水原希子の資生堂CM事件?セクハラや枕営業強要疑惑の真相は?噂などまとめ

恵まれた美貌とスタイルを活かしてモデルとして活躍中の水原希子。そんな水原希子は、過去に出演した資生堂CMである事件があった事を告白し世間をざわつかせています。水原希子の出演した資生堂のCMでは、どのような事件が起きたのでしょうか?真相についても迫ってみました。

水原希子の資生堂CM事件?セクハラや枕営業強要疑惑の真相は?噂などまとめのイメージ

目次

  1. 1水原希子のプロフィール
  2. 2水原希子の資生堂CM事件とは
  3. 3水原希子の資生堂セクハラや枕営業強要疑惑の真相
  4. 4水原希子の資生堂関連の噂を更に調査
  5. 5水原希子の資生堂CM事件の真相は謎のまま

水原希子のプロフィール

・愛称:???
・本名:オードリー・希子・ダニエル
・生年月日:1990年10月15日
・年齢:29歳(2020年5月現在)
・出身地:アメリカ合衆国テキサス州ダラス
・血液型:A型
・身長:168㎝
・体重:???
・活動内容:モデル、女優
・所属グループ:なし
・事務所:OFFICE KIKO
・家族構成:母、水原佑果(妹)

水原希子の経歴

まずは水原希子の簡単な経歴から見て行きましょう。水原希子はアメリカ人の父と日本生まれの韓国人の母の下に誕生しており、2歳の頃に兵庫県神戸市に家族で移住をしています。その後は両親が離婚してしまい、母に育てられたそうです。

そんな水原希子は、2003年からモデルとしての活動を開始しています。同年に行われたモデルオーディション「ミス・セブンティーン」に選ばれた水原希子は、3年間「Seventeen」の専属モデルとして活動を行います。その後活動休止期間を設け、2007年からは「ViVi」の専属モデルとして活動を行っています。

2009年からは女優としても活動を開始しており、映画やドラマ、CMなど幅広く出演をしています。水原希子は特にCMでの起用率が高く、これまでに「UNIQLO」や「資生堂」、「サントリースピリッツ」などの大手企業のCMに出演しています。

Thumb水原佑果 (水原希子の妹)が可愛くない?本名や高校などプロフィールまとめ
水原佑果さんは水原希子さんの妹でモデルとして活動しています。今回は、そんな水原佑果さんの本名...

水原希子の資生堂CM事件とは

ここからは水原希子の資生堂CM事件について詳しくご紹介していきます。水原希子はこれまでに多数のCMに起用されていますが、その中の1つである資生堂のCMで何か事件があったようです。水原希子の資生堂CM事件とは一体どのような事件だったのでしょうか?

資生堂CM事件の真相

資生堂CM事件とは、2018年にモデルなどを中心に話題を集めた「#MeToo運動」がきっかけで明らかになった事件です。「#MeToo運動」とは、SNS上で同ハッシュタグを付け、自身のセクハラ被害を告発する運動です。

水原希子はインスタグラムにてモデルのKaoRiが告発したセクハラ被害について賛同し、自身のセクハラ体験について告発しています。そしてその告発した内容から、水原希子がセクハラ被害を受けたのは資生堂CMであった事が明らかになり、「水原希子資生堂CM事件」と呼ばれるようになったのです。

資生堂の広告やCM撮影時にヌード強要?

水原希子が資生堂CM事件で受けたセクハラ被害とはどのようなものだったのでしょうか?水原希子の告発した内容によると、自身が20代前半の頃にある企業の広告で上半身がヌードの状態で撮影に挑んだ事があるとしています。

その際に、突然男性社員20名ほどが撮影現場に現れ見学しに来たといいます。水原希子は恥ずかしさを訴えたそうですが、「仕事だから」と男性社員を退室させてもらう事は出来なかったとの事。つまり、水原希子はある企業の広告撮影時に上半身ヌードの状態を多数の男性に晒されたという事です。

この内容から、ネット上では広告企業の特定が進められ、水原希子が22歳の時に資生堂の広告で上半身ヌードを披露していた事が明らかになったのです。複数の男性にヌードを見られながらの撮影は、水原希子も緊張してしまい固まるしかなかったと胸中を明かしています。

資生堂CM事件に対する世間の声

資生堂CM事件に対して、世間からはどのような反応が返ってきているのでしょうか?ネット上では資生堂に対して批判的な意見が多く、「女性VS資生堂、どうコメントをする?」や「資生堂製品は買わない」など、女性を敵にまわしてしまったのではないかと感じさせられるコメントが殺到しています。

水原希子の資生堂セクハラや枕営業強要疑惑の真相

ここからは水原希子の資生堂CM事件の真相について詳しくご紹介していきます。複数の男性社員の前で上半身ヌードを強要されていた水原希子ですが、その広告企業は本当に資生堂だったのでしょうか?また、セクハラは本当に行われていたのでしょうか?噂されている枕家業強要疑惑についても見て行きましょう。

資生堂の広告撮影でのセクハラは荒木経惟が関係?

水原希子資生堂CM事件の広告撮影でのセクハラは、写真家の荒木経惟が関係しているのではないかと見られています。後にご紹介しますが、荒木経惟はこれまでにもセクハラ被害を訴えられており、資生堂の広告撮影も荒木経惟の手によって行われていたと見られています。

荒木経惟とは

ここで荒木経惟について簡単にご紹介しておきましょう。荒木経惟は写真家や現代美術家として活躍をしている人物で、「アラーキー」の愛称で広く親しまれています。

セクハラだけでなく枕営業強要疑惑も浮上

水原希子は「20人ほどの男性社員の前で上半身ヌードの撮影をしなければならなかった」と告発している事から、セクハラが強要されていた事は事実であると推測されます。しかし、これに伴い枕営業強要疑惑まで浮上しているようです。枕営業強要疑惑が噂された発端は、ある資生堂社員の行為が報道された事だったようです。

資生堂の社員から枕営業強要疑惑の真相

資生堂の社員からの枕営業強要は実際に行われていたのでしょうか?調べてみたところ、水原希子が枕営業を強要されていたという訳ではなく、この噂はデマでした。しかし、水原希子以外の女性モデルで枕営業を強要された人はいたようです。この事実が明るみになったのは、ある週刊誌の報道だったとの事です。

他のモデルも資生堂社員から被害?

2019年4月に発売された週刊文春では、「資生堂社員が芸能事務所に所属している女性モデルへの枕営業を強要していた」と報じています。この事から、資生堂は「セクハラだけではなく枕営業も強要する企業」というイメージが持たれてしまい、水原希子にも枕営業強要疑惑が浮上していたようです。

水原希子の資生堂関連の噂を更に調査

ここからは水原希子の資生堂関連の噂を更に詳しくご紹介していきます。ネット上では資生堂に対して批判的な意見が殺到しているようですが、資生堂は何かコメントは発表していたのでしょうか?資生堂のセクハラ被害に対してのコメントや、水原希子が告発するまでの流れなど詳しく見て行きましょう。

問題となった資生堂の広告ポスターは?

そもそも、水原希子は「資生堂の広告撮影でセクハラ被害を受けた」と企業の実名を明かしている訳ではありません。水原希子は「20代前半にある企業の広告撮影で上半身ヌードになった際にセクハラ被害を受けた」としか明かしていません。では、資生堂だと特定されたのはどのようなポスターだったのでしょうか?

ネット上で調べてみたところ、こちらではご紹介出来ませんが水原希子が22歳の頃に出演した資生堂のポスターに、手ブラをしているポスターが存在していました。このポスター以外に水原希子が上半身ヌードに近い姿で登場していたポスターは存在していないようなので、恐らく資生堂の手ブラのポスターで間違いないでしょう。

ポスターでは手で胸を隠していますが、撮影現場では様々なポーズを撮影していたと推測されるので、上半身ヌードの状態での撮影もあったのではないかと考えられます。何よりも、手で胸を完全に隠しながら様々なポーズをとるのは難しいでしょう。

水原希子がセクハラなどを告発した発端はKaoRiが関係

水原希子が資生堂の広告撮影の際にセクハラ被害を受けていた事を告発した発端は、モデルのKaoRiが関係しています。先ほども少し触れていますが、水原希子はKaoRiのセクハラ被害の告発に賛同する形で資生堂からのセクハラ被害を告発しています。

モデルのKaoRiは、2017年に「#MeToo運動」に便乗して写真家の荒木経惟からのセクハラ被害を告発しています。水原希子も資生堂のセクハラ被害告発の際に「荒木さんにはお世話になっているから残念」といったコメントを発表しています。

最終的に資生堂側のコメントは?

水原希子の告発を受けて、資生堂はどのようなコメントを発表しているのでしょうか?実は水原希子の告発によって、資生堂は多大な損害が発生していたようです。ネット上では不買運動を感じさせられるコメントも殺到しており、その証拠なのか株価は500円ほど値下がりをしています。

資生堂はこの事態を収拾するべくコメントを発表していたようですが、その内容は「当社の撮影時に起きたものか分からなかった」というものだったそうです。調査不足なのか、批判を回避する為なのか定かではありませんが、はっきりとしないコメントという事から事態はさらに炎上する騒動へと発展してしまっていたようです。

水原希子の資生堂CM事件の真相は謎のまま

水原希子の資生堂CM事件について詳しくご紹介してきました。水原希子は資生堂の広告撮影中に、複数の男性社員の前で上半身ヌードの撮影を強要されるセクハラ被害に遭っていたようです。真相については明らかになっていませんが、歯切れの悪い資生堂からのコメントを見ると事実である可能性が高いものと考えられます。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
yu yamashiro
現在第2子妊娠中のマタママです。エンタメ系の記事を書いていますが、エンタメには全く興味がありませんww

新着一覧

最近公開されたまとめ