宮沢りえの母の死因は?これで因縁にも終止符?りえママ色々まとめ!

りえママをご存知ですか?りえママというのは、宮沢りえさんがブレークして間もない頃から宮沢りえさんを支える母光子さんにつけられた愛称です。りえママこと宮沢りえさんの母宮沢光子さんをその死因と宮沢りえさんとの因縁の深い母子関係を含めてご紹介します。

宮沢りえの母の死因は?これで因縁にも終止符?りえママ色々まとめ!のイメージ

目次

  1. 1宮沢りえの家族構成!因縁の母親との関係性は?
  2. 2りえママこと宮沢りえの母親の死因は?
  3. 3宮沢りえの壮絶な離婚騒動は母親が原因だった?
  4. 4宮沢りえに枕営業を指示した黒幕は母親?
  5. 5毒親をもつ芸能人とその辛い過去まとめ
  6. 6宮沢りえの母親は毒親レベルでやばかった

宮沢りえの家族構成!因縁の母親との関係性は?

11歳の頃からモデルをしていた宮沢りえさんがブレークしたのは、今から31年前に放映された「三井のリハウス」のCMがきっかけでした。そしてブレークして間もなく宮沢りえさんを強力にサポートする家族、宮沢りえさんの母の存在もクローズアップされたのです。

宮沢りえさんの母宮沢光子さんのキャラクターと存在感は強烈で、すぐに「りえママ」という愛称がついて話題にのぼるようになりました。いつも一緒でいるのが理由で宮沢りえさん母子が一卵性母子なんて言われていた事もあります。

そんな宮沢りえさんの母宮沢光子さんにまつわるエピソードを、2014年に亡くなった時の死因や宮沢りえさんと母宮沢光子さんの因縁と壮絶な母娘関係についてなどをご紹介していきます。

宮沢りえの若い頃〜これまでの経歴まとめ

・愛称:りえちゃん
・本名:森田りえ(旧姓宮沢りえ)
・生年月日:1973年4月6日
・年齢:45歳(2018年現在)
・出身地:東京都練馬区
・血液型:B型
・身長:167cm
・体重:不明
・活動内容:女優、歌手、ファッションモデル
・所属グループ:なし
・事務所:エムツー企画
・家族構成:夫(V6森田剛)、娘
・出演作品:ドラマ「協奏曲」「神様、もう少しだけ」、映画「ぼくらの七日間戦争」「たそがれ清兵衛」「紙の月」、CM「三井のリハウス」「資生堂AQUALABEL」「TSUTAYA」など

宮沢りえさんが「三井のリハウス」のCMでブレークしたのは1987年でした。その後当時大人気だったバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげです」への出演がきっかけでバラエティ層にも人気が高まり、宮沢りえさんをテレビで観る機会が増えていきます。

そして1988年に宮沢りえさんは映画「ぼくらの七日間戦争」で主演します。それが映画デビューでしたがそのデビュー作で宮沢りえさんは日本アカデミー賞新人賞を受賞し、翌年には「青春オーロラ・スピン スワンの涙」で主演します。

同じ年の9月、宮沢りえさんは小室哲哉が楽曲を提供した「ドリームラッシュ」で歌手としてもデビューし翌年にはセカンドシングル「NO TITLIST」がオリコン1位を獲得。翌年発売のヌード写真集「Santa Fe」は人気絶頂期という原因もあり150万部の大ヒット。

若い頃の宮沢りえさんは飛ぶ鳥を落とす勢いの快進撃が続きましたが、1992年の婚約そして2ヶ月後の婚約破棄の後自殺未遂騒動を起こしたりと、生活の中での因縁が原因で宮沢りえさんは一時期芸能活動を休止させます。

Thumb宮沢りえの若い頃が美人で可愛すぎる!広瀬すず似?な若い頃の画像まとめ
美人で凛とした女性というイメージが強い宮沢りえさんですが、宮沢りえさんの若い頃は美人でとても...

その後宮沢りえさんは徐々に活動を再開、2002年映画「たそがれ清兵衛」に出演し日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を獲得。数々の因縁を振り払い、その後は順調に実績を重ねています。

宮沢りえの家族構成

宮沢りえさんは2018年V6の森田剛さんとの結婚を発表して話題になりました。この時森田剛さんは初婚でしたが宮沢りえさんは再婚で、前の旦那さんとの間に娘さんがいました。今宮沢りえさんは森田剛さんと娘さんの三人家族で暮らしています。

結婚前の宮沢りえさんの家族構成は母宮沢光子さんと母娘二人でした。宮沢りえさんの父親はオランダ人で宮沢りえさんはハーフなのですが、赤ん坊の時に離れ離れになっているため家族としての父親の記憶が全くないそうです。
 

宮沢りえさんには父親違いの弟さんもいます。宮沢光子さんが宮沢りえさんの父親と離婚した後に再婚した相手との子供ですが、その方とも離婚した時に宮沢公子さんは宮沢りえさんだけを連れて家を出たため、今でもその弟さんとの交流はないのだとか。

また宮沢りえさんには母親違いの妹もいるという話もありますが、弟さんも妹さんも一般人で宮沢りえさんとの交流はないため、詳しい事は判明していません。宮沢りえさんは若い頃から因縁の深いとても複雑な家族構成の中で育ってきたのですね。

Thumb宮沢りえはハーフ?クォーター?父がオランダ人?家族構成まとめ
現在も衰えない美貌で人気を集めている宮沢りえ。実はハーフと言う話があるのをご存知でしょうか。...

宮沢りえの母親「宮沢光子」とは

宮沢りえさんの母宮沢光子さんの生年月日は明らかにされていません。亡くなった2014年9月に65歳でいらっしゃったので、1949年頃にお生まれになったと思われます。若い頃は宮沢りえさんによく似たほっそりとした美人だったそうです。

若い頃の宮沢光子さんとお付き合いのあった加賀まりこさんは「宮沢りえちゃん以上の美貌でスタイルも良く周囲の男性全てに憧れられる、人形のようにものすごく美しい人だった」と語っています。

人間は太ると目鼻が埋まってのっぺりとした顔になりがちですが、宮沢光子さんは太ってらしても目鼻立ちがはっきりしていて、特に目の大きさが目立ちます。確かに若い頃痩せていらした頃は美人だったのだろうと想像がつきますね。

若い頃は六本木でホステスをしていて人気を集めていました。性格は時々お客さんに因縁をつけたりなど対人関係でトラブルを起こしたとか。それでも若い頃の宮沢光子さんの美貌に惹かれる人は多かったようで、宮沢りえさんの父親もその一人だったとか。

りえママ・ステージママと呼ばれた母親の本性

宮沢光子さんのエキセントリックな性格について少し書きましたが、宮沢りえさんは赤ん坊の時からそれに翻弄されてきています。宮沢りえさんを生むとすぐ宮沢光子さんは夫のオランダ人と彼の故国に行ってしまいます。宮沢りえさんを置き去りにしてです。

宮沢りえさんは宮沢光子さんの父に預けられ小学4年生までおば一家と家族のように育ちました。その頃が一番幸せだったと宮沢りえさんが語った事がありますが、宮沢りえさんは夫の家族とうまくいかず離婚して帰国した宮沢光子さんに引き取られます。
 

宮沢りえさんの美しさに着目した母宮沢光子さんは知人も勧めもあり、宮沢りえさんをモデルにする事に決めます。そして自ら宮沢りえさんをプロデュースするようになります。その強引なやり方で宮沢光子さんが「毒親」ではないかと言う声も早くから聞かれました。

「母親としてありえない行動」についてビートたけしさんが何度か語っていた事があります。たけしさんの発言の原因となったその内容については後述しますが、いわゆる一般的な「家族思いの優しい母親」ではなかったようです。

りえママこと宮沢りえの母親の死因は?

2014年に宮沢りえさんの母宮沢光子さんが亡くなったニュースは世間を驚かせました。ステージママという言葉を有名にした強烈な人格の宮沢光子さんが65歳という若さで亡くなると予想していなかった人が多かったのが原因です。死因を聞いて納得した人も多かったのですが。

2014年9月23日に死去

宮沢光子さんが亡くなったのは2014年9月23日、宮沢りえさんが41歳の時でした。その時宮沢りえさんは舞台の公演中だったのですが、舞台に穴をあけたりはしないまま宮沢光子さんの最期もしっかりと看取ったそうです。

死因は肝腫瘍

宮沢光子さんの死因は肝腫瘍でした。お酒が好きな方らしい死因ですね。余命が分かった時に、無理な延命措置は行なわずに過ごすという事に決め、自宅で療養していました。自室から見える桜を見て「来年もこの桜を見たい」とおっしゃったそうです。

死因となった肝腫瘍との戦いは、とても壮絶なものだったようです。「治療をしないと決めたときに私は満足だった」という宮沢りえさんの言葉から想像ができます。

母親を亡くした当時の宮沢りえは?

宮沢光子さんが亡くなった後宮沢りえさんは、母の壮絶な死に様を語り「最期に、生きるということの美しさと凄まじさとその価値を教えてもらいました。そういった全ての宝物を胸に、私は役者として母として女として、惜しみなく生きようと思います」と語っています。

壮絶な生きざまと死因となった肝腫瘍との戦いの末の死にざまを見せる事で、宮沢光子さんは宮沢りえさんに母として、因縁の深かった母娘関係の決着をつけたのではないでしょうか。

宮沢りえの壮絶な離婚騒動は母親が原因だった?

宮沢りえさんの最初の結婚生活は2009年4月に始まり2016年に幕を下ろします。最後の4年間は泥沼の離婚協議でした。その壮絶な離婚騒動は母宮沢光子さんが原因だったという話もあります。その辺りについて調べてみました。

恋多き宮沢りえの元彼たち

宮沢りえさんには今までに何人もの恋人との報道があります。婚約をした若乃花さん(当時若花田)に始まり故中村勘三郎さん(当時勘九郎)、ビートたけしさん、市川海老蔵さん、市川右近さん、中田英寿さん、桐島ローランドさん、ISSAさんなどなど。

2009年結婚相手は「中津ひろゆき」

恋多き女と言われた宮沢りえさんが結婚したのは2009年4月。お相手は元サーファーで青年実業家の中津ひろゆきさんでした。2月に結婚する事が報道された時宮沢りえさんは妊娠6ヶ月である事も発表されました。

当時パリにいた母宮沢光子さんは慌てて駆けつけて猛反対をしたのですが、妊娠6ヶ月という事もあり強引に押し切って結婚したのです。若い頃からステージママである母に逆らわずにきた宮沢りえさんの初めての大きな反抗だったのではないでしょうか。

2012年に離婚騒動勃発!

母宮沢光子さんの大反対を押し切っての結婚生活ですが、2012年に離婚の危機にある事が報道され間もなく壮絶な離婚協議中である事も宮沢りえさんサイドから正式に発表されました。原因はハワイに住む夫と芸能活動をする宮沢りえさんのすれ違いと言われていました。

2016年4年に及ぶ離婚協議の末

結婚の時に身ごもっていた娘さんの親権をめぐって壮絶な離婚協議はなんと4年に及びました。離婚が成立したのは2016年3月、結婚に大反対だった宮沢光子さんの死後2年経ってからの事でした。娘さんの親権は宮沢りえさんのものとなりました。

離婚の原因は母親との共依存関係

宮沢りえさんの離婚の原因については、夫婦の生活のすれ違いや価値観の相違あるいは宮沢りえさんの男性問題ではないかと言われていましたが、結局は母である宮沢光子さんの影響力から宮沢りえさんが逃れきれなかったからではないでしょうか。

結婚前から夫中津ひろゆきさんに批判的だった宮沢光子さんは、壮絶な離婚協議にも口を挟んできていたそうです。裁判にだけはするななど。反対を押し切ってした結婚ですが結果的にやはり宮沢光子との共依存関係から逃れる事は出来なかったのです。

Thumb宮沢りえと前夫の離婚理由は?原因や浮気の噂など決着まで流れまとめ
宮沢りえさんと前の夫の離婚理由はいったい何だったのでしょうか。離婚は浮気が原因ともいわれてい...

宮沢りえに枕営業を指示した黒幕は母親?

枕営業という言葉があります。仕事で関わる上位の相手と特別な関係を持つ事によって仕事をもらう行為の事です。宮沢りえさんがその枕営業を行なっていたという噂が宮沢りえさんの若い頃からありました。それをさせているのが母宮沢光子さんだという事も。

枕営業を噂された芸能人①ビートたけし

宮沢りえさんの枕営業の相手としてまず挙げられるのはビートたけしさんです。実際海外ロケを行なっていたある日の深夜、たけしさんの部屋に訪れた宮沢りえさんが「母に言われて来た」と言うので、驚いたたけしさんが部屋に帰るよう諭したというエピソードがあります。

その後も宮沢光子さんがエッセイの中で、たけしさんと宮沢りえさんはプラトニックだが恋愛関係にあると書いていらっしゃいました。エッセイの中だけでなく公言もしていました。それほどまでにたけしさんと宮沢りえさんを結ばせたかったのですね。

枕営業を噂された芸能人②中村勘九郎

宮沢りえさんの枕営業の相手として次に挙げられるのは、当時中村勘九郎の名前だった故中村勘三郎さんです。貴乃花さんとの壮絶な破局騒動の後の傷心の宮沢りえさんの相談相手としてお付き合いしていたそうです。
 

勘三郎さんとの関係にも宮沢光子さんはとても乗り気でした。引き合わせたのも宮沢光子さんだったとか。大物と付き合う事で宮沢りえさんが女性としても女優としてもステップアップする事を強く望んでいたのでしょう。

枕営業を噂された芸能人③貴乃花

もう一人は婚約までした貴乃花さんです。当時貴乃花さんは兄若乃花さん(現花田虎上さん)と貴花田と若花田で若貴ブームを巻き起こした人気の若手力士でした。二人が噂になる事で宮沢りえさんにメリットがあると考えたのでしょうか。

宮沢光子さんの計算外だったのは二人が婚約までしてしまった事でしょう。貴乃花さんと結婚したら宮沢りえさんは芸能界を引退して女将さんにならなくてはなりません。それで貴乃花と引き合わせながら婚約には大反対をしたようです。

母親が枕営業を指示し自殺未遂にまで発展

更に計算外だったのは、中村勘三郎さんとの関係が深まった宮沢りえさんが壮絶な自殺未遂騒動を引き起こした事です。当時宮沢りえさんは手首を切った事を事故と主張し勘三郎さんも不倫関係を否定しましたが、実際のところは不明です。

いずれにせよ宮沢光子さんが引き合わせた事で、宮沢りえさんは婚約破棄をして心に傷を負ったり、不倫疑惑をかけられた上に自殺未遂騒動を起こしています。枕営業とされている関係が起こした悲劇であるのに間違いありません。

毒親をもつ芸能人とその辛い過去まとめ

毒親というのは1989年にスーザン・フォワードさんという方が作った言葉ですが、よく聞かれるようになったのはここ数年です。芸能界にはその毒親特に母親との因縁で苦しむ人の話がよくあります。その中から3人の方をピックアップさせていただきました。

加護亜依×母親の借金

加護亜依さんの母親は最近ネットに画像が出て加護亜依さんそっくりの美人で話題になりましたが、母親としての評判は悪いです。悪評の原因は、母親が再婚相手の借金の返済などが原因でモー娘。時代の加護亜依さんの稼ぎをほぼ食いつぶしてしまった事です。

内山信二×母親の浪費グセ

内山信二さんは子役としてブレークした頃月収が3000万円だったとか。その頃から親が変わってしまったと語っています。母親のお金遣いがとても荒くなったそうです。因縁深いというエピソードではありませんが十分に辛い経験ですね。

貴乃花×母親の淫行

宮沢りえさんと婚約していた貴乃花さんは母親との因縁が深く決別しています。他の男性と噂になったり熟女ヌードを披露したりと言う、あまり尊敬できる母親ではないからではないでしょうか。宮沢りえさんとの婚約破棄にも関係していたという噂もあります。

宮沢りえの母親は毒親レベルでやばかった

りえママこと宮沢りえさんの母宮沢光子さんは、娘宮沢りえさんを売り出すためには手段を選ばない人だったようですね。ヌード写真集「Santa Fe」も宮沢りえさんは撮影当日までヌードを撮るという事を知らされていなかったとか。

枕営業が噂されたビートたけしさんも「娘をヌードにさせないのが親なのに考えられない」と語っています。実際に枕営業を仕掛けられたエピソードもありたけしさんは宮沢光子さんにあまり良い印象がないようです。

宮沢りえさん自身も一時期宮沢光子さんと離反していたという噂もありました。最終的には死因となった肝腫瘍との壮絶な戦いと壮絶な最期を看取りましたが、そこに至るまでには因縁の母娘です。母娘共々かなりの葛藤があったのではないでしょうか。

宮沢光子さんを見送り因縁を断ち切った後も宮沢りえさんの活躍は続いています。宮沢りえさんにも娘さんがいます。宮沢りえさんもその娘さんとのこれからの生活の中で、宮沢光子さんの事を感慨と共に何度も思い起こされる事でしょう。

それが、因縁の深い人生を息抜き最期は死因となった肝腫瘍と戦い抜いた母宮沢光子さんの供養となり、また宮沢りえさんと宮沢りえさんの娘さん母娘の生きていく糧となる事を祈ってやみません。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ