宮沢氷魚の目の色がすごい!ハーフ?カラコン?親譲り?目の色に関して調査

『メンズノンノ』の専属モデルであり、俳優としても活躍している宮沢氷魚さん。高身長とイケメンなルックスだけではなく、美しい目の色にも注目が集まっています。宮沢氷魚さんの美しい目の色はハーフやカラコンによるものなのでしょうか?目の色を徹底調査しました。

宮沢氷魚の目の色がすごい!ハーフ?カラコン?親譲り?目の色に関して調査のイメージ

目次

  1. 1宮沢氷魚のプロフィール
  2. 2宮沢氷魚の目の色がすごい
  3. 3宮沢氷魚の目の色はハーフ?カラコン?
  4. 4宮沢氷魚の目の色は親譲りなのか検証
  5. 5宮沢氷魚の目の色の悩みとは
  6. 6宮沢氷魚の目の色は父親と母親譲りで本物!

宮沢氷魚のプロフィール

・愛称:不明
・本名:宮沢 氷魚(みやざわ ひお)
・生年月日:1994年4月24日
・年齢:26歳(2020年5月現在)
・出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
・血液型:不明
・身長:184㎝
・体重:不明
・活動内容:モデル、俳優、タレント
・所属グループ:なし
・事務所:レプロエンタテインメント
・家族構成:父、母、弟、妹

宮沢氷魚の経歴

ロックバンドのTHE BOOMで活躍していた宮沢和史さんと、タレントの光岡ディオンさんの息子である宮沢氷魚さんは、身長184㎝もの長身を持ち、抜群のスタイルをしています。アメリカで生まれたのち、日本で育ちますが、幼稚園から高校までをインターナショナルスクールで過ごしたため英語がネイティブレベルです。

宮沢氷魚さんはミュージシャンとして多くの人を感動させていた父親の姿を見たことをきっかけに芸能界に興味を持ち、両親に内緒で自らレプロエンタテイメントに履歴書を送付。芸能事務所に所属します。この年に行われた『MEN’S NON-NO』専属モデルオーディションで宮沢氷魚さんはグランプリを獲得し、モデルデビューを果たしました。

宮沢氷魚さんはデビューしてから2年後の2017年には綾野剛さん主演のドラマ『コウノドリ』にてレギュラー出演し、俳優としても活動を開始。2019年には杏さん主演のドラマ『偽装結婚』で杏さんが恋する相手役を務め、イケメンな宮沢氷魚さんが多くの人に注目されるきっかけになりました。

両親に反対されることを覚悟で芸能界入りするほど芸能活動を強く望んだ理由は、アメリカに留学した際に自分自身の本当にやりたいことだと思ったからだそうです。宮沢氷魚さんの夢に向かって活動している姿に、ますます注目が集まっています。

Thumb宮沢氷魚の兄弟を調査!経歴や学歴などわかる範囲で調査!仲や兄弟とのエピソードも
宮沢氷魚さんは有名人のお父さんとお母さんをもつ注目の俳優でありモデルです。宮沢氷魚さんの兄弟...

宮沢氷魚の目の色がすごい

高長身な体型やイケメンなルックスに注目が集まる宮沢氷魚さん。本名のまま芸能活動をしていますが、名付けは宮沢氷魚さんの父であるTHE BOOMのメンバー宮沢和史さんが付けたそうです。氷魚とは氷の張る寒い地域に生息する魚で氷のように透き通った美しい姿をしているのだそうです。

宮沢和史さんは氷魚のような厳しい環境下でもたくましく生き抜いてほしいという願いも込めて名付けたのだそう。宮沢氷魚さんは、名前だけでなく、目の色が綺麗なことも注目の的になっています。宮沢氷魚さんの目の色について見ていきましょう。

目の色が綺麗すぎと話題に

宮沢氷魚さんは、いわゆる塩顔に透明感のある肌が特徴です。そのうえ目の色が透き通るような綺麗な瞳をしているので、イケメンなルックスと言われる要素が詰まっている顔立ちをしています。

SNSを中心にネット上では「高身長なうえに色素薄いなんて無敵」「美しすぎてドラマが楽しみ」「宮沢氷魚さんの顔すごいタイプ」などの声が多数上がっています。宮沢氷魚さんを絶賛する声は女性だけにとどまらず、男性からも憧れの目線で見られていることが特徴。宮沢氷魚さんには男性も認めるかっこよさがあります。

宮沢氷魚の目の色を画像でチェック

宮沢氷魚さんは、芸能界で活動している両親からアドバイスをもらうこともあるそうです。その言葉が「謙虚でいながら、自分自身に自信を持って胸を張っていなさい」というもの。宮沢氷魚さんは、両親の言葉を大切にしながら芸能活動をしているそうです。

アドバイスの言葉通り、謙虚さを感じる芸能活動をしている宮沢氷魚さんは、イケメンなルックスの一つの要素となっている目の色に注目が集まっています。宮沢氷魚さんの画像をよく見て目の色を見ていきましょう。

宮沢氷魚の目の色は灰色と茶色のミックス

宮沢氷魚さんは綺麗な目の色に注目を集めていることから、インタビュアーにも目の色について聞かれることが多くあります。とあるインタビューでは宮沢氷魚さん自身が「自分の目の色はグレーと茶色のミックス色」と答えています。

しかし、宮沢氷魚さんの目の色は、撮影時の照明や光の加減によって、透き通った茶色に見えたり、濃い茶色に見えたりと画像によって異なった色をしていることも特徴です。今後は宮沢氷魚さんの目の色にも注目して画像や動画を見てみてはいかがでしょうか?

宮沢氷魚の目の色はハーフ?カラコン?

高身長とイケメンなルックスだけでなく、吸い込まれるような美しい目の色を持つ宮沢氷魚さん。多くの人を魅了する目の色はカラコンによるものなのか、はたまた生まれ持った宮沢氷魚さん自身の目の色なのか、気になる部分です。ここからは宮沢氷魚さんの美しい目の色の正体に迫ります。

宮沢氷魚の目の色は本物なのか注目が

宮沢氷魚さんは目の色だけではなく、ふんわりとカールした髪質や、優しいブラウンの髪色も特徴的です。目の色は色白な肌の色、髪の毛の色もすべてマッチしているように感じます。

そのため、生まれ持った目の色のようにも見えますが、日本人らしくない体型や顔立ち、雰囲気によって、目の色にまつわるさまざまな説が出ているのも事実です。どのような説があるかを見ていきましょう。

目の色がすごい理由①ハーフ説

ヨーロッパや欧米人にも、韓国人にも見える宮沢氷魚さんのルックスから、ハーフ説が出ています。しかし、父親はTHE BOOMのボーカルを務めている宮沢和史さんであり、母親はタレントの光岡ディオンさんです。

父親の宮沢和史さんは純日本人ですが、母親の光岡ディオンさんはアメリカ人のハーフだそう。そのため、宮沢氷魚さんはハーフではなくクォーターということになります。宮沢氷魚さんが透明感のある目の色をしていることや、高身長、色白の肌、自然なブラウンの髪色であることも納得です。

目の色がすごい理由②カラコン説

今やカラコンをすることは当たり前の時代になりました。芸能界で活躍している人も多くの人がカラコンを使用していることから、宮沢氷魚さんの目の色もカラコンを使用しているのではないかという説が流れています。

実際には宮沢氷魚さんはカラコンは使用せずに透明感ある美しい目の色をしていますが、カラコンが世の中で一般的に使用されていることから疑惑が持ち上がるのも無理はないと言えます。

宮沢氷魚の目の色は親譲りなのか検証

純日本人の父親とハーフの母親を持つ宮沢氷魚さん。クォーターではあるものの、日本人の血の方が濃いはずですが、日本人離れしたルックスが印象的です。

目の色に悩んでいたときもあったそうですが、現在は目の色や髪の毛の雰囲気に至るまで武器にして芸能活動をしようと考えているそうです。宮沢氷魚さんが武器とする目の色をさらに深堀りして見ていきましょう。

ハーフでもカラコンでもない目の色は本物

宮沢氷魚さんは、日本人の父親とアメリカ人とのハーフである母親を持つため、ハーフではなく、クォーターにあたります。さらにカラコンで目の色を変えているわけでもありません。宮沢氷魚さんは、生まれ持った目の色が透明感のある灰色と茶色のミックス色であることが公表されています。

野球少年だったそうですが、筋肉が付くのが嫌で運動の仕方を考えていたという宮沢氷魚さん。洋服をかっこよく着こなせるようになる体型も考えていたそうです。宮沢氷魚さんのおしゃれな雰囲気は目の色だけではなく、体型からも表れていることがわかるエピソードです。

宮沢氷魚の目の色が若い頃の父親似と話題

宮沢氷魚さんの父親である宮沢和史さんは、THE BOOMのボーカルとして活躍していました。THE BOOMは1986年にバンドを結成し、『島唄』や『風になりたい』など、多くのヒット曲を生み出したバンドです。2014年に日本武道館にてラストライブを行い、解散しました。

宮沢氷魚さんの目の色が注目を集めたことをきっかけに、父親である宮沢和史さんがTHE BOOMで活動していた若い時の目の色にも注目が集まり、宮沢和史さんの若いころとと宮沢氷魚さんが同じ目の色をしていることが話題となっています。

父親(宮沢和史)の目の色もチェック

宮沢氷魚さんの父親である宮沢和史さんはTHE BOOMの名づけ親であり、バンドの楽曲すべてを作詞、作曲していました。訪れた音楽とロックを融合しながら世界各地を旅するなどして、多くの音楽を生み出しています。また、俳優としてドラマに出演したこともあり、多彩な才能の持ち主です。

そんな宮沢和史さんは山梨県出身の純日本人です。しかし宮沢和史さんも宮沢氷魚さんと同じく透明感のある茶色の目をしています。色素が薄いために、日本人でありながら茶色の目をしていたと考えられ、宮沢氷魚さんにも色素の薄さが遺伝して、薄い色素の目の色になったのであろうと考えられます。

アメリカ人と日本人のハーフの母親(光岡ディオン)の目の色は?

アメリカ人とのハーフである母親の光岡ディオンさんは、CNNのナビゲート役や音楽番組で活躍していました。結婚や出産、子育てをしながらも仕事を続け、現在はニュース番組にコメンテーターとして出演しています。

目が大きく、綺麗な顔立ちをしていますが、目の色は息子である宮沢氷魚さんの方が透明感のある目の色をしているように見えます。宮沢氷魚さんの目の色は父親の宮沢和史さん譲りが大きいことがわかります。

Thumb光岡ディオンの現在は?夫の宮沢和史や息子の宮沢氷魚との関係も!若い頃は?
宮沢和史さんと結婚した光岡ディオンさんに離婚の噂が出ているそうですが本当でしょうか?また、ハ...

宮沢氷魚の目の色の悩みとは

高身長で塩顔のイケメン、目の色や髪の色も外人のようで、おしゃれな雰囲気が漂う宮沢氷魚さんは女性からも男性からも憧れの的になるようなルックスをしていますが、目の色で悩みを抱えた時期もあったそうです。ここからは宮沢氷魚さんが抱えていた目の色の悩みについて解説します。

宮沢氷魚は目の色が薄くて悩んでいた

人の目の色は、目の中のメラニン色素の量が影響します。メラニン色素が多い人ほど目の色は黒く濃い色になり、メラニン色素が少ない人ほど目の色が緑や青色などになると言われています。

宮沢氷魚さんは色素が薄いため、茶色やグレーなどの透明感ある目の色になっていると見られ、日本人ぽくない透明感ある綺麗な目の色が宮沢氷魚さんの魅力にもなっています。しかし、宮沢氷魚さん自身は目の色が薄いと悩んでいた時期があったそうです。

目の色が薄いとダメージを受けやすい?

目の中のメラニン色素は目の色だけでなく、光の感じ方にも違いが出ます。メラニン色素の多い濃い色の瞳の場合には光を目の中まで通しにくいので、まぶしさを感じにくい特徴があります。一方メラニン色素が少なく、色味が薄い目の色は光を通しやすいため、まぶしさを感じやすいです。

色素が薄い欧米人がサングラスを愛用しているのも、まぶしさから目を守るという理由があるため。宮沢氷魚さんは、濃い色の目が多い日本人の中で生活している中で、周りの人とのまぶしさの感じ方に違いが生じ、悩みになったのかもしれません。

綾野剛からサングラスのプレゼントも話題に

宮沢氷魚さんのドラマデビュー作となったドラマ『コウノドリ』では、綾野剛さんと共演しました。初めてのドラマ出演ということで綾野剛さんから宮沢氷魚さんへ贈られたプレゼントが、目を保護するためのサングラス。

サングラスを贈る際には「好きなサングラスを選んでいいよ」と、宮沢氷魚さんに選ばせる方法でプレゼントをしたそうで、男前な綾野剛さんのエピソードを紹介しながら、「綾野剛さんからもらったサングラスが一生の宝物です」と話していました。

綾野剛とは

綾野剛さんは岐阜県生まれの俳優です。高校を卒業した後に東京へ上京し、バンド活動やモデルをしながら芸能活動していました。『仮面ライダー』で俳優デビューし、現在は主に俳優として活動しています。しかし、出演しているドラマや映画の作品の音楽も手掛けたりとマルチな才能とイケメンなルックスで人気を博しています。

2012年に出演したNHK連続テレビドラマ小説『カーネーション』では、ヒロインが恋する相手を演じ、短い出演でありながらも綾野剛さんが出演した回が最高視聴率を記録したほど印象的な存在感が話題となりました。

イケメンなルックスだけではなく、俳優としての演技力もあり、日本アカデミー賞やキネマ旬報ベスト・テン、ヨコハマ映画祭など多くの映画祭で主演男優賞を受賞。宮沢氷魚さんと共演したドラマ『コウノドリ』ではTAMA映画賞で最優秀男優賞を受賞しています。

日本の映画賞のみならずニューヨーク・アジア映画祭でもライジングスター賞を受賞するなど世界からも注目を集めています。ドラマの中でインパクトのある役を演じることも多いですが、気配り上手で優しく紳士的な性格のため、業界のスタッフからも愛されている俳優です。

宮沢氷魚の目の色は父親と母親譲りで本物!

宮沢氷魚さんの目の色について詳しくご紹介いたしました。日本人離れした目の色や高身長、ルックスや髪の色など、どのパーツも品があって、おしゃれな雰囲気がある宮沢氷魚さん。

宮沢氷魚さんの目の色の理由はカラコンやハーフなどの説がありますが、生まれ持った目の色であることがわかりました。日本人離れした雰囲気を持つ宮沢氷魚さんの今後の活躍に期待です。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ