森田順平の現在!結婚した嫁や子供など家族は?金八先生の乾先生まとめ

俳優や声優として活躍する森田順平さんですが、かつては「金八先生」に乾先生役として出演していたことで知られています。森田順平さんは現在どのような活動をしているのでしょうか?森田順平さんの現在の活動とともに、出演ドラマなどの経歴、嫁や子供、弟についても紹介します。

森田順平の現在!結婚した嫁や子供など家族は?金八先生の乾先生まとめのイメージ

目次

  1. 1森田順平のプロフィール
  2. 2森田順平の現在
  3. 3森田順平の結婚した嫁や子供は?
  4. 4森田順平の弟など家族について
  5. 5森田順平の金八先生などドラマ出演経歴
  6. 6森田順平の現在は俳優以外に声優としても活躍

森田順平のプロフィール

・愛称:???
・本名:森田順平
・生年月日:1954年8月1日
・年齢:65歳(2019年8月現在)
・出身地:福岡県北九州市
・血液型:B型
・身長:176cm
・体重:???
・活動内容:俳優、声優、ナレーター
・所属グループ:なし
・事務所:マウスプロモーション
・家族構成:嫁(久野くみこ)、子供2人

森田順平の経歴

森田順平さんの経歴について簡単に紹介しましょう。森田順平さんは北九州市の出身で、高校までは地元で過ごしていたようです。 福岡県立小倉高等学校を卒業後に上京され、日本大学芸術学部演劇学科を卒業しています。その後、森田順平さんは文学座に入団されました。

森田順平さんの名前が広く知られるようになったのは、「3年B組金八先生」で乾友彦役を演じたことがきっかけかもしれません。「3年B組金八先生」については後ほど詳しく紹介します。

森田順平さんの俳優以外のもうひとつの顔としては、声優があります。もともとは俳優を中心に活動していた森田順平さんですが、1998年に声優が多く所属するマウスプロモーションに移籍します。これがきっかけで、森田順平さんは声優としての仕事もされるようになりました。

森田順平さんはテレビアニメから劇場版アニメ、さらにはゲームや洋画の吹き替えなど、幅広く声優としての仕事をこなしています。また、数は少ないですがBLCDへの出演経歴もあるようです。

森田順平の現在

若い頃から舞台やテレビドラマなどへの出演、さらには声優としても活躍してこられた森田順平さんですが、現在はどのような活動をしているのでしょうか?森田順平さんの現在について調査しました。

2019年の誕生日で年齢65歳の森田順平

森田順平さんの年齢ですが、2019年の誕生日で65歳となられたようです。ただ、森田順平さんは65歳となった現在も若々しく、40代か50代くらいに見えると評判のようです。

もちろん、森田順平さん声もまったく衰え知らずで、現在もハリのある素晴らしい美声を響かせているのだそうです。森田順平さんは特撮作品にも声の出演をされているようで、2014年に放送された「烈車戦隊トッキュウジャー」ではチェーンシャドーの声を担当されていたようです。

現在は声優としての活動も話題に

森田順平さんといえば、先ほども紹介しましたが、声優としての活動も注目されています。森田順平さんの声優としての出演作品などについても詳しく見ていきましょう。

まず、森田順平さんが出演されたテレビアニメ作品ですが、1999年に放送された「キョロちゃん」ではグリグリ警部こと怪盗ギロッシュのボイスを担当していました。さらに2010年に放送された「NARUTO -ナルト- 疾風伝」では長門役を担当されたようです。

2018年には森田順平さんは「HUGっと!プリキュア」にジョージことジョージ・クライ役として出演されていたようです。また、ゲームでも数々の作品に出演しており、2016年には「真・女神転生IV FINAL」のフジワラ役、「龍が如く6 命の詩。」のビッグ・ロウ役などを担当されていたようです。

さらに洋画の吹き替えでは、アラン・テュディックやコリン・ファース、ジャレッド・ハリス、ヒュー・グラント、マシュー・マコノヒーなどの声を担当しています。

「クレヨンしんちゃん」高倉文太役の引継ぎ

また、森田順平さんといえば、2014年に声優の納谷六朗さんが急逝されたことを受け、「クレヨンしんちゃん」の高倉文太役を引き継いだことも話題になりました。この高倉文太というのは、しんちゃんが通う幼稚園の園長で、幼稚園の園長なのにパンチパーマにサングラスがトレードマークというキャラです。

納谷六朗さんは森田順平さんにとっては、同じマウスプロモーションの先輩だったようで、高倉文太役を引き継ぐときには「とても光栄」とコメントされていたようです。

洗足学園音楽大学の声優講師としても活躍

森田順平さんは現在、俳優や声優などとして活動する一方で、洗足学園音楽大学の声優講師としても活躍しておられるそうです。洗足学園音楽大学は神奈川県にある私立の大学で、音楽学部音楽学科にある声優アニメソングコースで森田順平さんは講師をしているようです。

洗足学園音楽大学には他にも、ピアノコースやオルガンコース、管弦楽コースや声楽コース、ロック&ポップスコースなど、幅広くコースを設けており、2018年にはダンスコースも開設されたようです。

現在も人気ドラマ出演で現役俳優

森田順平さんの声優としての活動については先ほど詳しく紹介しましたが、実は俳優としての活躍も注目されており、近年も人気ドラマに多数出演されています。具体的な出演ドラマについては後ほど詳しく紹介します。

また、森田順平さんは映画にも出演経歴があるようで、「GSワンダーランド」や「私は貝になりいたい」、「グッバイエレジー」などに出演されていました。さらに、舞台にも数多く出演されているようです。

森田順平の結婚した嫁や子供は?

森田順平さんの結婚した嫁や子供のことは判明しているのでしょうか?森田順平さんの嫁はどのような女性なのでしょう?また、2人の間に生まれた子供についても併せて紹介します。

1999年に久野くみこと結婚

森田順平さんが結婚されたのは1999年のことだたそうです。この時、森田順平さんの年齢は44歳だったので、少し遅めの結婚であったようです。

森田順平さんにこれ以前に結婚歴があったのかどうかについても調べてみました。しかし、森田順平さんはこの結婚が初婚であったようです。森田順平さんが結婚したのは「久野くみこ」という女性です。

嫁の久野くみことは

森田順平さんと結婚した嫁の久野くみこさんについて少し紹介しましょう。嫁の久野くみこさんは元はタレントをしていたのだそうです。デビュー後は関西を中心に活動していたそうですが、やがて東京での仕事も増えていったようです。

森田順平さんの嫁の久野くみこさんですが、趣味は料理と庭いじり、そして手芸をあげています。かなり家庭的な嫁なのではないかと推測できます。

また、20代の頃には女優の藤谷美和子さんに似てると言われたこともあったのだとか。現役時代に出演していた番組は「ナイトinナイト」や「monoモノ倶楽部」、「遠くへ行きたい」などだったようです。また、「アサヒペン」のCMなどにも出演されていたようです。

嫁との結婚の馴れ初めは舞台共演

森田純平さんと嫁の馴れ初めですが、舞台での共演だったようです。2人が結婚する2年前に上演された「リサの瞳の中に」で嫁は主演をつとめており、その舞台に森田順平さんも出演していたそうです。

森田順平さんの嫁がこの舞台で演じていたのは、主役で多重人格症のリサという役だったそうです。森田順平さんが演じていた役については判明しませんでしたが、この作品は児童福祉文化賞(演劇部門)を受賞したのだそうです。

嫁との間に子供は息子と娘誕生

森田順平さんと嫁の間には、現在子供が2人いるそうです。その子供ですが、息子と娘なのだとか。子供たちの生年月日や年齢、名前などについて調べてみたのですが、詳しいことは判明しませんでした。

ただ、結婚されたのが1999年ですので、もしも早い段階で子供が生まれていたのだとすれば、上の子供はそろそろ成人する年齢ということになるのかもしれません。

子供と俳優の大塚明夫のエピソードも話題に

森田順平さんの子供に関する情報は少ないのですが、実は大塚明夫さんにちなんだエピソードがあるのだそうです。大塚明夫さんは森田順平さんと同じマウスプロモーション所属ということで、作品での共演だけではなくプライベートでも交流があるようです。

大塚明夫さんと森田順平さんの息子のエピソードですが、大塚明夫さんが当時3歳だった息子と話していたところ、ぼろぼろと泣いてしまったのだそうです。大塚明夫さんがなぜ泣いたのかという細かいことは分かりませんでしたが、3歳と言えば純粋な時期ですので、何か大塚明夫さんの琴線に触れるものがあったのかもしれません。

森田順平の弟など家族について

森田順平さんの家族についてさらに詳しく見ていきましょう。森田順平さんには弟がいるということですので、その弟のことや実家の家族についても紹介します。

弟は俳優の森田浩平

森田順平さんの弟も俳優をしているのだそうです。弟の名前は「森田浩平」といいます。森田順平さんの弟の森田浩平さんにつて少し紹介しましょう。森田浩平さんは1959年10月5日生まれで現在59歳、身長182cmの長身が特徴の舞台俳優です。

舞台を中心に活躍されているために、弟は兄とは異なり情報が少なくなっているものと考えられます。弟の森田浩平さんの舞台俳優になるまでの経歴についてさらに詳しく見ていきましょう。

弟は舞台をメインに活躍

弟の森田浩平さんは兄が役者をしているということもあり、自分も芸能界の仕事をしたいと考えるようになったそうです。上京して大学生活を送っていた森田浩平さんですが、当初は音楽で生計を立てようと軽音学部に所属していたのだとか。そして、レコードデビューも決まったそうですが、さまざまな事情で流れてしまったそうです。

その後、新宿のパブなどで歌を歌うバイトをしていたそうですが、この時のバイト料はかなり良かったと言われています。

この頃から芝居に目を向けた森田浩平さんは、俳優養成所に入所されたのだとか。養成所時代にはテレビドラマなどに端役で出演するなどしていたそうです。そして、さらに本格的な舞台に出演したいと考え、知人に誘われてミュージカルのオーディションを受けます。

実はこのオーディションが「レ・ミゼラブル」だったようで、森田浩平さんは見事に合格し、役を射止めます。その後も森田浩平さんは「エリザベート」や「モーツァルト」などのミュージカルを中心に舞台俳優として活躍されているそうです。

実家の父は酒豪?

森田順平さんの実家の父についても少し情報がありました。森田順平さんの実家の父はサラリーマンをしていたそうなのですが、その関係でお酒を飲む機会が多く、かなりの酒豪だったようです。帰宅時にはお酒の匂いをさせて帰ってくることも多かったのだとか。

そんな家庭で育った森田順平さんは、幼少期からお屠蘇などを飲ませてもらうなど、お酒には馴染みが深かったようです。森田順平さん自身も酒豪の気があるようで、文学座時代には初舞台の前夜に一升以上のお酒を飲み、翌日は二日酔いで舞台に立ったそうです。ただ、その日の演技は良かったと先輩たちに褒められたようです。

森田順平の金八先生などドラマ出演経歴

森田順平さんのドラマへの出演経歴を詳しく見ていきましょう。森田順平さんが代表作ともいえる「金八先生」で演じた役柄についても詳しく紹介します。

ドラマ出演経歴①「3年B組金八先生」

森田順平さんの経歴といえば、「3年B組金八先生」への出演を外すことはできません。森田順平さんはこの「3年B組金八先生」に、1979年の放送開始から2011年までの32年間に渡って出演をされてきたという経歴があります。

「3年B組金八先生」は武田鉄矢さんが演じる熱血教師・坂本金八を中心とした学園ドラマで、これまでに多くのアイドルや俳優たちが生徒として出演してきたことでも知られています。たとえば、近藤真彦さんや小林聡美さん、三原じゅん子さん、大仁田厚さん、亀梨和也さんなどもこのドラマの出身です。

「3年B組金八先生」で乾友彦役を熱演

「3年B組金八先生」では生徒役は入れ替わりがありますが、教員などは同じ人が演じている場合が多いようです。森田順平さんもそのうちの1人で、乾友彦役として出演していました。

森田順平さんが演じた乾友彦は、金八先生の盟友で理解者であるという役柄です。担当の科目は数学で、普段は車で通勤しているということも特徴でした。森田順平さんが演じる乾友彦は、主役である金八先生に次いで登場回数が多い重要な役柄でもあったようです。

ドラマ出演経歴②「半沢直樹」

最近の森田順平さんのドラマ出演経歴についても見ていきましょう。実は高視聴率を記録した「半沢直樹」にも森田順平さんは出演されていたようです。「半沢直樹」は池井戸潤さんの小説が原作で、堺雅人さんが主演して「倍返しだ!」の名台詞で話題となりました。

森田順平さんがこの作品で演じたのは岸川慎吾で、役柄としては半沢直樹を陥れようとする敵側の陣営ということになるようです。半沢直樹は続編の制作が発表されましたので、森田順平さんが演じた岸川慎吾の続編での動向も気になるところです。

ドラマ出演経歴③「篤姫」

森田順平さんは大河ドラマにも数多く出演されていますが、中でも「篤姫」で演じた伊達宗城役が話題となったようでした。「篤姫」はヒロインを宮﨑あおいさんが演じていましたが、伊達宗城はドラマの中ではヒロインと対立する勢力側となっていたようです。

森田順平の現在は俳優以外に声優としても活躍

俳優や声優として活躍する森田順平さんについて紹介してきました。森田順平さんはもともとは文学座出身ということで舞台を中心に活動されていましたが、「金八先生」への出演などもあり、人気のテレビドラマにも多数出演されています。

また、森田順平さんは俳優としてだけではなく、「クレヨンしんちゃん」などの人気アニメ作品や洋画の吹き替えの声優としても活躍中です。今後の森田順平さんの活動にも注目していきましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ