【都市伝説】桃娘は実在した?中国での噂を検証!

ミステリー好きと言う人であれば中国の都市伝説として語られている桃娘を1度は気いた事があるでしょう。桃娘は中国で語られている伝説の人間ですが、本当に実在していたのでしょうか?桃娘とはどんな人間なのかなど詳しくご紹介していきます。

【都市伝説】桃娘は実在した?中国での噂を検証!のイメージ

目次

  1. 1桃娘とは
  2. 2桃娘は人間ではなく薬?
  3. 3桃娘は実在したのか
  4. 4岡山県に桃娘がいる?
  5. 5桃娘のような海外の都市伝説
  6. 6桃娘は恐ろしい中国の都市伝説

桃娘とは

・通称:桃娘(タオニャン、トウニャン)
・本名:???
・生年月日:紀元前778年から紀元前206年頃から生息とされている
・年齢:???(短命であるとされている)
・出身地:中国
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:妙薬、奴隷
・所属グループ:???
・事務所:???
・家族構成:???
・代表作品:???

トウニャンやタオニャンと呼ばれた桃娘

まずは桃娘について簡単にご紹介していきます。桃娘は中国ではタオニャンやトウニャンと呼ばれていた伝説上の生き物です。タオニャンとは中国で桃と娘を表します。この事からタオニャンと呼ばれるようになっていたようで、日本ではタオニャンをそのまま和訳して桃娘として語られています。

桃娘とは桃だけを食べて育つ娘

ではなぜタオニャンと呼ばれている桃娘は桃娘と言う名前が付けられているのでしょうか?実は桃娘はタオニャンと中国で呼ばれているだけあって桃だけを食べて育てられていたのです。桃娘はなんと離乳食から桃だけを食べて育てられていたとされており、これが由来となってタオニャンと呼ばれているのです。

桃娘は体臭も体液も桃のよう?

桃娘は都市伝説の中で体臭や体液も桃のようだったと記されています。汗や尿、血液に至るまで桃のような味や香りがしたとされており、その甘くフルーティーな香りから男性に好まれていたとされています。

桃娘は人間ではなく薬?

ここからは桃娘についてさらに詳しく見て行きましょう。桃娘は人間として生まれていたにも関わらず桃だけを食べさせられて育った事から桃娘になっていると言う事が分かりましたが、桃娘の人生とは一体どのようなものだったのでしょうか?伝説を調べてみると、人間として扱われていなかった事が分かりました。

桃娘は不老不死?

まずは桃娘の寿命から見て行きましょう。中国では桃は不老長寿の食べ物とされており、古くから桃の果肉や種に至るまでを薬として用いて来ました。この事を考えると桃だけ食べさせられて育っている桃娘は不老不死だったのではないかと考えるのが普通です。しかし桃娘の寿命は実際には違ったようです。

実際は短命で病弱

桃娘の寿命について調べてみると、なんと実際には短命で病弱であったとされているようです。桃娘は桃だけを食べさせられて育っていますが、桃は果物の中でも低カロリーでそのほとんどが水分で構成されています。この事から十分な栄養を摂取出来ていなかった桃娘は短命で多くは10代で命を落としていたようです。

また、桃娘は桃だけを食べさせられて育っている事から糖尿病だったと考えられているようです。桃には果糖と呼ばれる糖分が多く含まれており、日常的に桃を摂取していたとなれば糖尿病になっていると考えるのは普通です。糖尿病は合併症も引き起こしやすい病気なので桃娘は病弱だったのでしょう。

桃娘の体液はなぜ甘い?

先ほどご紹介していますが、桃娘の体臭や体液は甘かったとされています。ではなぜ桃娘の体液は甘かったのでしょうか?これに関する正確な情報は桃娘の存在自体が都市伝説として語られているので存在していませんが、糖尿病だった事から体臭や体液まで甘く桃のような香りをしていたとされているようです。

権力者の薬や性奴隷としての扱い

桃娘の扱いについて見て行きましょう。桃娘は都市伝説として語られている存在ですが、桃娘が存在していたとされている時代の権力者の薬や性奴隷として扱われていたとされています。桃娘は不老長寿の食べ物とされている桃だけを食べさせられて育っているので、その効力が桃娘の体液などにもあったとされています。

この事から不老不死を得ようとしていた権力者が桃娘を購入し、その体液を集めて妙薬として飲んでいたとされているようです。また、性奴隷としても扱い桃娘が死ぬ前に殺してしまい人肉までを薬として食していたとされています。

人肉を食していたとなるとかなり恐ろしい話になってしまいますが、実は中国は古くから食人の文化が根付いており現在は禁止されているものの昔は権力者の食卓に人肉料理が並べられていたとされています。この文化を考えると、桃娘も薬として購入されている以上食されていた可能性は考えられます。

桃娘と交わると不老不死になる?

桃娘は権力者の性奴隷として扱われていたとご紹介しましたが、桃娘と交わると不老不死になれると信じられていたそうです。その為に権力者は桃娘を性奴隷として扱っていたようなのです。しかし病弱な桃娘は行為のショックに耐えられず、行為後に死亡してしまうケースもあったと語られています。

桃娘は実在したのか

桃娘はあくまで都市伝説として語られている話ですが、本当に実在していたとすれば人間として扱われずに哀れな人生を歩んでいたと言う事が分かりました。ここからは桃娘が本当に実在していたのかについて見て行きましょう。

中国で秦の時代に存在したといわれる桃娘

まずは桃娘が存在していたとされている時代について見て行きましょう。桃娘が存在していたとされているのは、中国の秦と呼ばれる時代とされています。詳しくは紀元前778年から紀元前206年頃から存在しているとされていますが、中には現在も存在していると噂している人もいるようです。

妄想や仮説・伝説だという説も

桃娘についての記述はあやふやな部分も多く、存在しているとしている人がいる一方で妄想や仮設、さらには都市伝説にしか過ぎないと言った声もあります。その理由として、桃娘が存在していたとされている時代に中国に桃は存在していましたが食用として年中採取する技術があったか疑問が残ります。

また、体液が甘く香りが桃のような所から男性の妄想から生み出された都市伝説上の生き物と唱える声もあるようです。中国では人身売買が後を絶たない事から現在も桃娘が存在していると言う意見もあり、本当に実在していたのか、また現在も実在しているのかその詳しい事実は未だに解明されていません。

果物だけで8年間健康な日本人男性もいる

桃だけを食べて生きていると言う事がおかしいと感じる人も中にはいるかと思いますが、実は日本に8年間果物しか食べていないと言う人が実在しているのです。しかもその男性は果物しか食べていないにも関わらず至って健康なんだそうです。

8年間果物だけを食べて生きる中野瑞樹とは

その男性は中野瑞樹と言う男性です。中野瑞樹は8年間、食べ物だけでなく水分でさえ果物から摂取して生活しているそうです。しかし体は健康体そのものなんだそうで、一時期かなり話題を集めていました。

岡山県に桃娘がいる?

桃娘について調べてみると、なんと岡山に桃娘が存在していたと言う記述を見つけました。日本にも桃娘が存在していたとすればかなり問題になってしまうように思えますが、本当に岡山に桃娘は存在していたのでしょうか?

岡山の桃娘はキャンペーンガール

岡山の桃娘について調べてみると、どうやら岡山に存在していた桃娘はキャンペーンガールだったようで現在で言うご当地アイドルのような存在であった事が分かりました。

1952~1996年に活動した岡山の桃娘

岡山の桃娘は、1952~1996年の間岡山の特産品である桃をPRする為に結成されていたようです。ちなみに、ぶどうやマスカットとPRするマスカット娘なるグループまで結成されていた事もあるようです。

2011年岡山の桃娘が復活?

1996年に解散していた岡山の桃娘ですが、2011年には鹿児ルートの新幹線開業に伴って再び活動が再開されていたようです。

コミック版桃娘もある?

岡山に存在していた桃娘はPRの為のグループと言う事が分かりましたが、神秘的で少しブラックな面のある桃娘の都市伝説は創作コミックやイラストで描かれている事もあるようです。実在するか分からない儚い存在だからこそ、多くの人から注目されてしまっているのでしょう。

桃娘のような海外の都市伝説

桃娘について詳しく見て来ましたが、最期に桃娘のような海外の都市伝説をいくつかご紹介していきます。

だるま娘

まずは中国の都市伝説、だるま娘です。これは桃娘のように奴隷として生かされた女性の事で、四股(両腕、両足)を切断され性奴隷として扱われた女性の都市伝説です。

ブティック更衣室の神隠し

だるま女に似た都市伝説ですが、新婚旅行で海外に訪れた夫婦の妻がブティックの更衣室に入ってから行方不明となったブティック更衣室の神隠しと言う都市伝説もあります。その後妻は四股を切断された状態で見世物として発見されたと語られています。

えくぼのある理由

中国の都市伝説でえくぼがある理由についての話があります。中国では人は死んでから記憶を失くしてから生まれ変わるとされていますが、記憶を何らかの理由で失いたくない人はその証拠としてえくぼを付けられて辛い環境の中千年の時を待って生まれ変わり元恋人を探すとされているようです。

桃娘は恐ろしい中国の都市伝説

中国の都市伝説として語られている桃娘について詳しく見て来ましたが、人間として扱われず哀れな人生を送った人達だと言う事が分かりました。実在している、もしくは実在していたかについては定かではありませんが、不明な点が多いからこそ人々に注目されている話なのでしょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
yu yamashiro
現在第2子妊娠中のマタママです。エンタメ系の記事を書いていますが、エンタメには全く興味がありませんww

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ