宮田愛萌に釣られたい」と思いながら、会場に訪れているそうです。

握手会での人気は可愛い顔立ちも関係?

もちろん、握手会の対応だけでなく、宮田愛萌の可愛い顔立ちも人気の理由です。本人も古典好きということもあり、やまとなでしこタイプのキャラクターはかわいいと人気。いつも一生懸命で、日向坂46のことが大好きな宮田愛萌は、ファンから人気があります。

お人形さんのような宮田愛萌の見た目は、女性ファンも多くいます。また、日向坂46としての活動を行いながら、国学院大学を卒業した頭脳も注目のポイント。体調や卒論などが関係して一時的に休養期間もありましたが、メンバーもファンも「ゆっくりと戻ってきて」と学業を応援していました。

そういった時期を経て、宮田愛萌は2021年3月に国学院大学を卒業したことを発表。大学卒業だけでなく、大好きな本に関わる司書の資格も取得しています。文学少女として番組の企画で発表した短編小説も評判がよく、今後はそういった活動も行うと推測されているのです。

宮田愛萌の可愛らしい顔立ち、そして頭脳は多くのファンを獲得しています。無事に大学を卒業して、現在はアイドル活動に専念。以前は学業のため、に仕事を休まなければならないときもあっただけに、今後の活動や握手会での姿に期待が集まっています。

宮田愛萌の握手会でのファンからの評判

宮田愛萌の握手会でのファンからの評判を調査しました。宮田愛萌の握手会での対応は、ファンからどのように評価されているのでしょうか?

ファンからの評判①

日向坂46のファンは「おひさま」と呼ばれていますが、そのおひさまからの評判は非常に高いです。宮田愛萌の握手会での対応力の高さは、自然と応援したくなる要素の1つになっていました。

初めての握手会はどうしても緊張するものですが、そういった人への対応も上手なようです。緊張している人には宮田愛萌側から話しかけてくれて、盛り上げてくれるとのこと。そういった臨機応変な対応力も、宮田愛萌の魅力といわれています。

ファンからの評判②

実際に握手会で宮田愛萌に会った人のレポも多数あります。握手会でおひさまがいろいろとお願いする中で、対応が難しいものもうまくこなしているのです。握手会の短いふれあいでも、きっちりとファンのハートを掴んでいます。

ファンからの評判③

こういった宮田愛萌の握手会での評判を聞いたおひさまは、1度は握手をしてもらいたいと感じていました。日向坂46のメンバーはみんな人気なのですが、「宮田愛萌に釣られたい」と感じているファンが多いようです。

ネットで、実際に宮田愛萌に握手をしてもらった人のコメントを確認しましたが、どれも評判がよかったです。ファン1人1人との交流をとても大切にしており、素敵な思い出にしてくれるのが宮田愛萌。握手券の売れ行きもいいようで、毎回のように宮田愛萌を選ぶ人もいれば、新しくきてくれるひともいるそうです。

宮田愛萌の握手会での神対応の真相

改めて、宮田愛萌の握手会での神対応について確認しましょう。宮田愛萌の握手会での対応が「神対応」といわれている理由をチェックしてください。

握手会での対応は「神対応」?

握手会はファンと直接交流できるイベント。しかし、すべてのメンバーが握手会を得意というわけではありません。そういった中で、宮田愛萌の握手会対応は神対応と評判です。

日向坂46の冠番組「日向坂で会いましょう」では、宮田愛萌は自分から積極的に前に出るタイプではありません。しかし、握手会において宮田愛萌の積極的で、「あざとかわいい」対応は評価されています。

ぶりっ子対応でファン獲得との声も

宮田愛萌は、握手会においてはぶりっ子タイプ。日向坂46の曲に「アザトカワイイ」という曲がありますが、宮田愛萌はそういったタイプといえるかもしれません。

ぶりっ子キャラもやりすぎると逆効果ですが、宮田愛萌の場合は、ファンから「もっとぶりっ子して欲しい」と求められるほど。ぶりっ子をうまくできないメンバーがいるなかで、宮田愛萌はレパートリーも多いそうです。

ファンにとっては釣り対応がたまらない!

こちらは宮田愛萌が体調不良で活動を休止し、その後に復帰したときの「日向坂で会いましょう」のときの映像です。番組の中でも、宮田愛萌のぶりっ子キャラがすっかり定着しています。

こういった、番組の中での姿を見て、握手会で宮田愛萌に釣られたいというファンも多くなっています。宮田愛萌も自分が求められているキャラクターにしっかりと答えており、ファンもそれを楽しんでいるのでしょう。

握手会はファンからいろいろとお願いするのも楽しみ方ですし、メンバー側から話してもらえるのも嬉しい時間です。メンバーの中には、自分のほうがたくさん話しすぎてファン側が聞き役にまわることも。宮田愛萌の釣り対応以外に、他のメンバーとの交流も楽しみましょう。

宮田愛萌以外の握手会神対応メンバー

日向坂46のメンバーには、宮田愛萌以外に握手会の対応が良いと言われている人たちがいます。宮田愛萌以外に、どういった神対応メンバーがいるのか確認しましょう。

握手会神対応メンバー【佐々木久美】

最年長メンバーであり、リーダーという呼ばれ方ではなく、「キャプテン」という呼ばれ方に強いこだわりを持つのが佐々木久美です。ライブなどではメインMCを務めることも多く、みんなの頼れるお姉さんです。

誰よりも日向坂46のことを考えており、いつも元気に溢れている人物。そういった姿は握手会でも堪能でき、握手会に慣れていないファンも満足できるとのこと。男性からも女性からも人気のあるメンバーで、握手会の安定した対応力は、「さすがキャプテン」と評判になっています。

しかし、日向坂46の前身であるけやき坂46時代は、握手券の完売がゼロだったという過去も。キャプテンとして人気が安定しすぎていたことや、普段から話している姿をよく見れることが関係していたのかもしれません。

それでも、佐々木久美は握手会で手を抜くことはなく、現在は握手券の完売はもちろん、その対応が評価されています。冠番組のMCを務めるオードリーのモノマネをするなど、一発芸力も高い人物です。

握手会神対応メンバー【加藤史帆】

「かとし」の愛称で親しまれている加藤史帆。彼女も佐々木久美と同じく、バラエティ力が高いメンバーです。番組でもトークの中心になることが多く、パワフルでチャレンジャーな人物。握手会では、ファンの雰囲気に合わせて対応できるオールマイティーさが評価されています。

デビュー当初は、自分の「へにょへにょしたキャラ」が苦手だったという加藤史帆。真面目にやっていても、どこか不真面目に見えてしまうような部分を悩んでいたのです。また、当初は王道アイドル的なキャラで行こうとしていたものの、次第に自分らしさをファンに認められるようになりました。

現在の加藤史帆は、そういったへにょへにょした感じも、トーク力の高さも、時には甘えん坊な部分もファンから愛されています。

握手会では、そのおしゃれで可愛らしい姿をひと目みたいファンが集っているとのこと。日向坂46というメンバーを知る上で、加藤史帆との握手を勧めるファンも多くいるのです。

握手会神対応メンバー【齊藤京子】

ハスキーボイスが印象的な齊藤京子。彼女は日向坂46の中でも、特に握手会の対応が神といわれています。本人は昭和アイドルが好きで、特に山口百恵のファン。彼女自身も高い歌唱力が評価されており、日向坂46の曲でも中心となっています。

クールな見た目ですが、番組の中ではあざとかわいい姿を披露するなど、意外とぶりっ子キャラもこなす人物。握手会では「きょんこハート」と言われる独自の必殺技も持ち合わせています。

しっかりとファンの手を握る握手力の高さがあり、目を見て話してくれる姿に、ハートを掴まれるとのこと。目の前であのハスキーボイスと大きな瞳、そして素敵な笑顔を見ることができると、ファンたちは握手会に大満足できるそうです。

このように宮田愛萌だけでなく、日向坂46のメンバーはみんな握手会対応の評判が良いです。人見知りやアドリブが苦手なメンバーもいますが、それでも実際に握手してもらえた人は、素敵な思い出になっていました。

初めての握手会としては、宮田愛萌や齊藤京子、加藤史帆、佐々木久美は安心してチャレンジできます。また、その他に渡邉美穂や金村美玖など、相手側から話題を振ってくれるメンバーもおすすめ。口下手な東村芽依や富田鈴花は、握手会に慣れてからのほうがいいかもしれません。

宮田愛萌の握手会での人気は神対応で評判良し!

宮田愛萌の握手会での人気について紹介しました。宮田愛萌の握手会対応は、神対応と評判です。初めての参加者でも、宮田愛萌となら楽しめる話題になっており、安定した人気となっています。

ファンと直接交流できるイベントだけに、宮田愛萌の握手力は注目のポイントといえるでしょう。大学を卒業し、アイドル活動に専念するとのことですので、今後さらに注目の存在になっていくはずです。日向坂46の握手会に興味がある人は、ぜひ宮田愛萌を選んでみましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
浅倉恭介
ギターと野球と料理が好き。犬が飼いたい! もともとは接客業界で働いてました その後は保育業界に。 ロ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ