宮沢氷魚の両親も芸能人?父と母それぞれを調査!両親とのエピソードなども!

イケメン俳優として人気急上昇中の宮沢氷魚さん。宮沢氷魚さんの両親も芸能人なのでしょうか?宮沢氷魚さんの父と母、それぞれについて調査してみました。テレビドラマなどで注目の俳優・宮沢氷魚さんの両親のプロフィールや、両親とのエピソードも併せて紹介します。

宮沢氷魚の両親も芸能人?父と母それぞれを調査!両親とのエピソードなども!のイメージ

目次

  1. 1宮沢氷魚のプロフィール
  2. 2宮沢氷魚の両親は芸能人?
  3. 3宮沢氷魚の父親(宮沢和史)とは
  4. 4宮沢氷魚の母親(光岡ディオン)とは
  5. 5宮沢氷魚の両親とのエピソード
  6. 6宮沢氷魚の両親は宮沢和史と光岡ディオンで芸能人

宮沢氷魚のプロフィール

・愛称:氷魚くん
・本名:宮沢氷魚(みやざわひお)
・生年月日:1994年4月24日
・年齢:26歳(2020年5月現在)
・出身地:アメリカ合衆国・サンフランシスコ
・血液型:不明
・身長:184cm
・体重:???
・活動内容:モデル、タレント、俳優
・所属グループ:なし
・事務所:レプロエンタテインメント
・家族構成:父(宮沢和史)、母(光岡ディオン)、妹、弟

宮沢氷魚の経歴

宮沢氷魚さんの父母とのエピソードなどについて紹介する前に、まずは宮沢氷魚さん自身の経歴を見ていきましょう。宮沢氷魚さんは日本ではなく、アメリカのサンフランシスコ州で生まれ、その後、東京で育ったのだそうです。

東京ではインターナショナルスクールに通い、大学もアメリカのカリフォルニア大学サンタクルーズ校に通っていたということもあり、宮沢氷魚さんは英語がとても堪能なことで知られています。その英語は、所属事務所・レプロエンターテインメントのYouTube動画でも英語講座として披露されているようです。

宮沢氷魚さんはカリフォルニア大学から国際基督教大学に編入し、2017年に卒業しています。カリフォルニア大学時代に現在所属するレプロエンターテインメントに履歴書を送り合格していた宮沢氷魚さんは、大学を卒業後、本格的に芸能活動をスタートさせました。

宮沢氷魚さんが多くの人に名前を知られるようになったのは、男性向けファッション雑誌「MEN'S NON-NO」のオーディションでグランプリを獲得し、専属モデルに抜擢されたことがきっかけだったようです。

「MEN'S NON-NO」のモデルとして芸能活動をスタートさせた宮沢氷魚さんですが、本来は俳優になりたいという気持ちを持っていたそうです。しかし、そのチャンスはすぐに訪れました。宮沢氷魚さんは2017年に放送されたドラマ「セシルボーイズ 」で俳優デビューを飾ります。

また、この2017年には人気の医療系ドラマ「コウノドリ 第2シリーズ」にもレギュラー出演。宮沢氷魚さんがこのドラマで演じたのは、綾野剛さん演じる主人公が勤める病院の研修医・赤西吾郎役でした。

宮沢氷魚さんは2019年に放送されたドラマ「賭ケグルイ Season2」にも出演します。このドラマでは、反生徒会・反ギャンブル集団を率いる村雨天音役を演じました。宮沢氷魚さんは映画版「賭ケグルイ」でも同じ役でスクリーンデビューを果たしています。

宮沢氷魚さんの知名度を大きく上げるきっかけとなったのが、ドラマ「偽装不倫」です。このドラマで宮沢氷魚さんは、杏さんが演じる主人公の相手役・伴野丈を演じています。伴野丈は原作とは少し異なる設定でしたが、多くの女性ファンを獲得したようでした。

宮沢氷魚の両親は芸能人?

宮沢氷魚さんの両親についても見ていきましょう。宮沢氷魚さんは両親も有名人だという話があります。宮沢氷魚さんの両親は芸能人なのでしょうか?宮沢氷魚さんの両親について調べてみました。

芸能人の両親を持つ宮沢氷魚

宮沢氷魚さんは、両親がともに芸能人であることでも知られています。宮沢氷魚さん自身が芸能界への道を進もうと決めたことも、芸能人である父親の影響があったと言われているようです。

両親が芸能人という人は芸能界には多く、たとえば現在注目の姉妹、Koki,さんとCocomiさんは父親が木村拓哉さん、母親が工藤静香さんです。また、OKAMOTO'Sのハマ・オカモトさんも、父親が浜田雅功さん、母親が小川菜摘さんで両親ともに芸能人として知られています。

芸能人の両親を持ち性格にも注目が

両親がともに芸能人という宮沢氷魚さんは、性格にも注目が集まっているそうです。実は宮沢氷魚さんは「フローズン男子」とも呼ばれているのだとか。「フローズン男子」というのは、「言葉は冷たくても行動が優しい」という男性を表現するのに使われているのだそうです。

ただ、宮沢氷魚さんの場合は普段からかなり口数が少なく、言葉も行動も冷たいのではないかという意見もあると言われています。一部では「性格が悪い」との意見もあるようですが「礼儀正しく爽やか」という評価もあるのだそうです。

両親は宮沢和史と光岡ディオン

宮沢氷魚さんの両親が芸能人だということを紹介してきましたが、具体的には父親は「THE BOOM」の宮沢和史さん、母親はタレントの光岡ディオンさんなのだそうです。どちらも名前を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?宮沢氷魚さんの両親それぞれについては、次以降で詳しく紹介します。

宮沢氷魚の父親(宮沢和史)とは

宮沢氷魚さんの父親である宮沢和史さんについて見ていきましょう。宮沢和史さんはどのような人なのでしょうか?宮沢氷魚さんの父親・宮沢和史さんについて紹介します。

父親(宮沢和史)のプロフィール

宮沢氷魚さんの父親・宮沢和史さんは、1966年1月18日生まれで現在の年齢は54歳、山梨県甲府市の出身です。宮沢和史さんといえば、ロックバンド「THE BOOM」のボーカリストとして知られていますが、「THE BOOM」が結成されたのは1986年のことでした。

「THE BOOM」は1980年代のバンドブームに乗り、デビュー前には歩行者天国などでの路上ライブを積み重ねていたとのこと。「THE BOOM」がデビューしたのは1989年のことで、デビュー曲は「君はTVっ子」でした。

父親(宮沢和史)の経歴

宮沢和史さんのデビュー後の経歴についても見ていきましょう。宮沢和史さんが所属する「THE BOOM」の代表的な曲といえば「島唄」です。この「島唄」には歌詞に沖縄の方言が用いられました。また、沖縄をイメージする楽器の音色やメロディーが多くの人の注目を集め、バンドがブレイクするきっかけともなります。

この「島唄」は宮沢和史さんの作詞・作曲によるものですが、宮沢和史さん自身、よく沖縄出身なのではないかと勘違いされてしまうとのこと。この「島唄」は、宮沢和史さんが「ひめゆり平和記念資料館」を訪れたときに衝撃を受け、戦争で犠牲となった沖縄の人たちへの鎮魂歌として作られたものなのだそうです。

「島唄」でブレイクを果たした「THE BOOM」は、この年の紅白歌合戦にも出演しました。また「第35回日本レコード大賞」でベストソング賞も受賞するなど、「THE BOOM」は無名のバンドから一気にメジャーシーンを駆け上がっていくことになります。

1994年に「THE BOOM」は6枚目のアルバム「極東サンバ」をリリースします。この頃から、「THE BOOM」の音楽にはブラジル音楽の要素が取り入れられるようになりました。その代表的な曲として「風になりたい」があります。「風になりたい」はこれまでにCMソングとしてもたびたび使用されているようです。

コンスタントにヒット曲をリリースし、バンドとして安定した活動を行っていた「THE BOOM」ですが、1997年に活動休止を発表します。その後は宮沢和史さんを含め、メンバーはそれぞれソロ活動をスタートさせました。

宮沢和史さんは1998年に開催された長野パラリンピックで「旅立ちの時」を歌唱したり、他のアーティストに楽曲を提供するなどのソロ活動を行います。2005年にはロシアの音楽グループ・ナイト・スナイパーズとのコラボで「コシカ/ひとつしかない地球」をリリースしたことも話題となりました。

「THE BOOM」は1999年に活動を再開しますが、2014年にグループは解散します。その後はそれぞれのメンバーがソロで活動を続けているようです。宮沢和史さんは弾き語りツアーを行ったり、那覇市の沖縄県立芸術大学で講師をつとめるなど、幅広い活動を展開。

ただ、2016年には歌唱活動を無期限で休養することを発表して世間を驚かせました。理由は「心身共に歌う力を持ち続けることができない」ことだったとのこと。だた、2017年頃から宮沢和史さんは少しずつ歌手活動を再開。2018年にはミュージックステーションで「島唄」を披露したことも話題となりました。

父親(宮沢和史)の学歴

宮沢氷魚さんの父親である宮沢和史さんの学歴についても見ていきましょう。宮沢和史さんは沖縄県の出身だと勘違いされることが多いようですが、山梨県甲府市の出身で、高校までは地元の山梨県甲府市の公立の学校を卒業しています。

その後、宮沢和史さんは大学への入学を機に上京。大学は明治大学経営学部に進学しました。実はこの明治大学への入学は一浪してのものだったとのこと。本当は駒澤大学に合格していたのだそうですが、書類をなくしたため入学できず、浪人となったというエピソードがあります。

宮沢氷魚の母親(光岡ディオン)とは

宮沢氷魚さんの母親・光岡ディオンさんについても見ていきましょう。光岡ディオンさんはどのような人なのでしょうか?宮沢氷魚さんの母親の光岡ディオンさんについて調べてみました。

母親(光岡ディオン)のプロフィール

宮沢氷魚さんの母親・光岡ディオンさんは、1965年7月15日生まれで現在の年齢は54歳、神奈川県の出身です。光岡ディオンさんは日本人の父とアメリカ人の母を持つハーフとしても知られています。

母親(光岡ディオン)の経歴

光岡ディオンさんは大学を卒業後、MTV JAPANなどの音楽番組でパーソナリティーをつとめるなどしていました。また、CNNニュースの日本語版のナビゲート役など、幅広い活躍をされていたようです。

近年は「直撃LIVE グッディ!」の月曜コメンテーターとして情報番組にも出演していますので、ご存知の方も多いかもしれません。光岡ディオンさんは1994年に宮沢和史さんと結婚。その後も家事や育児と両立させながら、タレント活動を行ってきたようです。ちなみに、宮沢和史さんとの馴れ初めは、ラジオ番組での共演でした。

母親(光岡ディオン)の学歴

宮沢氷魚さんの母親である光岡ディオンさんの学歴についても見ていきましょう。小学校から高校までの学歴は不明ですが、大学は国際基督教大学教養学部語学科を卒業しているようです。国際基督教大学教養学部語学科の偏差値は65となっており、私立大学の中でも難関の大学として知られています。

Thumb光岡ディオンの現在は?夫の宮沢和史や息子の宮沢氷魚との関係も!若い頃は?
宮沢和史さんと結婚した光岡ディオンさんに離婚の噂が出ているそうですが本当でしょうか?また、ハ...

宮沢氷魚の両親とのエピソード

宮沢氷魚さんと両親のエピソードについても見ていきましょう。両親がともに芸能人という宮沢氷魚さんですが、両親とのエピソードにはどのようなものがあるのでしょうか?宮沢氷魚さんと両親のエピソードについて調べてみました。

エピソード①父親(宮沢和史)からのアドバイス

宮沢氷魚さんは、折に触れて父親の宮沢和史さんからアドバイスをもらうことがあるそうです。芸能界で仕事をすると決まった時には「厳しい世界。舐めていたらやばい」というアドバイスを父からもらったとのこと。

さらにオーディションに向かうときにも父親の宮沢和史さんは「謙虚に礼儀正しく」などというメールを送ってくれるのだそうです。宮沢氷魚さんは撮影の現場などでも爽やかで礼儀正しいと評判とのことですが、それは父親である宮沢和史さんのアドバイスがあるからなのかもしれません。

エピソード②父親(宮沢和史)のライブの影響

宮沢氷魚さんが芸能界への道を進もうと考えたきっかけは、父親である宮沢和史さんのライブを観に行ったことだったそうです。宮沢氷魚さんは中学生や高校生の時に父親のライブを観に行ったそうですが、その際に「数時間でこんなに多くの人を感動させている」ことに感動したのだとか。

それ以降、宮沢氷魚さんは芸能界での仕事に興味を抱き、大学時代にアメリカから事務所に履歴書を送りました。ちなみに、宮沢氷魚さんがレプロエンターテインメントのオーディションを受けていたことは、合格するまで両親に話さなかったそうです。

エピソード③母親(光岡ディオン)との時間

宮沢氷魚さんと母親の光岡ディオンさんとのエピソードについても見ていきましょう。宮沢氷魚さんは子供の頃、父親がツアーなどで不在がちだったということもあり、母親の光岡ディオンさんと過ごすことが多かったそうです。

光岡ディオンさんはあまり厳しいことを言うようなことはなく、「勉強をしっかりやっていれば後は好きなことをやっていい」という教育方針だったとのこと。こうした母親の教育の影響もあり、宮沢氷魚さんは芸能界でもさまざまな仕事にチャレンジしてきたそうです。

宮沢氷魚の両親は宮沢和史と光岡ディオンで芸能人

モデルや俳優として活躍中の宮沢氷魚さんの両親について紹介してきました。宮沢氷魚さんの両親はどちらも芸能人で、父親は「THE BOOM」の宮沢和史さん、母親はタレントやラジオパーソナリティーとして活躍する光岡ディオンさんです。

宮沢氷魚さんは子供の頃から父親の仕事を見て育ってきたということもあり、芸能界を目指すようになったとのこと。ただ、事務所のオーディションには自力で応募し、合格するまでは両親にも内緒にしていたそうです。演技派の若手俳優として注目を集める宮沢氷魚さんの今後にも期待しましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ