森昌行社長の現在!オフィス北野乗っ取り騒動や年収は?経歴も調査!

オフィス北野の代表取締役社長として活躍していた森昌行ですが、彼の驚くべき年収などはたけし軍団によって告発されてしまいました。森昌行がビートたけしやたけし軍団に関わる上で起こしてしまった騒動の経緯と、年収や学歴、経歴などをまとめていきたいと思います。

森昌行社長の現在!オフィス北野乗っ取り騒動や年収は?経歴も調査!のイメージ

目次

  1. 1森昌行(オフィス北野元社長)のプロフィール
  2. 2森昌行の現在
  3. 3森昌行のオフィス北野乗っ取り騒動とは
  4. 4森昌行の年収やビートたけしとの関係
  5. 5森昌行の社長までの活動経歴
  6. 6森昌行の学歴
  7. 7森昌行の現在はオフィス北野取締役社長を辞任し退社

森昌行(オフィス北野元社長)のプロフィール

・愛称:なし
・本名:森昌行
・生年月日:1953年1月7日
・年齢:66歳(2019年7月現在)
・出身地:鳥取県鳥取市
・血液型:不明
・身長:不明
・体重:不明
・活動内容:プロデューサー、実業家、芸能事務所取締役社長
・所属グループ:なし
・事務所:オフィス北野(社長)
・家族構成:不明

森昌行の経歴

森昌行は、鳥取県鳥取市出身で、高校時代までを鳥取の地で過ごしました。学歴としては青山学院大学を卒業した後は、テレビ番組の制作会社に就職してADなどを経験します。ADとして番組を担当している時にビートたけしと出会います。

森昌行は「たけし軍団」と命名したその人であり、「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」などの企画にも携わり、1992年にはオフィス北野の代表取締役社長に就任します。しかしある騒動により2018年にオフィス北野の代表取締役社長を辞する形で退社することになりました。

森昌行の現在

森昌行はAD、ディレクター、プロデューサーとステップアップをして、そして事務所の社長としてビートたけしやたけし軍団と深い関わりをもち、苦楽をともにしてきた戦友とも言うべき経歴をもっています。

ビートたけしの独立騒動の中で、身内であったたけし軍団に告発されてしまった森昌行ですが、ここでは森昌行が現在どのような状況にあるのか、森昌行には家族がいるのかなどを見ていきたいと思います。

現在はオフィス北野取締役社長を辞任

森昌行は2018年にビートたけしが自身の事務所であるオフィス北野を辞めるという騒動を皮切りに、たけし軍団が声明文を発表し、森昌行への不満などを告発したことでワイドショーなどでも連日報じられることになりました。

その結果、森昌行はオフィス北野の代表取締役社長を辞することとなり、現在はオフィス北野の代表取締役社長には森昌行の代わりにつまみ枝豆が就任しています。かつては共に芸能界を生き抜いてきた仲間というべき関係なのに、どうしてこうなってしまったのでしょうか?
 

現在結婚はしてる?

森昌行が現在結婚しているかどうかを調べてみました。森昌行は66歳という高齢であり、子供だけでなく孫がいても全く不思議ではない年齢です。しかし、森昌行はあくまでタレントや俳優などの芸能人ではないため、妻や子供の情報は一切世に出ていません。

現在の自宅は豪邸との噂

森昌行の自宅は物凄い豪邸だという噂があります。多額の役員報酬を受け取ったいたという話ですので豪邸に住んでいても何らおかしいことではないです。

しかし、豪邸に住んでいるということで「一人では持て余してしまうのではないか」という意見がネット上にもあり、森昌行は家族と住んでいる事も十分考えられます。しかし、今のところはただの憶測でしかないようです。

森昌行のオフィス北野乗っ取り騒動とは

森昌行の名前が世に知れ渡ることになったのは、ビートたけしこと北野武が、事務所である「オフィス北野」から独立するという話と同時に、たけし軍団のメンバーから、森昌行についての告発が行われたことがキッカケでした。

森昌行に関するこの騒動の真相に迫る前に、森昌行が社長を務めていたオフィス北野という事務所について見ていくことにしましょう。

オフィス北野は1988年にビートたけしとその取り巻きであるたけし軍団が新たに立ち上げた芸能事務所です。ビートたけしを含む演者は芸事に専念するために、森昌行を社長とし、経営などを任せていたようです。

オフィス北野設立の経緯として知られているのが、1986年で思い起こされるビートたけしとたけし軍団による「フライデー襲撃事件」です。当時ビートたけしが交際していた専門学校の女生徒にフライデーの記者が全治2週間のケガを負わせたことに激怒し、フライデーの編集部を襲撃したのです。

世間ではビートたけしに同情的な声も多くあったものの、暴行傷害事件ということでビートたけしは芸能界から少しの間追いやられることになります。そこで当時所属していた太田プロを退社し、立ち上げたのがオフィス北野です。この際に森昌行は取締役として携わることになります。
 

オフィス北野乗っ取り騒動の真相

たけし軍団の水道橋博士などは、森昌行が自分の事務所であるオフィス北野の株を買っていつの間にか筆頭株主になっていたことや、会社の役員達の給料がビートたけしにとっても許容できる範囲を超えるような金額になっていたと告発しました。

その役員報酬について、新人のマネージャーで年収500万、主任で2300万、森昌行社長に関しては約1億円の役員報酬を受け取っているのではないかという報道が出ましたが、東国原英夫は当たらずも遠からずと暗に認める発言をしていました。

また、森昌行は世に言う高学歴の人間であり、お笑いの世界で活躍するビートたけしよりも、映画の世界で海外で活躍する北野武に非常に興味があったようです。そこの認識や感覚の違いが、少しずつ2人の軋轢を生んでいったのかもしれません。

元宮崎県知事であり、元たけし軍団の一員である東国原英夫も、森昌行社長については世界のキタノである北野武にばかり興味があったのではないかと新聞の取材などで答えていました。ここから事務所で働いていた芸人たちは、森昌行がお笑いに興味が無いのを感じ取っていたことが分かります。

そのような感覚のズレが広がったことが背景にあり、森昌行が筆頭株主になっていたことや役員の高額報酬など様々な問題が重なり合い、ビートたけしが事務所を移籍することを発表したことでついにたけし軍団の不信感が膨れ上がったのが事の真相のようです。

オフィス北野社長就任は乗っ取り?

森昌行に関しては、彼が事務所オフィス北野を乗っ取ったのではないかという噂が様々な週刊誌などで報じられています。ここでは、森昌行がオフィス北野を乗っ取ったのかという問題を取り上げてみていきましょう。

この騒動が明るみに出てきたのは、そもそもビートたけしが18歳年下の愛人と設立した新事務所である「T.Nゴン」に移籍することを発表したからです。その裏には森昌行社長に対する不満などもあったのかもしれません。

たけし軍団の主張としては、ビートたけしが知らない間に筆頭株主になっていたことや、演者を蔑ろにして役員報酬を釣り上げていたことを含め、乗っ取りであると告発に至りました。しかし、森昌行の「社長就任」に関してはどうでしょうか?

「ビートたけしがワガママを言って事務所から出ていく」というような連日の報道にたけし軍団は我慢ならなかったことは確かですが、森昌行の社長就任に関して言えば、それは信頼関係のもとで任せられたことなので乗っ取りとは呼べないようです。

ビートたけしはオフィス北野から事務所移籍

ビートたけしは、森昌行とのイザコザなどを理由にオフィス北野から独立し、現在は株式会社T.Nゴンに所属しています。このT.Nゴンはビートたけし達によって2015年新たに設立された芸能事務所です。

この事務所では、ビートたけしが2017年3月には代表取締役に就任しています。ビートたけしがオフィス北野を退所したのが2018年の出来事ですから、それ以前からビートたけしと森昌行の関係は悪化していたのかもしれません。

ビートたけしはオフィス北野を退社する理由についてはたけし軍団を含めて背負ってきたものを一旦下ろしたいと語っています。また、自分に使える時間を増やしたいとも語っており、これまでの活動に区切りをつけたいという考えがあったようです。

ビートたけしも70歳を超えて、思うところがあったのかもしれません。もともとビートたけしはお笑い業だけでなく、映画を撮ったり、数学の番組に出てみたり、討論番組に出演したりと活躍の場を限定していません。森昌行やたけし軍団が重荷に感じる部分もあったのかもしれません。

ビートたけしとは

・愛称:たけちゃん、たけし、世界のキタノ、殿
・本名:北野武
・生年月日:1947年1月18日
・年齢:72歳(2019年7月現在)
・出身地:東京都足立区島根
・血液型:O型
・身長:168cm
・体重:不明
・活動内容:お笑い芸人、司会者、映画監督など
・所属グループ:元ツービート
・事務所:太田プロダクション→オフィス北野→T.Nゴン
・家族構成:北野幹子(妻)、北野重一(兄)、北野大(弟)、北野井子(姪)、北野篤(息子)、北野井子(娘)

 

ビートたけしは、言わずと知れた日本を代表するコメディアンの大御所です。現在は映画監督としてもその名を海外でも轟かせており、「世界のキタノ」北野武としての顔も持っています。

若い頃は様々な人気番組を世に送りだし、明石家さんまやタモリとともに「お笑いBIG3」に数えられる人物でした。現在でも数々の番組に出演していますが、ビートたけしが芸能界にもたらす影響力は誰より強いと言っても差し支えないほどです。

森昌行の年収やビートたけしとの関係

「ビートたけしのオフィス北野独立騒動」や「たけし軍団による森昌行の告発騒動」を語る上でどうしても欠かせない話題があります。それが森昌行の年収の話であり、事務所の役員報酬の話です。

ここでは、オフィス北野の設立メンバーである森昌行とビートたけしの関係などをまとめつつ、森昌行が社長時代にもらっていた高額の役員報酬や年収などについて、取り上げてみていこうと思います。

オフィス北野社長時代の年収は1億超えとの噂

森昌行社長の役員報酬年収ですが、なんと1億円を超えていたのではという噂があります。この報道に対し、たけし軍団である東国原英夫は「当たらずも遠からず」という表現を用いていましたので、それに近い金額を報酬としてもらったいたのは確かなようです。

1億円といえば、芸人としてほぼ頂点に昇り詰めてようやくもらえる金額です。しかし、芸能事務所の社長ということで1億円程度なら報酬をもらっていてもおかしくないのではないかと思う方も多いと思います。ここには、後述する所属芸人たちの給与の安さが関係しています。

役員報酬も含め年収が凄い

役員報酬(年収)が凄いのは森昌行社長だけではありません。新人のマネージャーですら大卒の初任給をはるかに超える年収500万をもらっていたようです。10年勤続すれば年収1000万を超える人もいたようで、かなりの高額報酬が設定されていたことは事実なようです。

オフィス北野の森昌行を含めた役員達が多額の役員報酬をもらっていたことが明らかになりましたが、それではオフィス北野に所属している芸人の給与はどれくらいのものだったのでしょうか。

オフィス北野所属芸人達の年収は給料制?

森昌行に続いて、オフィス北野所属芸人たちの年収について見ていきましょう。一部の報道では、たけし軍団の井出らっきょは年収が100万円程度だったということですので、歩合給であると考えられています。

しかし、オフィス北野では森昌行ら役員が高額の報酬を受け取っていたということですから、芸歴が30年以上もある井出らっきょですら100万円というのは、所属している芸人たちからすれば到底納得のいくものではなかったようです。

芸人のギャラがとんでもなく少ないと言われる吉本興業よりも、役員の給料と芸人のギャラの配分が酷いとまで言われています。ここまで低いと、森昌行がいくらたけし軍団の名付け親で恩義があると言えども、芸人たち側から文句が出て当然と言えるでしょう。

この問題は、社長である森昌行がキチンと給与を配分していれば避けられたことなのかもしれません。役員達は安定して多額の報酬を受け取っているのに、何年も頑張ってきた芸人たちが報われないのは、不満を生んでしまう原因になっていたようです。

ビートたけしとの関係は修復?

実は、過去にも森昌行社長を糾弾した人物がいます。それがたけし軍団の東国原英夫です。彼は以前、森昌行社長に対して文句を言った所、ビートたけしに殴られたという過去を明かしました。今ではあの時のお前の判断は正しかったと言われているようです。

現在のビートたけしと森昌行の関係ですが、詳しい事は分かっていません。ビートたけしも自分が作った新しい事務所に居場所をうつし活動していますし、森昌行もオフィス北野の代表取締役社長を辞任してしまったことで情報が入ってこなくなりました。

過去には四谷マンションに同居時期も

ここまで大きな騒動になり、結果的にはビートたけしやたけし軍団とケンカ別れになってしまった森昌行ですが、彼はビートたけしとは簡単には切り離せないほどの過去があります。彼の経歴はビートたけしと一緒に歩んできたと言っても過言ではありません。

「アイドルパンチ」で本格的にビートたけしとの関係を深めていった森昌行ですが、ディレクターの時代には当時太田プロに所属していたビートたけしの住んでいた四谷のマンションに寝泊まりしていたこともあったそうです。その期間は数か月間にもわたり、同居状態となっていたようです。

ビートたけしはオフィス北野乗っ取り騒動をジョークに

森昌行と別れる形で移籍し、活動を続けているビートたけしですが、公の場ではオフィス北野の乗っ取り騒動や残留したたけし軍団のつまみ枝豆たちメンバーをジョークにして笑いをとっています。

しかし、森昌行らの高額な役員報酬が実現できていたのは、何より稼ぎ頭であったビートたけしのお陰であり、ビートたけしなきオフィス北野の経営状況はかなり厳しいということです。看板俳優であった寺島進も他の事務所に移籍してしまい、その窮状は察することができます。

森昌行の社長までの活動経歴

思わぬ幕引きを迎えてしまうことになってしまった森昌行ですが、ここからは森昌行の活動経歴について取り上げてみていきましょう。彼のテレビマンとしての経歴はまさに叩き上げと言うべきものであり、一介のADから芸能事務所の社長にまで上り詰める波乱万丈なものです。

活動経歴:「クイズ!!マガジン」でアシスタントディレクター担当

テレビ番組の制作会社であるスーパープロデュースに入社した森昌行は、アシスタントディレクター、通称ADとなってテレビ朝日の「クイズ!!マガジン」に携わりました。そのほかにも「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」などにも携わっていました。

「クイズ!!マガジン」の時にADだった森昌行は司会を担当していたビートたけしと出会いましたが、当時はADと司会者の関係でそこまでの付き合いは無かったようです。

活動経歴:「ビートたけしのスポーツ大将」でビートたけしと仕事

「ビートたけしのスポーツ大将」はスポーツを取り扱ったバラエティで、テレビ朝日が制作している番組です。1985~1990年の間にわたって放送され、人気を博しましたが、合間にビートたけしやたけし軍団による「フライデー襲撃事件」を挟み、ビートたけしが出演しなかった時期があります。

時間を経て「ビートたけしのスポーツ大将」は復活を果たしました。2017年の11月からレギュラー番組として地上波で放送されました。しかし、ビートたけしが高齢なこともあってそこまでの人気番組とはならず、1年で終了してしまいました。

井出らっきょはこの番組で「韋駄天」として持ち前の俊足を活かして活躍しました。なんとパリーグの日本ハムの球団テストに合格するほどだったそうです。森昌行はこの番組では制作協力のディレクターとして番組制作に携わり、経歴を積み重ねていきました。

活動経歴:バラエティ番組「アイドルパンチ」ディレクター担当

1981年に放送された「アイドルパンチ」は、女性アイドル歌手たちが歌謡曲などを謳う音楽番組として始まりました。当初はB&Bの島田洋七や春風亭小朝などの今では大御所の芸人たちが司会を務めました。

「アイドルパンチ」でビートたけしが司会を務めるようになったのは、もちろん森昌行の意向であり、放送開始から1年後の1982年のことでした。その後、ビートたけしだけではなくその取り巻きの芸人も入れてみたら面白いのではないかということで、たけし軍団が投入されたのだそうです。

実は「たけし軍団」と命名し、この番組で起用したのは森昌行その人なのです。人間ひしゃくや人間バズーカ、田んぼシリーズなどそれまでの番組よりもバラエティ色が強くなり、この番組の人気が高まっていきました。

森昌行はチーフAD、ディレクターとしてビートたけしとともに、1つのアイドル番組にすぎなかった「アイドルパンチ」の制作に携わり、1985年まで続く人気番組へと押し上げていきました。

活動経歴:オフィス北野で取締役制作部長を担当

森昌行は、ビートたけしとの関係が良好で運にも恵まれ、1988年には35歳という若さでオフィス北野の取締役制作部長に就任することになります。森昌行は学歴も申し分ないので、まさに適任であったと言えるでしょう。

しかし、それだけではなく、やはりビートたけしからの信頼が厚かったことがうかがえます。ビートたけしにとって森昌行、これまで様々な番組でチャンスを与えてくれた恩人のような立ち位置であったのかもしれません。

その後はオフィス北野取締役社長へ

そして森昌行は1992年、39歳という異例の早さで代表取締役社長にまで昇り詰めることになりました。そこには森昌行の学歴や経歴だけでは語れないビートたけしやたけし軍団をここまで人気にしたという実績も含めた人間的魅力も関係していると言われています。

それほどに信頼が厚かったにも関わらず、ケンカ別れのような形でびーとたけしも森昌行もオフィス北野を去ることになってしまいました。この出来事は、一般人の人々に、お金の問題は人を狂わせてしまうのだと再認識させる出来事でした。

森昌行の学歴

これまで芸能界に携わってきた森昌行の経歴について見ていきましたが、ここからは森昌行の学歴について、詳しく取り上げてみていきましょう。若くから頭角を現し、40歳になるまでに芸能事務所の社長にまで上り詰めた人間の学歴はどのようなものなのでしょうか。

学歴:出身中学は鳥取市内?

森昌行の学歴について中学校から見ていきたいと思いますが、森昌行の出身中学校については、一般人ということもあり情報が出ていません。しかし、森昌行が高校を卒業するまで鳥取県鳥取市で過ごしたという情報はあるので、おそらく出身中学校も鳥取市内にあるものと思われます。

学歴:出身高校は鳥取県鳥取西高等学校

続いて森昌行の学歴について出身高校を取り上げます。森昌行が卒業した高校は鳥取県鳥取西高等学校だそうです。山など自然に囲まれた学校で、まさかここから芸能界を動かすような人物が出てくるとは誰も想像することができなかったのではないでしょうか。

学歴:大学は青山学院大学法学部卒業

高校を卒業した森昌行は、青山学院大学の法学部に入学します。ここを卒業して、テレビ番組の制作会社であるスーパープロデュースに入社するわけですから、森昌行の最終学歴は青山学院大学卒業ということが言えそうです。

森昌行の最終学歴は青山学院大学法学部ということで、それなりに法律に詳しい人間であったことがうかがえます。ビートたけしが経営を任せたのもそのような学歴を信頼した面があったのかもしれません。

森昌行の現在はオフィス北野取締役社長を辞任し退社

ここまで森昌行について、プロフィールや人物像、どのような学校に通っていたのかという学歴や、番組制作会社に入社してから担当していた番組などの経歴、ビートたけしやたけし軍団との深い関わりの歴史について取り上げて見てきました。

自身の経営の甘さからビートたけしやたけし軍団と喧嘩別れをするような形でオフィス北野から去ることになってしまった森昌行ですが、現在はオフィス北野を辞する形で退社しています。ビートたけし達と和解する日がくるのかは誰にも分かりません。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
まるすけ
1993年東京生まれ広島育ちの20代男。 基本的にドラマや映画、漫画などの娯楽に日常的に触れています。 特にア...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ