森祐喜(森喜朗の息子)の死因は?押尾学事件の真相や結婚や離婚など!

元内閣総理大臣である森喜朗氏の息子「森祐喜」。その森祐喜がこの世を去ったのは2010年10月31日の事でした。今回は森祐喜の死因や押尾学事件との関連と薬の噂、そして森祐喜と妻の結婚や離婚についてをまとめてみました。黒い噂の絶えなかった森祐喜の本当の死因は?

森祐喜(森喜朗の息子)の死因は?押尾学事件の真相や結婚や離婚など!のイメージ

目次

  1. 1森祐喜とは
  2. 2元首相である森喜朗を父に持つ森祐喜
  3. 3森祐喜の死因と生前の詳細について
  4. 4森祐喜と押尾学事件の関係
  5. 5森祐喜と妻との結婚&離婚の経緯
  6. 6薬物使用疑惑が度々持ち上がっていた森祐喜
  7. 7森祐喜の黒い噂は今も消えない

森祐喜とは

森祐喜のプロフィール

・愛称:不明
・本名:森祐喜(もり ゆうき)
・生年月日:1964年10月15日
・没年月日:2011年7月25日
・没年齢:46歳
・出生地:石川県能美郡根上町
・血液型:不明
・身長:不明
・体重:不明
・活動内容:政治家
・所属:自由民主党
・当選歴:石川県議会議員(2期)
・著名な家族:森喜平(曾祖父)森茂喜(祖父)森喜朗(父)

森祐喜の経歴

森祐喜(もり ゆうき)は石川県能美郡根上町出身の政治家です。父親は元内閣総理大臣の森喜朗で、曾祖父の森喜平と祖父の森茂喜は共に根上町の町長を務めた人物という生粋の政治家一族の一員として生まれました。森家は彼の地元では相当な名家として知られているそうです。

幼い頃から政治が身近な存在であった森祐喜は、いずれは自身も政治に携わる人生を送ろうと早くから考えていたそうです。政治家一族の人間が代替わりの様に政治家と成っていくのはこの国の常でもありますが、森家も同様で、いずれは彼も森派の人間として国政に打って出るつもりだったのでは無いでしょうか?

東京都町田市にある玉川学園高等部に進学した森祐喜は同高等部を卒業。しかしながら大学進学時は成績不良で玉川大学に内部進学出来ず、東海大学教養学部に入学するも講義について行けずに中退。この経歴を見る限りあまり勉強の方は得意では無かったのかも知れませんね。

森祐喜は大学中退後にアメリカ合衆国に渡り、ジョージタウン大学の英語学校EFLプログラムを受講。帰国後は父である森喜朗の秘書として活動を開始します。2000年からは衆議院議員公設第一秘書と成り、森喜朗の懐刀として父を支え、その翌年には小松青年会議所の理事長にも就任しています。

暫くの間父である森喜朗の秘書として活動していた森祐喜ですが、2006年3月に投開票が行われた石川県議会議員補欠選挙で、森家に縁のある能美市能美郡選挙区から自由民主党公認で立候補。当時官房長官であった現首相の安倍晋三も駆けつけるなどの厚遇振りで見事に初当選を飾ります。

その後に2007年に行われた石川県議会議員選挙でも再選を果たし、石川県議会の土木企業委員会が改組されて新たに建設委員会が設置されるとその委員長に就任するなど、地元県議会の有力議員として頭角を現して行きました。

だがそうした反面、私生活で何かと悪い噂がつきまとう人物として悪評が常に付きまとっていたのも事実です。やがて自身が起こした飲酒運転事故による責任を取る形で議員を辞職。この時も飲酒運転が明らかなのに現行犯逮捕せず、任意同行した後に通常逮捕という警察の異例の対応が話題と成りました。

様々な疑惑にまみれた森祐喜は、2010年10月31日に能美市の自宅で倒れ、一時心肺停止状態に陥り入院。手当を受けて一命は取り留めたものの、2011年5月頃より再度体調を崩して金沢市の病院に入院。その2ヶ月後にこの世を去りました。

元首相である森喜朗を父に持つ森祐喜

それでは早速森祐喜という人物の詳細についてご紹介していきましょう。先ずは彼の父親である元内閣総理大臣の森喜朗氏についてご紹介していきます。自民党清和政策研究会(森派)の首領として、自民党内でも大きな影響力を持つ政治家として知られる森喜朗氏は、森祐喜の父親でもあります。

自民党の重鎮である元内閣総理大臣・森喜朗

文部大臣(第105代)、通商産業大臣(第56代)、建設大臣(第62代)、内閣総理大臣(第85・86代)、自由民主党政務調査会長、自由民主党幹事長、自由民主党総務会長、自由民主党総裁(第19代)など、数々の要職を歴任した政治家である森喜朗氏。彼が内閣総理大臣に就任したのは2000年の事でした。

第85・86代内閣総理大臣として第1次森内閣、第2次森内閣、第2次森改造内閣(中央省庁再編前)、第2次森改造内閣(中央省庁再編後)を率い、2000年4月5日から2001年4月26日まで在任。現在は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長を務められています。

現在の森喜朗氏は一言で言うなら「自民党の重鎮」という立ち位置であり、その影響力は現在も絶大なるモノがあると言われています。然しながら国民からの人気はそれとは反比例する形と成っているようです。それは森喜朗氏のイメージと、首相在任中の言動等が原因と成っているものであると考えられます。

ラガーマンとしても知られる森喜朗氏。高校時代からラグビーに打ち込んでいた森喜朗氏は、父の知人であった当時の早稲田大学ラグビー部監督大西鉄之祐のスポーツ推薦を得て、早稲田大学商学部に入学。しかし大学時代の過酷な練習についていけず、入学から4ヶ月で退部を決心したそうです。
 

38187964 2608994145992785 3529633737652305920 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ytcaetano

スポーツ推薦だったこともあって一時は退学をも考えた森喜朗氏ですが、監督からの叱責に考えを改め、早稲田大学雄弁会へ入会。其処で地縁を培った森喜朗氏は卒業後に産業経済新聞社にコネ入社。記者として忙しい日々を送っていた森喜朗氏ですが、井関農機の取材の際に岸信介側近の衆議院議員・今松治郎と知り合ったことが森喜朗氏が政治家に転身するきっかけに。

今松治郎の秘書として政治活動を開始した森喜朗氏は、1969年の第32回衆議院議員総選挙に旧石川1区から立候補。泡沫候補と見られ、自民党からの公認を得られずも岸派の応援により見事当選。岸元首相の勧めで福田派に入会した森喜朗氏は、福田赳夫元首相の元政治家として大きく成長を遂げて行ったのでした。

えひめ丸沈没事件での対応で森喜朗への批判が殺到

2000年4月5日、3日前に脳梗塞で倒れ緊急入院した小渕恵三首相の後を継ぐ形で内閣総理大臣に就任した森喜朗氏。そんな森喜朗氏が首相在任中にとんでもない事件が発生しました。2001年2月に米国ハワイ沖で、愛媛県立宇和島水産高校の練習船「えひめ丸」が米原子力潜水艦に衝突され沈没するという通称「えひめ丸沈没事件」が発生したのです。

この一報は即座に森喜朗氏へ齎されたのですが、この日の森喜朗氏は休暇中で、大好きなゴルフに興じていたと言います。そして有ろう事かこの様な事件が発生したにも関わらず森喜朗氏はそのままゴルフのプレーを続けたのだそうです。

森喜朗氏の元に第一報が入った際には、衝突によって日本人が多数海に投げ出されたことや、相手がアメリカ軍であることも判明していたのですが、森喜朗氏は第二報の後の第三報が入るまでの1時間半の間ずっとプレーを続けていたと言います。

この対応に非難が殺到し、首相としての危機管理意識が欠落していると大問題に発展します。この問題は国会でも採り上げられ、この時の詳細は現在でも議事録に残っているそうです。これが森喜朗氏の首相退陣に繋がった事は言うまでもありません。

無論プライベートをどの様に過ごされようと問題ではありません。然しながら事態を把握したにも関わらず、その段階で取るべき行動が頭に浮かばない者に一国を率いる資格はありません。森喜朗氏の首相としての資質に明らかな問題があると判明した以上、彼が総理の職を辞するのは当然の事でしょう。

一政治家としては優秀でも、それが一国を率いるリーダーと成れば全く話は別物です。リーダーに求められるのは決断力と判断力です。己が手に国家国民の命と未来が委ねられている以上、有事の際は取るべき行動がスパッと頭に浮かばねば成りません。森喜朗氏はその器では無かったという事です。

数々の失言が話題と成った森喜朗

また森喜朗氏と言えばその失言癖でも有名です。森喜朗氏の失言の数々はまた別の機会にご紹介させて頂きますが、とにかくその失言の多さは政治家として命取りレベルのものでした。実際この失言癖が無ければもう少し長く首相に在任出来たかも知れない程です。

一言で言うなら「余計なことがつい口に出るタイプ」である森喜朗氏。言ってはいけない言葉がツルリとその口から出てくるモノですから、そこを野党の議員やマスコミ、そして国民から袋叩きに合う訳です。それが繰り返し行われるのですから困ったモノです。人としての感覚を問われても致し方無いと言ったところでしょうね。

思ったことがつい口から出てしまうタイプには、一見すると正直者が多い様なイメージがありますが、森喜朗氏はその上で決して正直者タイプではないのが更に不人気と成る要因なのでは無いかと考えられます。言ってみればコレも人間としてのセンスの一部なのかも知れません。

政治家の失言は度々話題と成りますが、森喜朗氏ほどその失言が取り沙汰された人物は他にいないでしょう。そんな人物が一国の首相を勤めていたという事にも問題があると思いますが、これもまた当時の日本の政治体質そのものだったという事の現れなのではないでしょうか?

森祐喜の死因と生前の詳細について

では続いて森祐喜の死因と生前の詳細についてご紹介して参ります。46歳という若さでこの世を去った森祐喜ですが、彼の死因は一体何だったのでしょうか?一部ではその死因に良からぬ噂が持ち上がっているようですが、その死因とは一体どの様なものだったのでしょうか?

森祐喜の死因は急性すい炎による多臓器不全

森祐喜の死因は急性膵炎による多臓器不全と言われています。急性膵炎とは膵臓に急性の炎症が発生した膵炎の事で、それが多臓器不全を引き起こしたものであるというのが森祐喜の死因であると発表されています。死因として多臓器不全はそれほど珍しいものではありませんし、特にこの死因について不自然な点は見当たらない気もします。

主にこの急性膵炎はアルコールと胆石が2大原因とされており、他にはHIV感染者の抗ウイルス薬による薬剤性のものが挙げられたりもするそうです。森祐喜はお酒を嗜む人間だったので、それがこの急性膵炎を引き起こす原因と成ったのかも知れませんが、死因としてはやはり特に不自然な部分は無いようですね。

かつては森喜朗の第一秘書として勤務した事もある森祐喜

そんな森祐喜ですが、彼はかつて父である森喜朗氏の第一秘書として勤務していた経験があります。恐らくは森喜朗氏が将来を見越して秘書として支えさせたモノで、彼はこの秘書勤務を経験した後に県議会議員選挙へ立候補を行っています。

自身も今松議員の秘書から政治家活動をスタートさせていますので、ゆくゆくは息子に自分の基盤を継がせ、森家の政治家の四代目として活躍させる腹づもりだったのでは無いでしょうか?政治家は世襲では無い筈なのですが、冷静に考えるとやはりこうした一族政治を行っている者たちは既得権益層な分だけ強いですよね。

そうまでして政治家とした育てた我が息子を、突然失ってしまった事に森喜朗氏はさぞ悲しんだ事でしょう。これからが政治家としての本番であるという矢先に飲酒運転事故を起こし、全てを失ってしまった森祐喜ですが、父の力が有ればそれも何れはどうにか出来たかも知れませんし、森喜朗氏としては「生きてさえいれば…」という心境だったのかも知れません。

秘書時代から森祐喜には黒い噂が絶えなかった

そんな森祐喜ですが、彼はとにかく秘書時代から黒い噂の絶えない人物として知られていました。簡単に言うなら「良いとこのボンボン」である森祐喜は、父が絶対的権力者である事を武器に、酒池肉林の限りを尽くしたという事です。

金と権力を持つ一族の長男であり、自身も自民党の超大物議員である父の秘書を務める立場にあった森祐喜。そのプラチナなステータスを使えば、どんな美しい女性でも思いの儘に出来たのでは無いでしょうか?実際に彼にまつわる噂話には「女性」と「薬」と言うワードが度々登場しています。

そして恐らく森祐喜はかなりのミーハーだったのでは無いかと考えられます。予てから名の知れた人物たちとの夜の交流も囁かれていましたし、その参加者の中には六本木・麻布界隈では有名な不良組織のメンバーの名前も挙げられていました。

森祐喜はそうした人脈をフルに活用し、自身の欲望を叶えていったと言われています。「死人に口無し」で有る以上死体に鞭打つ様な行為は如何なものかとは思いますが、とにかく森祐喜の周りには胡散臭い話や輩の名前が次から次へと浮かび上がってくるのです。

森祐喜と押尾学事件の関係

森祐喜の黒い噂の一つに、あの押尾学が引き起こした薬物事件との関与があります。あの事件は押尾学とある女性との間で行われた薬物摂取に絡む事件だった筈なのですが、この事件に実は森祐喜も関わっていたと言われているそうなのです。

森祐喜は押尾学事件との関連が噂されていた

森祐喜が押尾学事件との関与を疑われているのは、森祐喜と押尾学事件で死亡したその女性が同じ画像に写っているからなのです。正確に言うと森祐喜ではなく森喜朗氏の方なのですが、それは同じ場所の同じ画像なので、必然的にその場所には森祐喜もいたことに成ります。

あの事件で死亡した女性は、そもそも森祐喜の愛人の1人だったのでは無いかと言われており、それがこの画像から関連性を見いだせると言うわけです。もう現在はどちらもこの世にいない人物なので真相は分かりませんが、それが押尾学事件に森祐喜が関係していると言われる所以です。

押尾学は森祐喜の身代わりだった?

では森祐喜はあの押尾学事件にどの様に関わりがあったのかと言うと、実はあの現場に居たのは押尾学ではなく森祐喜であり、森祐喜と薬物SEXを楽しんでいた女性がオーバードーズによって死亡。その処理に困った森祐喜がある人物に泣きつき、その結果元々その女性と関係のあった押尾学が身代わりを引き受ける事に成ったと言われているのです。

これが本当であればとんでもない事です。押尾学は女性を助けずそのまま全裸で放置し、翌日の朝警察署に出頭していますが、「何故女性を助けるために救急車を呼ばなかったのか?」と話題に挙がったのは記憶に新しい所です。しかしこれが真相だとするとそれらの矛盾が全てアリバイ作りだったという事でピントが合うことに成ります。

押尾学事件と森祐喜の関係についての真相

張本人が死亡している以上全ては憶測でしかありませんが、押尾学はあの事件の身代わりとなって懲役に行き、結果として森喜朗氏の側近から2億円という口止め料を貰っていると言われています。押尾学が現在悠々自適な生活を送れているのはこの口止め料のお蔭であるという噂です。

これが事実かどうかは分かりません。しかし押尾学自身もどうやらこの件についての真相を語っており、その中でこの噂に対して否定はしていないようです。

また、亡くなった女性の体内からは押尾学以外の男性の体液も複数検出されているそうです。その女性の周りには黒い噂の有る女性や男性の存在があり、そこには某有名メーカーの女性社長や、某タレント、そして某有名起業家等といった錚々たる面々の名前が挙がっています。

果たしてこれらの噂は本当なのでしょうか?もし本当だとしたら裁かれるべきは森祐喜だったのかも知れませんね。

森祐喜と妻との結婚&離婚の経緯

続いては森祐喜と妻の結婚と離婚の経緯についてご紹介して参りたいと思います。森祐喜は結婚し妻がいたのですが、その妻とは有ることが原因で離婚しているそうです。一体どの様な女性が妻で、どういう流れで結婚し、何が原因で離婚と成ってしまったのでしょうか?

議員秘書を務めていた女性と結婚した森祐喜

森祐喜の妻は議員秘書を勤めていた女性で、何らかの縁があって森祐喜と結婚し妻と成ったようです。その妻と結婚前にどの様な馴れ初めが有ったのかを調べて見ましたが、結婚前の馴れ初めどころか、妻との結婚の経緯や結婚式に関する情報まで全ての情報がありませんでした。

分かっているのは上記の通り妻が議員秘書を勤めていた人物で、それが縁で結婚したという事だけです。そしてもう一つ分かっているのは生前その妻とは既に離婚していたと言うことだけです。という事で正確には森祐喜の元妻という事に成りますね。

妻とは森祐喜の暴力が原因で離婚している

この妻との結婚が円満に言っていたのかは分かりませんが、恐らくはそうでは無かったと見るのが正しいです。森祐喜とこの妻の離婚理由は森祐喜の暴力にあると言われています。妻が森祐喜の暴力に耐えきれず離婚したという事です。結婚した女性に手を上げて離婚されるとは、本当なら森祐喜はとんでもない人間ですね。

また森祐喜は結婚中に高市早苗議員との不倫疑惑が持ち上がっています。何故森祐喜と高市早苗議員が不倫関係に陥ったのかは定かではありませんが、これも離婚の原因に成っているのは間違いないでしょう。「暴力で離婚」「浮気で離婚」そして「薬物で離婚」と、森祐喜と妻の離婚の理由を挙げたらキリがないですね。

押尾学事件の女性にも暴力を振るっていた疑いが

また森祐喜は例の事件の女性に対しても普段から暴力を振るっていたという噂があります。恐らくは事実なのでしょう。暴力癖のある人物はどんな女性が相手でも結果的に同じく暴力を行使すると言われています。森祐喜にとっての暴力はもはや自然な行為の一部だったのかも知れません。

薬物使用疑惑が度々持ち上がっていた森祐喜

最後は森祐喜の薬物使用疑惑についてです。とどのつまり森祐喜本人が薬物を摂取していたのではないか?という事ですが、彼は予てから薬物使用を疑われていた節があります。では何故森祐喜は薬物使用で逮捕されなかったのでしょうか?

予てから薬物依存疑惑が疑われていた森祐喜

森祐喜は度々薬物使用を噂されていますが、それは何れもかなり具体的な噂です。森祐喜と薬物を吸引したという女性が雑誌に森祐喜の薬物使用を告白した事もあるそうです。それだけの証拠が有れば森祐喜の薬物使用疑惑は極めてクロであると言えるのですが、何故森祐喜は最後まで逮捕されなかったのでしょうか?

それは簡単で「森祐喜の父親が森喜朗氏だから」です。それ以外にありません。芸能界での薬物汚染が明らかになる度に必ず森祐喜の名は浮かび上がったそうですが、森祐喜の薬物使用についての調査は恐らく行われてすらいないでしょう。それが実態です。

森祐喜が起こした飲酒運転事件にも薬物が関係?

森祐喜は生前飲酒運転事故を起こしていますが、この時に現行犯逮捕されなかったのはある力が働いたからだと言われています。結果として飲酒運転の方は事件と成りましたが、これによりもう一つの件は表沙汰になること無く終わっています。

森祐喜は過去にも数度事件や事故を起こし、その度に揉み消して貰っているという噂があります。これは森祐喜の地元では有名な話だそうです。この飲酒事故にも薬物が関係していたのでは?と言われていますが、事件そのものがこうした形で幕を綴じた以上、本当のことはもう誰にも分かりません。

死因にも薬物が関係しているのでは?との噂も

森祐喜の死因には薬物が関係しているのではないか?という説もあるそうです。可能性は0ではありませんが、そこに隠された真実を白日のもとに晒す事は難しいでしょう。

森祐喜の黒い噂は今も消えない

死因は病死とされているが果たして…

今回は森喜朗元内閣総理大臣の長男で、2011年にこの世を去った森祐喜についてご紹介して参りました。とかく黒い噂の絶えない人物という印象の強い森祐喜ですが、既に鬼籍に入った現在では真相を知る余地もありません。

ただ、嘘か真か森祐喜には生存説まで囁かれているそうです。これが本当であれば世間を揺るがす一大事ですが、果たして彼は今もどこかで生きているのでしょうか?ここまで来ると半分以上「都市伝説」の様な気もしますが、今回はこの辺でまとめさせて頂きます。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ