内藤大助の現在!結婚した嫁と離婚説やオネエ疑惑も!歌下手も検証!

かつて、WBCフライ級王者にまで上り詰めた内藤大助さん。亀田興毅さんとの熱戦は今でも語り草になっています。引退後はオネエキャラに変わり、現在は離婚説さえ流れていますが、真相はどうなっているのでしょうか?そんな内藤大助さんの素顔に迫っていきます!

内藤大助の現在!結婚した嫁と離婚説やオネエ疑惑も!歌下手も検証!のイメージ

目次

  1. 1内藤大助のプロフィール
  2. 2内藤大助の現在
  3. 3内藤大助と結婚した嫁の離婚説の真相
  4. 4内藤大助にオネエ疑惑が浮上
  5. 5内藤大助は歌下手?
  6. 6内藤大助は現在も結婚していてオネエキャラを告白

内藤大助のプロフィール

・愛称:北の剛拳、最短男、国民の期待、リアルはじめの一歩

・本名:内藤大助

・生年月日:1974年8月30日

・年齢:44歳(2019年4月現在)

・出身地:北海道虻田郡豊浦町

・血液型:O型

・身長:163cm

・体重:???

・活動内容:元プロボクサー、タレント、ボクシング解説者

・所属グループ:???

・事務所:トラロックエンターテインメント

・家族構成:妻、子供2人

内藤大助の経歴

北海道虻田郡豊浦町で生まれた内藤大助さんは、中学時代に激しいイジメに遭っていました。母子家庭で経済的に裕福ではなかったため、同級生から「ボンビー」と呼ばれ、時には激しい暴力も受けていたようです。

当時から内藤大助さんは内気な性格で、先生にも母親にもイジメのことを相談することができず、ひたすら耐えるという生活を送ったそうです。高校に入り、イジメからは解放されるものの就職に失敗。その後、東京に出てボクシングに出会いました。

ボクシングを始めたきっかけは、イジメに対する予防線だったそうで、ボクシングを始めることで母親に勘当される事態にまでなってしまいます。しかし、イジメに耐えてきた忍耐強さも手伝って、厳しい練習にも耐え、瞬く間に実力をつけていきました。

1996年10月には、1RKOでデビュー。引き分けを挟み、その後は連戦連勝であっという間に日本フライ級王者にまで上り詰めます。この当時の内藤大助さんは、かなり天狗になっていたようです。

2002年には、当時無類の強さを誇ったタイの英雄、ポンサクレック・ウォンジョンカムに挑戦します。この試合に勝てば、WBC世界フライ級王者になれると意気込んだものの、見事にKOされてしまいました。

2007年に、3度目の挑戦でようやくポンサクレック・ウォンジョンカムに勝利します。32歳10か月での世界チャンピオンは、遅咲きではあったものの内藤大助さんの努力が実を結んだ瞬間でもありました。

その後5度の防衛に成功し、長く世界王者に君臨したものの、亀田三兄弟の長男でもある亀田興毅さんとの試合に敗れ、世界王者から陥落してしまいます。内藤大助さんは、亀田興毅さんとの再戦を望んでいましたが、結局2011年に引退されました。

引退後は、解説者やタレントとして活躍してきましたが、現在は離婚やオネエなどの噂も出るなど、内藤大助さんはボクシングを辞めてからも話題には事欠かないようです。

CMやテレビ出演も話題に

かつて、WBC世界フライ級王者に輝いた内藤大助さん。第一線で活躍するプロボクサーであればファイトマネーで生活できますが、そうでない人の生活は困窮を極めるのが実情です。もちろん、内藤大助さんもかなり苦しい生活をされたそうです。

そんな内藤大助さんは、日本王者になるまでマンション建築業界最大手の「長谷工コーポレーション」で働いていました。マンションを診断する「住優師」として活躍されていたそうです。

日本王者になって長谷工を退社するのですが、かつて働いていた縁で長谷工のCMにさりげなく出演されていました。一般の社員に混じって出ているのですが、内藤大助さんのファンはしっかりと見つけたそうです。

内藤大助さんにとって恩返しの気持ちもあったのではないでしょうか?目立たないようにCM出演しているのは、内藤大助さんの人柄の良さがにじみ出ているように感じられます。

内藤大助の愛車も凄い?

ボクシングで輝かしい実績を残した内藤大助さんですが、これまで乗ってきた車もなかなかの名車が揃っているようです。元世界王者ですから、高級車に乗っているのでは?と想像してしまいがちですが、思いのほか庶民的な車に乗っています。

日産のブルーバードや、お嫁さんである真弓さんとデートした時に乗っていたホンダのアコードインスパイア、トヨタのエスティマなどです。運転している時に聞こえる子供たちのはしゃぐ声が、幸せを感じる瞬間になっているそうです。

内藤大助の現在

世界王者として5度の防衛をした後、亀田興毅さんに敗れて引退をした内藤大助さん。プロボクサーらしからぬ柔らかな物腰で、今までの強気一辺倒のボクサーたちとは一線を画していました。

そんな内藤大助さんは、引退された後は何をされているのでしょうか?ファンであれば気になってしまうものです。それでは内藤大助さんが現在、どこで何をされているのかについてみていきます。

現在は北海道のラーメン店「麵屋べんべ」を閉店

引退後は、元世界王者として頻繁にテレビに出演されていましたが、近頃はテレビへの出演が減ってきていると感じていた人も多いのではないでしょうか?実は内藤大助さんは、地元である北海道にラーメン店をオープンさせていました。

その名も「麵屋べんべ」。ベンベとはアイヌ語が由来になっているようで、オープン時は内藤大助さんが自ら厨房に立ち、かなりの大盛況だったようです。

ラーメンは、ズワイガニを使って餡かけ風に仕上げているのが特徴で、850円という値段設定になっていました。味の評判はどうしても賛否両論が出てしまいますが、中にはリピーターもいたそうです。

各地の物産展などにも積極的に出店して腕を振るっていたようですが、残念ながら現在は麵屋べんべは閉店してしまっています。

現在の収入が厳しいとの噂も浮上

やはり、世界王者になった内藤大助さんの収入について気になるのではないでしょうか?内藤大助さんは世界王者にまでなっているので、かなりの額を稼がれているのでは?と考えてしまいます。しかし、内藤大助さんが稼いだ金額は1億2千万ほどだそうです。

現在は、結婚して子供が2人いる内藤大助さん。お嫁さんである真弓さんは、現在も働いているそうで2人で家計を支えているようです。近頃はめっきりテレビで見かけなくなってしまった上、ラーメン店も閉店ということになれば、生活は厳しいことが予想されます。

現在のタレントやボクシング解説の活動は?

内藤大助さんは、引退後にボクシングの解説者とタレントに転身されました。バラエティ番組ではオネエキャラを存分に発揮して大活躍を見せています

しかし、ボクシングの解説になるとあまりいい評判は聞こえてきません。きっと内藤大助さんの熱い気持ちと話し方が災いしているのでしょう。他の解説者たちのような冷静な解説ではなく、気持ちのこもった熱い解説になってしまっています。

現在も亀田興毅との関係は不仲?

かつて内藤大助さんと亀田興毅さんは、一触即発の状態になっているのではないか?という噂が流れていました。原因は、亀田興毅さんの相手を挑発するパフォーマンスにあったようです。

他のプロボクサーの会見でも、相手を挑発するような言動をとる人はいます。しかし亀田興毅さんの挑発は、かなり度が過ぎていると感じられた人も多いのではないでしょうか?

現在は、亀田興毅さんも年齢を重ねたせいか、性格的にかなり温厚になられたようです。会見時の亀田興毅さん独特のビッグマウスもパフォーマンスであり、あまりにも礼を失した言動をした時には謝罪をしていました。

内藤大助さんも謝罪を受け入れる寛容な心の持ち主ですから、いまだに内藤大助さんと亀田興毅さんの仲が不仲のままということはなさそうです。

亀田興毅との因縁の仲とは

2007年10月、当時WBC世界フライ級王者だった内藤大助さんが、亀田三兄弟の次男、亀田大毅さんの挑戦を受けたのが始まりでした。試合中に何度もサミングを行い、挙句の果てには内藤大助さんを投げ飛ばして反則負けを喫した試合です。

この試合でセコンドについていた亀田興毅さんが、反則を助長するような発言を繰り返していたことと、かねてからのビッグマウスが内藤大助さんとの不仲説が巻き起こる原因になったようです。

内藤大助と結婚した嫁の離婚説の真相

世界王者に輝いた内藤大助さんには、ファイトマネーを稼げなかった時代に必死になって夫と家庭を支えた真弓さんというお嫁さんの存在がありました。その時代の内藤大助さんにとって、真弓さんの存在は計り知れないほど大きかったはずです。

しかし、必死に支え続けてくれたお嫁さんでもある真弓さんと離婚したのでは?という噂が流れるようになりました。一体真相はどうなっているのでしょうか?内藤大助さんの離婚説の真相に迫ります。

2000年に年齢2歳年上の一般女性と結婚

内藤大助さんが、まだボクシングジムに通い始めて間もない頃に、今のお嫁さんである2歳年上の真弓さんと出会います。たまたま同じボクシングジムに通い始めたことがきっかけだったそうです。

当時、真弓さんには婚約者がいました。しかもお相手は公務員だったそうで、その人と結婚すればきっと生活は安定したはずです。しかし、真弓さんはプロボクサーとしてまだまだ大成していない内藤大助さんと結婚することを決めたそうです。

嫁との馴れ初めはストーカーとも取れる行動?

2000年に、晴れて真弓さんと結婚した内藤大助さんは、真弓さんに出会った頃にストーカーまがいの行動をしていたようです。

当時の真弓さんには婚約者がいたにもかかわらず、何度もデートに誘っては、その都度断られるということを繰り返していました。内藤大助さんの諦めない猛烈なアタックはまるでストーカーのようだったそうです。

嫁との間に子供は男児2人誕生

ストーカーまがいの猛烈なアタックで、現在のお嫁さんである真弓さんと結婚した内藤大助さん。お二人の間には二人の息子さんがいます。内藤大助さん曰く、息子さんの存在がとても大きいと言っていて、ご家族の幸せぶりが伝わってきます。

そんな内藤大助さんはご自身のイジメられた経験から、人の痛みを理解するために息子さんにもボクシングをと思っているそうですが、息子さんたちからは色よい返事をもらえていないようです。

2016年に嫁と離婚説が浮上

内藤大助さんのご家族は、傍から見るととても幸せそうに見えるのではないでしょうか?誰もが家族仲良く円満でありたいと願うものです。しかし、そんな内藤大助さん夫婦にも離婚説が持ち上がります。

あれほどの仲良し家族になぜ離婚説が持ち上がるのでしょうか?おそらく離婚説の原因は、内藤大助さんの女遊びに原因があるようです。内藤大助さんは今まで一度もモテたことはなく、キャバクラなどの女遊びにはまった時期があったそうです。

他にも、内藤大助さんのオネエキャラにも離婚説の原因があると考えられます。女遊びとオネエキャラが複合的に作用して離婚なのでは?という噂が持ち上がってきたのでしょう。

しかし、お嫁さんである真弓さんは内藤大助さんのオネエキャラを認めているそうなので、オネエキャラでの離婚ということはなさそうです。

内藤大助にオネエ疑惑が浮上

世界王者として、リングの上で数多の強敵たちをなぎ倒してきた内藤大助さん。私生活でもさぞ男らしいのかと思いきや、実はオネエ疑惑が持ち上がっています。

最初のうちは、オネエっぽいところ隠しているような素振りを見せていましたが、近頃では隠すどころか、むしろ前面に押し出しているようにさえ感じます。実際に内藤大助さんのオネエ疑惑について詳しく見ていきましょう。

内藤大助がオネエキャラを告白

オネエ疑惑が持ち上がっている内藤大助さんは本当にオネエなのでしょうか?実は内藤大助さんは、オネエではなくてオネエキャラ。しかも作っているわけではなくて、元からオネエっぽいところがあるそうです。

身長も小さく、男らしくなれないならいっそ女の人になりたいという願望があるようで、生まれ変わったら主婦がいいという発言さえしていました。きっとその気持ちが、オネエキャラを作り出したのでしょう。

オネエキャラのカミングアウトの理由はお金の為?

結婚して幸せな家庭を築いている内藤大助さんは、なぜオネエキャラを隠さずにオープンにすると決めたのでしょうか?あのまま世界王者の内藤大助さんとして生きていくこともできたはずです。

しかし、オネエキャラであることを告白しました。その理由はお金のようです。近頃はテレビへの出演も減ってきてファイトマネーを切り崩しながら生活していると考えられます。

ラーメン屋も閉店してしまって、新たな収入源を探すべく今までになかった「結婚しているのにオネエキャラ」という新しいポジションを開拓しているのかもしれません。もし成功すればテレビのオファーも格段に増えることでしょう。

高校時代からオネエの傾向ありで趣味は女装?

オネエキャラであることをテレビで告白した内藤大助さん。実は高校時代からオネエキャラの片鱗を見せていたそうです。そこにはきっと壮絶なイジメ体験も少なからず影響していることでしょう。

イジメられる自分に対して、嫌気がさしていたのではないでしょうか?化粧や服装などで変身できる女性をうらやましく思い、女装してみたいなどの気持ちを持ってしまったそうです。

内藤大助がママ友のお茶会参加で嫁の反応は?

内藤大助さんは、最近ではオネエキャラを前面に押し出しています。お嫁さんである真弓さんのママ友に混じってお茶会などにも参加しているようです。

最初のうちは、真弓さんも内藤大助さんのオネエキャラについて困惑していたそうですが、近頃は内藤大助さんがオネエキャラだと騒がれていることについて諦めてしまいました。きっとこの寛容さが夫婦円満の秘訣なのでしょう。

内藤大助は歌下手?

世界王者にまで上り詰めて、その柔らかい物腰と今までになかったキャラクターで一躍お茶の間の人気者になった内藤大助さん。2009年には歌手デビューも果たします。

昔から、スポーツ選手は活躍すると歌手デビューするという話を聞きますが、その人の歌唱力などは度外視されることが多いようです。では、内藤大助さんの歌声はどんな感じなのでしょうか?内藤大助さんの歌声についてみていきましょう。

内藤大助の歌の評判とは

内藤大助さんが歌手デビューしようとしている2009年は、亀田大毅さんがリングで歌を歌うなどのパフォーマンスを行っていた時代です。きっと内藤大助さんも、歌手デビューをして比較されるのでは?と肝を冷やしたのではないでしょうか?

本人曰く、歌は大の苦手でカラオケさえも行かないというほど、歌手とは縁遠いところにいました。ご家族は歌がうまかったようなので、もしかするとコンプレックスを抱いて、歌えなかったのかもしれません。

アニメ主題歌「ケロロ・ジャポ~ン!」で歌手デビュー

2009年に公開された、映画「超劇場版 ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります!」の主題歌で歌手デビューを果たしました。一緒に歌っているのは女優の加藤夏希さん。

生まれて初めてレコーディングを体験した内藤大助さんは、ボクシングの試合よりも緊張したと言っていたようです。さらに、歌が苦手と言っていたにもかかわらず、歌がうまくなりたいという、何にでも挑戦する内藤大助さんらしい一言も飛び出しました。

加藤夏希とのデュエットも話題に

加藤夏希のプロフィール
・愛称:なっきー

・本名:加藤夏希(旧姓)結婚後の姓は非公表

・生年月日:1985年7月26日

・年齢:33歳(2019年4月現在)

・出身地:秋田県由利本荘市

・血液型:AB型

・身長:168cm

・体重:???

・活動内容:女優、モデル、タレント、声優

・所属グループ:???

・事務所:ディメンションブルー

・家族構成:夫、子供

生まれて初めてのレコーディングを体験した内藤大助さん。女優の加藤夏希さんとのデュエットに大興奮したらしく終始ご機嫌だったそうです。

加藤夏希さんも、デュエットの時に内藤大助さんが徐々に近寄ってきていたことを暴露して、内藤大助さんを慌てさせる一幕もありました。内藤大助さんも結婚していることを必死にアピールしたようです。

加藤夏希が「声がいい」と内藤大助の歌を絶賛

これまで、歌うことが苦手でカラオケにも行ったことがなかったという内藤大助さんは、歌の仕上がりにたいそう不安を抱いていたようです。

しかし、デュエットをした加藤夏希さんから「声がいい」と大絶賛をされました。ボクシングの試合の入場曲に使ったらどうかと提案されていましたが、さすがに内藤大助さんも、ケロロ軍曹の主題歌を入場曲には使わなかったようです。

内藤大助は現在も結婚していてオネエキャラを告白

WBCフライ級の王者として、5回の防衛に成功するなどハードパンチャーとして名をはせた内藤大助さん。引退後は、解説者やタレントとして活躍してきましたが、突如、オネエキャラへと転身します。

でも、オネエキャラになってしまっても、内藤大助さんの家族に対する愛情の深さは本物のように感じられます。きっと家族が何より大切なのでしょう。オネエキャラになってしまった元世界王者の内藤大助さんの今後の活躍に注目です!

関連するまとめ

Original
この記事のライター
大橋類太郎
北海道の田舎に住んでいる大橋類太郎です。 ドライブが好きで暇さえあれば広い北海道を走り回っています。 コツ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ