宮脇咲良のメイク方法や愛用コスメは?韓国メイクやすっぴんを検証!

韓国アイドルとして活躍する宮脇咲良のメイクに注目が集まっています。どのようなコスメ道具や方法でメイクを行なっているのでしょうか?HKT48時代、現在のIZ*ONEでの姿、さらにはすっぴん画像まで比較しながら宮脇咲良の韓国メイクをご紹介します。

宮脇咲良のメイク方法や愛用コスメは?韓国メイクやすっぴんを検証!のイメージ

目次

  1. 1宮脇咲良のプロフィール
  2. 2宮脇咲良が韓国メイクで変わったと話題
  3. 3韓国風メイクの特徴とは?
  4. 4宮脇咲良のメイク変化比較!すっぴんも
  5. 5宮脇咲良の愛用コスメは?
  6. 6宮脇咲良のメイク方法は
  7. 7宮脇咲良の美肌の秘訣はスキンケア
  8. 8宮脇咲良は韓国メイクで可愛く美肌に!

宮脇咲良のプロフィール

・愛称:さくたん、さくちゃん、さくらちゃん
・本名:宮脇咲良
・生年月日:1998年3月19日
・年齢:21歳
・出身地:鹿児島県鹿児島市
・血液型:A型
・身長:163センチ
・体重:42.8キログラム
・活動内容:アイドル
・所属グループ:HKT48、IZ*ONE
・事務所:AKS
・家族構成:父、母、弟
・出演作品:AKB選抜総選挙、PRODUCE48

宮脇咲良の経歴

1998年鹿児島県生まれの宮脇咲良はミュージカルが大好きだった母親の影響で、小学3年生の頃から鹿児島のミュージカルスクールに通い、その後劇団四季などで子役として活動をしていました。2010年にはニューヨークで演技指導も受けた経験を持っています。

その後2011年にHKT48の1期生オーディションで見事合格し、11月26日のこけら落とし公演にて宮脇咲良はアイドルとしての活動をスタートさせました。

アイドルとしてデビューからは順調に人気を集め、2017年に行われたAKB48の選抜総選挙では4位にランクインし、シングル選抜メンバー入りも果たしていました。

その後2018年に日韓共同で行われたオーディションテレビ番組、PRODUCE48に出演することが決まり、見事デビューの座を勝ち取った宮脇咲良は、現在韓国のアイドルグループIZ*ONEの一員としてアイドル活動を行っています。

宮脇咲良が韓国メイクで変わったと話題

元々日本でHKT48のメンバーとして活動していた頃から可愛いと評判の高かった宮脇咲良ですが、韓国でアイドル活動を新たにスタートさせてからはさらに可愛くなったとネットを中心に高い評価を得ています。その理由の1つにメイクの変化があるようです。

宮脇咲良のメイクは一体どのように変わったのでしょうか?HKT48時代と現在のIZ*ONEでの姿を見ながら宮脇咲良のメイクに注目してみましょう。

HKT48の宮脇咲良が可愛くなった?

福岡を拠点として活動するHKT48ですが、年齢層を見てみると10代のメンバーが多くその中でも20代である宮脇咲良は副キャプテンというポジションも務めていました。

しかし20代という年齢、メンバーを取りまとめるポジションでありながらも、宮脇咲良は比較的童顔でありどちらかと言えば可愛いというイメージが強いアイドルでした。ちなみに可愛いというイメージは宮脇咲良だけでなく日本アイドル全体に言える特徴でもあります。

IZ*ONEに入って大人な印象に

しかしそうした可愛らしい宮脇咲良のイメージが韓国でIZ*ONEとして活動を始めてから少し変化したと言われています。その一番の理由はメイクです。

日本では可愛いイメージが大部分を占めるアイドルですが、韓国では可愛いはもちろんのこと大人っぽさやセクシーさを売りにしたアイドルも多く存在しています。そのため売りに合わせたメイクによってセクシーなメイクをしているアイドルも日本に比べると多いです。

さらに元々韓国のアイドルたちが一般的にするメイクは日本のメイクに比べて大人っぽく見えると言われています。これまでは日本のアイドルメイクをしていた宮脇咲良が韓国で韓国風メイクにチェンジしたため、印象がぐっと大人っぽく感じられるようになったのです。

ちなみにこの宮脇咲良のメイクの変化には色々意見があるようですが、ネットの大多数の人は好感を持っているようです。

宮脇咲良の韓国流メイクに注目

宮脇咲良の所属するアイドルグループIZ*ONEは実は韓国だけではなく、日本でも活動を行っており日本の音楽番組などでも度々姿を見ることができます。

こうしたときにHKT48時代とはまた一味違った宮脇咲良の姿を見ることができ、その度に宮脇咲良のメイクが変わった、印象が変わってHKT48の時より大人っぽく見えるなど、様々な人々の反応を見ることができます。

さらには韓国アイドルたちが動画やラジオ配信を行う、VLIVEというアプリがあるのですが、こうしたアプリでもIZ*ONEは積極的に配信を行っています。もちろん宮脇咲良の姿も見ることできます。

配信の中で、実際に使ってるメイク道具やコスメを紹介することも度々あり、その度に宮脇咲良の韓国風メイクをマネしたい若い女の子を中心に注目を集めているようです。

ThumbIZ*ONE宮脇咲良が韓国で人気の理由は?評判なども調査!
HKT48のメンバーで人気者の宮脇咲良が、現在では韓国で人気を集めていると評判です。韓国で宮...

韓国風メイクの特徴とは?

日本のメイクと少し異なるとご紹介してきた韓国のメイクですが、一体どのような部分が日本のメイク方法とは異なるのでしょうか?実はそれぞれ眉やリップなどのパーツで見ると違いが分かります。韓国メイクは別名ではオルチャンメイクとも呼ばれています。

ではオルチャンメイクと日本のメイクではどのような違いがあるのでしょうか?眉やリップなどパーツを見るとより違いが詳しく分かるので見ていきましょう。

宮脇咲良の最新オルチャンメイク

韓国で数年前から流行しているメイク方法はオルチャンメイクというものです。オルチャンとはオルグルチャン、日本語訳すると顔が最高という韓国語の略語です。

昔はオルチャンと呼ばれる今で言うユーチューバーのような人々がよくしていたメイクのことをオルチャンメイクと呼んでいましたが、今ではオルチャンになれるメイクという意味合いでもオルチャンメイクという言葉が使われることも多くあります。

そのためオルチャンメイクはどの時代でも同じではなく、時代によって変化しています。今の時代で言えば、それこそ宮脇咲良がしているメイクが旬のオルチャンメイクということができるでしょう。では現在のオルチャンメイクとはどのようなメイクでしょうか?

ベースとなる肌感からリップやアイラインなどのポイントメイクに至るまで、細かなパーツに分けて最新オルチャンメイクを見ていきます。

ポイント①透明感のある肌

韓国の最新オルチャンメイクの特徴1つ目は透明感のある肌です。少し前の韓国メイクを見ると、顔と首の色が違うほど白く見せるメイクが流行していたのですが、今では段々と肌の透明感を生かすようなメイクが流行になりつつあります。

宮脇咲良のメイクを見ても、元々の肌が白いということもあるのですがスッと透き通ような透明感のあるベースメイクが施されています。

ポイント②平行眉毛

韓国の最新オルチャンメイクの特徴2つ目は並行眉です。日本では並行眉のブームが少しずつ去り、現在ではまた山があるような眉が流行になりつつありますが、韓国ではここ数年ずっと並行眉がブームです。オルチャンやアイドルたちもほぼ並行眉です。

太くするとごつい印象になってしまうため、並行でありながらシルエットは薄めに仕上げるのが韓国オルチャンメイクではポイントです。

ポイント③ぼかしアイライン

韓国の最新オルチャンメイクの特徴3つ目はぼかしアイラインです。ぼかすといっても日本のアイメイクよりも濃くアイラインを入れることになります。韓国メイクでは黒でしっかりとぼかしアイラインを入れることが多いです。

目じりははね上げてはね上げてキャットラインと呼ばれるアイラインにすることが日本のメイクではよくありますが、韓国ではそのまま跳ね上げずに流れるように引きます。

少し前まではぼかすこともなく、しっかりと太く黒でアイラインを引くことが多かった韓国メイクですが、最近では並行眉のナチュラルさに合わせてか気持ち少しアイラインをぼかすことが多くなりました。しかしそれでも日本に比べると濃いです。

韓国では圧倒的に黒のアイラインが多いですが、あまりにも髪色と異なると不自然に感じることもあるので実際にメイクをしてみながらアイラインの色合いは調節してみてください。

ポイント④ふんわり淡いチーク

韓国の最新オルチャンメイクの特徴4つ目はチークです。韓国メイクでのチークはチークつけているの?つけていないの?というくらい薄めのチークが人気です。

ピンクやオレンジなどチークとして使用されるカラーは日本のメイクと変わりません。ただチークを入れる度合いが異なるため、量の調節が難しいと言う場合は韓国メイクではチークは省いてもOKです。

ポイント⑤グラデリップ

韓国の最新オルチャンメイクの特徴5つ目はグラデーションリップです。韓国コスメを見ると、どのブランドも驚くほどリップアイテムが重質していることが多く、韓国女子のリップへのこだわりが感じられます。現在ではグラデーションリップが流行中です。

リップの中心にだけ色を乗せて、あとはリップを足すことなく最初に乗せたリップを全体に塗り広げるようにすると比較的簡単にグラデーションを完成させることができます。

また韓国のリップを見るとティントというワードをよく目にします。ティントとはリップアイテムの1つなのですが、最初に作ったのが韓国のコスメブランドと言われています。

ティントの特徴は時間が経っても、そしてこすっても落ちないということです。アイドル達も歌を歌うため落ちにくいティントをよく使用しています。通常のリップでなく、こうしたティントアイテムを使ってグラデーションを作ると持続力が高く、より長く楽しめます。
 

ポイント⑥シェーディング

韓国の最新オルチャンメイクの特徴6つ目はシェーディングです。シェーディングとは肌色より濃いパウダーやファンデーションを使うことで顔に陰影をつけてより立体的に見せるメイク方法です。韓国では骨格メイクと言われることもあります。

鼻の両脇に入れることでより鼻を高く見せたり、あごラインに入れることで顔周りをシャープに見せたりすることができます。ハイライトも合わせて使うことが多いです。

宮脇咲良のメイク変化比較!すっぴんも

ご紹介してきたような韓国のオルチャンメイクを現在の宮脇咲良はしているのですが、では実際に宮脇咲良の日本でHKT48のメンバーとして活動していた時のメイクとIZ*ONEとして活動している現在のメイクを画像を使って比較してみましょう。

さらには宮脇咲良の気になるすっぴん画像も合わせて見ながら、宮脇咲良のすっぴんの綺麗さもチェックしてみましょう。

宮脇咲良のセルフメイク画像

宮脇咲良が約8年間にわたって活動を行ってきたHKT48では、メンバーたちはプロのメイクアップアーティストにお願いするのではなく、全てセルフでメイクを行っていました。

HKT48時代の宮脇咲良のメイクを見ると、眉に若干の山があり、マスカラやアイラインをしっかりと使うことで目をより大きく見せるようなメイクになっています。少し汗で落ちているように思えますが、チークも若干入っているように見えます。

宮脇咲良の韓国メイク画像

一方でIZ*ONEでの韓国メイクの宮脇咲良を見ると、もともと平行気味に近かった眉がより平行になっています。さらに少し薄めにすることでナチュラルな眉に仕上がっています。

さらに肌の透明感を見るとHKT48時代よりもかなりトーンアップした印象を受けます。IZ*ONEメンバーとなってからはメイクアップアーティストがメイクを担当していますが、宮脇咲良のベース作りになんと1時間という長い時間をかけているようです。

こうして透き通るような肌を作り終えた後は、少し赤みの強いリップを乗せれば韓国風メイクの完成です。実際にHKT48時代の宮脇咲良のリップとIZ*ONEでのリップを見比べると、IZ*ONEでの方が赤みが強いリップを使用しています。

宮脇咲良のすっぴん画像

さらに気になる宮脇咲良のすっぴんも画像でご紹介します。こうしてすっぴんを見るとやはりアイドルだけはあってすっぴんであっても十分に素敵な顔立ちであることが分かります。吹き出物などもほぼ見られませんが、少しクマが目立つようです。

すっぴんでのウィークポイントはしっかりとしたベース作りで十分にカバーができているようです。元々すっぴんが可愛いため、日本メイクも韓国メイクもよく似合っています。

メイクで変わりすぎの意見も納得

先ほどご紹介した宮脇咲良のすっぴんはテレビ番組での1シーンですが、韓国に渡りIZ*ONEとして活動し始めてからはHKT48時代とは異なり宮脇咲良のすっぴんを見ることができる機会が増えたようです。それは韓国には追っかけが存在しているためです。

こうしたアイドルの追っかけをする熱心なファンはIZ*ONEだけでなくどのグループにも存在しています。こうした人々はアイドルのスケジュールに沿って動きます。

アイドルがステージに立つ時はステージを見に行き、アイドルが飛行機などで移動する時には空港にもついていきます。こうして多くの時間に密着するファンたちはアイドルの様々な姿を写真に収めます。特に空港移動などの時にはすっぴん写真が出回りやすいようです。

宮脇咲良もこれまでに空港での移動写真などですっぴんを実際に撮られたことがあります。しかしこの時にも宮脇咲良のすっぴんが可愛いとファンの間では話題となりました。

宮脇咲良の愛用コスメは?

IZ*ONEのメンバーとして韓国で精力的に活動している元HKT48メンバーの宮脇咲良ですが、韓国でアイドル生活をスタートさせてから、メイクアップアーティストの影響もあってか宮脇咲良自身が韓国コスメやブランドコスメに興味を持つようになったようです。

これまでにネットで発信された情報をもとに、宮脇咲良自身が愛用しているコスメ、そして宮脇咲良のメイクアップアーティストが使っていると言われるコスメをご紹介します。

宮脇咲良の愛用の化粧下地は

ご紹介した通り、宮脇咲良のメイクアップアーティストが一番時間をかけているのがベース作りです。透明感のある白い肌に見せるため、使われる下地道具は1つではありません。

情報ではプライマーという本当に基礎となる下地に加えて、クッションファンデ―ションという韓国生まれのファンデーション、さらにはリキッドファンデーションと3つほどのアイテムが合わせて使われています。それぞれ詳しく見ていきましょう。

化粧下地・ラトゥエクラーファンデーションプライマー(ポール&ジョー)

宮脇咲良の愛用コスメと言われている下地はポール&ジョーのラトゥエクラーファンデーションプライマーです。現在では商品名の最後にNという名称がつき、少しリニューアルしたようです。肌のカラーを整えるコントロール下地です。

口コミではこれを塗っただけでも、すっぴんとは肌の状態が変わって見えると高評価で、肌のきめを整え明るく見せてくれるような効果があります。

ファンデ①スノーブルーム パーフェクト(ディオール)

宮脇咲良の愛用コスメ、2つ目はディオールのクッションファンデであるスノーブルーム パーフェクトです。こちらは宮脇咲良がHKT48時代からずっと愛用しているおすすめコスメとのことです。しかし現在ではこちらの商品は生産終了となっています。

毛穴浮きもなく、肌にツヤがでる人気の商品だったのですが現在ではアマゾンなどの通販サイトでしか購入ができなくなっています。

ちなみにクッションファンデとは、通常リキッドで瓶などに入ってることの多いファンデーションをクッションにしみ込ませたタイプのものです。瓶タイプのものと違って、パフでファンデーションの量の調節がしやすく綺麗な肌を演出することができます。

宮脇咲良はディオールを愛用していますが、韓国ブランドで検討するのであれば、最初にクッションファンデを販売したIOPE(アイオペ)のクッションファンデがおすすめです。

ファンデ②リクイドファンデーション101(RMK)

もう1つ宮脇咲良が愛用していると紹介した下地コスメはRMKのリクイドファンデーションです。現在では9色販売されていますが、その中でも一番薄い101番を宮脇咲良は愛用しています。ナチュラルに仕上げたい時に使用するとのことです。

ファンデとして使用すると肌に透明感が出るだけでなく、少量でかなり伸びるためコスパも良いと人気のコスメです。下地とファンデを兼ねて使うこともできます。

パウダー・ノーセバムミネラルパウダー(イニスフリー)

イニスフリーという韓国ブランドのコスメですが、こちらも宮脇咲良がHKT48時代から愛用していると紹介したコスメ道具のうちの1つです。ノーセバムミネラルパウダーはファンデーションを塗った後、最後の仕上げとしてつけるフェイスパウダーです。

見た目は真っ白な粉のため、つけて大丈夫かと不安になってしまうかもしれませんが、キメが細かいパウダーが見事に毛穴をカバーしてくれます。韓国女子にも人気のコスメです。

アイブロウ・カラーリングアイブロウパウダーBR-2(ヴィセ)

日本のコスメブランドヴィセが販売するカラーリングアイブロウパウダーも宮脇咲良の愛用コスメ道具のうちの1つです。パウダーでありながらもしっかりと色をつけることができ、さらに4色入っているため髪色などに合わせてより自然な眉を書くことができます。

宮脇咲良が愛用しているのはBR-2という色番だったのですが、現在では生産が終了しています。現在でも残ってる3種類のうち、BR-4が一番近い色味です。

チーク・クリーミーチークスティック(3CE)

宮脇咲良の愛用コスメのうち、チークは韓国ブランドのものが使用されています。スタイルナンダというアパレルブランドが立ち上げた3CEというコスメブランドのクリーミーチークスティックというものです。見た目はリップのようなクリーミーチークになっています。

スッとひと塗りするだけで、しっかりと発色するだけでなくパウダータイプのチークと違って長時間落ちないというのもおすすめポイントです。

アイシャドウ・デザイニングカラーアイズ02(スック)

宮脇咲良はオレンジが好きなカラーだそうで、アイシャドウでもよくオレンジなどの暖色系を使用しています。オレンジ色の目元を演出するのに一役買っているコスメ道具がスックのデザイニングカラーアイズです。カラーは13色出ています。

そのうち宮脇咲良が使用しているのは2番の光橙花という色番です。見ると確かに4色のうちオレンジが入っています。ラメ感もあり、キラキラと光る綺麗な瞼を演出できます。

涙袋・クレヨンアイカラーBE-1(ヴィセ)

韓国コスメ方法のうち、絶対欠かせないと言えるのが涙袋メイクです。宮脇咲良が涙袋を出すために愛用しているコスメ道具はアイブロウのところでご紹介したのと同じヴィセのクレヨンアイカラーです。アイラインコスメですが涙袋もばっちり書くことができます。

宮脇咲良が愛用しているカラーはBE-1というピンクベージュです。暖色系を使うことで血色も良く見せることができ、綺麗な涙袋を書くことができます。

アイライナー・ジョリ・エ・ジョリ・エ・ブラウン(アヴァンセ)

宮脇咲良が愛用しているアイライン用コスメはアヴァンセのジョリ・エ・ジョリ・エ・ブラウンです。ドラッグストア系のコスメで他の宮脇咲良の愛用コスメに比べるとかなりリーズナブルな価格で買うことができます。

リキッドタイプのアイライナーで、すっと1度線を引くだけでもしっかりとラインを書くことができます。現在ではディーブブラウンという名称で販売されています。

リップ・ライアーコーティングティント03(リリーバイレッド)

宮脇咲良の愛用コスメリップ道具はリリーバイレッドという韓国コスメブランドのライアーコーティングティントです。こちらはまだ日本未上陸のため通販サイトか韓国現地で方法が買うしかありません。ここでも宮脇咲良は2番のオレンジ色を愛用しているようです。

カラーは全部で6色あります。持続力が強いティントで、色落ちがあまりなく長時間塗り直しすることなく色を楽しむことができます。

宮脇咲良のメイク方法は

宮脇咲良の愛用コスメ、そしてメイクアップアーティストが使っているコスメ道具をご紹介しましたが、ではこうしたコスメを使って実際にどのようにメイクをすれば良いのでしょうか?韓国コスメ方法をマスターしてIZ*ONEの宮脇咲良風メイクを楽しんでみましょう。

ベースメイクはブルー系で美白と透明感

まずプライマーやベースとなるファンデーションをご紹介しましたが、より宮脇咲良のように美肌で透明感のあるベース作りをするのであれば、カラーコントロール下地を使う方法もおすすめです。ブルー系を使うことで肌のくすみを緩和させることができます。

宮脇咲良のすっぴんの時に気になった目のクマなども、こうしたブルー系の下地を使うことでしっかりとカバーできます。

眉は薄く太めに引く

宮脇咲良風メイクの方法2つ目は並行眉を作ることです。この時眉を平行にさせることを意識しすぎで、眉が濃くなってしまわないように注意しましょう。

韓国の眉メイクのポイントはナチュラルさです。そのためあまり濃い眉メイクは似合いません。宮脇咲良を見ても髪色に合わせて薄い茶色の並行眉になっています。細い眉も不自然になるため、気持ち少し太めに眉を書くのもポイントの1つです。

アイラインは目尻まで塗り潰しタレ目ぎみに

宮脇咲良風メイクの方法3つ目はタレ目アイラインです。アイラインにはさまざまな引き方があります。目元を跳ね上げるタイプもありますが、宮脇咲良風メイクでは下にそのまま下げて若干タレ目に見せるのがポイントです。

眉は髪色に合わせてナチュラルさを重視しましたが、アイラインは一転して黒でしっかりと引くのがポイントです。目じりまで塗りつぶしてくっきりとしたアイラインにしましょう。

アイシャドウはカラーを二重幅から少し出す程度に

宮脇咲良風メイク方法4つ目はアイシャドウを二重の幅で塗るということです。アイシャドウもアイラインと同じく様々な方法があります。瞼全体にシャドウを乗せたラメで濡れたような目元を作ることもありますが、韓国メイクではよりさりげなくシャドウを入れます。

目安として二重の幅から少しアイシャドウの色が見えるほどでOKです。宮脇咲良の場合はオレンジ色のシャドウが伏し目がちになるとよく見えるというさりげない程度です。

宮脇咲良は100均のメイク道具も愛用

HKT48時代も着実に人気を集め、韓国のIZ*ONEメンバーとして大活躍中、もはやアジアを代表するアイドルになりつつある宮脇咲良ですが、実は使ってるメイク道具が100均であると分かり、少し前に話題となりました。

100均で販売されているビューラーなどのメイク道具を宮脇咲良は愛用しています。アイドルとして活躍する姿とギャップのある庶民的な部分に惹かれた人も多かったようです。

リップはグラデーションをつける

宮脇咲良風メイク方法、最後はリップのつけ方です。日本ではリップはナチュラルでさりげないカラーをつけることが多いですが、韓国メイクではしっかりと目立つレッドリップをつけることも多く、そこにプラスしてグラデーションもつけます。

まずは唇の中央にリップを乗せ、それを指やブラシなどを使って全体に伸ばすと自然なグラデーションに仕上がります。乾燥防止のためリップの前に保湿ケアも行いましょう。

宮脇咲良の美肌の秘訣はスキンケア

宮脇咲良の愛用コスメ道具や宮脇咲良風のメイク方法などをご紹介しましたが、実はこうした道具や方法以外にも宮脇咲良の美の秘訣があるとネットでは話題となっています。宮脇咲良の綺麗な肌にはどのような美の秘訣があるのでしょうか?

宮脇咲良がスキンケアでこころがけていること、そして実際に愛用している道具や、スキンケアコスメなどをまとめてご紹介します。

宮脇咲良は肌の透明感にこだわり

宮脇咲良自身が美のために一番心がけていることは、肌の透明感です。確かにどれだけ高機能なコスメを使っても元のベースとなる肌が綺麗でなければ、コスメの機能も最大限に活かすことはできません。

宮脇咲良の透き通るような白い肌は、宮脇咲良自身の日頃からのケアの賜物と言うことができます。では実際にどのような道具を使ってスキンケアを行っているのでしょうか?

ポイント①化粧水パック

宮脇咲良のスキンケア方法1つ目は化粧水パックです。韓国でもマスクパックが長い間流行していますが、1日1パックという言葉もあるほど、美容においてはマスクパックが重要な役割を果たしてくれるようです。宮脇咲良はルルルンというマスクパックを使っています。

数あるルルルンのマスクパックの中でも宮脇咲良が使っているのはプレシャスホワイトというなんとアンチエイジングケア用のマスクだそうです。ケア意識の高さがうかがえます。

ポイント②毛穴ケア

すっぴんを見てもほとんど吹き出物などが無く綺麗な肌であった宮脇咲良ですが、定期的な毛穴ケアを行っているようです。使っているコスメはタカミのスキンピールと言われています。名前からするとピーリング材のようですが、実際は美容液です。

化粧水の前につけることで肌の新陳代謝を高める効果があります。口コミでは乾燥がなくなった、さらには肌色が明るくなったなどの高評価が並んでいます。

愛用化粧水・ ナチュリエハトムギ化粧水

宮脇咲良が愛用するスキンケアコスメには他にもあります。化粧水はナチュリエのハトムギ化粧水と言われています。お茶のイメージが強いハトムギですが、美容面においては美白効果、シミ改善などが期待でき、現在ではハトムギを使ったコスメも多く存在しています。

ハトムギ化粧水も色々なメーカーから発売されていますが、ナチュリエのハトムギ化粧水は500ミリリットルで1000円以下というコスパの良さも支持されている理由の1つです。

愛用保湿クリーム・キュレルの潤浸保湿クリーム

最後にご紹介する宮脇咲良の愛用スキンケア用品はキュレルの潤浸保湿クリームです。通常保湿クリームというとテクスチャは重く、特に夏など暑い季節に使うのは面倒といったアイテムが多いですが、キュレルの保湿クリームは軽い使い心地が特徴です。

香料、アルコール、着色料などが全てフリーで、アレルギーパッチテストも行われた安全性の高いスキンケア用品です。敏感肌の方にもぜひおすすめしたいスキンケア用品です。

宮脇咲良は韓国メイクで可愛く美肌に!

現在では韓国のアイドルグループIZ*ONEのメンバーとして活躍中の宮脇咲良の愛用コスメ道具やメイク方法などをまとめてご紹介しました。

韓国風のメイクに変化したことで、これまででも十分に綺麗であった宮脇咲良がますます大人っぽくなって綺麗になったとかなりの高評価です。ぜひ宮脇咲良も愛用するコスメ道具などを使って宮脇咲良風、そして旬の韓国メイクを試してみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ