永野芽郁の出身高校などの学歴は?経歴も調査

永野芽郁は小学生の頃からモデルとして活躍し、高校生の時に「俺物語!!」のヒロイン役や高校サッカー選手権の応援マネージャーとしても話題になりました。この記事では永野芽郁の学歴や経歴、出身高校などを調査して取り上げ、詳しく紹介します。

永野芽郁の出身高校などの学歴は?経歴も調査のイメージ

目次

  1. 1永野芽郁のプロフィール
  2. 2永野芽郁の出身高校などの学歴は?
  3. 3永野芽郁の高校時代の活動
  4. 4永野芽郁の高校など卒業アルバムについて
  5. 5永野芽郁のこれまでの経歴
  6. 6永野芽郁の最終学歴はクラーク記念国際高校卒業

永野芽郁のプロフィール

・愛称:めいちゃん
・本名:永野芽郁
・生年月日:1999年9月24日
・年齢:19歳(2019年8月現在)
・出身地:東京都
・血液型:AB型
・身長:163cm
・体重:不明
・活動内容:女優、ファッションモデル、タレント
・所属グループ:なし
・事務所:スターダストプロモーション
・家族構成:父、母、兄

永野芽郁の経歴

永野芽郁は現在モデルやタレントなど、他分野にわたって活躍している、ドラマや映画などで売り出し中の東京都出身の若手女優です。まずは永野芽郁の簡単な経歴などを紹介します。

永野芽郁は実は子役上がりの女優であるため、年齢は非常に若いですが女優としての経歴は非常に長いものがあります。小学生の時にスカウトされた永野芽郁は小さな頃から頭角を現し、子役として映画やドラマなどに出演しました。デビュー後は主にティーン向けの雑誌のモデルとして活躍していました。

小さな頃から可愛いと評判であった永野芽郁ですが、「若手女優が演じる主人公の幼少期」などの子役を演じることが多かったそうです。高校生だった2015年に映画「俺物語!」のヒロイン役を勝ち取り、ついに本格的に女優としてのキャリアをスタートさせました。

高校卒業直後の2018年4月にはNHKの連続テレビ小説「半分、青い」のヒロインに抜擢され、若手人気女優としての大きな一歩を踏みだしました。この記事では永野芽郁の出身や学歴・経歴、サッカーとの関係や卒業の噂などを取り上げてまとめています。

Thumb永野芽郁の鼻はでかくて残念?毛穴が話題?整形疑惑も!
女優やモデルとして幅広く活躍している永野芽郁さん。そんな永野芽郁さんのにんにくの様にでかいと...

永野芽郁の出身高校などの学歴は?

それでは永野芽郁の出身高校などの学歴について取り上げていきます。小学校3年生の時から芸能界に入って仕事をしていた永野芽郁ですが、出身高校などはどのようなところに通っていたのか、学歴なども非常に気になっているファンも多いようです。それでは永野芽郁の出身高校などについて見ていきましょう。

学歴①出身小学校は西東京市立田無小学校

永野芽郁の出身小学校は「西東京市立田無小学校」である可能性が高いとされています。しかしこれについては根拠がなく、通学区の関係から言って西東京市立けやき小学校である可能性も否定できません。どちらも公立ではありますが、永野芽郁の出身小学校については断言できない状態です。

学歴②出身中学校は西東京市立田無第三中学校

続いて永野芽郁の出身中学校の情報になりますが、こちらは「西東京市立田無第三中学校」である可能性が非常に高いです。こちらに関しては、この中学校の在籍生徒が永野芽郁が先輩であることに驚いているようなツイートがSNSに投稿されていたため、かなり有力な情報であると考えていいでしょう。

学歴③出身高校はクラーク記念国際高校

永野芽郁の出身高校は「クラーク記念国際高校」になります。こちらの高校に通っていた根拠としては、この高校に通っていた生徒からの目撃情報があったからです。芸能人御用達の高校として堀越高校などがよく挙げられますが、永野芽郁が自身の公式ブログで書き込んでいた高校入学式の日程とズレがあることから違うと言われています。

出身高校「クラーク記念国際高校」の偏差値

気になるクラーク記念国際高校の偏差値ですが、こちらの高校は通信制の高校で、全国各地に支部をもつ広域性の高校です。参考偏差値としては40~49程度ですが、その生徒数は1万人にも上るため、単純にこの高校の偏差値を測ることは難しいとされています。

永野芽郁の最終学歴は高校卒業

ここまで永野芽郁の出身学校について小学校中学校高校と順番に取り上げていきましたが、永野芽郁は高校生の頃から本格的に女優としての活動にシフトしていく関係上、高校は通信制を選んでいることが分かりました。

また、永野芽郁は学歴にこだわらず高校から大学への進学をしていないと思われます。これらの情報を総合的に判断すると、永野芽郁の最終学歴は高校卒業であることが言えそうです。高校卒業からは芸能活動に専念しているようです。

永野芽郁の高校時代の活動

自身が小学生の頃から芸能人としての経歴を歩んできた永野芽郁ですが、最終学歴は高校卒業であることを取り上げてきました。ここからは永野芽郁の高校時代の活動についてクローズアップして取り上げていきます。

永野芽郁は高校時代にある若手女優の登竜門と呼ばれるサッカー関係の仕事を請け負うことになりました。そのサッカー関係の仕事について、詳しく見ていく事にしましょう。

高校1年生で全国高校サッカー選手権第11代応援マネージャー就任

永野芽郁は高校1年生の時に「全国高校サッカー選手権応援マネージャー」の第11代目マネージャーに就任することになりました。こちらは毎年将来有望な女優やモデルの現役女子高生が就任するもので、大会に華を添える役割を担っています。

全国高校サッカー選手権応援マネージャーの前任は?

実は「全国高校サッカー選手権応援マネージャー」は就任することによって将来の人気女優候補と呼ばれるほどのジンクスがあります。過去の前任者には新垣結衣、川口春奈、広瀬すず、堀北真希などそうそうたるメンバーが名を連ねています。

永野芽郁もそのジンクス通り、現在では映画やドラマへの出演を増やし、女優としてのブランディングをしている最中です。永野芽郁の爽やかな雰囲気とサッカーのマネージャーは相性がよく、周囲の関係者からの評判も上々であったようです。

高校時代には雑誌「Seventeen」専属モデルに

永野芽郁は自身が小学生の時には「ニコプチ」という小学生女子向けの雑誌のモデル、中学生の時は「nicola」という雑誌のモデルとして活躍していました。高校生になってからは有名雑誌「seventeen」の専属モデルに選ばれて活動することになりました。

ドラマ「半分、青い。」ヒロイン役抜擢も高校時代

NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」で永野芽郁はヒロインに抜擢されましたが、この当時まだ永野芽郁は高校生でした。しかし片耳が聴こえない設定の役柄を演じるために実際に聞こえない人に話を聞くなど役作りに手は抜かなかったそうです。

永野芽郁の高校など卒業アルバムについて

ここまでは永野芽郁の出身学校や最終学歴が高卒であること、高校時代にはサッカー関係の仕事や女優として既に活躍していたことなどを見てきました。女優の出身校を聞いて気になるのが卒業アルバムです。永野芽郁の卒業アルバムについて見ていく事にしましょう。

高校時代の卒業アルバムは?

永野芽郁の出身高校は「クラーク記念国際高校」という通信制の高校であることは先に取り上げた通りですが、永野芽郁は2018年3月に高校を卒業しているはずですので調べてみました。しかし、残念ながら永野芽郁の卒業アルバムの写真などの情報は出てきませんでした。

これについてはクラーク記念国際高校は全国に支部となる校舎を持つ広域的な通信制高校であるため、そもそも卒業アルバムを制作しておらず、残念ながら卒業アルバムの写真自体が存在しない可能性が大きいと言われています。

中学時代の卒業アルバムはハイレベルとの噂

さらに永野芽郁の卒業アルバムについて、中学校時代の物について調べてみました。しかし残念ながらこちらの卒業アルバムの写真についても情報を手に入れることはできませんでした。しかし中学校については卒業アルバム自体は制作しているはずなので、情報提供が進めば写真が表に出てくる可能性はあります。

小学校時代の卒業アルバムも調査

最後に小学校時代の卒業アルバムについても調べてみました。永野芽郁の出身小学校は「西東京市立田無小学校」か「西東京市立けやき小学校」である可能性を取り上げましたが、現時点では小学校の卒業アルバムの画像も出回っていないようです。既にモデルとして活躍していたことから相当可愛いはずと噂されています。

永野芽郁のこれまでの経歴

この記事で永野芽郁について最初に簡単に経歴についてまとめましたが、ここからは永野芽郁のこれまでについて詳細に経歴をまとめていきたいと思います。永野芽郁は小学校3年生の時にスカウトされてから芸能界で常に活躍してきたので、まだ19歳ながらも情報が充実していました。

経歴①吉祥寺のサンロード付近でスカウトされ芸能界入り

永野芽郁の芸能界デビューのキッカケは、東京都武蔵野市の吉祥寺サンロード商店街にて買い物をしていた時にスカウトされた事です。小学生の永野芽郁がスカウトの目に留まったことから、当時から一般人離れしたルックスだったことが窺えます。

経歴②映画「ハード・リベンジ、ミリーブラッディバトル」で子役デビュー

永野芽郁は映画「ハード・リベンジミリー・ブラッディバトル」で子役として映画デビューを果たしました。同作はスリラーアクション映画ということで、過激な描写などもありデビュー作としては激しい映画となりましたが永野芽郁は大きな役ではないにせよ存在感を示したようです。

経歴③映画「俺物語!!」ヒロイン役で注目

永野芽郁が女優として大きな躍進を遂げる事になった作品が映画「俺物語!!」です。永野芽郁はこの作品でヒロインの座をオーディションで勝ち取りました。永野芽郁は主人公と相思相愛のラブコメを繰り広げるキャラクターを演じました。

主演の鈴木亮平は当時32歳186㎝で、永野芽郁が15歳163cmでした。身長の差もさることながら年齢差が約17歳もあります。コワモテの大男と可愛い女子高生とは言えど、SNSではこのキャスティングが大きく話題になりました。

経歴④カルピスウォーターなど多数CM出演

永野芽郁はその清純派の見た目から様々なCMに起用されています。若手女優が爽やかな印象のある「カルピスウォーター」のCMをはじめ、「コカ・コーラ」や「明示ミルクチョコレート」など食品系のCMに多く出演しています。

近年では格安スマホなどを取り扱っている「UQモバイル」や「ホットペッパービューティ」などのCMに起用されるなど、女優として一回り大きくなった永野芽郁に対して大手のCMのオファーがきているようです。

経歴⑤「ニコプチ」レギュラーモデルとしての活動

永野芽郁は小学生の時に芸能界デビューを果たしたことを取り上げましたが、永野芽郁は小学生の女子向けの雑誌である「ニコプチ」の専属モデルをしていました。小学生とは言っても非常に大人びており、そのオシャレのセンスは大人顔負けであると言われていました。

経歴⑥映画やドラマなど女優として活躍

永野芽郁は芸能界デビューした当初は映画やドラマなどに少しずつ出演はしていたものの、主戦場としていたのはモデルの仕事でした。しかし、若手女優の登竜門である「全国高校サッカー選手権応援マネージャー」への就任や「俺物語!!」のヒロイン役を演じた事によって、業界から大きく注目されることになりました。

2016年に放送されたテレビ東京のドラマ「こえ恋」に出演し、若者の心をつかむとNHKの大河ドラマ「真田丸」で千姫役を立派に演じ切り、非常に業界での評価が高くなりました。2017年には自身初の映画主演となる「ひるなかの流星」への出演も果たすことになりました。

驚くべきなのは、この時まだ永野芽郁は高校生だったという事実です。トントン拍子に女優として成長を遂げていった永野芽郁ですが、ついに人気女優として大きく知名度を上げることになったあるドラマへの出演を果たしました。それがNHKの連続テレビ小説「半分、青い」への出演でした。

NHKの連続テレビ小説といえば、多くの人気女優がヒロイン役を演じてきたものとして非常に有名です。名だたる女優がヒロイン役として連続テレビ小説に出演し、知名度を上げていった過去があります。永野芽郁も応募総数2366人の中から選ばれたため、完全に人気女優としての拍をつけました。

永野芽郁の最終学歴はクラーク記念国際高校卒業

ここまで人気女優である永野芽郁の学歴や経歴を振り返り、出演作品なども触れながら永野芽郁という人物についてクローズアップして取り上げてきました。永野芽郁の最終学歴は「高卒」であり、出身高校は「クラーク記念国際高校」という通信制の高校であることが分かりました。

全国に支部のように校舎がある「クラーク記念国際高校」ですが、1万人以上の生徒が在籍している通信制高校という性質上、詳しい偏差値などは分かりませんでした。また永野芽郁の卒業アルバムなどの情報は残念ながら小中高ともに見つけることができませんでした。

永野芽郁は小学生の時にスカウトされて芸能界デビューすることになりましたが、「ニコプチ」などの雑誌で専属モデルを何年もしていた過去があり、モデルとしての顔も非常に広いのが永野芽郁の特徴です。

映画やドラマにも少しずつ子役として出演を重ねていましたが、永野芽郁を人気女優として本格的に始動させたと考えられるのは「全国高校サッカー選手権応援マネージャー」への抜擢と「俺物語!!」への高校生の時の出演です。

「俺物語!!」などでの演技力の高さや、「全国高校サッカー選手権応援マネージャー」での爽やかなイメージが業界で大きく話題になってからは、永野芽郁は様々なCMやドラマ、映画にも起用されることが増えていきました。

大河ドラマ「真田丸」での演技や、2000人以上が応募したNHKの連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロイン役をオーディションで勝ち取るなど、ルックスだけではない確かな演技力が認められ、着実に人気女優としての階段を上っている永野芽郁の活躍からは目が離せません。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
まるすけ
1993年東京生まれ広島育ちの20代男。 基本的にドラマや映画、漫画などの娯楽に日常的に触れています。 特にア...

新着一覧

最近公開されたまとめ